米国ETF

【米国株】セクターETFに投資するメリットは?おすすめ3選を解説!

米国株のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでしょう?

コロナショック時も含めて、どのセクターETFのパフォーマンスが良かったか知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容
  • そもそも米国株のセクターとは?
  • 米国株のセクターETFにはどんなものがあるか?
  • 米国株 セクターETFのおすすめ3選とは?
  • おすすめETFの比較は?コロナショック時も比較!

投資歴20年のかいまるです。米国ETFを含め米国株を中心に1千万円以上を資産運用しています。

セクターETFは、事業ごとに11種類に分類されていて、長期的にS&P500よりもリターンの高いものやディフェンシブなものなどがあります。

今回は米国株のセクターETFを取り上げ、おすすめを3選を解説していきたいと思います。

なお米国株や米国ETFに関連するページについて、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

そもそも米国株のセクターとは?

米国株は業種ごとにグループ化されていて、これを「セクター」と呼んでいます。

もう少し詳細にいうと、S&P500やダウ平均株価を算出しているS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは世界産業分類基準(GICS)を決めていて、米国株は次の11セクターに分類しています。

セクター 主要構成企業
エネルギー エクソンモービル、シェブロン
公益事業 サザン、デュークエナジー
生活必需品 コカ・コーラ、P&G、ウォルマート
金融 JPモルガン、ゴルサル
素材 デュポン、ダウ・ケミカル
ヘルスケア J&J、ファイザー、アッビィ
資本財 スリーエム、ボーイング
一般消費財 アマゾン、マクドナルド
情報技術 マイクロソフト、アップル
コミュニケーション AT&T、グーグル、FB、ディズニー
不動産 アメリカンタワー、サイモンプロパティ

ちなみに、米国を代表する株価指数S&P500は、米国の主要産業を代表する500社によって構成され、米国株式市場の時価総額の約80%米国株の動向を表す指数として広く活用されていますが、セクター別構成比は以下のようになります。

S&P500セクター別構成比率
  • 1位…情報通信(22.0%)
  • 2位…ヘルスケア(13.6%)
  • 3位…金融(12.9%)
  • 4位…コミュニケーション(10.4%)
  • 5位…一般消費財(10.1%)

こう見ると情報技術の比率がかなり高くなっていることがわかりますね。以前はグーグルやフェイスブックも情報技術セクターでしたが、2018年にセクターが再編され、今のコミュニケーションセクターに入っています。以前は通信サービスと呼ばれていたセクターです。

次にこれらのセクターに投資できるETFについて取り上げます。

米国株 セクターETFにはどんなものがあるの?

これらのセクターを、米国株ETFで取引きすることができます。大手のETF運用会社が販売していますが、最もメジャーなのが、バンガード社が販売しているセクターETFでしょう。

以下にセクターETFの一覧をまとめました。経費率は全て0.1%と非常にリーズナブルになっています。

シンボル セクター 利回り
VDE エネルギー

3.66%

VPU 公益事業

2.68%

VDC 生活必需品

2.43%

VFH 金融

2.19%

VAW 素材

2.00%

VHT ヘルスケア

1.88%

VIS 資本財

1.65%

VCR 一般消費財

1.16%

VGT 情報技術

1.05%

VOX 電気通信サービス

0.86%

バンガードは不動産セクターの設定がないんですね。おそらく不動産事業を手がける企業の規模がそれほど大きくないことが要因と考えられます。

そんな米国株のセクターETF。これらETFの中でもおすすめ商品を紹介します。

米国株 セクターETF:おすすめ3選とは?

セクターETFは、事業ごとに分けられているため、S&P500に比べてリターンが高いもの、ディフェンシブなもの、配当利回りが高いものなど特徴があります。

これらその米国株のセクター連動するETFの中でも、S&P500よりもパフォーマンス良いおすすめ3選をご紹介します。

おすすめ①:VHT

主に医療や医薬品に関連した事業を行う企業を集めたヘルスケアセクターに連動するETFです

特徴は以下のツイートのとおり。ジェレミー・シーゲル博士が書いた「株式投資の未来」によれば、1957~2003年のヘルスケアセクターのトータルリターンは14.19%。S&P500の10.85%を上回って、全セクター中でトップ

ヘルスケアセクターは世界情勢的にも好条件にあふれていますよね。日本をはじめとした先進諸国、そして米国もこれから高齢化社会に突入し、ますますヘルスケアセクターの経済規模は拡大していくからです。

さらに途上国においても、今後見込まれる経済発展により、個人の所得水準が向上することになり、当然より高い水準の医療や効果の高い医薬品を求めることになるからです。

新薬開発競争や訴訟リスクがあり個別銘柄の投資では難しいセクターと言えますが、VHTであればセクターをまるごと買えるため、将来的な高い成長を享受することができます。詳細は以下の記事にまとめています。

ヘルスケアETF VHTの株価と特徴は?コロナ直撃でも強みを発揮!ヘルスケアセクターETF VHTの株価やチャートの特徴について知りたいです。コロナショックで株価が下落したようですが…。 高配当E...

おすすめ②:VDC

米国株のうちコカ・コーラやP&G、ウォルマートなどの生活必需品セクターの銘柄を組み入れたETFです

特徴は以下のツイートのとおり。ジェレミー・シーゲル博士が書いた「株式投資の未来」によれば、1957~2003年のヘルスケアセクターのトータルリターンは13.36%。S&P500の10.85%を上回って、全セクター中で第2位です

最も注目すべきはリーマンショックのあった2008年ごろ、株価の落ち込みがS&P500に比べて半分程度ということです。リーマン前の2007年末の株価水準に回復するのに、

  • VDC:約3年
  • S&P500:約6年

なんですよね。落ち込みが少なかったぶん株価の回復も早かったということ。金融ショックや不景気時に強い。これが生活必需品セクターETF VDCの特徴を最もよく表している部分だといえます。詳細は以下の記事にまとめています。

生活必需品ETF VDCの株価と特徴は?コロナ直撃でも強みを発揮!米国生活必需品セクターETF VDCの株価やチャートの特徴について知りたいです。 高配当ETFやS&P500に連動するET...

おすすめ③:VGT

米国株の中で、インターネットなどに関連した事業を行なっている情報技術セクターの銘柄を組み入れたETFですAppleやマイクロソフトなどが含まれますね。

特徴は以下のツイートのとおり。ジェレミー・シーゲル博士が書いた「株式投資の未来」によれば、1957~2003年のヘルスケアセクターのトータルリターンは11.39%。S&P500の10.85%を上回って、全セクター中で第2位です

実はクレジットカードのビザやマスターカードもこのセクターなんですよね。5GやAI、IoT、フィンテックなどの情報技術分野が将来日常生活を送る上で一般的な技術となるため、経済規模は将来的に間違いなく拡大していきます。

過去のデータ以上に将来のパフォーマンスを期待できるETFと言えるでしょう。

VGTの株価は高成長の情報技術セクターに連動。実は配当も魅力的?米国情報技術セクターETF VGTの株価やチャートの特徴について知りたいです。 高配当ETFやS&P500に連動するETF...

おすすめセクターETFの比較は?

最後に、最近のVHT、VDC、VGTをパフォーマンス比較していきたいと思います。

  1. 分配金利回りと増配率の比較
  2. 過去5年の暴落前パフォーマンス
  3. 2020年の暴落時パフォーマンス

について見ていきましょう。

比較①:分配金利回り

2020年7月8日現在の分配金利回りをまとめると以下の表のとおりとなります。

分配金利回り
VHT 1.30%
VDC 2.67%
VGT 1.06%

株価によっても利回りが変わってきますが、おおむね分配金の利回りが高い順にVDC>VHT>VGTとなりますね。

ヘルスケアセクターや情報技術セクターはグロース銘柄が多いということもあり、無配や配当金の低い企業が多く含まれるということなのでしょう。

なお、米国株に投資する魅力の一つは高配当で長期間連続増配している個別銘柄が多いことです。中には7%を超える銘柄や60年以上連続増配している銘柄も。おすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。

米国株は高配当・連続増配株への投資で勝つ!おすすめ銘柄とは?米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

比較②:過去5年の暴落前パフォーマンス

以下のチャートは過去5年間の株価推移を比較したもの

赤:VHT 緑:VGT 青:VDC 黒:S&P500

これを見ると、全体傾向として同じような株価推移ですが、情報技術セクターVGTのリターンが極めて高いことがわかりますね。ここ数年のITセクターの好調さが株価にも表れているということでしょう。

情報技術に関連した銘柄が入っていない分、VHTやVDCのパフォーマンスはS&P500よりも悪くなっていますね。それだけ今の米国市場の好調さは、IT関連企業が牽引しているとも言えます。

比較③:2020年の暴落時パフォーマンス

以下のチャートは2020年2〜3月のコロナショック前後のチャートを比較したものです。

[/jin-img-kadomaru]

赤:VHT 緑:VGT 青:VDC 黒:S&P500

[/jin-img-kadomaru]

少し見づらいかもですが、やはりリーマンショック同様にVDCの下落幅が最も小さいのがわかりますね。ただ暴落後を見ると、新型コロナ拡大の影響を受けづらいVGTとVHTの株価の回復が早いです。

これって結構意外な結果なんですよね。

というのは不景気や経済危機のようなことが起きると値動きの大きいハイテク株などのグロース銘柄の下落幅が大きくなるはず。

やはり情報技術セクターの成長期待が高いことに加えて、

・情報技術の社会インフラ化

・業績が新型コロナの影響を受けない

ということなんでしょうね。インターネットを使わない社会はもはや想像もできないし、感染症拡大で外出制限があってもクラウドなどのIT需要はむしろ増えるということ。

今後も5G、IoT、クラウド、キャッシュレス社会など将来的な材料も豊富なことから、AppleやMicrosoft、Visa、Masterなども含む情報技術優位の市場はしばらく続きそうです。

取引手数料ゼロで米国ETFを購入できる証券会社

今から米国ETFの投資を始めたい方や本格的に米国株投資を行いたい方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判とメリット・デメリットとは?DMM株が米国株の取引手数料を無料化すると発表! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本...

「米国株 セクターETFのおすすめは?」まとめ

今回は、セクターETFのおすすめは?ということで、米国株のセクターに連動するETFの特徴とおすすめ3選、パフォーマンス比較について取り上げてきました。

今回おすすめしたのは、過去S&P500よりもパフォーマンスがよかったものですが、将来的にも十分に期待できるセクターETFです。

自分の好みや投資スタンスに合わせて、これらのETFを活用していくのが良いと考えます。

最後に米国ETFや米国株に賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

米国ETFに手間をかけずに自動運用する方法とは?

株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。

やはり資産運用の基本は米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。

自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、WealthNavi(ウェルスナビ)を活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。

自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。特に投資初心者の方で、かつロボバイザーも初めて利用するような方には、WealthNaviが圧倒的におすすめです。

詳しくは以下の記事にまとめています。

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミ・実際にやってみた結果とは?WealthNavi(ウェルスナビ)ってどうなんですかね。資産運用ならウェルスナビが良いって聞いたけど、、、果たして本当に儲かるの? ...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株や米国ETFに関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

米国の高配当ETFのおすすめランキング4選とは?デメリットも解説!米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットやデメリット、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このよう...

 

値動きが安定していて、かつ高い分配金を期待できる債券ETFのおすすめをまとめました。日本の個人投資家でもポートフォリオの主力として活用している人も多くなっています。

米国の債券ETFに投資するメリットとは?特徴とおすすめ5選を解説!米国の債券ETFに投資するメリットを知りたいです。そもそも債券ETFの特徴とはどのようなものですか? このような疑問を持つ方に向け...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2020年最新)米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株の手数料を徹底比較!おすすめの証券会社はどこ?(2020年)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...
ウェルスナビの自動運用でほったらかし投資が可能!
WealthNavi

ウェルスナビは「長期・積立・分散」の資産運用を全自動でお任せできる資産運用サービス。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。

▼ロボアドバイザーの自動運用で、時間も手間もかかりません
投資の学習、投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。

▼安全資産の債券や金にも投資
株が大幅に暴落した際には、安全資産の債券や金が上昇するのが一般的。リスク許容度に応じてより安全な運用も可能です。

▼国際分散投資を自動運用
約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

▼手数料は預かり資産の1%のみの中立な資産運用
手数料は預かり資産の1%のみ。

▼世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築
ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

詳細は以下をクリック!

詳細ページ公式ページ