米国ETF

ハイ・イールド債ETF JNKの株価と特徴は?分配金利回り5.5%超え!

米国ETF JNKの株価やチャートの特徴について知りたいです。

株式の高配当ETFやS&P500に連動するETFもありますが、これらに比べてJNKに投資するメリットは何ですか?

今回は、このような疑問を持つ方にむけて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • ハイ・イールドETF JNK:株価の基本データと特徴は?
  • JNKの構成銘柄とセクター比率は?
  • JNKのチャートとリターンは?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1000万円以上の資産を運用しています。最近では、インカムを期待して債券ETFにも投資しています。

今回は高い分配金利回りを期待できるハイ・イールド債への連動を目指したETF JNKの株価や特徴について取り上げます。

なお米国株や米国ETFに関連するお得な情報や役に立つ情報のページについて、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

ハイ・イールドETF JNK:株価の基本データは?

JNKはSPDRブルームバーグ・バークレイズ・ハイ・イールド債券ETFという名称で、スパイダー社のハイ・イールド債(ジャンク債)ETFです。

ティッカーもJNKとなっていて、覚えやすいですね。ちなみにハイ・イールド債とは

ハイ・イールド債とは、利回りが高く信用格付が低い債券のことで、ジャンク債などともいわれます。イールド(yield)とは、直訳すると、収益、利回りという意味となります。
具体的には、格付会社などで信用格付がBB(ダブルビー)以下の評価をされている債券で、信用度が低い分、格付の高い債券より金利が高く設定されています。

SMBC 日興証券HPより

というもの。

信用力の低い会社(=財務が安定せず倒産リスクが高い)債券なので、その分高い金利を設定されているものということです。

ちなみに債券は信用格付けによって、

  • 投資適格債
  • 投資不適格債

に分類されます。

通常、以下の図のようにBB以下の格付けとなるとリスクが高い投資不適格債、ようするにハイ・イールド債になるというわけです。

日本だと、ソフトバンクやオリックスが債券を発行してたりしますね。利回りは預金よりもはるかに高いですが、もしこれらの会社が倒産したら債券は文字どおり紙切れになります。

なのでハイ・イールド債というのは、信用力の低い会社が発行する債券ということで、紙切れになるリスクが高いということ。その代わり分配金の利回りが超絶に高いんですね。

このハイ・イールド債にまるっと投資できるのが米国ETFのJNK。

日本ではあまり知名度の高くないETFかもですが、総資産総額1.2兆円を超えていて、投資家からの人気も高いETFですね。

早速ですが、JNKの株価データを見ていきましょう。

JNKの株価基本データ
  • インデックス:Bloomberg Barclays High Yield Very Liquid Index
  • 信 託 経 費 率 :  0.40%
  • 配 当 利 回 り :  5.71%
  • 配 当 実 績   :  5.83ドル
  • 設 定 日:2007年11月28日

JNKの経費率は0.40%となっていて若干高く感じるかも。ただ日本から米国のハイ・イールド債に投資できることを考えると打倒なところかと思います。

分配金利回りは5.5%を超えていて、ジャンク債に投資するETFだけあってかなり高い水準です。HYGやPFFなど、他の高配当債券ETFや優先株ETFと比較しても遜色ありません。

なお、JNKも高い分配金を期待できますが、米国株に投資する魅力は高配当で長期間連続増配している個別銘柄が多いこと。中には7%を超える銘柄や60年以上連続増配している銘柄も。おすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。

米国株は高配当・連続増配株への投資で勝つ!おすすめ銘柄とは?米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

JNKの構成銘柄とセクター比率は?

JNKの構成銘柄

構成銘柄上位10社(2020年7月9日現在)は以下の表のとおりです。

さすがに米国でも格付けが低い会社ばかりということで、全く聞いたことのない会社ばかりです。

ただ最も比率の高いALTICE FRANCEでも保有比率は0.65%。JNK全体で約800の債券で構成されていることもあり投資不適格のジャンク債を集めたETFといってもリスクはかなり分散されています。

JNKの格付け別構成比

続いてJNKの格付け別構成比率です。

格付けがBやCCCの社債を購入するのはさすがにためらってしまうレベルですが、数百の銘柄で構成されているのでリスクが分散されているということです。

ちなみにJNKは1〜7年の債券が7割以上を占めていて、比較的短期の債券が大きな割合を占めています。

JNKの株価推移(チャート)は?

以下はJNKの10年チャートです。比較のためにS&P500と米国の全債券ETF BNDも載せています。

 赤:JNK 青:S&P500 緑:BND

JNKは2016年ごろのチャイナショックと2020年のコロナショックで大きく下落しています。〇〇ショックのような、企業業績が悪化するのではないかとの懸念が大きくなる局面ではジャンク債が売られやすいということですね。

また、平常時はチャートが横ばいということもあり大きな値上がり益を期待して保有するというETFではないですね。長期で保有して分配金を期待して投資するETFといえます。

BNDの安定感がスゴイ!」でも書いたとおりBNDの株価は安定しています。JNKもBNDに比べると値動きは激しいですが、S&P500と比較するとボラティリティは低く、平時の値動きがあまりないですね。

BNDの利回りは2.5%程度ですから、高いインカムを期待できる点ではJNKは魅力的であるといえそうです。

このように、個別銘柄やETFの特徴をしっかりと把握して投資することで、投資の勝率を高めることにつながります。おすすめの米国株投資本については、以下の記事にまとめていますのでぜひご覧下さい。

米国株の投資本でおすすめの10冊は?150冊から厳選!初心者向けも米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方法はありますか? このような疑問...

JNKのリターンは?

JNKの配当金も含めたトータルリターン(2020年6月30日現在)は以下のとおりです。

直近10年のリターンだと5.44%。

リーマンショック、チャイナショック、コロナショックをはさんだ設定来リターンで約5%のリターンは債券ETFということを考えると十分な結果と言えるでしょう。株式でも期待リターンは7%程度ですからね。

ちなみに先ほどのチャートは配当金が除かれたものとなっていますが、全債券ETFのBNDよりもJNKの方が分配金利回りが高くなっています。

ということで過去5年間でBNDとJNKの分配金を再投資した場合で2015年からバックテストを行ってみた結果が以下の図です。

緑:JNK 青:BND

この5年の間にチャイナショック、コロナショックがあったこともあり、JNKのリターンはBNDと同じくらいですね。5年間で+20%程度となっています。

コロナ前は緑のJNKの方がリターンが高くなっています。値動きの安定している期間であればJNKの方がリターンを期待できそうです。

なお、米国株や米国ETFにお得に投資をしたい方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的におすすめです。

米国ETFは、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。最近人気が高まっているみたいですよ。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判とメリット・デメリットとは?DMM株が米国株の取引手数料を無料化すると発表! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本...

「ハイ・イールドETF JNKの株価」まとめ

今回は、ハイ・イールドETF JNKの株価ということで、その特徴と株価の推移(チャート)、配当金の推移等について見てきました。

JNKの特徴をまとめると、

・米国市場のジャンク債に分散投資

・過去10年で年率5%超えのリターン

・平時の値動きは安定も、〇〇ショックがあると大幅下落

ということですね。

JNKは債券ETFに分類されますが、金融危機などで株価が大きく下落する局面ではハイ・イールド債も投資家から売られることもあり、株式並みに下落するということ。

一方、平常時の値動きは安定しており、年率5%超える高いインカムを期待できるETFとして十分に活用できそうです。

なので資産全体の配当利回りを上げたい、インカムを増やしたいという方は、サテライト的にJNKを保有するといった使い方がおすすめできます。

最後に米国ETFや米国株に賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

米国ETFに手間をかけずに自動運用する方法とは?

株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。

やはり資産運用の基本は米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。

自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、WealthNavi(ウェルスナビ)を活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。

自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。特に投資初心者の方で、かつロボバイザーも初めて利用するような方には、WealthNaviが圧倒的におすすめです。

詳しくは以下の記事にまとめています。

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミ・実際にやってみた結果とは?WealthNavi(ウェルスナビ)ってどうなんですかね。資産運用ならウェルスナビが良いって聞いたけど、、、果たして本当に儲かるの? ...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株や米国ETFに関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

ハイ・イールド債に連動するHYGに関する記事です。ジャンク債に投資できるETFとしてJNKと人気を二分していますが、時価総額はHYGの方が大きいですね。

債券ETF HYGの株価とチャートの特徴は?高配当もリスク高め?HYGは配当利回りの高いETFですけれども、株価の推移(チャート)や特徴はどうなっていますか? S&P500などに連動する...

 

優先株ETFのPFFに関する記事です。債券ETFではありませんが、分配金利回りが5%を超えていて、ハイ・イールド債と近い値動きをします。インカムを期待で保有するETFですね。

PFFの魅力は株価や配当だけじゃない!利回り6%近い高配当ETFの特徴とは?PFFは配当利回りの高いETFですけれども、株価の推移(チャート)や特徴はどうなっていますか? S&P500などに連動する...

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

米国の高配当ETFのおすすめランキング4選とは?デメリットも解説!米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットやデメリット、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このよう...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2020年最新)米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国ETFの中でおすすめのセクターETFについてまとめました。S&P500に比べてパフォーマンスの良いセクターもあるんですね。必見です。

【米国株】セクターETFに投資するメリットは?おすすめ3選を解説!米国株のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでし...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株の手数料を徹底比較!おすすめの証券会社はどこ?(2020年)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...
ウェルスナビの自動運用でほったらかし投資が可能!
WealthNavi

ウェルスナビは「長期・積立・分散」の資産運用を全自動でお任せできる資産運用サービス。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。

▼ロボアドバイザーの自動運用で、時間も手間もかかりません
投資の学習、投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。

▼安全資産の債券や金にも投資
株が大幅に暴落した際には、安全資産の債券や金が上昇するのが一般的。リスク許容度に応じてより安全な運用も可能です。

▼国際分散投資を自動運用
約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

▼手数料は預かり資産の1%のみの中立な資産運用
手数料は預かり資産の1%のみ。

▼世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築
ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

詳細は以下をクリック!

詳細ページ公式ページ