米国ETF

社債ETF LQDの株価と特徴とは?高い配当金と安定感が魅力!

米国ETF LQDの株価やチャートの特徴について知りたいです。

債券ETFやS&P500に連動するETFもありますが、これらに比べてLQDに投資するメリットは何ですか?配当実績についても知りたいです。

このような疑問を持つ方にむけて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • LQD:株価の基本データと特徴は?
  • LQDの構成銘柄とセクター比率は?
  • LQDのチャートとリターンは?
  • LQDの配当実績と増配率は?

投資歴20年のかいまるです。米国株や米国ETFを中心に1000万円以上の資産を運用しています。自分も長期債券ETFを保有して安定したインカムを得ています。

今回は国債中心で構成されたETFよりも高いインカムが期待できる社債ETF LQDについて取り上げます。

簡単に特徴をまとめると、

・ETF1本で2000銘柄の社債に分散投資

・分配金再投資で年率6%近い高リターン

・年率3%程度の高い分配金利回り

ということで、非常に魅力的なETFなんですよね。その特徴について見ていきましょう。

なお米国株や米国ETFに関連するお得な情報や役に立つ情報のページについて、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

社債ETF LQD:株価の基本データは?

LQDはiシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETFという名称で、米ドル建ての投資適格社債で構成される指数と同等水準の投資成果を目指したETFです。

投資適格債とは、格付け会社からBBB以上に格付けされた債券のことで分配金が支払われなくなるようなデフォルトリスクが低いと評価されているということです。

この格付けよりも低い債券は投資不適格債、いわゆるハイ・イールド債(ジャンク債)と呼ばれ、デフォルトリスクは高いんですが、普通の債券よりも高い分配金が期待できます。

日本ではあまり知名度の高くないETFかもですが、総資産総額が3.8兆円もある投資家からの人気も高いETFですね。

今回は、そんな米国の格付けの高い社債全体に投資することができる社債ETF LQDについて分析していきます。

早速ですが、LQDの株価データを見ていきましょう。

LQDの株価基本データ
  • インデックス:Markit iBoxx米ドル建てリキッド 投資適格指数
  • 信託経費率 : 0.14%
  • 分配金利回り: 2.94%(過去12ヶ月)
  • 標準偏差 : 7.09%(過去3年)
  • デュレーション:9.67年
  • 設 定 日:2002年7月22日

LQDの経費率は0.14%となっていて、わりと低いですね。20年超え長期国債に連動する米国ETF TLTとほぼ同じ経費率です。

全債券市場ETF BNDの0.04%よりは高いかもですが、日本から米国の社債を購入するのはかなり難しいことを考えると妥当なところですね。

分配金利回りは3%弱とまずまずの水準。TLTが2%程度ですから、国債よりも社債の方が分配金利回りの点で有利ということ。

LQDの構成銘柄とセクター比率は?

LQDの構成銘柄

構成銘柄上位10社(2020年7月20日現在)は以下の表のとおりです。

LQDは約2000銘柄の社債で構成されていますが、上位に入っているのは全て大手企業ばかりですね。

バンクオブアメリカやJPモルガン、ウェルスファーゴなどの金融業、AT&Tベライゾンなどの通信業の社債が上位に入っています。

これらの企業は社債の発行が多いことに加えて比較的分配金も高いということもあり、組み入れ率が高くなっています。

国債に比べて社債の方が格付けは落ちますが、業績が安定している企業の社債が上位を占めていて、しかも2000銘柄に分散されています。

LQDのセクター比率

続いてセクター比率です。

金融業の割合が25%を占めているところが特徴的ですね。

金融ショックなどがあると影響を受けやすいということで、ハイ・イールド債ほどではないにせよ景気の動向には敏感な債券ETFといえるでしょう。

LQDのチャートとリターンは?

LQDの長期チャート

以下はLQDの10年チャートです。比較のために長期国債ETF TLTと全債券市場ETF BNDも載せています。

 赤:LQD 青:TLT 緑:BND 

リーマンショック以降、金利が低下傾向で債券価格が上昇していることもあり、債券ETFは概ね堅調ですね。

LQDはこの10年で+32%。この上昇に加えて分配金も毎月支払われていることを考えると、十分すぎるパフォーマンスです。

値動き自体も水色の長期国債ETFに比べると安定しています。過去3年の標準偏差が±9%程度ということであり株式などと比べても値動きは小さいですね。

ただ、2020年のコロナショック前後のチャートを見ると社債ETFの株価が大きく下落しているのがわかります。

赤:LQD 青:TLT 緑:BND 

赤のLQDは、2020年3月上旬からわずか2週間程度で15%以上下落しています。

新型コロナウイルス拡大による株式市場大暴落”コロナショック”のような企業業績に大きく影響の出るような事態が生じると、社債市場も大きく影響を受けるんですね。

国債に比べて格付けの低い社債が短期的に売られやすくなるということです。

BNDの安定感はスゴイ」でも書きましたが、LQDと比較して短期の債券や格付けの高い国債を中心に構成されているBNDは圧倒的に値動きは安定していることがわかります。

社債の方が分配金利回りは高いものの金融危機などの事態には暴落するリスクが国債に比べて高いということは、理解しておいた方が良いですね。

このように、株式や債券の特徴をしっかりと把握して投資することで、投資の勝率を高めることにつながります。おすすめの米国株投資本については、以下の記事にまとめていますのでぜひご覧下さい。

米国株の投資本でおすすめの10冊は?150冊から厳選!初心者向けも米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方法はありますか? このような疑問...

LQDのリターン

LQDの分配金も含めたトータルリターン(2020年7月20日現在)は以下のとおりです。

2002年の設定来リターンで年率6%程度と申し分ないリターンといえますね。株式の過去のリターンが7%程度ですから、債券ETFということを考えると十分すぎますね。

ちなみに年率6%というのは配当再投資をすると12年程度で保有資産が倍になるということです。

LQDの値動きは株式に比べて安定しているので、資産形成に向いた商品といえるでしょう。

LQDのこれまでの分配金実績と増配率は?

LQDは他の多くの債券ETFと同様に分配金が毎月支払われます。配当実績は以下のとおり。

リーマンショックのあった2008年以降、米国の政策金利は下落傾向ということもあり分配金も減少しています。

金利が下がった分、債券価格も上がるのでトータルリターンはそれほど影響はないんですけどね。

他の債券ETFにもいえることですが、分配金に関しては金利の動向に影響を受けやすいということです。

コロナショックの対応で米国も実質的なゼロ金利に陥っていることを考えると、しばらくは分配金の増加は期待薄と言えそうです。

なお、ETFも配当に期待できますが、米国株に投資する魅力は高配当で長期間連続増配している個別銘柄が多いこと。中には7%を超える銘柄や60年以上連続増配している銘柄も。おすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。

米国株は高配当・連続増配株への投資で勝つ!おすすめ銘柄とは?米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

LQDへの投資:ちょっとだけ考察

LQDは社債で構成されるETFですが、他の債券ETFと同様に、

・値動きが株式に比べて安定している

・安定したインカム(分配金)が期待できる

という特徴があることがわかります。

社債の方が国債に比べて分配金が高いですから、年率利回りが3%程度とBNDよりも高いインカムが期待できますね。

なので国債の代わりにLQDを加えることで、値動きを抑えつつ資産全体のインカム収入を増やすと行った使い方ができると思います。

なお、米国株や米国ETFにお得に投資をしたい方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的におすすめです。

米国ETFは、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。最近人気が高まっているみたいですよ。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判とメリット・デメリットとは?DMM株が米国株の取引手数料を無料化すると発表! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本...

「社債ETF LQDの株価」まとめ

今回は、米国の社債ETF LQDの株価とチャートということで、その特徴と株価の推移(チャート)、配当金の推移等について見てきました。

LQDの特徴をまとめると、

・ETF1本で2000銘柄の社債に分散投資

・分配金再投資で年率6%近い高リターン

・年率3%程度の高い分配金利回り

ということですね。

長期的には株式に及びませんが、値動きが安定しつつ年率6%のリターンというのはかなり優れたETFと言えそうです。

もちろんコロナショックのような信用不安があれば格付けの低い社債は真っ先に売られるため国債に比べるとリスクは高いことは間違いありません。

なので国債で構成されるETFと併用することで、ポートフォリオ全体の分配金利回りをあげるといった使い方がおすすめできると思います。

最後に米国ETFや米国株に賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

米国ETFに手間をかけずに自動運用する方法とは?

株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。

やはり資産運用の基本は米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。

自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、WealthNavi(ウェルスナビ)を活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。

自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。特に投資初心者の方で、かつロボバイザーも初めて利用するような方には、WealthNaviが圧倒的におすすめです。

詳しくは以下の記事にまとめています。

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミ・実際にやってみた結果とは?WealthNavi(ウェルスナビ)ってどうなんですかね。資産運用ならウェルスナビが良いって聞いたけど、、、果たして本当に儲かるの? ...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株や米国ETFに関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

債券ETFの特徴とおすすめ商品をまとめました。コロナショックのような暴落があると債券ETFの魅力を再認識します。ぜひご覧ください。

米国債券ETFのおすすめはこれだ!債券に投資するメリットとは?米国の債券ETFに投資するメリットを知りたいです。そもそも債券ETFの特徴とはどのようなものですか? おすすめの債券ETFも知りた...

 

格付けの低い投資不適格債であるハイ・イールド債で構成されているETF JNKの特徴についてまとめました。高いインカムを期待できる優れた商品なので、ぜひご覧ください。

ハイ・イールド債ETF JNKの株価と特徴は?分配金利回り5.5%超え!米国ETF JNKの株価やチャートの特徴について知りたいです。 株式の高配当ETFやS&P500に連動するETFもあります...

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

米国の高配当ETFのおすすめランキング4選とは?デメリットも解説!米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットやデメリット、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このよう...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2020年最新)米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国ETFの中でおすすめのセクターETFについてまとめました。S&P500に比べてパフォーマンスの良いセクターもあるんですね。必見です。

【米国株】セクターETFに投資するメリットは?おすすめ3選を解説!米国株のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでし...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株の手数料を徹底比較!おすすめの証券会社はどこ?(2020年)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...
ウェルスナビの自動運用でほったらかし投資が可能!
WealthNavi

ウェルスナビは「長期・積立・分散」の資産運用を全自動でお任せできる資産運用サービス。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。

▼ロボアドバイザーの自動運用で、時間も手間もかかりません
投資の学習、投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。

▼安全資産の債券や金にも投資
株が大幅に暴落した際には、安全資産の債券や金が上昇するのが一般的。リスク許容度に応じてより安全な運用も可能です。

▼国際分散投資を自動運用
約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

▼手数料は預かり資産の1%のみの中立な資産運用
手数料は預かり資産の1%のみ。

▼世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築
ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

詳細は以下をクリック!

詳細ページ公式ページ