ネオモバ・少額投資

【朗報】少額投資は、基本的に意味がない?【塵も積もれば山となる】

月1万円ぐらいから積立投資を始めようと思ったんだけれども、少額投資は意味がないと友人から言われました。

少額投資するなら、仕事をがんばったり、自己投資の方が良いですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容
  • 少額投資に意味ないの?
  • 少額投資が意味がないと考える人の意見は?
  • 少額投資を始めるべき理由とは?

投資歴20年のかいまるです。自分もSBIネオモバイル証券やロボアドバイザーで少額投資を行っています。

少額投資は、

  • 資金が少なくても始めたい
  • 相場が急変した時も損失をおさえたい
  • 少額からコツコツ積み立てていきたい

という方には適した方法です。

しかし、投資額が少ないので得られる利益が小さいことから、少額投資は意味がないと考える方も多いです。

そこで今回は、少額投資は意味がないのかについて、意味がないと考える人の意見や少額投資を始めるべき理由を解説していきます。

日本株の少額投資ならSBIネオモバイル証券です!

1株の少額からコツコツと投資を始めたい方におすすめなのはSBIネオモバイル証券(通称:ネオモバ)です。

  • 1株からの少額投資
  • 手数料が格安(50万円未満までの取引なら月額実質20円)
  • 自動定期買付機能で、忙しい会社員や主婦でも手間なく投資
  • 初めて投資する20代〜30代に人気

かいまる
かいまる
「株式投資してみたいけど、大金を投資するのは不安」という方、まずは1株からコツコツと投資すると良いです。リスクを小さく始めることができます

少額投資に意味はないのか?

投資といえば、株や投資信託など様々な種類がありますが、実はこれらも含めて数百円から1万円の少額から投資できるサービスが増えているんですね。

例えば、SBIネオモバイル証券のように実質月額20円の手数料で日本株を1株から少額投資し放題のもあれば、プロに任せて資産を運用する投資信託、さらにはAIに資産運用をすべて任せてしまうロボアドバイザーといったものも。

これらは、以前であれば数十万〜100万円の単位で必要だった投資を、数百円から1万円程度の金額から始められるんです。

他方、投資額が少なければ当然ながらリターンは少ないので、少額投資には意味がないと考える方もいますね。

自分は何も行動しないのであれば少額からでも投資を始めてみるのが、経験を積む上で意味があると考えています。

どちらが正しいのか、まずは少額投資が意味がないと考える人の意見を見ていきましょう。

少額投資に意味がないと考える人の意見とは?

少額投資に意味がないと考える方の意見は、

  1. 少額投資は儲けが少ない
  2. 少額投資よりも仕事に集中すべき
  3. 少額投資よりも自己投資すべき

の2つに集約できますね。クイックに見ていきましょう。

意味ない理由①:少額投資は利益が少ない

少額投資は意味がないとする最大の理由は、期待できる利益が少ないということですね。

投資額が少ないのだからある意味当然ともいえますが、利益が少ないという考え自体は非常にそのとおりだと思います。

例えば毎月1万円を10年間積立投資をしたとしても、結果は以下のとおりとなります。

利回り 投資額 10年後 利益
3% 120万円 140万円 20万円
5% 120万円 155万円 35万円
7% 120万円 173万円 53万円

利回り3%の手堅い運用をしたとして10年間で利益は20万円…。

5%や7%という利回りを得るには株式を中心としてリスクの高い運用を行う必要がありますが、それでも10年間で35万円、53万円です。

もちろん投資額が毎月100万円ということになれば、単純に利益は100倍ということになるので3%の利回りでも10年で2000万円の利益です。

これだけの資金を投資にまわすことができれば、かなりのリターンが期待できますね。

なので、投資資金が少額の場合、ほとんど利息のつかない普通預金に貯金するよりはマシかもですが、10年という長期運用でも思ったよりもリターン小さいということです。

意味ない理由②:少額投資よりも仕事に集中すべき

特に若い会社員は給料が低いので、投資に回せる資金がそもそも少ないです。少ない給料から、毎月1万円を積立投資しても10年間で20万円程度しか利益が出ないんですよね。

節約して毎月3万円積立投資しても10年で60万円の利益です。

そうであれば仕事を頑張って、残業をして残業代を稼いだり、昇進して給料Upした方がリターンは高くなるということです。

意味ない理由③:少額投資よりも自己投資すべき

自己投資をして自分の能力を高めることで将来の稼ぎを多くすべきという考え方です。

会社などで働いて稼ぐことができる能力を人的資産といいます。

自己投資することで人的資産を高めることができるということなんですね。

例えば、

  • マネジメントスキルを習得して同期より早く昇進
  • 英語などの語学を習得することで海外海外勤務
  • 資格を取得して転職→給料Up!

みたいな感じです。

これは確かにそうだと思います。少ない資産額で投資をして日々の株価や為替の値動きを気にするぐらいであれば、能力を高めて収入を増やす方が効率的でしょう。

株式投資で巨万の富を築いた”投資の神様”バフェットも、最高の投資は自分への自己投資だと言っています。

少額投資を始めるべき理由とは?

自分は、得られる利益以上に少額投資を始めることに意味があると考えます。

理由をたんてきに言うと、

  1. 投資の経験を積むことができる
  2. リスクをおさえて投資できる
  3. 自己投資と並行して行えば良い

ということ。クイックに解説します。

理由①:投資の経験を積むことができる

何よりも、少額からの投資なので、失敗しても損失が少ないので始めるハードルが低いということです。

投資には興味があっても資金が少ないので開始をためらっている方でも、抵抗感なく始めることができるということ。

最初はみんな初心者なので、まずは投資始めてみて経験を積むことが重要です。

というのは、投資には複利効果があるので、早く始めた方が期待できるリターンが大きくなります。

なのでまずは少額から初めてみて、それから投資や運用を本格化するといった使い方ができます。

理由②:リスクをおさえて投資できる

少額から投資することで、仮に相場が大きく下落した場合でも損失は少ないためリスクをおさえることができます。

得られる利益も少ないけれども、損失も小さいということです。

また複数の銘柄や資産に分散して投資をしやすくなるというメリットもあります。

例えば、株式投資は大きなリターンが期待できる反面、初心者にとってはリスクが高くハードルが高い場合があるんですよね。

百貨店銘柄で人気のある三越伊勢丹HDは2020年1月には1000円ぐらいだった株価がコロナショックの大暴落の影響により、半年足らずで株価が500円を切るぐらいまで下落しました。

このように相場は短期的に大きく上昇したり、あるいは下落したりするものなので、中には短期的に大きな損失を出すのが耐えられないという人もいるでしょう。

少額投資は投資する金額小さいので損失が小さくなります。コロナショックのような危機があった際でも大きな損失にはなりにくいです。

リスクが高いので投資はちょっと…と思われている方が、まずは少額から始めるというのは、おすすめの活用法ですね。

理由③:自己投資と並行して行えば良い

資産運用も自己投資も並行して行えば良いという考え方です。

もちろん株やFXの短期トレードのような投資だと日々の値動きが気になってしまったり、情報収集に時間をかける必要があります。

しかし株式や債券などに「長期・分散・積立」で投資を行うのであれば、値動きを気にすることなく投資にほとんど時間がかかりません。

最近ではロボアドバイザーのように、口座に資金を入れればあとはAIが自動運用してくれるというサービスもあります。

自己投資したからと言って確実に儲けにつながるとは言えません。そうであるなら資産運用と並行して行うのが効果的でしょう。

結論:何もやらないより少額投資で行動しては?

少額投資に”意味がない””意味がある”という考え方については、自分は両方正しいと思います。

利益が少ないので自己投資すべきというのは、そのとおり。

将来を見据えて投資の経験を積んでおいた方が良いというのも、そのとおり。

ただ最も最悪の選択は自己投資も少額投資も何も行動しないということですね。

行動しなければ何も生み出せないからです。

自分が投資を始めたのは、20数年前に「社会人になったので株式投資ぐらいは」という軽い気持ちで商船三井の株を買ったことがきっかけです。

当時はネット取引が普及していなかったので、野村證券のオペレーターに電話をかけて売買発注をしていました。当然手数料も今の十数倍といったところ。

始めの投資額はそれほど多くはなかったですが、アベノミクスで資産が倍増したり、信用取引の短期トレードで大損失を出したりといったことで、投資の経験を積んで行きました。

若い時に比べて投資に回せる資金も増えてきましたが、これらの経験もあり、投資によって資産を大きく減らすことはないと自分は確信してます。

なので初心者の方こそ、少額から投資を始めて経験を積むのが大事と強く思います。

最近は本当にコストがほとんどかからないで少額から取引できるので、本当に便利になりました。

少額投資は利益は少ないですが、損失も限定されます。

以下の記事に初心者におすすめの少額投資を以下の記事にまとめています。まずは行動してみてはいかがでしょうか?

(2020最新)初心者におすすめの少額投資5選とは?まず始めよう!初心者におすすめの少額投資について知りたいです。それぞれの特徴はなんですか? そもそも少額で投資するメリットについて知りたいです。...

「少額投資は意味がないの?」まとめ

今回は「少額投資は意味がないの?」ということで、意味がないと考える人の意見と少額投資がおすすめできる理由についてみてきました。

自己投資は重要かもですが、結局のところ自己投資だって投資だって並行して行うことができるんですよね。

少額投資なら資金が少なくても、優良銘柄に分散投資ができたり、コツコツと積み立てすることもできます。

初心者の方は、まずは投資を始めて経験を積むことが重要かと。

自分の経験でも、本やセミナーなどで勉強するよりも、実際に身銭を切って投資した方が、何倍も勉強になりました。

日本株の少額投資ならSBIネオモバイル証券(通称:ネオモバ)がダントツでおすすめです。

その特徴は、

  • 単元未満株から取引できる(1株からの少額投資)
  • 手数料が格安(50万円未満までの取引なら月額実質20円)
  • 自動定期買付機能で、忙しい会社員や主婦でも手間なく投資
  • 初めて投資する20代〜30代に人気

ということ。

「株式投資してみたいけど、大金を投資するのは不安」という方、1株の少ない資金からコツコツと投資すると良いです。

投資は早く始めれば始めるほど複利効果によって、期待できるリターンが大きくなります。コロナショックのような株式市場が大暴落があっても時間と共に株価は回復するんですよね。

この機会にぜひ少額から投資を始めてはいかがでしょうか?

チャンスは今!即行動です。