米国ETF

米国ハイテクETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2020最新)

米国株のハイテクETFの中でおすすめのものを知りたいです。色々なハイテクETFがありますが、それぞれの特徴はどんな感じですか?

コロナショック時のパフォーマンスはどうだったんですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容
  • そもそも米国株のハイテクETFとは?
  • 米国株のハイテクETFにはどんなものがあるか?
  • 米国株 ハイテクETFのおすすめ3選とは?
  • おすすめETFの比較は?コロナショック時も比較!

投資歴20年のかいまるです。米国ETFを含め米国株を中心に1千万円以上を資産運用しています。

今回は米国株のハイテクETFを取り上げ、おすすめ4選とパフォーマンス比較をしていきたいと思います。

10年株価70倍にまで上昇したETFも紹介しますよ!

なお米国株や米国ETFに関連するページについて、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

そもそも米国株のハイテクETFとは?

IT企業を中心に高度な技術力を有するハイテク銘柄や成長力の高いグロース銘柄にまるっと投資できるのがハイテクETFですね。

ハイテク銘柄と言ってもいろんな企業があるわけで、ざっとあげただけでもGoogle、Apple、Facebook、Amazon、MicrosoftなどのGAFAMを筆頭に動画配信のNetflix、半導体のIntelやNVIDIA、ソフトウェアのAdobeなどなど、幅広い銘柄が含まれます。

ハイテク銘柄を集めた市場というとナスダックを連想するかもですが、ペプシコーラの「ペプシコ」も上場していて必ずしも高い技術力をもっと企業ばかりで構成されているわけではありません。

米国を代表する株価指数S&P500は、米国の主要産業を代表する500社によって構成されていますが、セクター別構成比は以下のようになっています。

S&P500セクター別構成比率
  • 1位…情報技術(22.0%)
  • 2位…ヘルスケア(13.6%)
  • 3位…金融(12.9%)
  • 4位…コミュニケーション(10.4%)
  • 5位…一般消費財(10.1%)

こう見るとハイテク銘柄を中心に構成された情報技術の比率がかなり高くなっていることがわかりますね。

以前はGoogleやFacebookも情報技術セクターでしたが、2018年にセクターが再編され、今のコミュニケーションセクターに入っています。

このセクターは以前は通信サービスと呼ばれていたもので、AT&TやVerizonなどの通信インフラ企業も入っています。

またAmazonもクラウドサービス世界シェアNo1ということもあり、大型ハイテク銘柄と言われますが、セクターでいうと一般消費財に分類されているんですね。

なので一言でハイテク銘柄といっても、情報技術セクターを中心に、いろんなセクターに分散しているんです。

今回は、このハイテク銘柄を中心とした銘柄にまるっと投資できるおすすめETFを紹介したいと思います。

米国株 ハイテクETF:おすすめ4選とは?

米国の主要なおすすめハイテクETFは、ずばりQQQ、VUG、VGT、XLK。この4つをおさえておけば問題ないでしょう。

それぞれ簡単に特徴を解説しますね。

おすすめ①:QQQ

世界最大の新興市場(ベンチャー)向けの株式市場であるナスダック市場に連動するETFですね。

特徴は以下のツイートのとおり。

QQQは、正確に言うとナスダック市場の時価総額上位100社の株価に連動するETF。完全ではないもののナスダックへの連動性が極めて高いものになっています。

今をときめくGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)とマイクロソフトだけでQQQ構成比率の約45%を占めます。新興市場と言っておきながら、実はITの巨人が席巻しているんですね。

なので個別銘柄の投資はためらうけど、GAFA全体に集中投資したい人に取ってはおすすめのETFといえますね。

詳細は以下の記事にまとめていますのでぜひご覧ください。

QQQの株価とチャートの特徴は?コロナショック米ETF直撃…影響は?ナスダックに連動するETF QQQの株価やチャートの特徴について知りたいです。コロナショックで大きく下落したようですが…。 S&a...

おすすめ②:VUG

VUGはバンガード・米国グロースETFという名称で、米国市場の大型グロース株で構成されるインデックス(CRSP US Large Cap Growth Index)への連動することをめざすETFです。

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンそしてマイクロソフトのいわゆるGAFAMなどが構成銘柄に入っており、成長性の高い銘柄で構成されています。

グロース銘柄の選定にあたって、インデックスを作成しているCRSP社はPER(株価収益率)やROE(株価純資産倍率)、EPS(1株あたりの利益)の成長率、ROA(株主資本利益率)といった指標を参考にしているとのこと。

QQQとの最大の違いはセクター構成で、VUGには金融セクターが含まれるんですね。

さらに構成銘柄上位にNY市場に上場しているVisaとMasterが含まれることも大きな違いです。

詳細は以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

VUGの魅力とは?GAFAMなどのグロース株に丸ごと投資できる!米国ETF VUGの株価やチャートの特徴について知りたいです。 高配当ETFやS&P500に連動するETFもありますが、こ...

おすすめ③:VGT

米国株の中で、インターネットなどに関連した事業を行なっている情報技術セクターの銘柄を組み入れたETFです

構成銘柄数が多くAppleやMicrosoftなどの大型IT企業だけじゃなく、中小型株が含まれるのが特徴です。

特徴は以下のツイートのとおり。ジェレミー・シーゲル博士が書いた「株式投資の未来」によれば、1957~2003年のヘルスケアセクターのトータルリターンは11.39%。S&P500の10.85%を上回って、全セクター中で第2位です

実はクレジットカードのVisaやMasterもこのセクターなんですよね。5GやAI、IoT、フィンテックなどの情報技術分野が将来日常生活を送る上で一般的な技術となるため、経済規模は将来的に間違いなく拡大していきます。

過去のデータ以上に将来のパフォーマンスを期待できるETFと言えるでしょう。

VGTの株価は高成長の情報技術セクターに連動。実は配当も魅力的?米国情報技術セクターETF VGTの株価やチャートの特徴について知りたいです。 高配当ETFやS&P500に連動するETF...

おすすめ④:XLK

こちらもVGTと同様に情報技術セクターにまるっと投資できるETF。

構成銘柄がS&P500に採用されている大型株71銘柄に限られるというところが大きな特徴です。

Apple、Microsoft、Visa、Master、Intelの5銘柄で保有比率の55%程度を占めています。上位10銘柄で7割以上の保有割合となります。

なので大型IT銘柄を中心に投資をしたいときには、VGTよりはXLKが良いといえるでしょう。

詳細は以下のページにまとめていますのでぜひご覧ください。

XLKの株価は高成長のITセクターに連動!新型コロナも影響軽微?米国情報技術セクターETF XLKの株価やチャートの特徴について知りたいです。 高配当ETFやS&P500に連動するETF...

おすすめハイテクETFの比較は?

最後にQQQ、VUG、VGT、XLKを比較していきたいと思います。

  1. 主要指標の比較
  2. 過去5年の暴落前パフォーマンス
  3. 2020年の暴落時パフォーマンス

について見ていきましょう。

比較①:主要指標を比較

2020年7月31日現在の分配金利回りをまとめると以下の表のとおりとなります。

QQQ VUG VGT XLK
投資先 ナスダック グロース IT IT
時価総額 $1263億 $560億 $320億 $341億
経費率 0.2% 0.04% 0.1% 0.13%
利回り 0.61% 0.78% 0.99% 1.06
銘柄数 100 280 330 71

成長性の高いハイテク銘柄だけあって分配金利回りはそれほど高くないですね。

やはりハイテクETFは分配金を期待して投資するタイプのETFではないということでしょう。

なお、米国株に投資する魅力の一つは高配当で長期間連続増配している個別銘柄が多いことです。中には7%を超える銘柄や60年以上連続増配している銘柄も。おすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。

米国株は高配当・連続増配株への投資で勝つ!おすすめ銘柄とは?米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

比較②:過去10年の暴落前パフォーマンス

以下のチャートは過去10年間の株価推移を比較したもの

赤:QQQ 青:VUG 紫:VGT 緑:XLK

これを見ると、全体傾向として同じような株価推移ですがナスダックETFのQQQと情報技術セクターVGT、XLKのリターンが極めて高いことがわかりますね。

リーマンショック後の大型IT関連企業の好調さが株価にも表れているということです。

一方金融セクターが10%含まれるなど幅広いセクターのグロース株で構成されるVUGは、他のETFに比べてパフォーマンスが劣りますね。

それだけ今の米国市場の好調さは、大型IT関連企業が牽引しているとも言えます。

比較③:2020年の暴落時パフォーマンス

以下のチャートは2020年2〜3月のコロナショック前後のチャートを比較したものです。

[/jin-img-kadomaru]

赤:QQQ 青:VUG 紫:VGT 緑:XLK

[/jin-img-kadomaru]

今回紹介したハイテクETFは、大暴落から3ヶ月後には暴落前の水準に戻っています。ナスダックは6月の段階で史上最高値を更新しているんですよね。

これって結構意外な結果なんです。

というのは不景気や経済危機のようなことが起きると値動きの大きいハイテク株などのグロース銘柄の下落幅が大きくなるはず。

ハイテク銘柄の成長期待が高いことに加えて、

・情報技術の社会インフラ化

・業績が新型コロナの影響を受けない

ということなんでしょうね。

インターネットを使わない社会はもはや想像もできないし、感染症拡大で外出制限があってもクラウドなどのIT需要はむしろ増えるということ。

今後も5G、IoT、クラウド、キャッシュレス社会など将来的な材料も豊富なことから、AppleやMicrosoft、Visa、Masterなども含む情報技術優位の市場はしばらく続きそうです。

結局ハイテクETFの中でおすすめはどれ?

主要ハイテクETF4銘柄を比較してきましたが、おすすめのETFは投資スタンスや戦略にもよりますね。

ザックリというと、

  • GAFAMを中心にハイテク株にまるっと投資したい人→QQQ
  • ITに限らず成長性の高い企業にまるっと投資したい→VUG
  • とにかく情報技術の大型銘柄→XLK
  • 中小型のIT銘柄にも投資したい→VGT

ということかと。

普通におすすめできるのはナスダックに連動するQQQということになるんですが、セクターのバランスや分散性に優れているのはグロースETFのVUGですね。

ただVUGは金融セクターの比率が高いので他のハイテクETFに比べて成長性はイマイチという点です。

あとはITに特化して投資をしたいならVGTやXLKということになりますが、Amazon、Facebook、Googleが含まれていないことに注意が必要です。

ちなみに禁じ手ともいえるハイテクETFがITセクターのレバレッジ3倍ETFのTECLです。

XLKの値動き3倍のリターンを目指すハイリスク・ハイリターン商品の決定版ですが、過去のリターンは凄じいの一言です。

興味のある方は以下の記事をご覧ください。

10年で株価70倍!米国ETF TECLのレバレッジ3倍の破壊力とは? TECLは、米国の情報技術セクターと連動するレバレッジ型ETFと聞いたけど、株価の推移(チャート)と特徴は? TECLは長期投資に...

取引手数料ゼロで米国ハイテクETFを購入できる証券会社

今から米国ハイテクETFの投資を始めたい方や本格的に米国株投資を行いたい方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事をぜひご覧ください!

これから米国株投資を始める方や本格的に米国株投資を行いたい方にも必見です!

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判とメリット・デメリットとは?DMM株が米国株の取引手数料を無料化すると発表! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本...

「米国株 ハイテクETFのおすすめは?」まとめ

今回は、米国のハイテクETFのおすすめは?ということで、米国株のに連動するETFの特徴とおすすめ4選、パフォーマンス比較について取り上げてきました。

IT企業を中心に高度な技術力を有するハイテク銘柄や成長力の高いグロース銘柄にまるっと投資できるのがハイテクETFですね。

新型コロナ拡大でもハイテク企業の業績は好調ですね。外出制限があってもむしろクラウド需要やパソコンの需要が拡大しているんですね。

将来的にも5Gやキャッシュレス、IotなどハイテクETFには追い風が吹いています。

もちろん値動きは激しいのは確かですが、自分の好みや投資スタンスに合わせて、ハイテクETFを活用していくのが良いと考えます。

最後に米国ETFや米国株に賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

米国ETFに手間をかけずに自動運用する方法とは?

株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。

やはり資産運用の基本は米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。

自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、WealthNavi(ウェルスナビ)を活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。

自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。特に投資初心者の方で、かつロボバイザーも初めて利用するような方には、WealthNaviが圧倒的におすすめです。

詳しくは以下の記事にまとめています。

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミ・実際にやってみた結果とは?WealthNavi(ウェルスナビ)ってどうなんですかね。資産運用ならウェルスナビが良いって聞いたけど、、、果たして本当に儲かるの? ...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株や米国ETFに関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

米国の高配当ETFのおすすめランキング4選とは?デメリットも解説!米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットやデメリット、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このよう...

 

値動きが安定していて、かつ高い分配金を期待できる債券ETFのおすすめをまとめました。日本の個人投資家でもポートフォリオの主力として活用している人も多くなっています。

米国債券ETFのおすすめはこれだ!債券に投資するメリットとは?米国の債券ETFに投資するメリットを知りたいです。そもそも債券ETFの特徴とはどのようなものですか? おすすめの債券ETFも知りた...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2020年最新)米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株の手数料を徹底比較!おすすめの証券会社はどこ?(2020年)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...
ウェルスナビの自動運用でほったらかし投資が可能!
WealthNavi

ウェルスナビは「長期・積立・分散」の資産運用を全自動でお任せできる資産運用サービス。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。

▼ロボアドバイザーの自動運用で、時間も手間もかかりません
投資の学習、投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。

▼安全資産の債券や金にも投資
株が大幅に暴落した際には、安全資産の債券や金が上昇するのが一般的。リスク許容度に応じてより安全な運用も可能です。

▼国際分散投資を自動運用
約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

▼手数料は預かり資産の1%のみの中立な資産運用
手数料は預かり資産の1%のみ。

▼世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築
ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

詳細は以下をクリック!

詳細ページ公式ページ