おすすめ証券会社

auカブコム証券の評判と口コミは?KDDIの出資でサービス向上!

auカブコム証券(旧カブドットコム証券)の評判や口コミってどうですか?KDDIと三菱UFJが出資してサービスが充実していると聞いてますが…。

メリットやデメリットなど、実際の利用者の感想なども知りたいです。

こんな疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • auカブコム証券とは?
  • auカブコム証券での運用成績は?
  • auカブコム証券で取引するメリット・デメリットは?
  • auカブコム証券の評判と口コミは?

投資歴20年のかいまるです。日本株と米国株を中心に1000万円以上の資産を運用しています。

ネット証券業界最大手のauカブコム証券。口座数は100万口座を超えていて、初心者から上級者まで個人投資家の多くが活用していますね。

自分も旧カブドットコム証券の時代から活用しています。

フリーETFの取引手数料無料や一般信用取引で株主優待クロス取引ができるなど、昔から独自サービスを展開している証券会社ですね。

最近は何と言ってもKDDIが大口出資。カブドットコム証券から”auカブコム証券”に名称が変わり、auとの連携を生かしたサービスを展開しています。

今回は、そんなauカブコム証券の評判や口コミ、メリット、デメリットを中心に解説していきます。

口座開設・維持費無料!
auカブコム証券
口座開設はコチラ

※申し込みは10分で完了。簡単です!

>>auカブコム証券の公式ページはコチラ

auカブコム証券とは?MUFGとKDDIが出資

auカブコム証券は、ネット証券大手ということで初めて投資をする人から上級者まで多くの投資家が利用している証券会社です。

三菱UFJフィナンシャルグループとKDDIが出資している、個人投資家向けのネット証券会社です。

やはりauとの連携が強く、結論からいうと、こんな人に特におすすめです。

こんな人におすすめ(結論)

・auじぶん銀行との連携
→auマネーコネクトで優遇金利をGet

・できるだけコストを下げたい
→日本株の取引手数料は業界最安水準

・少額から投資を始めたい
→1株からのプチ株、投資信託積立も100円から

・将来的にプログラミング売買もしたい
→kabu STATION APIで自動売買システム構築できる。

以下、これらのメリットについて自分が利用してきた経験やも踏まえて解説していきますね。

auカブコム証券の大きな特徴は?

ぶっちゃけたところ、資産運用を行う上でサービス内容自体は、他の主要ネット証券と大きな違いはありません。

ただauカブコム証券しかないと言える大きな特徴は、

  1. auじぶん銀行との連携
  2. kabu STATION APIでプログラミング売買
  3. Pontaポイントが貯まる

ということですね。

特にauユーザーにとってみると、今後連携は強化されていくと思うのメリットは大きいです。詳細に見ていきます。

大きな特徴①:auじぶん銀行との連携

auカブコム証券とauじぶん銀行は、2020年6月から双方の口座を連携するサービスを「auマネーコネクト優遇プログラム」開始。

この「auマネーコネクト優遇プログラム」は、auじぶん銀行口座からauカブコム証券への送金指示を簡単に行えるもの。

逆にauカブコム証券口座の余剰資金を自動的にauじぶん銀行に振り替えたりもできます。

口座間をつなぐことによって、auじぶん銀行の円普通預金口座の金利を通常の100倍の0.10%の優遇金利を受けることができるんです。

口座連携で便利かつお得に取引ができるということです。

大きな特徴②:kabu STATION APIでプログラミング売買

高速トレーディングツール「kabu STATION」を活用したプログラミングにより、市場データの取得や株の注文執行が可能となりました。

簡単にいうと、自分で考えた売買プログラミングで自動売買することができるということです。

もともと機関投資家向けに行っていたサービスを個人投資家にも利用できるようにしたもの。

auカブコム証券によると、このシステムトレードAPIを活用した取引の方が、通常のPCやスマホ経由の取引よりも好成績を上げているとのこと。

これは他のネット証券で同様のサービスを実施しているところはなく、圧倒的な差別化になっています。

自分でプログラミングを行って日本株を売買したいという方や将来的にプログラミング売買を実践していきたい方などは、auカブコム証券一択ということです。

大きな特徴③:投資信託の保有でPontaポイントが貯まる

Pontaポイントが貯まるというのもauカブコム証券の大きな特徴といえるでしょう。

投資信託の残高に応じて毎月Pontaポイントが貯まります。

前月(営業日)の保有額に応じて以下の年率分加算されます。月間平均保有額24,000円以上から加算の対象。

  • 2.4万円~:年率0.05%
  • 100万円以上~3,000万円未満:年率0.12%
  • 3,000万円以上:年率0.24%

Pontaポイントは1ポイント=1円で活用できるので、お得なサービスです。

たまったPontaポイントは、190万か所の提携店舗・いろんなサービスでつかえます。

auカブコム証券のメリットは?

次にauカブコム証券で運用を行うメリットを見ていきます。

株式取引や投資信託の購入など一通りのサービスは全て利用可能で、auカブコム証券をメインにして資産運用を行えば、大きく不便を感じることはないでしょう。

他のネット証券と比較してauカブコム証券が優れている点やメリットをまとめると

  1. 圧倒的な財務基盤
  2. 手数料最安水準で割引が豊富
  3. 信用取引や一部ETFの取引手数料ゼロ
  4. プチ株で1株から少額投資

ということですね。詳細に見ていきます。

メリット①:圧倒的な財務基盤

大事なお金を預けて取引することになるので、できるだけ安心で信頼できるところを選びたいですよね。

その点、auカブコム証券は金融メガバンクの三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社で、かつ国内通信企業の大手KDDIが大株主として資本参加しています。

財務基盤は第三者期間で「A+」の格付けを誇るなど、ネット証券No1となっています。

旧カブドットコム証券時代から築きあげた三菱UFJグループの持つ信頼性に加えて、ネット証券が登場した初期の段階からの独自ノウハウを併せ持っているのが大きな特徴。

また、auとの連携を活かしたサービスも開始しており、今後も連携強化が期待できます。

メリット②:手数料最安水準で割引が豊富

auカブコム証券の手数料は、ネット証券会社の中でも最低水準。

例えば日本株の1約定ごとの取引手数料は、

  • 10万円以下:99円(税込み)
  • 20万円以下:115円
  • 50万円以下:275円

となります。

さらに独自の手数料割引も充実していて、現物株式の売買手数料が

お得な手数料割引サービス
  • シニア割:50歳以上なら2~4%の割引
  • NISA割:NISA口座の開設で1~5%の割引
  • au割:auユーザーの手数料1%割引き
  • 三菱UFJの株式購入手数料10%割引き

というものがあります。これらの割引率は合算して利用することも可能で、非常にお得ですね。

主要なネット証券で、このような割引が充実しているところはauカブコム証券だけだと思います。

メリット③:信用取引や一部ETFの取引手数料ゼロ

信用取引は現金や株式などを担保として証券会社に預けることにより、担保評価額の約3.3倍まで株式が取引できるもの。

auカブコム証券は、その取引手数料が2019年12月からなんと0円となりました。

信用取引は他にも金利などのコストがかかるんですが、これも1.15%からと他のネット証券と比べても割安水準ですね。

TOPIXや日経平均株価に連動するETFなど約100銘柄の取引手数料無料としているなど、手数料0円のサービスを拡充しています。

メリット④:プチ株で日本株を1株から少額投資

auカブコム証券では、1株から日本株を購入できる「プチ株」というサービスが利用可能。手数料は約定代金の0.5%で最低手数料は48円。

日本株は単元株制度を採用しているため通常は100株単位で購入する必要があります。

例えばトヨタの株価は6500円を超えているので、普通に買うと65万円以上の資金が必要なんですね。

なので1株から購入できれば、多くの銘柄に分散・積立投資をしたい方でも、少ない資金で投資することができます。

その他メリットがいっぱい

他のネット証券と比べて優れている点4つを見てきましたが、他にも様々なメリットがあります。

細かく説明しませんが、ざっと一覧にすると以下のようになります。

商品・サービス メリット
kabuステーション 高機能・高速トレーディングツール
IPO 全て抽選。参加手数料・購入手数料無料
NISA スピード口座開設
つみたてNISA スピード口座開設
株主優待 つなぎ売り(一般信用)で株主優待がGet
Ideco 運営管理手数料ゼロ

auカブコム証券は、ネット証券大手かつメガバンクが親会社ということもあり、多くのサービスが提供されているということです。

なので多くの個人投資家の方は、auカブコム証券に口座を開設しておけば資産運用や日本株のトレードを行うにあたって困ることはないでしょう。

口座開設・維持費無料!
auカブコム証券
口座開設はコチラ

※申し込みは10分で完了。簡単です!

>>auカブコム証券の公式ページはコチラ

auカブコム証券のデメリットは?

充実のサービスで業界最大手のauカブコム証券。あえてデメリットをあげるとすると、

  1. 100万円以上の取引手数料が割高
  2. 米国株の取り扱いがない

ということですね。クリックに解説していきます。

デメリット①:100万円以上の取引手数料が割高

auカブコム証券の取引手数料は業界最安水準ですが、100万円を超える日本株の取引になると、若干割高になります。

100万円を超える場合の手数料は1000円程度となり、他の主要ネット証券会社と比較しても倍近い金額になりますね。

あと、1日の日本株取引手数料の定額サービスもないので、短時間で頻繁に取引するデイトレードには向いていないです。

デメリット②:外国株の取り扱いがない

SBI、楽天、マネックス証券などの主要ネット証券と比較して大きなデメリットは、外国株の取り扱いがないことです。

特に米国経済の高い成長を取り込める、米国株の人気が高まっていますからね。コロナショック後、米国市場は過去最高値を更新し続けていて絶好調です。

日本株や投資信託中心としている方にはデメリットとは言えないかもですが…。

ただ、自分も証券口座を6社持っていて、用途ごとに使い分けていますね。例えば、最近は日本株は主要ネット証券で購入して、米国株は、

・米国株の取引手数料無料→DMM株

を利用しています。

証券口座の開設や管理手数料はかからないので、大半の個人投資家の方は複数の証券口座を開設しています。

なので日本株はauや三菱UFJとの連携が強いauカブコム証券を活用して、外国株は他の証券会社というのは、全然ありだと思います。

auカブコム証券の評判・口コミは?

auカブコム証券の評判や口コミについて、実際に利用している方の感想をいくつか紹介します。

やはりauじぶん銀行との連携やkabu STATION APIの自動売買プログラムを作成できる点を高く評価する口コミが多いです。

口座開設・維持費無料!
auカブコム証券
口座開設はコチラ

※申し込みは10分で完了。簡単です!

>>auカブコム証券の公式ページはコチラ

auカブコム証券ではキャンペーンも!

auカブコム証券では、Pontaポイント100ポイントが貰えるキャンペーンを実施中です。

対象期間中にauカブコム証券ウェブサイトからauじぶん銀行の口座開設した方に、100Pontaポイントがプレゼントされます。

また、auじぶん銀行とauカブコム証券を連携する「auマネーコネクト」を利用して1回10,000円以上の入金で抽選300名様に2,000Pontaポイントプレゼントキャンペーンも実質中です。

こういうチャンスを利用してお得に投資を始めましょう。

auカブコム証券の口座開設の手順は?

auカブコム証券の口座開設は以下の4ステップ。インターネット申し込みの場合、

  • 署名・捺印不要で申込は10分で完了
  • 本人確認資料の提出はパソコン・カメラ付き携帯電話等で可能

です。まずはauカブコム証券にアクセスして、口座開設申し込みのボタンをクリックします。

口座開設の4ステップ
  1. 口座開設フォームから申込み
  2. 本人情報の入力
  3. マイナンバー確認書類と本人確認書類を提出する
  4. 口座開設完了(※パスワード等が郵送されます)

10分程度で申し込みは完了します!何も難しいことはありません。

マイナンバーカードや本人確認資料(運転免許証など)のアップロードなどが必要になるので、事前に準備しておくと手続きがスムーズです。

「auカブコム証券の評判は?」まとめ

今回はauカブコム証券の評判ということで、メリット・デメリット、口コミについて述べてきました。

結論をいうと、

こんな人におすすめ(結論)

・auじぶん銀行との連携
→auマネーコネクトで優遇金利Get

・できるだけコストを下げたい
→日本株の取引手数料は業界最安水準

・少額から投資を始めたい
→1株からのプチ株、投資信託積立も100円から

・将来的にプログラミング売買もしたい
→kabu STATION APIで自動売買システム構築できる。

ということです。

いろいろ書いてきましたが、自分が感じるauカブコム証券の最大のメリットは、auとの連携が今後期待できるということです。

auマネーコネクトでPontaポイントが得られるキャンペーンも実施。

KDDIは金融分野への取り組みを強化していることもあり、こんな感じでお得に取引できるサービスは今後も継続して実施されると思います。

さらに旧カブドットコム証券のシステムを引き継いでいて、三菱UFJフィナンシャルグループが親会社という安心感もあります。

投資って難しそう、お金がかかる、危険というイメージがあって株式や投資信託への投資はハードルが高いかもです。

しかし三菱UFJやau(KDDI)との連携を今後も期待できるauカブコム証券。これから投資をはじめる方に、特におすすめできる証券会社です。

口座開設はカンタンです。この機会にぜひ口座を開設しましょう!!

口座開設・維持費無料!
auカブコム証券
口座開設はコチラ

※申し込みは10分で完了。簡単です!

>>auカブコム証券の公式ページはコチラ

チャンスを逃したくないなら今!即行動です!