資産形成

フローとストックの違いは?資産形成にはコップの水は飲んじゃだめ!

資産形成におけるフローとストックの違いってなんですかね?簡単に理解したいです。

このような疑問をもつ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • ストックとフローの違いとは?
  • フローをストックに変えることが資産形成なの?
  • 資産であるストックがフローを生み出すとは?

結論から先に言うと、預金や株や債券などの金融資産又は不動産などの資産が「ストック」、給料などの収入が「フロー」ですね。

将来的に十分な「フロー」を生み出せるよう、「ストック」を積み上げるのが資産形成の基本ですね。

経済用語として使用される「フロー」と「ストック」の考え方を当てはめてみると、資産形成のために、やらなければいけないことのイメージがつきやすくなります。

ぜひ最後までご覧になってください。

自分は、投資歴20年以上で、株や債券などに1,500万円以上資産運用を行っていて、米国の大学で経済も学びました。今回は、この経験も踏まえて記事を書いています。

※ロボアドバイザーによる自動運用という選択

毎日が忙しくて資産運用にかける時間がない…。そんな方は口座にお金を振り込むだけでロボアドバイザーが自動運用するWealthNaviが便利かも。WealthNaviなら株式だけじゃなく債券や金、不動産にも自動で分散投資してくれます。

>> WealthNaviの無料申し込みはコチラ

ストックとフローとの違いとは?

フローとストックは経済の基本的な考え方ですが、会社員などの個人が保有するお金にあてはめることができます。

簡単に説明すると、

・フロー:毎月の労働の対価として支払われる給料や支出

・ストック:株や債券などの金融資産、預金

となります。以下の図を見ていただければイメージがつかみやすいですね。

蛇口から出ている水が会社からの給料などの収入、溜まった水が得られた収入からの預金や株となります。

資産形成におけるフローの特徴とは?

ここではフローの特徴に関して、

  1. 労働で得られる収入はフロー
  2. フローは不確定で簡単に止まる

点について解説します。

特徴①:労働で得られる収入はフロー

「フロー(flow)」は「流れ」という意味。個人のお金にあてはめると、毎月の労働の対価として支払われる給料がフローにあたります。

フローの特徴としては、すぐに生み出せることができる一方、簡単に失うことです。ちょっとわかりずらいですね。

例えば、収入は、会社で働いたり、バイトで労働力を提供すれば、わりと簡単に得ることができます。現在無職の人でも、日雇いのアルバイトを見つけることは、それほど難しいことではないんですね。

しかし、仕事をやめてしまえば、すぐに収入がなくなってしまいます。

特徴②:フローは不確定で簡単に止まる

会社で働いている限りは、収入(フロー)を生み出すことができますが、加齢や病気などにより、それができなくなると、とたんに収入が途絶えてしまいます。

最近では、仕事のストレスや責任の重さ、人間関係で精神を病んでしまい、働けなくなってしまう人もいますね。

また、働いている会社の経営が悪化する、ということもあり得ます。会社が倒産ということになれば、もはや収入が得られなくなります。

収入(フロー)というのは、健康であったり、会社の経営が安定しているという不確定な要素の上にあるといえるのです。

蛇口が閉まってしまえば、簡単にフローが止まってしまうのです。

資産形成におけるストックの特徴とは?

ここではフローの特徴に関して、

  1. 株や債券、預金はストック
  2. ストックは安定的だけど貯めるのに時間がかかる

点について解説します。

特徴①:株や債券、預金はストック

「ストック(Stock)」は「蓄える」という意味。個人のお金にあてはめると株や債券などの金融資産、預金などがストックにあたります。

これらのストックを保有、蓄積することで、継続的な配当や利息を受け取ることができます。なので、蛇口から水が止まったとしても、既に貯まっている水が、さらに水を生み出してくれるイメージです。

特徴②:ストックは安定的だけど貯めるのに時間がかかる

ストックの特徴としては、高収入の人を除いて蓄積に時間がかかるけど、一度貯まってしまえば、安定的に収入を得ることができることです。

配当金や分配金で生活していくためには、株や債券、預金が数千万円程度必要になってきますよね。

個人の生活レベルや給料にもよるけれども、これを蓄積するには20年以上かかるのが普通です。いやになるぐらい長いです。

ただ、一旦これぐらいの資産を貯めてしまえば、よっぽどのことがない限り、生活費レベルの収益が安定的に得られることです。

何もしなくて良いのです。テレビを見ていても、ゲームをしていても、寝ていても、勝手に配当金や利息は自分の口座に振り込まれます。

資産形成にはフローをストックするということ

ストックからフローを生み出せるようにする

会社員のセミリタイアを、フローとストックの考え方に落とし込んでみましょう。

資産運用とは結局のところ、

・不確定性のある給与収入(フロー)を増やし

・支出を減らして(節約)

・安定的な資産(ストック)を増やしていく

ということに他なりません。資産運用の本は多く出版されていますが、結局はこの考え方なんですよね。

給与収入から生活費をまかない、余った分を預金や投資に回す。給与収入を増やす努力をする。ただ、収入がいくら多くても、車や趣味に大半を使ってしまうなど、支出が多いと資産が増えていきません。

すなわち、セミリタイアを目指していく活動というのは、フローをストックに置き換えていく作業と言えるのです。

コップの水は飲んではいけない

じゃあ、資産を貯めるためにはどうしたら良いのでしょうか。

伊丹十三監督の名作「マルサの女」の中の名シーンで、コップの水というシーンがあります。

以下が、その引用です。

花村(津川雅彦):「どうしたら金がたまるんだ?」

権藤(山崎努):「せっかくだから教えてあげるよ。金貯めようと思ったらね、花村さん。使わないことだよ。あんたは葬式がありゃ1万、結婚式がありゃ2万と出すでしょう。そんなもの出してたら金は残らない。100万あったって使えば残らない。10万しかなくても使わなければ、まるまる10万残るんだからねえ。」

「あんた、今、ポタポタ落ちてくる水の下にコップを置いて、水、貯めてるとするわね。あんた、喉が渇いたからってまだ半分しか溜まっていないのに飲んじゃうだろ?これ、最低だね。なみなみいっぱいになるのを待って…それでも飲んじゃだめだよ。いっぱいになって…溢れて…垂れてくるやつ…これを舐めて。我慢するの。

これが資産運用の本質ですよね。小さいころに初めてこの映画を見たときは、このシーンの意味がわかりませんでした。

資産運用でお金持ちになった人ほどケチであるというのは定説で、彼らは質素倹約にはげんで、欲しいものも買わずコップの中の水を増やしていきます。

コップの水は飲んでしまえば、何も生み出さなくなるので、コップの水には手を出さないで我慢するのです。

ストックが生み出すフローで生活する

資産(ストック)は収入(フロー)を生み出します。

コップの水は、蛇口の水(フロー)が閉まれば増えていきませんが、株や債券などの資産は、ほっといても水を増やしてくれる。

なので、セミリタイア後は、このコップからあふれ出る水を飲んで生活をしていけばよいのです。

運用のプロによる無料オンラインセミナー開催

株と投資信託と不動産投資などを活用した資産形成術を自宅にいながら無料で学べます

資産運用の話って、今後見込まれる収入額、将来必要な資産額の計算、運用利回りなどなど正直言って難しいですよね。

CRAZY MONEYのオンラインセミナーでは、これらの難しいはなしを運用のプロから直接聞き、直接アドバイスを受けることができるんです。

さらに、以下のような特徴や内容も!

  • リアルタイム解説・質疑応答
  • 投資・資産運用の始め方や時期
  • 投資商品の見直しや税金対策
  • そのまま1対1でWEB相談OK

ただし、年収500万円以上の22歳~50歳の正社員・公務員の方限定。東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、京都、兵庫、滋賀、名古屋、岐阜県に住んでいる方が対象となります。

参加は無料で自宅から聞くことができるので、対象の方はぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか?

 

サラリーマンにおすすめの資産運用の方法は?

投資を始めて資産運用を行っていきたいと思っても、仕事や日々の生活で忙しくて投資に時間を割くことが難しいサラリーマンも多いと思います。

自分も証券会社に口座を開設して、直接、日本株や米国株に投資していますが、年に一回リバランスしたり、債券との比率を考えたりと、結構面倒くさいんですよね。

そこでおすすめしたいのが「ウェルスナビ」を活用したロボアドバイザーによる自動運用です。

これをおすすめする一番の理由はロボアドバイザーの自動運用で時間も手間もかからないからです。

ウェルスナビをおすすめする理由
  • とにかく忙しくて時間がない
  • 何を投資すればいいかわからない
  • リスクを抑えた運用をしたい
  • 老後に向けて、コツコツお金を貯めていきたい

上記のとおり。詳細は以下の記事にまとめていますのでぜひご覧ください。

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミ・実際にやってみた結果とは?WealthNavi(ウェルスナビ)ってどうなんですかね。資産運用ならウェルスナビが良いって聞いたけど、、、果たして本当に儲かるの? ...

 

「ストックとフローの違い」まとめ

今回は、資産形成に必要な、フローとストックという考え方について述べてきました。

資産形成には、収入を得られているうちは、フローを生み出すためのストックを貯めることに着目して考えるべきということ。

成長性の低い日本では、給与収入の増加というのは見込むのは難しいので、ストックを貯め、そしてストックを使わないことでフローの増加を目指すべきなのです。

株や投資信託ならネット証券のSBI証券が良いです

やはり株や投資信託で長期投資というのが資産運用の王道です。

これから投資を始めたいけど、証券会社がたくさんあってどこにしたら良いか迷っている方多いと思います。

ネット証券にはそれぞれ異なる特徴や強み、力を入れているサービスに違いがあるので、どれが自分にあうネット証券か本当に迷いますよね。

そんな方は、多くの商品を取り扱っていて手数料も業界最安水準のSBI証券がオススメです。

口座数や経営規模の面で、他のネット証券を圧倒。まずはSBI証券で間違いはありません。

自分は現在ネット証券6社の口座を利用していますが、扱っている商品やサービスの種類が豊富で、しかも手数料も他に比べて安く、評判どおりSBI証券の総合力が最も高いと感じています。

詳細は以下の記事にまとめてますんで、ぜひご覧ください。

SBI証券の評判・口コミは?実際に5年利用して感じたメリットを解説!SBI証券の評判や口コミってどうですか?ネット証券業界で最大手でサービスが充実していると聞いてますが…。 メリットやデメリットなど...

>>SBI証券の公式ページはコチラ

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、資産形成に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

セミリタイアする上で最低限知るべきお金のことをまとめました。失敗するともう元には戻れません。入念な準備が必要です。

セミリタイアに失敗!?もう元に戻れない…【絶対に知るべきお金のこと】40代会社員ですがセミリタイアを考えています。会社を辞めるともう戻れないですよね。 失敗しないためにどのようなことに考慮して資金計...

 

人生100年時代と言われる中、”自助”で資産を増やさなければ生涯労働です。もはや国や会社だけには頼れない現状を分析しました。

サラリーマンが資産運用すべき理由とは?会社だけに頼ると生涯労働に…最近、投資に興味がありますけどサラリーマンは資産運用しないとだめですか?なんか敷居が高いし、正直面倒くさいです。 手軽に投資して資...

 

サラリーマンは投資だけで本当にセミリタイアできるのか、分析しました。

夫婦で1億円あればセミリタイアは可能か?投資で経済的自由は可能?夫婦で1億円あれば早期にセミリタイアすることは可能なんでしょうか?サラリーマンでも投資すること経済的自由を得られるのか知りたいです。 ...

 

安定しているというイメージの強い公務員ですら既に早期退職制度を作り、多くの職員が利用しているのが現実。この早期退職制度の内容について迫ります。

公務員ですら45歳以上の早期退職を制度化。その内容と優遇措置とは?仕事のストレスや人間関係から、仕事を辞めようかと思うんだけど早期退職の優遇制度なんてあるの?40代で早期退職するメリットは? この...

 

トヨタ社長や経団連会長まで終身雇用の維持はできないと断言。厳しい雇用環境の中、会社だけに頼らない生き方を模索すべきです。

終身雇用の崩壊が始まる理由とは【この時代を生き抜く方法】最近、トヨタ社長ですら終身雇用を守るには限界があるとの発言をしているけど、この制度の崩壊は始まっているの? 「終身雇用の崩壊」の時...
ウェルスナビの自動運用でほったらかし投資が可能!
WealthNavi

ウェルスナビは「長期・積立・分散」の資産運用を全自動でお任せできる資産運用サービス。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。

▼ロボアドバイザーの自動運用で、時間も手間もかかりません
投資の学習、投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。

▼安全資産の債券や金にも投資
株が大幅に暴落した際には、安全資産の債券や金が上昇するのが一般的。リスク許容度に応じてより安全な運用も可能です。

▼国際分散投資を自動運用
約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

▼手数料は預かり資産の1%のみの中立な資産運用
手数料は預かり資産の1%のみ。

▼世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築
ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

詳細は以下をクリック!

詳細ページ公式ページ