米国株

GAFA+Microsoftの株価が爆上げ中!投資すべき?買い時?

最近GAFAという言葉をよく聞きますがこれって何ですか?株価が急上昇しているようですが…。

そんなGAFAやMicrosoftに投資したいと考えてますが、どのようにしたら良いですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • GAFA+Microsoftとは?
  • GAFAMの時価総額は東証1部超え⁉︎
  • GAFA+Microsoftの株価と業績の推移は?
  • GAFA+Microsoftに投資するには?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1,500万円以上の資産を運用しています。

今回は、新型コロナ拡大でも業績が堅調で株価も急上昇しているGAFA+Microsoftについて解説です。

ぜひ最後までご覧ください。

※米国株取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。DMM株は米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の無料申し込みはコチラ

GAFA+Microsoftとは?株価爆上げ中!

GAFA(ガーファ)は、2010年代以降にIT業界で急成長をしている、米国の大型ハイテク企業4社の頭文字を合体させた造語です。

Google(上場企業名はアルファベット)、Apple、Facebook、Amazonと合わせて「GAFA」。これにMicrosoftを合わせて「GAFAM」とも呼ばれたりします。

これらの特徴は後述するとして、GAFAMに共通するのは、多くの人が魅力や利便性を感じるサービスや製品を提供していることです

ざっとまとめただけでも

  • Google:インターネット検索やYouTube
  • Apple:iphone、ipad
  • Facebook:SNS、インスタグラム
  • Amazon:Eコマース、クラウドサービス
  • Microsoft:Windows、Azure

といったサービスを提供しており、もはや多くの人の日常に溶け込んでいます。

そんな世界中の人を引きつけるGAFAM。

それぞれ独占的な商品やサービス、プラットフォームを持ち、継続的に世界中でビジネスを成長していることから、株価は上昇を続けています。

GAFA+M:株価上昇で時価総額は東証1部超え!

巨大ハイテク企業のGAFA+Microsoft。

新型コロナ拡大で多くの企業が業績悪化に苦しむなか、株価が上昇をし続け2020年5月に時価総額で東証1部約2170社の合計を上回り話題となりました。

この段階で5社の時価総額は合計で約5兆3000億ドル(約560兆円)に達し、東証1部(約550兆円)を初めて超えたんですね。

テレワークやEコマースなど新型コロナで変容した生活様式で、GAFAMが提供している製品やサービスの需要が急増し株価が上昇したことが要因。

そんなGAFA+Microsoftの株価と業績の推移についてまとめましたので、見ていきましょう。

GAFA+Microsoftの株価の推移と業績は?

驚異的な成長を見せるGAFA+Microsoft。その株価推移と業績をそれぞれまとめましたが、みんな右肩上がりで絶好調です。

Google

Google(親会社はAlphabet)は、インターネット検索、YouTube、スマホOSのアンドロイドで独占的なプラットフォームを提供している企業です。

世界最大の検索エンジン”Google”の世界シェアは80%を超えて、インターネットを利用している方で使ったことのない方はいないでしょう。

過去2年間の株価は以下のようなチャートになっています。

GOOG Alphabet Inc. weekly Stock Chart

売り上げの85%は広告収入なんですね。業績の推移は以下のとおり。

インターネットやスマートフォンの普及とともに検索エンジンの利用者が爆発的に増加し続けていることもあり、業績も右肩上がりの急成長となっています

特に最近では、2006年に買収したYou Tube利用者の増加が著しいですね。

最近では広告以外の収益源となる事業の開発に力を入れています。例えば、Googleの傘下には自動運転開発会社のウェイモ。

アンチエイジングのCalico、量子技術コンピューターのXなど先端技術を開発する企業がひしめいていて、成果を上げつつあります。

株価の見通しについては以下の記事にまとめています。ぜひご覧ください。

アルファベット(グーグル)の株価と今後の見通しは?コロナの影響大?米国株のアルファベット(GOOGL)への投資を考えています。グーグルの株価の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価の回復...

Apple

Appleは、スマートフォンのiPhone、パソコンのiMac、MacbookやタブレットのiPad及び関連製品などを製造・販売している企業です。日本でもおなじみですね。

直営店のApple StoreやApple Online Storeでこれらの製品を販売している他、最近ではサービス事業にも力を入れていて音楽、映画、TV、スマホアプリ、電子書籍など広範囲なデジタルコンテンツの販売・提供を行っています。

過去2年間の株価は以下のようなチャート。

AAPL Apple Inc. weekly Stock Chart

現在の売り上げの半分以上は、創業事業のパソコンではなく、iphoneやipadを中心とした携帯端末事業なんですね。業績の推移は以下のとおり。

2007年に発表されたiPhoneが世界的に大ヒットしたこともあり、業績も右肩上がりの急成長となっています

注目点は、パソコンやスマホなどのハードを売っている企業にもかかわらず、営業利益率が20%台後半~30%台前半という高い水準での推移となっていること。

高いブランド力で安売り競争とは無縁でいることが、高い利益率につながっているんですね。

株価の見通しについては以下の記事にまとめています。ぜひご覧ください。

アップルの今後の株価を予想!コロナ拡大でも上昇で推移する理由は?米国株のアップル(AAPL)への投資を考えています。Appleの株価の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価は下落したよ...

Facebook

Facebookは、世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を運営する企業で、2004年に創業されたばかりの若い会社です。

いまやSNSといえばフェイスブックというほど圧倒的な知名度を誇ります。インスタグラムも実はFacebookが運営しているSNSなんですね。

過去2年間の株価は以下のようなチャート。

FB Facebook, Inc. weekly Stock Chart

売り上げの95%以上が広告収入となっています。FacebookのSNSの月間利用者は世界中で33億人となっていて地球上の人口の半分近くが利用している計算です。

そんな業績の推移は以下のとおり。

スマートフォンの普及とともにSNSの利用者が爆発的に増加し続けていることもあり、業績も右肩上がりの急成長となっています

各国政府による個人情報保護強化が行われているものの、フェイスブックやインスタグラムなどの利用者が増えているうちは売り上げは伸び続けるということでしょう。

株価の見通しについては以下の記事にまとめています。ぜひご覧ください。

フェイスブックの株価と今後の見通しは?SNS利用者急増で10年後は?米国株のフェイスブック(FB)への投資を考えています。facebookの株価の見通しや予想を知りたいです。 新型コロナ拡大の影響も...

Amazon

Amazonといえば主力事業であるインターネットの通信販売事業(EC事業)というイメージですが、業績が絶好調なのは世界的に大きなシェアを奪うに至ったAWSと呼ばれるクラウド事業の成功にあります。

アマゾンの主力であるEC事業は、薄利多売で利幅が薄いわりには、倉庫などの物流インフラ整備に多額の投資が必要になるので、あまり利益にならないんですね。

過去2年間の株価は以下のようなチャート。

AMZN Amazon.com, Inc. weekly Stock Chart

これだけの規模の企業でありながら、2019年の売り上げの成長率は年間20%を超えています。いまだに高成長企業であり続けているということです。

そんな業績の推移は以下のとおり。

Eコマースの伸びは15%程度ですが、クラウド事業、Amazonプライムの売り上げ増が35%を超えて大きく伸びています。

株価の見通しについては以下の記事にまとめています。ぜひご覧ください。

アマゾンの株価の見通しは?10年後の業績は新型コロナの影響で厳しい?アマゾン(Amazon)の今後の株価見通しについて知りたいです。インターネット通販がメインですけど、クラウド事業も絶好調ですよね。 ...

Microsoft

Microsoftは、OSのWindowsやソフトウェアのOfiiceを製造している企業で、日本でも知らない人はいないぐらい知名度の高いメーカーですね。

AppleとWindowsで世界の個人向けパソコンのOS市場は実質的に独占されてます。

一時期スマホ市場への乗り遅れにより業績が落ち込みましたが、ここに来てクラウドサービスのAzure(アジュール)が急成長を遂げ、業績が急上昇しています。

過去2年間の株価は以下のようなチャート。

MSFT Microsoft Corporation weekly Stock Chart

2018年の売上高1,258億ドル(約13.8兆円)莫大な収益をあげていて時価総額は、2019年末で、サウジアラムコ(サウジアラビア国有の石油会社)、Appleに次ぐ3番手となっています。

現在の稼ぎ頭はクラウドサービス事業。Amazonが圧倒的に強かった分野で、それを脅かすぐらい急成長しています。

そんが業績の推移は以下のとおり。

驚異的なのが営業利益率で、2010年に40%からだんだん下がってきていましたが2015年を底に持ち直し。最近では40%近くまで回復しています。

業績急回復の要因が商品のサブスク化、クラウド化なんですね。

これまで商品の売り切り型だったWindowsやOfiiceなどのソフトウェアを、月額利用料金いくらみたいな感じでサービス提供に対する利用料に変えたのです。

マイクロソフトの株価の今後は?クラウド”Azure"で10年後も成長!米国株のマイクロソフト(MSFT)への投資を考えているので、株価の今後の見通しを知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価は下落しているよ...

 

株価上昇中!GAFA+Mに投資するには?

驚異的な成長を示すGAFA+Microsoft。好調な米国株式市場を牽引しているのは、これら大型ハイテク企業の株価上昇といっても過言ではないんですね。

”GAFAやMicrosoftに投資したい”という人も多いかと思うので、その方法をまとめました。

方法①:個別株

米国の個別株に投資するには証券会社への口座開設のほか、外国株取引口座の開設が必要です。

今からGAFA+Microsoftへの投資を考えている方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判とメリット・デメリットとは?DMM株が米国株の取引手数料を無料化すると発表! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本...

方法②:One Tap BUY(ワンタップバイ)

スマホ証券のOne Tap BUYなら1000円の少額からGAFA+Microsoftに投資することができます。2021年からPayPay証券になることが決まっています。

その特徴をまとめると、

One Tap BUYの特徴
  • 1000円の少額から日本株・米国株に投資可能
  • 購入できる銘柄が優良企業など270銘柄に厳選
  • PayPayとのサービス連携強化

ということ。米国株への投資というと、ちょっとハードルが高いと感じる方もいるかと思います。

その点、One Tap BUYはスマホで気軽に1000円から購入することができるので初心者の方でも安心ですね。

詳しくは以下の記事にまとめています。

ワンタップバイ(PayPay証券)は儲かる?評判や口コミも解説!One Tap BUY(ワンタップバイ)を使って投資すると儲かるんですか?2021年からPaypay証券になるようですが…評判について知...

「GAFA+Microsoftの株価は急上昇!」まとめ

今回は、GAFA+Microsoftの株価が急上昇しているということで、株価の推移や事業の概要、投資するにはどうするかについて見てきました。

これら大型ハイテク企業は、世界を代表する企業で、多くの人が製品やサービスの魅力を感じています。

株式市場への影響も大きいということもあり動向は常にチェックすると良いいですね。

DMM株なら米国株取引手数料が完全無料です!
【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、はっきり言って日本株よりも割高なんですよね。しかも大手ネット証券で横並び

少しでもコストを下げて取引したい…。

DMM.com証券のDMM株なら、他の証券会社に先駆けて米国株の売買手数料が無料です。

さらに以下の特徴も!

▼口座開設費が0円
その他口座管理・維持費、入金手数料、出金手数料も0円

▼充実の取引ツール・アプリ
初心者からプロまでさまざまなスタイルに対応した取引ツールを無料で取り揃えています。スマホアプリでも米国株の取引が可能です。

▼NISA(少額投資非課税制度)口座にも対応

詳細は以下をクリック!

詳細ページ公式ページ