日本株

高配当の累進配当銘柄おすすめ9選!長期保有を推奨(2021最新)

累進配当のおすすめ銘柄を知りたいです。そもそも累進配当政策とはどういうものなんですか?

累進配当かつ、高配当株で長期保有に向いた銘柄も知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • 累進配当政策とは?
  • 累進配当宣言しているおすすめ高配当銘柄3選
  • 実質累進配当+高配当+優待銘柄4選
  • 今後も累進配当期待の優良企業2選

投資歴20年のかいまるです。累進配当の高配当銘柄含めて1500万円以上を運用しています。

自分の投資スタイルは、業績の安定した高配当の銘柄を長期保有して配当金を再投資するもの。

なので減配をしないで増配している累進配当銘柄は長期的に配当が増えていくので安心して投資できるというメリットがあるんですね。

今回は、そんな魅力を持つ累進配当の銘柄について紹介していきます。累進配当+高配当+人気の優待銘柄も紹介します!必見です。

LINE証券の口座開設で無料3株Get!

LINE証券では期間限定キャンペーン中。無料口座開設してクイズに正解するとタダで3株分の株の購入代金がGetできます。

LINE証券

自分は、投資サービスを紹介する際には”確実に儲かる”とか”絶対に儲かる”という言葉は使わないようにしています。

しかし、このキャンペーンを使えばクイズに答えて3株タダでGetできるので、この部分は”絶対確実”に儲かることになります。

LINE証券は、LINEらしくデザインがシンプルで、初心者の方でも簡単に操作ができるようになっているのが最大の特徴。

特にLINEユーザーにとっては抵抗感なく手軽に取引ができます。

なのでLINEユーザーで投資未経験や初心者の方には、本当に適したサービスですね

これを機会に口座開設をしてみてはいかがでしょうか?今だけのキャンペーンで3株分の購入代金を確実に儲けることが可能です!

今だけのキャンペーンを実施中
LINE証券
無料口座開設はコチラ
※最短3分で申し込み完了

そもそも累進配当政策とは?

累進配当とは、減配せずに配当の水準を維持または利益成長に合わせて増配し続ける政策を指します。

配当金は1株あたり◯円といった形で企業が決算発表の際に発表しますが、この金額の水準を減らさないで、増加させることを目指しますということですね。

この累進配当政策を方針とすることを宣言している企業がいくつかあります。

なので、これらの企業であれば、少なくとも前年と同じ配当を期待できるので安心して投資できるというわけです。

もっとも”利益成長に合わせて”とか”中期経営期間中は”というような枕ことばがついているので、利益が大幅に下落するような事態になれば減配という可能性も十分にあるでしょう。

また累進配当政策を宣言していなくても累進的に連続増配している優良銘柄も多数存在します。

ということで日本株の大型銘柄の中から

  • 累進配当宣言しているおすすめ高配当銘柄3選
  • 実質累進配当+高配当+優待銘柄4選
  • 今後も累進配当期待の優良企業2選

を紹介していきますね。

累進配当宣言しているおすすめ高配当銘柄3選!

日本株の大型銘柄で累進配当政策を宣言しているのは、

  1. 三菱商事
  2. 伊藤忠商事
  3. 三井住友フィナンシャルグループ

となります。どれも定番の銘柄で高配当。特徴をクイックに見ていきます。

累進配当宣言①:三菱商事

やはり総合商社首位の三菱商事は、以下のツイートのとおり外せないですね。

ポイントは何といっても、減配せずに増配を目指す”累進配当”を方針としていて、2021年までに倍近くまでの増配を宣言していることです。

新型コロナ拡大で配当未定とする企業が多い中、2021年3月期も2円増配する方針を早々と発表しました。

今後の株価にもよりますが、配当利回りは6%を超えていて日本株全体で見ても、最も魅力の高い銘柄の一つですね。

長期保有前提で、是非とも購入すべき銘柄です。

三菱商事が配当金を増配!コロナ直撃も累進配当方針堅持で株は買い時?三菱商事(8058)の株価の推移や配当方針について知りたいです。新型コロナウイルス拡大の影響で業績に影響が出ているようですが、配当金の減...

累進配当宣言②:伊藤忠商事

非資源に強い伊藤忠商事。以下のツイートのとおり2015年には業界首位に踊り出るなど勢いがありますね。

2019年11月現在で株価は過去最高値を更新していて、投資家からの人気も高い銘柄。インカムだけでなく値上がり益も期待できます。

累進配当を宣言していて2021年3月期も3円増配の88円の配当を行う方針。

伊藤忠商事は商社の中では売上高に占める原油などの資源の割合が低いという特徴があります。資源安で業績不振に苦しむ商社が多い中、伊藤忠の業績は堅調といえます。

伊藤忠商事の株価がコロナ直撃も爆上げ!バフェット大量購入で買いか?伊藤忠商事(8001)の株価の推移や配当について知りたいです。コロナショックにもかかわらず伊藤忠の株価は絶好超のようですが、その要因はな...

累進配当宣言③:三井住友フィナンシャルグループ

メガバンクの中では特に海外事業に力を入れている三井住友FG。以下のツイートのとおり配当に魅力のある銘柄です。

減配なく増配する「累進配当」を宣言しており、かつ現在30%台の配当性向も40%を目指すこととしています。

新型コロナ拡大の影響から貸し倒れ対策の費用がかさんだことから2021年は減収減益予想。

しかし累進配当政策を宣言していることもあり、なんとか配当は190円で維持しています。

もともと銀行銘柄はマイナス金利の影響もあり収益性が低いんですよね。今回紹介した累進配当宣言3社の中ではもっとも累進配当維持が厳しい状況といえます。

三井住友銀行の株価が下落も利回り6%超え!累進配当宣言で株は買い?三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の株価の推移と特徴について知りたいです。 三井住友銀行(8316)のチャートは下落傾向で...

実質累進配当+高配当+優待銘柄3選とは?

実質累進配当で高配当+優待銘柄3選は、

  1. KDDI
  2. 日本たばこ産業(JT)
  3. オリックス
  4. アサヒグループホールディングス

ですね。クイックに見ていきましょう。

実質累進配当①:KDDI

高配当の優待銘柄KDDI。以下のツイートのとおり外せないですね。

通信事業はコロナ拡大による外出制限があっても業績が落ちないこともあり、多くの企業が配当未定とする中、早々と2021年3月期の5円増配を発表しました。

100株の保有で3000円相当のカタログギフトがもらえる株主優待も非常に魅力的。大手キャリア3社で優待を実施している乗ってKDDIだけなんですよね。

日本株全体で見ても、最も魅力の高い銘柄の一つですね。長期保有前提で、おすすめできる銘柄です。

KDDIの配当と株主優待は超魅力的!その内容は?いつもらえる?KDDI(9433)の株を株主優待と配当を目的で購入したいのだけれども、内容といつ頃もらえるか知りたいです。 優待をGetするため...

実質累進配当②:日本たばこ産業(JT)

以下のツイートのとおり日本たばこ産業(JT)も高配当銘柄として外せないです。

株価が下落していることもあり2020年8月段階で配当利回りは8%近い水準となっています。

世界的なたばこ離れや加熱式たばこの出遅れがあり、さすがに増配は無理でしたが前年の水準を維持する方針を打ち出しています。

高配当ディフェンシブの代表銘柄。新型コロナが拡大しても、不況入りしたとしてもタバコの売り上げはそう簡単に落ちません。

優待はチルドのお米やカップ麺など普段の生活使いができるもので、重宝します。

JTの配当金と株主優待の総合利回りがスゴイ!配当金推移も驚異的!  JT(日本たばこ産業)は、配当と株主優待を含めた総合利回りがものすごく良いですよね。配当金はいつ支払われますか?配当金の推移も知りたいで...

実質累進配当③:オリックス

オリックスは金融、不動産、リース業と景気敏感銘柄ということもあり、不況時には業績が落ち込みます。ただリーマンショックのような大規模な金融危機があった際でも黒字を維持。

経営多角化によって業績は底堅いものの、コロナの影響もあり減益予想ですね。

2021年の上期35円の配当維持を発表しましたが、下期は未定。前年の41円を維持することができるかですね。

オリックスのカタログギフト「ふるさと優待」は、オリックスグループの全国のお取引先が取り扱う商品を厳選してカタログギフトに仕立て、その中から好きな商品を1点選べるという株主優待制度になっています。

また、100株以上を3年以上継続保有している株主は、ワンランク上のカタログギフト(Aコース)となります。3年未満の株主はBコースのカタログギフトです。

オリックスの株主優待と配当は超魅力的!その内容と株の購入方法は?オリックス(8591)の株を株主優待と配当を目的で購入したいのだけれども、いつまでに投資する必要がありますか? 優待のカタログギフ...

実質累進配当④:アサヒグループホールディングス

アサヒグループホールディングス(アサヒビール)は、ビールやチューハイなどの酒類、清涼飲料水などを事業を中心とした総合飲料持ち株会社ですね。

主力商品は「アサヒスーパードライ」。国内におけるビールのトップブランドであるだけではなく、最近では世界的にも売り上げを伸ばしています。

2020年12月の配当は106円と6円増配!12期連続増配を見込んでいます。

国内のビール需要が縮小しており、オーストラリアのビールメーカーを買収するなど海外事業に活路を求めています。

新型コロナ拡大でレストランや居酒屋向けのビール売り上げが減少で2020年の業績は減収減益と苦しいですね。増配傾向が維持されるのか注目です。

なお、アサヒビールの株主優待は、保有株に応じてグループ商品の詰め合わせから選べます。株主優待オリジナルのビールが大人気です。

アサヒビールの株価を分析!コロナ直撃でチャート急落も買いチャンス?アサヒグループホールディングス(アサヒビール)の株価が最近停滞していますが、理由はなんですか?株価の推移(チャート)も知りたいです。 ...

今後も累進配当期待の優良銘柄2選とは?

株主優待を行っていないものの今後も累進配当を期待できる優良銘柄は、

  1. NTT
  2. 花王

ですね。クイックに見ていきます。

累進配当期待①:NTT

以下のツイートのとおり。

通信インフラ事業は外出制限があったとしても需要が衰えることがないです。今後も手堅い業績を期待できます。

配当金も2013年85円→2018年180円と倍以上に増配!5年で2倍以上ですから、かなりのパフォーマンスです。

ただ将来の成長期待は5Gが始まる携帯通信事業。2020年にNTTドコモをTOBで完全子会社化しました。

固定通信独占企業でしたがドコモとの融合で更なる飛躍が期待されます。安定的な配当を長期的に期待するにはNTTはうってつけの銘柄です。

NTTの株価の見通しを分析!高配当超優良銘柄の大幅上昇は期待大?NTT(9432)の株価の見通しや配当について知りたいです。今後の株価予想はどのような感じですか? 株主優待や過去10年の株価推移...

累進配当期待②:花王

以下のツイートのとおり。

日本株の中で連続増配株と言えば花王の右に出る銘柄はないでしょう。

配当利回りは1%台と低いものの30期連続増配中。コロナ拡大で石鹸やシャンプーなどの日用品需要はむしろ高まっています。

不景気時にも売り上げの落ちない、生活必需品ディフェンシブ銘柄の大本命です。

花王の株価を分析!株は買い時か?30期連続増配銘柄株の実力は?花王(4452)の株価の推移や特徴について知りたいです。 連続増配で人気の銘柄ですが、チャート、配当の実績や株主優待、今後の予想に...

リスクを少なく累進配当銘柄に投資するには?

投資資金が少なくて複数の銘柄に投資なんてできない!

このような個人投資家の方も多いと思います。特に若い世代のかたは、株式投資に多くの資金を回す余裕はないですよね。

そのような方におすすめしたいのが、SBIネオモバイル証券(通称:ネオモバ)です。

日本株の少額投資ならSBIネオモバイル証券です!

1株の少額からコツコツと投資を始めたい方におすすめなのはSBIネオモバイル証券(通称:ネオモバ)です。

  • 1株からの少額投資
  • 手数料が格安(50万円未満までの取引なら月額実質20円)
  • 自動定期買付機能で、忙しい会社員や主婦でも手間なく投資
  • 初めて投資する20代〜30代に人気

かいまる
かいまる
「株式投資してみたいけど、大金を投資するのは不安」という方、まずは1株からコツコツと投資すると良いです。リスクを小さく始めることができます

「高配当の累進配当政策の銘柄とは?」まとめ

今回は、高配当の累進配当の銘柄とは?ということで、累進的に増配を重ねている銘柄9選をご紹介しました。

累進配当銘柄の最大の魅力は、高配当で業績が底堅い銘柄ということ。

総じて高いイノベーションが見込めないこともあり、研究開発や設備に投資するよりは株主還元に利益が向かいやすい傾向があります。

もちろん、三菱商事や三井住友FGのように累進配当を正式に宣言したりと安定的な配当を期待できるのも安心材料です。

累進配当銘柄の中にも新型コロナ拡大の影響もあり業績が悪化している銘柄もありますが、既に増配や配当維持を発表している銘柄も多く、安定感は抜群だと考えます。

最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

最初のネット証券ならSBI証券がオススメ!

これから投資を始めたいけど、証券会社がたくさんあってどこにしたら良いか迷っている方多いと思います。

ネット証券にはそれぞれ異なる特徴や強み、力を入れているサービスに違いがあるので、どれが自分にあうネット証券か本当に迷いますよね。

そんな方は、多くの商品を取り扱っていて手数料も業界最安水準のSBI証券がオススメです。

口座数や経営規模の面で、他のネット証券を圧倒。まずはSBI証券で間違いはありません。

自分は現在ネット証券6社の口座を利用していますが、扱っている商品やサービスの種類が豊富で、しかも手数料も他に比べて安く、評判どおりSBI証券の総合力が最も高いと感じています。

詳細は以下の記事にまとめてますんで、ぜひご覧ください。

SBI証券の評判・口コミは?実際に5年利用して感じたメリットを解説!SBI証券の評判や口コミってどうですか?ネット証券業界で最大手でサービスが充実していると聞いてますが…。 メリットやデメリットなど...

>>SBI証券の公式ページはコチラ

最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

2021年の日本株はおすすめなのか?今買うべきこれから上がることが期待できる銘柄をまとめました。ぜひご覧ください。

2021年の日本株はおすすめ?これから上がる今買うべき株9選!2021年の日本株はおすすめですか?今後の見通しを知りたいです。史上最高値圏にある米国株に比べて、日本株のパフォーマンスが悪いと言われて...

 

新型コロナウイルスの拡大によって日本経済に大きな打撃が走っています。外出自粛やインバウンド消失など、この状況下でおすすめの銘柄についてまとめました

コロナショックで日本株が大暴落…この状況での買い銘柄とは?コロナショックで日本株が暴落していますが、この状況で買い銘柄を知りたいです。 どの業種がおすすめですか? このような疑問を持...

 

株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。是非ご覧ください。

株初心者におすすめの銘柄8選は?2021年コロナ影響でも期待大!株初心者ですが、おすすめの銘柄を知りたいです。コロナショックで株価が暴落したんですよね。 ただ、このタイミングで投資しても大丈夫な...

 

好業績、高配当銘柄の代表格である通信株の特徴をまとめました。新型コロナ拡大によるテレワークの拡大により通信需要が増大していることも魅力大です。

菅政権発足で通信株が急落…今後の見通しは?おすすめ銘柄4選を解説!通信株への投資を考えてますが、菅政権による携帯料金引き下げ圧力で株価が急落しています。 通信銘柄は長期保有に向くのでしょうか?特徴...

 

こちらも、業績が安定していて高配当の銘柄の代表格である銀行株の特徴をまとめました。マイナス金利の影響で経営環境は厳しいものがありますが、株価の見通しはどのようなものでしょうか?

(2021最新)銀行株の今後の見通しは?おすすめ3銘柄も分析!銀行株への投資を考えてますが、将来性が心配です。株価は上がらないですね…長期保有に向くのでしょうか? 特にメガバンク株の今後の見通...

 

ネット証券はたくさんあるので、どこが良いのか迷いますよね。最近では手数料を引き下げだけじゃなく取引ツールや分析ツールの改良、海外株の取扱い拡大、系列銀行との連携などなど。おすすめのネット証券5社をまとめました。

2021最新!ネット証券のおすすめはどこ?主要5社を徹底比較!ネット証券をどこにすれば良いか迷っています。サービスや特徴などを比較してみて、おすすめはどこですか? このような疑問を持つ方に向け...

 

アップル、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、コカ・コーラ、マクドナルドなど米国には高い成長を続けるグローバル企業が多いです。米国株への投資を考えている方に向けて、買い方をまとめました。

米国株(アメリカ株)買い方や購入の方法は?証券会社の手数料も比較!米国株(アメリカ株)への投資を始めたいのですが、買い方や購入方法を知りたいです。 マネックス証券やSBI証券などの証券会社が米国株...