米国ETF

米国ETF VFHとは?将来性十分?金融セクターにまるっと投資!

米国の金融セクターのETF VFHの株価やチャートの特徴について知りたいです。

他にも高配当ETFやS&P500に連動するETFもありますが、これらに比べてVFHに投資するメリットは何でしょうか?配当実績についても知りたいです。

今回はこういった疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容
  • VFH:株価の基本データと特徴は?
  • VFHの構成銘柄とセクター比率は?
  • VFHのチャートとリターンは?コロナからも完全回復!
  • VFHの配当実績と増配率は?

今回は米国の金融セクターのETF(VFH)について特徴や株価の推移などを分析していきます。ぜひ最後までご覧ください。

自分は、米国株や米国ETFを中心に1500万円以上の資産を運用しています。これらの経験を踏まえて記事を書きました。

DMM株なら米国株取引手数料が0円!

DMM株では、米国株を手数料完全無料で取引することができます。

【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、日本株に比べて実は割高…。

しかも大手ネット証券で横並びなんです。

少しでもコストを下げて米国株を取引したい…、そんな方はDMM株が良いかもです。

DMM株は、他の証券会社に先駆けて米国株そして米国ETFの取引手数料が完全無料

取引手数料0円でお得に米国株を取引をしてはいかがでしょうか?

口座開設・維持費無料!
DMM株
公式HPはコチラ
5分で申し込み完了!

VFHの株価と特徴とは?

VFHは、米国の株式市場のうち、金融セクターの銘柄を組み入れたETFです。販売・運営しているのは、米Vanguard(バンガード)社になります。

このVFHの基本データを以下にまとめました。

銘柄数 412
資産規模 $8,016 (百万米ドル)
配当率 2.01%
経費率 0.10%
設定日 2004年1月30日
運用会社 Vanguard

経費率は0.10%となっていて、高配当ETFのVYMが0.06%と比較すると割高感があります。

分配金利回りは2%程度となっていて、配当利回りの高い銀行が多く含まれることもありS&P500よりも少し良いといったところですね。

なお、ジェレミー・シーゲル氏の書いた”株式投資の未来”によれば、1957~2003年の金融セクターのトータルリターンは10.58%となっており、S&P500の10.85%をわずかに下回っています。

VFHの構成銘柄とセクター比率は?

VFHの構成銘柄TOP10

構成銘柄上位10社(2021年2月現在)は以下のとおりです。

No. 企業名 構成比率(%)
1

JPMorgan Chase & Co.

9.64%
2 Berkshire Hathaway Inc. Class B 8.09%
3 Bank of America Corp. 5.88%
4 Citigroup Inc. 3.20%
5 Wells Fargo & Co. 2.94%
6 BlackRock Inc. 2.74%
7 Morgan Stanley 2.31%
8 Goldman Sachs Group Inc. 2.15%
9 American Express Co. 2.06%
10 Charles Schwab Corp. 2.02%

VFHのセクター比率

続いてセクター比率です。

No. サブセクター 構成比率
1 都市銀行 23.20%
2 地方銀行 14.00%
3 資産運用会社・資産管理銀行 9.40%
4 取引所およびデータ提供会社 9.10%
5 損害保険 8.40%
6 マルチセクター持株会社 8.30%
7 投資銀行・証券会社 7.70%
8 消費者金融 5.50%
9 保険ブローカー 4.40%
10 生命保険・健康保険 4.00%

セクター比率は、やはり銀行の比率が高いですね。

都市銀行セクターがトップでも23.2%。2位が地方銀行で14.0%、資産管理銀行9.40%で、銀行系で46.6%を占めます。

そのあと、損保や証券が続きます。

※米国株に1000円から投資する選択

「米国株に興味があるけど、ちょっと難しそう」という方は、PayPay証券で1000円の少額から始めるのが良いかも。スマホで簡単に米国株を取引できて、1000円からApple、Google、Amazon、Netflixなどの株主になれます。

>> PayPay証券公式HPはコチラ

VFHの株価の推移(パフォーマンス実績)

ETFが設定された2004年からのパフォーマンスを示したのが以下のチャートとなります。

緑:VFH 青:S&P500

2008年のリーマンショックで大きく株価が大きく下落しており、金融危機の影響が極めて大きかったことが伺えます。

このリーマンショック以降、S&P500をずっとアンダーパフォームしています。

ちなみに米国株のパフォーマンスが長期的に優れている点については、多くの本でも解説されています。以下の記事に、おすすめの本をまとめています。

米国株の投資本でおすすめの10冊は?150冊から厳選!初心者向けも米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方法はありますか? このような疑問...

コロナショック時のVFHのパフォーマンスは?

コロナショックのあった2020年のダメージと回復を見るために直近2年のチャートをもう少し詳細に見ていきましょう。

緑:VFH 青:VOO 

2020年は、新型コロナ拡大の影響は、金融セクターの株価が30%吹き飛ぶような大きなダメージでした。

2020年末ごろに暴落前水準まで回復しましたが、S&P500に大きく後れを取っています。

VFHのこれまでの配当実績は?

VFHの配当実績を見てみます。

さすがにコロナショックのあった2020年は減配となっていますが、リーマンショック後の10年は分配金はほぼ右肩上がりで上昇しています。

金融セクターは、JPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスなど、リーマン・ショック前の株価や配当金水準を上回って業績が伸びている銀行があります。

一方、バンク・オブ・アメリカやシティグループ等、未だにリーマン・ショック前の株価や配当金水準以下に低迷している企業の差がはっきりしているんですね。

「米国金融セクターETF VFHとは?」まとめ

リーマンショックやコロナショックのような”危機”があると業績への影響を受けやすく、また世界的に金利が低下傾向ということもあり、金融セクターは長期的に厳しい環境にあるのは間違いありません。

しかし、お金の動きを支配する金融セクターは経済の中心にある業種。分配金を含め安定した収益を生み出す事ができる事業セクターなので、わりと将来性が高いといるのではないでしょうか?

これからの金融セクターは仮想通貨やキャッシュレスなど新たな高成長領域に、どれだけビジネスとして関与していけるかが金融ETFを見極めるポイントかと思います。

最後に米国ETFや米国株に賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

米国ETFに手間をかけずに自動運用する方法とは?

株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。

やはり資産運用の基本は米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。

自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、WealthNavi(ウェルスナビ)を活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。

自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。特に投資初心者の方で、かつロボバイザーも初めて利用するような方には、WealthNaviが圧倒的におすすめです。

詳しくは以下の記事にまとめています。

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミ・実際にやってみた結果とは?WealthNavi(ウェルスナビ)ってどうなんですかね。資産運用ならウェルスナビが良いって聞いたけど、、、果たして本当に儲かるの? ...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株や米国ETFに関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

米国のハイテク銘柄にまるっと投資できるETFについてまとめました。GAFAMやVisa、NVIDIA、Netflixなど今後の成長に期待できる銘柄などで構成されるETF。ぜひご覧ください。

米国ハイテクETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2021最新)米国株のハイテクETFの中でおすすめのものを知りたいです。色々なハイテクETFがありますが、それぞれの特徴はどんな感じですか? コ...

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

米国の高配当ETFのおすすめランキング4選とは?デメリットも解説!米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットやデメリット、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このよう...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2020−2021年)米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国ETFの中でおすすめのセクターETFについてまとめました。S&P500に比べてパフォーマンスの良いセクターもあるんですね。必見です。

【米国株】セクターETFに投資するメリットは?おすすめ3選を解説!米国株のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでし...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株の手数料を徹底比較!おすすめ証券会社はどこ?(2021最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...
ウェルスナビの自動運用でほったらかし投資が可能!
WealthNavi

ウェルスナビは「長期・積立・分散」の資産運用を全自動でお任せできる資産運用サービス。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。

▼ロボアドバイザーの自動運用で、時間も手間もかかりません
投資の学習、投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。

▼安全資産の債券や金にも投資
株が大幅に暴落した際には、安全資産の債券や金が上昇するのが一般的。リスク許容度に応じてより安全な運用も可能です。

▼国際分散投資を自動運用
約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

▼手数料は預かり資産の1%のみの中立な資産運用
手数料は預かり資産の1%のみ。

▼世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築
ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

詳細は以下をクリック!

詳細ページ公式ページ