日本株

オリックスの株価はなぜ安いの?コロナで暴落も…今後は買い時?

オリックス(8591)の株価は、コロナショックで暴落しましたが株は今後の買い時はいつですか?

株価は停滞していて安いですよね。これまでの株価の推移や配当なども知りたいです。

今回は、このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • オリックスの株価が暴落!コロナショックの影響?
  • オリックスの株価と推移(チャート)は?暴落はあった?
  • オリックスの株価が暴落した時期と要因とは?
  • なぜ安い?オリックスの株価が上がらない理由は?
  • オリックスの株は今後買い時?

投資歴20年のかいまるです。オリックスも含め日本株を中心に1500万円以上の資産を運用しています。

オリックスは、高配当で株主優待もあることから個人投資家に人気の銘柄。しかし、新型コロナウイルス拡大に端を発した経済不安、いわゆる”コロナショック”により株価が暴落しました。

事業内容が金融、リース、不動産という景気に左右されやすい業種ということもあり、リーマンショックの時も株価95%減⁉︎と大暴落しているんですよね。

しかし、オリックスの業績は事業の多角化によってわりと安定していて、リーマンショックの時も黒字となっています。

そこで、今回はオリックスの銘柄分析ということで、コロナショックによる株価への影響を見ていくと共に、事業内容や過去の暴落時の状況、オリックス株は買いと考える理由について取り上げます。

LINE証券の口座開設で無料3株Get!

LINE証券では期間限定キャンペーン中。無料口座開設してクイズに正解するとタダで3株分の株の購入代金がGetできます。

LINE証券

自分は、投資サービスを紹介する際には”確実に儲かる”とか”絶対に儲かる”という言葉は使わないようにしています。

しかし、このキャンペーンを使えばクイズに答えて3株タダでGetできるので、この部分は”絶対確実”に儲かることになります。

LINE証券は、LINEらしくデザインがシンプルで、初心者の方でも簡単に操作ができるようになっているのが最大の特徴。

特にLINEユーザーにとっては抵抗感なく手軽に取引ができるので、投資未経験や初心者の方には、本当に適したサービスですね

今だけのキャンペーンで3株分の購入代金をタダでGetしてはいかがでしょうか?

今だけのキャンペーンを実施中
LINE証券
公式HPはコチラ
※最短3分で申し込み完了

オリックスの株価が暴落!コロナショックの影響?

オリックスの株価は、コロナショックの際には他の銘柄に比べて大きく下落しました。以下がその時のチャートです。

1400〜2000円あたりで推移していた株価が、新型コロナウイルス拡大による世界同時株安、いわゆる”コロナショック”で強烈に暴落しました。

直近高値からの下落を見てみると、

・2月7日:1,958.5円

・3月27日:1,100.5円(▼43.8%)

となっています。その後、株価は1200〜1600円あたりを推移していましたが、2020年11月ごろから株価が上昇。

2021年に入って株価は1800円を突破!約1年かけて暴落前の水準にやっと戻りました。

ワクチンの接種が開始され、コロナ収束による経済活動の正常化が期待されていることもあり、景気敏感株であり株価の安いオリックスにも買いが入っています。

オリックスの株価データ(2021年3月8日現在)をみると、

となっていて、配当利回りが4%超えとかなり魅力的ですね。

PERが12倍程度と低い水準。PERの目安は13~15倍ぐらいですから、売上げに比べて株価が割安であるということ。

もともとオリックスのような金融業のPERは、情報技術などに比べて成長期待が限られるのでPERは低い傾向がありますが、それを考えてもかなり割安水準です。

オリックス株はなぜ安い?…事業内容は?

オリックスは東証一部上場の時価総額2兆円の企業です。

金融関係の業務に幅広く参入。保険、銀行、リース業など事業の多角化がわりとうまくいっていて、業績は安定しています。

もともとオリックスは1964年にリース事業からスタートしており、現在では以下のように保険、銀行業や不動産など金融事業に関連するあらゆる分野に進出。

オリックスの事業法人金融、メンテナンスリース、不動産、事業投資、リテール、海外事業の6つのセグメントから構成されています。

ざっくり言えば、オリックスは金融に関する事業であれば何でもやる会社。その反面、何をやっている会社かイメージがつかみずらい、ともいえますね。

売り上げが最も大きいのが金融で、その次は不動産になっています。リース事業も含めて、これらの事業は景気の動向に影響を受けやすいセクター何ですよね。

なので、新型コロナウイルスの拡大による経済の停滞や、リーマンショックなどの金融危機などが発生すると株価が下落しやすくなります。

株価は安い?オリックスの長期チャートは?

次に、長期の株価推移を見ていきますね。以下のチャートは過去5年の株価推移です。

チャート画像

長期チャートをみると株価はこの5年で全然上がってないですね。株価は”停滞している”と言って良いと思います。

2015年前半ごろは2,000円程度あった株価は、2016年中ごろにかけて1,300円付近まで大幅に下落。2019年頃頃までは1,300円~2,000円を行ったり来たりという状態が続いてます。

今回のコロナショックで1100円程度まで暴落していて、2016年に付けた安値水準を下回っています。

なぜ安い?オリックスの株価暴落の時期と要因とは?

オリックスは、リース・生命保険・不動産など金融全般に事業を多角化を図ってるので業績が安定しているものの、株価は金融危機に極めて脆弱であるという欠点があるんですね。

ここでは、

  1. リーマンショックの時期(2008年頃)
  2. チャイナショックの時期(2015年頃)

の株価暴落の状況を、詳細に取り上げます。

オリックス株価暴落①:リーマンショック

以下のチャートはリーマンショックのあった2006年から5年間の株価推移です。凄まじいレベルで株価が急落していますね。

リーマンショック前後の株価で比較すると、

・2007年6月終値:3,245円

2009年2月終値: 204円

となっています。

わずか2年足らずで95%近く暴落…。え、マジ??っていうぐらいのレベルです。自分だったら、とても耐えられません。

利回りの高い銘柄として人気ですが、さすがにこの時は減配しているんですよね。

リーマンショックという金融危機があり、急激に円高が進んだことが要因ですが、他の同業他社と比べてもオリックスの下げ幅は突出していましたね。

その後12年経過して、業績は回復しているものの株価は停滞しており、リーマンショック前の水準に未だ戻っていません。

オリックス株価暴落②:チャイナショック

2015年半ばごろの中国株の急落、いわゆるチャイナショックの時期にもオリックスの株価は暴落しました。

チャイナショック前後の株価を比較すると、

・2015年5月終値:1,975円

・2016年6月終値:1,308円

となっています。わずか1年足らずで35%近く暴落…

リーマンショックの時と比べれば、小ぶりと言えるかもですけれども、金融危機や世界経済に不安が広がると、オリックスの株価は大きく下げるということですね。

このように、株はリスクが高い、コロナショックみたいな株価暴落が怖い…という方もいると思います。

そういう方は1株価からの少額投資から初めてみてはどうでしょう?少額投資でリスクを低く運用を行うことが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

単元未満株のメリット・デメリットは?おすすめの証券会社も解説!単元未満株への少額投資なら気軽に株式投資を始められそうですが、どんな時に活用すれば良いですかね?評判やメリット、デメリットについて知りた...

なぜ株価が安い?オリックスの業績推移は?

以下は、楽天の年度別の売上げ推移ですが順調に右肩上がりですね。特に2018年は売上げが1兆円を超えて過去最高を記録しています。

これらの推移を見ると、

・米中貿易摩擦の影響があり2019年度は売上高大幅減

・新型コロナ拡大の影響で2020年以降の業績が悪化

ということがわかりますね。

やはり景気敏感銘柄ということもあり、米中貿易摩擦やコロナウイルス拡大など世界経済や景気に影響が出るのような社会不安などがあると業績に影響が出やすいということですね。

以下のように、2018年以降のフリーキャッシュフローがマイナスになるなど、資金的にちょっと苦しいですね。

オリックスの2020年4〜12月決算の結果は?

次にオリックスの直近の決算結果を見ていきましょう。2020年4月〜12月までの業績となりますが、決算のポイントは以下のとおりです。

純利益が前年同期比42%減の1420億円ということで苦しい内容でしたね。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で航空機リースや空港運営事業などが低調だった影響です。

2020年度通期の業績予想は、前期比37%減の純利益1900億円をオリックスは予想しています。

コロナ拡大による経済活動の低迷が業績に大きく影響を及ぼしたということですね。

なぜ安い?オリックスの株価が上がらない理由とは?

オリックスの株価は長期的にも停滞気味ですが、リーマンショック時の株価暴落+減配のイメージがあるので、投資家からの買いが入りずらいことが背景にあると考えます。

オリックスは53年連続で利益が黒字で、リーマンショック時にもマイナスになっていません。事業の多角化で業績は安定していても、金融危機が起きれば他の企業よりも大幅に株価が下落してしまう…。

今回のコロナショックを見ても、他の銘柄と比べても大きく下落していることもあり、やはり経済が不安定な状態になると真っ先に売られるということですね。

そういった懸念が、オリックスに買いが入らない要因の一つになっているといえます。

オリックス株は今後買い?株価の暴落もあるけど…

コロナショックで暴落したオリックスですが、株は買いでしょうか?

長期投資を前提とするのであれば、株価もいい具合に低下しており買いを検討しても良いと考えます。理由としては、

・53年連続黒字と業績安定

・同業他社と比べても低PER

・高い配当利回り

・株主優待が魅力的

ということ。実は、リーマンショックのような大規模な金融危機が発生した際やチャイナショックの際でも、オリックスの業績は黒字なんですよね。

もちろん、オリックスの事業は景気に敏感ということもあり、株価は金融危機や景気後退の際、過剰な影響を受けやすいという欠点がありますので、大幅に下落する局面もあると思います。

ただ、オリックスは金融業にもかかわらず、事業の多角化がうまくいっていて、リーマンショックなどの金融危機でも赤字にはならないという強固な事業基盤があります。

実際コロナショックは、企業の連鎖倒産や金融機関の破綻などの”金融危機”には至っていません。

オリックスの株主優待は!」の記事にも書きましたが、100株で5000円相当のカタログギフトをもらえる優待は非常にお得度が高いですね。

なので、長期保有目的であればオリックスに投資して、配当や株主優待を得つつ気長に値上がりを待てば良い結果が期待できると考えます。

リスクを少なく日本株に投資するには?

少額からリスク控えめに投資したいなら、SBIネオモバイル証券で1株から少額投資を活用すると良いです。

ネオモバなら格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。

株の少額投資ならSBIネオモバイル証券です!

1株の少額からコツコツと投資を始めたい方におすすめなのはSBIネオモバイル証券(通称:ネオモバ)です。もちろんスマホアプリも使えます!

  • 1株からの少額投資
  • 手数料が格安(50万円未満までの取引なら月額実質20円)
  • 自動定期買付機能で、忙しい会社員や主婦でも手間なく投資
  • 初めて投資する20代〜30代に人気

かいまる
かいまる
「株式投資してみたいけど、大金を投資するのは不安」という方、まずは1株からコツコツと投資すると良いです。リスクを小さく始めることができます

「オリックスの株価はなぜ安い」まとめ

今回は、オリックスの株価が暴落した理由ということで、株価の推移(チャート)、暴落した時期や要因、株は買いかなどについて述べてきました。

オリックス株は、リーマンショック時に95%という大暴落があったことから、投資家が敬遠して、業績堅調にも関わらず同業他社に比べて株価が割安に放置されています。今回のコロナショックでさらに株価が暴落しています。

しかし高い配当利回りや多角化による強固な事業基盤を考えれば、十分に長期保有にふさわしい銘柄であるといえます。

加えて株主優待も5,000円相当カタログギフト+サービス割引カードがもらえるので、株主還元の観点からも非常にお得感があるといえます。

金融危機に株価が脆弱であるという欠点を割り引いても、非常に魅力的な銘柄であると考えます。

最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

銘柄分析にはマネックス証券の銘柄スカウターが秀逸!

今回の記事は、マネックス証券の銘柄スカウターを用いて分析を行いました。

株で収益をあげるには銘柄分析は必須。主な特徴をまとめると、

銘柄スカウターの主な機能
  • 過去10年間の売上高や利益を通期並びに四半期毎にグラフ化
  • キャッシュフロー等の財務指標も過去10年分グラフ化
  • PER・PBR・配当利回りといった指標の過去推移を可視化
  • 業績ニュースや適時開示を一覧表示
  • 複数銘柄を一覧で比較可能

ということです。

正直言って、これだけの機能を無料で利用できるのは驚きだし、他の主要証券会社と比較しても明らかに優れています。

自分も、とあるサイトの有料情報を活用していたこともありますが、それと比較しても銘柄スカウターの機能の方が使いやすいです。

この銘柄スカウター。マネックス証券に口座を開設していれば無料で活用できるんですよね。

詳細は以下の記事にまとめています。ぜひご覧ください。

マネックスの銘柄スカウターの評判は?米国株も分析可能で本当に無料?マネックス証券の銘柄スカウターの評判と特徴について知りたいです。銘柄分析を簡単にできるツールが欲しいんですよね。 米国株の分析にも...

また、日本株への投資や資産運用に関連するお得でお役立ち情報のページについて、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

日本株のパフォーマンスは米国株に比べて悪いと言われている中、今度期待できる日本株はおすすめですをまとめました。

2021年の日本株はおすすめ?これから上がる今買うべき株9選!2021年の日本株はおすすめですか?今後の見通しを知りたいです。史上最高値圏にある米国株に比べて、日本株のパフォーマンスが悪いと言われて...

 

業績鉄板で減配しないで増配を目指す累進配当を続けている銘柄をまとめました。

高配当の累進配当銘柄おすすめ9選!長期保有を推奨(2021最新)累進配当のおすすめ銘柄を知りたいです。そもそも累進配当政策とはどういうものなんですか? 累進配当かつ、高配当株で長期保有に向いた銘...

 

株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。是非ご覧ください。

株初心者におすすめの銘柄7選は?コロナ影響でも2021年期待大!株初心者ですが、おすすめの銘柄を知りたいです。2021年に入って日経平均も3万円の大台突破で調整が良いですね。 ただ、このタイミン...

 

好業績、高配当銘柄の代表格である商社株の特徴をまとめました。景気敏感株で配当が安定しないという印象でしたが、安定配当を志向している会社が多く長期投資に向いているといえますね。

商社株が長期保有に向く理由とは?株価は安い?おすすめ銘柄4選!商社株への投資を考えてますが、長期保有に向くのでしょうか?株価は安いですよね…何か理由があるのかな? 特徴や商社株でおすすめの銘柄...

 

こちらも、業績が安定していて高配当の銘柄の代表格である銀行株の特徴をまとめました。マイナス金利の影響で経営環境は厳しいものがありますが、株価の見通しはどのようなものでしょうか?

(2021最新)銀行株の今後の見通しは?おすすめ3銘柄も分析!銀行株への投資を考えてますが、将来性が心配です。株価は上がらないですね…長期保有に向くのでしょうか? 特にメガバンク株の今後の見通...

 

アップル、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、コカ・コーラ、マクドナルドなど米国には高い成長を続けるグローバル企業が多いです。米国株への投資を考えている方に向けて、買い方をまとめました。

米国株(アメリカ株)買い方や購入の方法は?お得な証券会社も紹介!米国株(アメリカ株)への投資を始めたいのですが、買い方や購入方法を知りたいです。コカ・コーラやアップルなどの株を購入したいんですよね… ...
格安な定額利用料で取引し放題!1株からの少額投資ならネオモバ!

日本株の取引単位は100株(1単元)。例えば花王の株価は7772円(2020/10/7終値)で、通常は約78万円くらいの資金が必要なんです。

失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えないんですよね。

それがネオモバなら約7800円から購入可能。

少額からリスク控えめに投資したいなら、SBIネオモバイル証券で1株から少額投資を活用すると良いです。ネオモバなら格安な月額定額利用料で1株から何度でも売買できるからです。

ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、信頼感もあり安心して利用することができます。

詳細は以下をクリック!

SBIネオモバイル証券

詳細ページ公式ページ

申し込みは公式ページから5分程度で完了、無料登録することができます。