投資理論

株の売り時を見極める4つのルールとは?10パーセント下落で売り?

株の売り時って難しくていつも悩みます。株式投資は長期前提なのですが、どういうルールで個別銘柄の売却を検討すべきですか?

個別株は10パーセント下落したら売り時とも聞くんですけど…

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いてます。

今回の記事の内容
  • 株の売り時は保有期間にこだわるべきか?
  • 株の売り時を誤る要因は?10パーセント下落で売り?
  • 株の売り時を見極める4つのルールとは?
  • 株の売り時の具体事例は?

投資歴20年のかいまるです。日本株と米国株を中心に1500万円以上の資産を運用しています。

株を売り時を判断するタイミングって難しいですよね。特に、優良銘柄だと思って投資した株が数週間後に大幅に下落した場合とかは、自分も売却すべきかすごい悩みます。

株式投資は、長期保有の方がパフォーマンスが良くなるので、自分は一度保有した銘柄については基本的にはすぐに売却しない方針です。

しかし、何がなんでも個別株を保有し続けるというわけではなく、必要に応じて他の銘柄に乗り換えたりしています。

そこで、今回は株の売り時とはということで、個別株を保有している場合、どのような考え方で売却を検討するべきか4つのルールについて解説します。

LINE証券の口座開設で無料3株Get!

LINE証券では期間限定キャンペーン中。無料口座開設してクイズに正解するとタダで3株分の株の購入代金がGetできます。

LINE証券

投資に”確実に儲かる”とか”絶対に儲かる”なんてことはありません。

しかし、このキャンペーンを使えばクイズに答えて3株タダでGetできるので、この部分は”絶対確実”に儲かることになります。

LINE証券は、LINEらしくデザインがシンプルで、初心者の方でも簡単に操作ができるようになっているのが最大の特徴。

特にLINEユーザーにとっては抵抗感なく手軽に取引ができるので、投資未経験や初心者の方にも、おすすめです

今だけのキャンペーンで3株分の購入代金をタダでGetしてはいかがでしょうか?

今だけのキャンペーンを実施中
LINE証券
公式HPはコチラ
※最短3分で申し込み完了

株の売り時は保有期間にこだわるべきか?

株で資産運用をする時は基本的に長期投資が良いと言われていますが、結論からいうと絶対に売却せずに保有し続けることが良いとは限らないです。

確かに、株式投資は銘柄を十分に分散することによって、長期的に収益を上げる可能性が極めて高くなるのは確かです。

しかし、個別銘柄には業績が極端に悪化して、最悪の場合には倒産してしまうリスクがあるんですね。例えば、日本だとバブル崩壊後の山一證券の倒産しましたし、米国市場でもエンロンという巨大会社が粉飾決算を繰り返して経営破綻に追い込まれました。

文字どおり株が紙切れになってしまったということですね。なので優良銘柄だと思って長期投資した場合でも、保有期間にこだわらずに数か月で売却したほうがよい場合もあります

長期投資だからといって、数年単位で持つという考えにこだわらないほうが良いということ。なので、株に投資する際には事前に売却するルールを決めておくべきですね。

株の売り時を誤ってしまう要因は?10%下落で売却?

株は買うよりも売る方が難しいと言われます。多くの投資家が売り時を誤ってしまう現実があります。

個別株を売却するルールを持たず、「ちょっと下落したから売ろう」とか「もうちょっと持ち続けてみよう」というように何となくの感覚で判断することが要因です。

特に短期売買の際に売り時を誤るケースは、

・売らずに保有していた銘柄の損失が膨らむ

・売った後に株価が大きく上昇してしまう

ということ。これらの影響をできるだけ回避するようなルールを設定すればよいことになります。

やはり短期売買を行う場合などは、”10%下落した場合”や”25日移動平均線を下回った時”などの客観的なルールを設けて淡々と売却することが必要となるでしょう。

こういう客観的な損切りルール、利確ルールは短期売買の際には絶対に作っておくべきです。

次にこの記事の本題である、長期保有を前提とした場合に、どのようなルールで売却すべきか紹介したいと思います。

株の売り時を見極める4つのルールとは?

長期投資の場合は、以下のような理由がある時に売却して他の銘柄に乗り換えることを検討すべきと考えます。

  1. 自分の投資方針と合致しなくなったとき
  2. 長期的な業績期待が持てなくなったとき
  3. 最初に購入した理由がなくなったとき
  4. 資産バランスを見なおすとき

以下、詳細に見ていきましょう。

ルール①:自分の投資方針と合致しなくなったとき

例えば、優待銘柄中心の投資から、日本株や米国株の高配当銘柄を中心に投資するという方針に変更した場合などですね。

長期投資に当たっては、一度決めた投資方針に沿って行動することが結果的に利益を高めることになります。行き当たりばったりの考えで、頻繁に売買を繰り返すことは、単に手数料を多く証券会社に払うことになるだけです。

高配当銘柄の配当金を再投資する戦略をとっているのであれば、KDDIやアルトリア(MO)、AT&T(T)のような個別銘柄を保有し続けることになります。

他方、方針を変更してIT企業などの成長性の高い銘柄を中心に保有することにした場合は、これらの株を売却し、アップルやグーグルなどの成長株を保有することになります。

ルール②:長期的な業績期待が持てなくなったとき

株価は、基本的には企業の業績に比例して株価が変動しますから、業績期待が悪くなれば、株価も下がる可能性が高くなります。

また、業績が悪くなれば配当金の大幅減配や優待の改悪・休止ということも十分あり得ます。

例えば、日本の外食産業は短期的には「材料費増、人件費増」、長期的には「少子高齢化、人口減」により業績の期待が下がりつつあります。現に、最近では、ココスが業績悪化、優待休止を発表しております。

このように、業績期待が持てなくなってきたときには、売却し、他の優良銘柄に乗り換えることを検討します。

ルール③:最初に購入した理由がなくなったとき

例えば、以下のような場合ですね。

・優待目的で保有したのに、優待廃止又は改悪された

・高配当利回りを期待したのに大幅減配となった

自分は以前、優待利回りの高い100株で10,000円の商品券をGetできるヴィレッジ・バンガードを保有していましたが、優待内容の改悪の発表の翌日に売却しました。

ルール④:資産バランスを見なおすとき

債券やREIT、金などの商品にも分散して資産運用をしている場合には、定期的にリバランスすることでパフォーマンスが良くなると言われています。

また、セミリタイアや定年退職が近づいてきたときには、一般的にはボラティリティの高い株式から、価格変動の小さい債券や金の割合を増やすのがセオリーですね。

なので、このようなリバランスや資産バランスを見直すときは、株式の売却を検討することになります。

株の売り時の具体的事例は?:内外トランスライン

自分も最近、内外トランスラインという銘柄200株を売却しました。これを参考例として、どのような考えで売却したか見ていきたいと思います。

内外トランスラインを購入した理由

内外トランスラインに投資した目的は、ズバリ優待目的ですね。自分は2017年ごろからは日本株の優待株を中心に保有する方針でした。100株で1500円分のカタログギフトということで内容が良いんですよね。

内外トランスラインの基本

〇配当利回り:2.60%

〇優待内容:

・100株⇒1,500円相当のカタログ「商品」

・200株⇒2,500円相当のカタログ「商品」 など

優待株投資は個人投資家からの買いが入りやすいため、下値が底堅いと言われています。

まあ、本当かは別として、どの銘柄が上がるかなんてわからないんだから、長期的に優待をもらいながら気長に株価上昇を待とうという考えでしたね。

株を売却した理由とタイミング

上記の考え方を適用すると、自分の投資方針と合致しなくなったために売却したものです。

自分は2019年に入って、優待株中心の投資から、景気が悪い状態になっても業績に影響がなく減配の心配のないディフェンシブ銘柄を中心に投資する方針に変更しました。

内外トランスラインは、国際的な海上貨物輸送を行う企業で、中国や東南アジア、インドなどの航路を複数持つ国際貨物企業ですが、昨年の米中の貿易戦争による中国の景気後退懸念の影響を受けて株価が下落していました。

なので、内外トランスラインは景気に敏感な銘柄といえるので、売却し、米国のディフェンシブ銘柄に乗り換えることにした、というわけです。

実は少額から日本株に投資できる

株式投資などの資産運用は多額の資金が必要とのイメージがあるかもですが、最近は少額からでも投資を始めることができる様々なサービスがあります。

例えばSBIネオモバイル証券なら、日本株を1株の少額からコストがほとんどかからないで取引することができます。

株の少額投資ならSBIネオモバイル証券です!

1株の少額からコツコツと投資を始めたい方におすすめなのはSBIネオモバイル証券(通称:ネオモバ)です。もちろんスマホアプリも使えます!

  • 1株からの少額投資
  • 手数料が格安(50万円未満までの取引なら月額実質20円)
  • 自動定期買付機能で、忙しい会社員や主婦でも手間なく投資
  • 初めて投資する20代〜30代に人気

かいまる
かいまる
「株式投資してみたいけど、大金を投資するのは不安」という方、まずは1株からコツコツと投資すると良いです。リスクを小さく始めることができます

資産運用は早く始めるほど有利

おすすめの資産運用は何?」の記事にもまとめましたが、忙しい会社員が早く資産運用を始めるメリット、それは「時間」を利用できること何ですね。

自分が働いてお金を稼がなくても、時間をかけて「お金に働いてもらう」ことによって資産が加速度的に増えていくんです。

下の図は毎月の積立額5万円を年利6.5%で期間30何で運用した場合のシミュレーションです。

積立総額は5万円×12ヶ月×30年=1800万円

図を見て分かるとおり複利運用で資産が約3倍にまで膨れ上がっています

短期間でこれだけの資産を構築するのは非常に難しいですが、時間をかけてコツコツと資産運用を行えば大きく増やすことができるということです。

自分は会社で働きながら、お金が稼いでくれる状態になるんですね。

「株の売り時とは?」まとめ

今回は株を売却するタイミングということで、どのような時に売却を検討するべきか、実際に売却した具体例を中心に解説してきました。

株は長期・分散が基本ですが、何が何でも個別銘柄を保有し続ける必要はないですね。

優良銘柄なんて他にたくさんあるわけですから、投資方針に合わなくなった時や、業績回復の見込みがない時などは躊躇せずに別の銘柄に乗り換えるべきだと考えます。

ただ頻繁な売買は手数料などのコストがかかることになるので、購入する際は良く検討したのちに投資を判断するべきでしょう。

一貫した方針のもとに、保有株の検討を行っていくことが重要と考えています。

最初のネット証券ならSBI証券が良いかも…

これから投資を始めたいけど、証券会社がたくさんあってどこにしたら良いか迷っている方多いと思います。

ネット証券にはそれぞれ異なる特徴や強み、力を入れているサービスに違いがあるので、どれが自分にあうネット証券か本当に迷いますよね。

そんな方は、とりあえず多くの商品を取り扱っていて手数料も業界最安水準のSBI証券が良いかもです。

口座数や経営規模の面で、他のネット証券No1なので、まずはSBI証券で間違いはないかと。

自分は現在ネット証券6社の口座を利用していますが、扱っている商品やサービスの種類が豊富で、しかも手数料も他に比べて安く、SBI証券の総合力が最も高いと感じています。

詳細は以下の記事にまとめてますんで、ぜひご覧ください。

SBI証券の評判・口コミは?実際に5年利用して感じたメリットを解説!SBI証券の評判や口コミってどうですか?ネット証券業界で最大手でサービスが充実していると聞いてますが…。 メリットやデメリットなど...

>>SBI証券の公式ページはコチラ

 

なお資産運用に役立つ情報について以下にまとめました。役に立つ情報ばかりですので、ぜひご覧ください!

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、資産形成に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

20代、30代会社員の武器は時間です。リスクをとって収益を最大化すべき理由と株式投資が適している理由を分析です。ぜひご覧ください。

(資産運用)20代,30代のポートフォリオはリスクを取って高収益を狙え!自分は会社員で長期投資を考えています。20代から30代なら、どのようなポートフォリオを組めば良いんでしょうか? インデックス投資が...

 

40代の会社員はリスクを抑えるという視点が必要です。資産運用する際に知っておくべき投資理論を解説です。

【資産運用】40代がポートフォリオを組む際の”投資理論”とは?自分は40代の会社員で、そろそろリタイア後を考えて資産運用を考えている。40代なら、どのようなポートフォリオを組めば良いのだろう? ...

 

資産運用は少額からでも始めることができます。まずは始めてみる、行動することが大事ですね。おすすめの少額投資をまとめました。

初心者でも大丈夫!おすすめの少額投資5選とは?(2021最新)初心者におすすめの少額投資について知りたいです。それぞれの特徴はなんですか? そもそも少額で投資するメリットについて知りたいです。...

 

株やFXは値動きが激しく、相場の動きが気になる。そんな方にはソーシャルレンディングが良いかもです。定期預金感覚で1.5〜6%程度の年利回りが期待できます。

ソーシャルレンディングとは?年利回り6%超えも!驚きのメリットとは?最近評判のソーシャルレンディングとはどんなものですか?評判やメリットやデメリットを知りたいです。 投資歴20年のかいまるで...
ウェルスナビの自動運用でほったらかし投資が可能!
WealthNavi

ウェルスナビは「長期・積立・分散」の資産運用を全自動でお任せできる資産運用サービス。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。

▼ロボアドバイザーの自動運用で、時間も手間もかかりません
投資の学習、投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。

▼安全資産の債券や金にも投資
株が大幅に暴落した際には、安全資産の債券や金が上昇するのが一般的。リスク許容度に応じてより安全な運用も可能です。

▼国際分散投資を自動運用
約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

▼手数料は預かり資産の1%のみの中立な資産運用
手数料は預かり資産の1%のみ。

▼世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築
ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

詳細は以下をクリック!

詳細ページ公式ページ