FX

FXは外貨預金代わりに活用できるの?実は外貨預金よりお得です!

FX初心者
FX初心者
FXを外貨預金の代わりみたいに使うことはできるの?外貨預金との違いってあるの?

かいまる
かいまる
FXをレバレッジ1倍で保有すれば外貨預金と変わらないよ!FXの方がメリットも多いね。

投資歴20年のかいまるです。

FXってレバレッジをかけることができるので、外貨預金に比べて危険なイメージがありますよね。

だけどスワップポイントが日々得られるから、外貨預金代わりにFXを活用することができるんです。

そこで今回は外貨預金とFXの違い、外貨預金代わりにFXを活用できるということについて取り上げます。「外貨預金の特徴ってなに?」という人にもわかるように、基本的なことから解説しています!!

なお「FXって何?」という方は以下の記事も読まれています。

https://leverage-investment.com/2019/12/21/fx-biginner-start/

外貨預金の特徴とは?

FX初心者
FX初心者
銀行に円預金してもほとんど利息がぜんぜんつかない。

かいまる
かいまる
円預金に比べて高い利息を得られるというのが外貨預金最大のメリットだね!

日本は、デフレ不況から脱却するため”ゼロ金利政策”や”マイナス金利”を導入しているので、銀行に預金してもほとんど利息が付きません。

そのため、金利の高い外貨預金が注目されています。日本は先進国の中でも低成長国の一つですから長期的にも金利が上がりずらいといえるでしょう。

日本が長期的に衰退していくリスクに備える必要があります。ある意味「全財産を円で持つのはリスクが高い」ので、外貨でも資産を持つべきですね。

その外貨預金の主な特徴とは、

  1. 円預金に比べて高金利
  2. 多くの銀行で利用可能
  3. 複利効果が期待
  4. 外貨預金にはリスクがある

です。以下、クイックにみていきます。

円預金に比べて高金利

外貨預金は、普通預金や定期預金とおなじように利息がつきます。銀行の普通預金の金利は、だいたい0.001%程度。この利息よりは高金利です。

外貨預金の金利は通貨ごとに違っていて先進国低く、新興国が高い傾向がありますね。この傾向はFXとおなじです。

大抵の銀行では「外貨普通預金」の他、3カ月、6カ月、1年などの「外貨定期預金」を設定しているのが一般的。

円での定期預金と同様に、預入期間が長い方が金利が高めに設定されています。

例えば、以下の表はイオン銀行の外貨定期預金の金利。円預金の0.001%に比べれば、圧倒的に外貨預金にメリットがありますよね。

米ドル 豪ドル NZドル
1カ月 1.600% 1.100% 1.200%
3カ月 1.900% 1.100% 1.400%
6カ月 2.000% 1.200% 1.400%
1年 2.200% 1.500% 1.500%

多くの銀行で利用可能

みずほ銀行などのメガバンク、イオン銀行などのネット銀行、地方銀行など、ほとんどの銀行で外貨預金を利用することができます。

株や投資信託への投資をやっていないので、証券会社の口座がない人も多いですよね。

なので、普段利用している銀行で外貨預金できるので、FXに比べて気軽に始めることができます。

複利効果が期待できる

外貨預金は、得られた利息も預金されることになるので、利息が利息を生んでふくらんでいく複利効果を期待できます。

以下の図のように預金の期間が長くなるほど、複利効果が大きくなりますよね。

複利効果

出典:金融庁HPより

外貨預金には為替リスクがある

良いことずくめのように見える外貨預金だけど、円預金と比べた場合の外貨預金のリスクも当然ながらあります。

それは”為替リスク”。外貨の価格は常に動いています。

外貨預金を引き出しは、通常の場合は円で行われるので、このタイミングによって利益や損失が発生することになります。

出典:楽天銀行HP

例えば、2008年のリーマンショックの際には強烈な円高が進んで1ドル78円までいきました。その際、外貨資産を持っていた投資家は大きな損失を抱えたことになります。

なので為替は日々変動するので、注意する必要があります。

FXと外貨預金の違いとは?

FXと外貨預金の違いは、

  1. 手数料(スプレッド)が安い
  2. レバレッジをかけることができる
  3. 日々スワップポイントが得られる

ということですね。以下、クイックに見ていきますね。

手数料(スプレッド)が安い

FXの長期保有は外貨預金に比べて手数料が安いんです!

例えば100万円を1ドル100円の時に外貨預金を行う場合を考えます。

みずほ銀行で外貨預金する際には1ドルあたり1円の為替手数料がかかりますので、

外貨預金の場合

・運用米ドル:100万円÷100.00円=10,000ドル

・為替手数料総額:10,000ドル×1円=10,000円

となります。

一方100万円をFXで長期運用した場合、米ドルのスプレッドは0.3銭となっています。

外貨預金と同じように1ドル=100円の時に、100万円を使って1万ドル買うとすると、負担する手数料(スプレッド)は

外貨預金の場合

・運用米ドル:100万円÷100.00円=10,000ドル

・為替手数料総額:10,000ドル×0.3銭=30円

となります。外貨預金では10,000円かかる手数料が、FXの場合だとわずか30円です。

米ドルの場合だとほとんど無視できるレベルですよね。

レバレッジをかけることができる

FXの長期保有の場合、レバレッジをかけることができます。

見落としがちですが、値動きが大きくなるだけじゃなくスワップポイントも大きくなります。

例えば、1万通貨1日あたりのスワップポイントが70円だった場合、

・レバレッジ1倍1万通貨…スワップポイント 70 円

・レバレッジ2倍2万通貨…スワップポイント140円

・レバレッジ3倍3万通貨…スワップポイント210円

となりますね。

このようにレバレッジを操作することによって得られるスワップポイントを調節することができます。

スワップポイントが得られる

為替の値動きは不確実性が高いですが、高金利通貨を保有することで確実にスワップポイントが得られます。

スキャルピングやデイトレードなどの短期トレードではスワップポイントがほとんど貯まりませんが長期保有するとかなりの金額になります。

1万通貨スワップポイント:1日 70 円

・1年間総額:70円×365円 = 25,550円

となります。

レバレッジ2倍で5万円、4倍で10万円です。FXの長期保有では、このスワップポイントを積み上げることで利益をあげます。

FXを外貨預金代わりに使うには?

かいまる
かいまる
それはFXのレバレッジを1倍にして長期保有すれば良いね。

FXが外貨預金より”危険”とか”ギャンブル”というようなイメージがあるのは、高いレバレッジをかけた短期トレードのイメージが強いから。

だけどレバレッジ1倍で保有すれば、為替リスクは外貨預金と同じということになります。以下の記事でまとめたとおり、長期保有でスワップポイントを着実にGetすることができます。

FXで初心者でも確実に稼ぐ方法とは?100%勝てなくても稼げます! 投資歴20年のかいまるです。 FXに投資する最大の目的はズバリ”お金を稼ぐ”ことですよね。 だけど通貨の値動...

FXの取引コストは外貨預金に比べて圧倒的に安く、24時間取引可能。

コストの安さ、利便性の高さは外貨預金と比べて群を抜いていますね。

外貨預金とFXのデメリットとは?

外貨預金代わりにFXを長期保有する場合、多くのメリットがある一方、デメリットもあります。

  1. スワップポイントを払う場合がある
  2. 大幅な為替変動による狼狽売り
  3. 購入単位が1000ドル or10000ドル

ということですね。以下クイックに見ていきます。

スワップポイントを払う場合がある

スワップポイントは2国間の金利差ですので、金利の低い国の通貨を買うとスワップポイントを支払い続ける必要があります。

外貨預金の場合、外国の金利が下がることはあっても”支払う”ことはないですよね。

外貨定期預金なら、期間中は金利の変動がありません。

スワップポイントは2国間の金利差を日々反映されるので、急に少なくなったり、場合によっては金利差が逆転して支払うことになるケースもあり得ます。

大幅な為替変動による狼狽売り

FXは平日24時間取引ができるので、政治や経済の情勢で為替が大きく動いた時に、狼狽して売ってしまうことがあり得ます。

最も安定しているドル円でも数時間の間に2円、3円動くことはザラにあります。

そのまま下落することもありますが、行き過ぎた相場の変動は元に戻ることも多いです。

なので為替の価格変動が常に気になってしますという人はFXによる長期投資には向かないですね。

購入単位が1000ドル or10000ドル

購入単位が大きいのもFXのデメリットといえますね。大抵の証券会社の最小単位は1000ドルか10000ドルです。

なので米ドルの場合、レバレッジ1倍の運用を行う際には最低でも日本円で約9万円必要ということになります。

また追加で購入する際も、1000ドル又は10000ドルが最小単位となります。

これがレバレッジ1倍でFXを活用する際、最大のネックになりますね。

「FXは外貨預金代わり?」まとめ

今回はFXは外貨預金の代わりになるの?ということで、外貨預金の特徴、FXと外貨預金の違い、外貨預金代わりに活用するにはなどについて説明してきました。

結論をいえばFXをレバレッジ1倍で保有すれば外貨預金と何ら変わらない運用ができるということですね。

外貨の価格が変動する為替リスクはFXも外貨預金にも存在しますから、レバレッジをかけなければリスクは同じということですね。

FXの取引コストは外貨預金に比べて圧倒的に安く、24時間取引可能。コストの安さ、利便性の高さは外貨預金と比べて群を抜いているといえます。

DMMFXは、FXを外貨預金代わりに利用できます!

【DMM FX】入金

〇長期保有におススメできる3つの理由

  • DMM FXならスワップポイントが業界トップクラス。米ドルのスワップポイントの実績は1日あたり45円〜50円程度(2019年12月)となっています。この水準が続けば年間1.8万円程度のスワップポイントの受け取りが可能です。
  • DMM FXなら買手数料や口座維持手数料が無料!スプレッド幅の狭さが業界でもトップクラス。
  • DMM FXなら、キャンペーンで20,000円キャッシュバック!今だけです!

○FXの長期運用は、DMM FXが安定かつ安心です!しかも2万円キャッシュバック中!

無料口座開設はコチラ

 

関連記事です。この記事をご覧になっている方は、以下の記事も読まれています。

FXは高レバレッジの短期売買を繰り返すというイメージがあるかもですが、長期運用でしっかりと稼ぐことが可能です。長期運用の場合、どの程度のレバレッジが良いのか解説です。

FXの長期運用は稼げるの?レバレッジは何倍が”安全圏”なのか?FXの短期トレードはリスクが高いため、低レバレッジの長期運用が初心者にもおススメと聞きました。長期の運用で安定的に稼げるんですか? ...

 

FXと言えばレバレッジですが、危険というイメージがあるものの、うまく活用すれば少ない手持ち資金でも大きな利益を得ることができるので、資金を効率化することができます。このレバレッジのメリットについて解説です。

FXのレバレッジとは?3つのメリットをわかりやすく解説しました。 投資歴20年のかいまるです。 FXの最大の特徴であるレバレッジ。少ない資金でもおおきな取引をすることができます。な...
DMMFXは、FXを外貨預金代わりに利用できます!
【DMM FX】入金

〇長期保有におススメできる3つの理由

  • DMM FXならスワップポイントが業界トップクラス。米ドルのスワップポイントの実績は1日あたり45円〜50円程度(2019年12月)。
  • この水準が続けば年間1.8万円程度のスワップポイントの受け取りが可能。
  • DMM FXなら買手数料や口座維持手数料が無料!スプレッド幅の狭さが業界でもトップクラス。DMM FXなら、キャンペーンで20,000円キャッシュバック!今だけです!

 

〇FXの長期運用は、DMM FXが安定かつ安心です!しかも2万円キャッシュバック中!

無料口座開設はコチラ