ロボアドバイザー

ロボアドバイザーの運用実績はどれくらい?【主要サービスまとめ】

ロボアドバイザーでの資産運用を考えていますが、運用実績ってどれくらいなんですか?過去のシミュレーション結果など、どれくらいのリターンが期待できるか知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

投資歴20年のかいまるです。ウェルスナビでのロボアドバイザー運用も含めて1500万円以上の資産を運用しています。

AIが自動運用や運用のアドバイスを行ってくれるロボアドバイザー。仕組みや特徴は「ロボアドバイザーとは?」の記事にまとめていますが、

ロボアドバイザーはこんな人におすすめ
  • とにかく忙しくて時間がない
  • 何を投資すればいいかわからない
  • リスクを抑えた運用をしたい
  • 老後に向けて、コツコツお金を貯めていきたい

ということ。

自動運用タイプのロボアドバイザーの場合、口座にお金を振り込めば、ポートフォリオを自動に構築して運用を行ってくれるんですね。

とはいえ、いくら自動で全部やってくれるとはいえ、ロボアドバイザーの運用実績がどれくらいか知りたいという方も多いと思います。

そこで、今回は大手サービスであるウェルスナビ、FOLIO ROBO PRO、THEO+docomoについて運用実績がどれくらいかを見ていきます。

ぜひ最後までご覧ください。

”FOLIO ROBO PRO” 進化型ロボアドの決定版!

AIで相場を先読みして大胆な銘柄入れ替えで好成績をたたき出している”FOLIO ROBO PRO”。

FOLIO ROBO PRO

他の従来型ロボアドとは機能が完全に一線を画しています。その特徴をまとめると、

  1. 高度な金融理論を用いた進化型ロボアドバイザー
  2. 短期の相場の動きを予測した運用を実施
  3. 従来型ロボアドバイザーより高パフォーマンス

というもの。リリースから約1年経過後の成績は+20.18%とTOPIXを圧倒

好成績の秘密は、ROBO PROのAIが高度な金融モデルを用いて相場の状況を分析して運用を行っているところ。

そんな進化型ロボアドを活用しておまかせ運用するのも良いかもです。

▼今ならキャンペーン実施中▼
FOLIO ROBO PRO
公式HPはコチラ
進化型ロボアドの決定版!

当初100万円投資して毎月3万円積立した場合の1992年からの資産運用シミュレーションを行った結果は以下のとおりです。

1992年1月に100万円を投資し、その後毎月3万円ずつを国際分散投資で積み立てていった場合、1,000万円の元本が2,457万円(+146%)に増加。1年あたりのリターンは6.0%でした。

今回のシミュレーションで用いられているのは、ウェルスナビのリスク許容度3のポートフォリオです。比率は以下のとおり。

  • 米国株(VTI):30.6%
  • 日欧株(VEA):21.5%
  • 新興国株(VWO):5.0%
  • 米国債券(AGG):29.1%
  • 金(GLD):8.8%
  • 不動産(IYR):5.0%

ウェルスナビの運用実績

次にウェルスナビがサービスを開始した2016年1月19日に投資を開始した場合のリターンを見ていきます。

モデルケース
  • 2016年1月19日に100万円投資
  • 翌月から毎月3万円積立
  • 半年ごとにリバランス実施
  • 分配金受取時やリバランス時にかかる税金は考慮していない
  • ETFの分配金は権利落ち日に再投資

2016年1月〜2020年2月までのリターン(ドル建て)

ウェルスナビは、利用する人のリスク許容度に応じてローリスク・ローリターンの「リスク許容度1」から、ハイリスク・ハイリターンの「リスク許容度5」まで5通りのポートフォリオを提供されていて、パフォーマンスはリスク許容度によって異なります。

リスク許容度ごとのリターンを表にまとめました。

リスク許容度別リターン(ドル建て)

リスク許容度 累積元本額(ドル) 資産評価額(ドル) リターン
1 2.19万 2.54万 +16.1%
2 2.19万 2.62万 +19.5%
3 2.19万 2.65万 +21.0%
4 2.19万 2.69万 +22.7%
5 2.19万 2.70万 +23.1%

ドル建てでの結果は、2020年2月までの期間で累積元本額が2.19万ドルなのに対して、資産評価額はリスク許容度に応じて2.54万ドル(+16.1%)から2.70万ドル(+23.1%)に成長しました。

短期的には良いときも悪いときもあったものの、期間全体で見ると、しっかりと資産が増えていることがわかります。

2016年1月から2020年2月までの運用利回り(円建て)

次に円建てのリスク許容度ごとのリターンを表にまとめました。

リスク許容度別リターン(円建て)

リスク許容度 累積元本額(円) 資産評価額(円) リターン
1 247万 280万 +13.2%
2 247万 288万 +16.5%
3 247万 291万 +18.0%
4 247万 296万 +19.7%
5 247万 297万 +20.1%

円建てでの結果は2020年2月までの期間で累積元本額が247万円なのに対して、資産評価額はリスク許容度に応じて280万円(+13.2%)から297万円(+20.1%)に成長しました。

資産運用を継続して実施したことで、安定した結果が得られているということですね。

ちなみに自分もウェルスナビを活用して運用を行っています。実績は以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧になってください。

ウェルスナビの実績20ヶ月目を公開!ロボアド投資の驚きの結果は?WealthNavi(ウェルスナビ)を使った投資がいいって聞くけど、実際の運用実績ってどうなんですか? コロナショックで株価が大暴...

ロボアドバイザー実績②:FORIO ROBO PRO

過去5年間の収益シミュレーションは年率8.5%

FOLIO ROBO PROの過去5年間のバックテストによる運用成績(運用利回り)はなんと年率換算で8.5%とシミュレーションされています。

もちろん、この結果は2015年1月1日〜2019年12月31日の過去5年間のシミュレーションであり、将来の運用成果が保証されるものではないけれども、十分に高いパフォーマンスが期待できるということですね。

ちなみに、株式会社FOLIOが提供している従来型ロボアドバイザーの「おまかせ投資」の積極運用プランと比較ても、年率2.8%も成績が良かったとのこと。

FOLIO ROBO PROと一般的なロボアドバイザーと過去のシミュレーションで成績を比較したのが以下のチャート。進化型ロボアドバイザーが従来型を圧倒しているのがわかります。

なので、このシミュレーション結果を見るとFOLIO ROBO PROの進化型ロボアドバイザーは、従来型に比べて頭ひとつ抜けて性能が良いと言えそうです。

リリースから1年1ヶ月の実績は15%超え

FOLIO ROBO PROは2021年2月26日でリリースから約1年1カ月が経過しました。

以下の折れ線グラフは「ROBO PRO(緑線)」、「TOPIX(灰色線)」、そして「一般的なロボアド(緑線)」の比較グラフで、開始点はROBO PROがサービスをリリースした2020年1月15日となっています。

運用実績はグラフのとおり推移しており、リリースされた2020年1月15日から2021年2月26日の期間で見ると、2月26日時点で+約15.15%とTOPIXよりも高いリターンを示しています。

半年間の運用実績はTOPIXを+14.2%圧倒!

FORIO ROBO PROがリリースされた2020年1月15日から7月14日までの成績はなんとTOPIXを+14.2%も圧倒する好成績となっています。

コロナショック前後でも十分なパフォーマンスを示しているんですね。

以下がTOPIXと比較したチャートですが、FORIO ROBO PROは6月段階でコロナショックによる暴落前の水準に回復しているんですね。

もちろんコロナショックのあった3月には1ヶ月で−15%程度も下落していますが、下落率はTOPIXより小幅にとどまっています。

7月の段階で運用開始から+5%まで回復しているんですね。

そんな進化型ロボアドのFOLIO ROBO PROの評判・口コミそして特徴などについて以下の記事にわかりやすくまとめていますので、ぜひご覧ください。

FOLIO ROBO PROの評判は?儲かる?進化型ロボアドは正直スゴイ!FOLIO ROBO PRO(フォリオ・ロボプロ)の評判や口コミを知りたいです。ロボアドバイザーで投資すると儲かるんですか? 他の...

ロボアドバイザー実績③:THEO+docomo

THEO+docomoでは2016年3月〜2019年7月までの実績を公開。

ユーザーのリスク許容度に応じた228通りの運用プランをリスクカテゴリごとに分けた実績は以下の通りとなっています。

プラスのリターンとなっていて良好な成績となっていますね。実績を集計した期間は株式市場が好調だったこともあり、リスクが高いハイリスク型のほうが、ローリスク型のポートフォリオより運用実績がよかったことがわかります。

自分もTHEO+docomoで運用を行っています。運用実績を以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧になってください。

THEO+docomo をやってみた感想は?運用実績5ヶ月目公開!THEO+docomoをやってみた感想や運用実績について知りたいです。実際に利用している状況や結果ってどうなんだろう? このような...
これらの利回りやリターンは過去データや過去実績であり、将来の運用実績が保証されるものではありません。

「ロボアドバイザーの実績は?」まとめ

今回はウェルスナビの運用利回りは?ということで、主要なロボアドバイザーの過去のデータによるシミュレーション、実際の運用実績について見てきました。

紹介したロボアドバイザーの実績は長期的にプラスになっており、銀行への預金などと比較しても十分高いリターンといえます。

もちろん、今回ご紹介した実績は過去のデータですので、将来の実績を保証するものではありませんが、ロボアドバイザーによる長期運用をすることで、しっかりとした資産形成が期待できると思います。

ロボアドバイザー最大手のウェルスナビの実績をあらためてまとめると、

ウェルスナビの運用実績まとめ

・期待運用利回りは約6%(過去データから)

・約4年間で最大+23.1%のリターン(実績)

ということです。

しかし、ここで注目したいのは長期間の資産運用を行った結果リーマンショック、チャイナショック、ドットコムバブル崩壊などでの株価暴落があったとしても期待できる運用利回りは6%ということですね。

債券や金などの安全資産に分散投資することにより、リスク低減を図りつつ高利回りを期待できる点がウェルスナビの大きな特徴と言えるでしょう。

過去4年の実績を見ても、しっかりとしたリターンを記録しています。

さらには運用の手間も省いてくれるので、仕事で忙しい方や投資経験・知識が乏しい方でも口座に資金を振り込めば気軽に運用を続けられるのもメリットになります。

そんな特徴を持つWealthNavi。これを機会に口座開設を検討してはいかがでしょうか?

株式市場が上昇傾向の今が、資産を大きく増やすチャンスです!

WealthNavi

▼口座開設は無料!5分程度でカンタン登録▼

WealthNavi
口座開設はコチラ

チャンスは今!即行動です。

ウェルスナビの特徴や評判・口コミについては、以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧になってください。

ウェルスナビは儲かるの?評判は本当なの?実際にやってみました!WealthNavi(ウェルスナビ)ってどうなんですかね。資産運用ならウェルスナビが良いって聞いたけど、、、果たして本当に儲かるの? ...

補足:WealthNaviの始め方

最後に、WealthNaviの始め方を見ていきましょう

自分も既に口座開設して自動運用を行っています。リスク許容度を決めて入金をすれば、あとは自動的にロボアドバイザーが投資を行います。

何も難しいことはないのですが、簡単に流れを説明すると、

  1. 運用プランを無料診断
  2. 口座開設の申し込み
  3. 入金して資産運用がスタート

となっています。クイックに説明しますね。

手順①:運用プランを無料診断(最短1分)

まずはウェルスナビ公式ページにアクセスします。

最初に運用プランを決めるために6つの質問に答えることになります。下のような質問に淡々と答えるだけで、最適な運用プランが提案されるんですね。

この6つの質問への回答が終わると以下のような診断結果が出力されて、「リスク許容度」と「目標金額」が表示されます。「次へ」を押すと口座開設の申し込みに進みます。

手順②:口座開設の申し込み(最短3分)

メールアドレスの登録や本人確認書類の提出などの手続きなどを行います。これらは全てオンラインで完結するんですよね。手順は以下のとおりになっていて、画面の指示のとおり作業をしていけば難しいことはありません。

口座開設の手順
  1. メールアドレスの登録
  2. 認証コードとパスワードの入力
  3. お客様情報の登録
  4. 本人確認資料のアップロード
  5. 規約等の同意
  6. 簡易書留の配達希望日の選択

本人確認書類として「運転免許証+通知カード」又は「マイナンバーカード」のいずれかが必要になるので事前に準備しておくと良いと思います。

手順③:入金して資産運用スタート

口座開設の審査のあと、登録した住所に簡易書留が送られてきます。

簡易書留を受領するとウェルスナビに入金できるようになります。リスク許容度の設定と10万円以上の入金すると、いよいよ資産運用がスタートです!!

申し込むなら今
WealthNavi
無料登録はこちら

初心者でも手軽に運用可能です。