CFD

CFDと先物取引との違いは?どっちがおすすめ?初心者向け徹底解説!

CFDへの投資に興味があるのですが、先物取引との違いが知りたいです。どっちで取引するのがおすすめですか?

かいまる
かいまる
投資歴20年のかいまるです。CFDと先物の違いについてわかりやすく開設していきます。

金、原油、大豆、外国の株価指数…などなど。いろんな商品に気軽に投資ができて人気のCFD。

レバレッジをかけることができて、売りからも入れるところに大きな特徴があります。しかし、

CFD初心者
CFD初心者
CFDも先物もレバレッジ可能。どっちが良いのかわからない…。

と悩む方も多いですね。

そこで、今回は「CFDと先物との違いは?」ということで、両者の違いを初心者でもわかりやすく解説しますので最後までご覧いただけるとありがたいです。

CFDに関するお役立ち情報は以下の関連記事にまとめています。こちらも必見です。

CFDは儲かる?そもそもCFDってなに?

かいまる
かいまる
CFDは「差金決済取引」のことだね。

CFD初心者
CFD初心者
さきんけっさい…取引…?

CFDは”Contract for Difference”の略で、まさに差金決済を意味します。

CFDの仕組みはFXとまったく同じ。

理解するポイントは、

  1. 差金決済取引
  2. 証拠金取引

ということ。

『差金決済取引』とは、「差額だけをやり取りする」取引のこと。

売買した時に利益が出たら利益分のみ受取、損失が出たら損失分のみを支払う形で取引を行います。

『証拠金取引』は聞き慣れないかもだけど、『レバレッジ●倍で~』というのを聞いたら、それが証拠金取引だと考えていいね。

証拠金を預けることで、取引したい金額を全額用意することなく取引ができるもの。

なのでCFDは、FXと同様に株価指数や原油、金などにレバレッジを効かせ、手持ち資金よりも大きな金額で取引可能ということだね。

・資金を証拠金として証券会社に預ける

・証拠金を担保にレバレッジを効かせて取引

CFDの概要について詳細には、以下の記事で解説しています。ぜひご覧ください。

CFDとは?初心者でもわかるよう「CFDってなに?」から解説! 投資歴20年のかいまるです。 金、原油、大豆、外国の株価指数…などなど。いろんな商品に気軽に投資ができて人気のCF...

先物取引とは?

先物取引とは「将来の定められた期日に受け渡しを行う約束をして、その価格を今決めてしまう」という取引です。日経225などの先物は、マネックス証券などの主要なネット証券で取引することができます。

この「将来の取引価格を今決めてしまう」というのがポイント。原油や金、とうもろこしや小麦などの会社が、将来の価格変動リスクを避ける(=リスクヘッジ)手段として活用される取引なんですね。

ただし個人投資家にとってみると、このようなリスクヘッジとかはあんまり関係なくて、先物価格の変動を狙ったトレードに活用されるのが一般的。

先物取引の大きな特徴は、

先物取引の特徴
  1. 買いだけじゃなく売りからも入れる
  2. レバレッジをかけることができる

といったところ。

CFD初心者
CFD初心者
売りからも入れて、レバレッジ取引ができるところはCFDと同じなんですね。

CFDと先物取引の違いとは?

違い①:CFDには決済期限がない

CFDと先物との最大の違いは、先物には決済期限(SQ)があるということですね。すなわち先物は期日がくると自動的に決済されてしまうんです。

CFD 先物
決済期限 無し 有り

なので、先物の場合は含み損を抱えていた場合や利益が乗り始めた場合など、決済したくないタイミングであったとしても、期日がくると決済されてしまうので、持ち越すことができません。

かいまる
かいまる
CFDは決済期限がないので、無期限で保有するすることができます

違い②:CFDのレバレッジは固定

レバレッジに関していうと先物の方が有利。ただし、先物のレバレッジは固定されていなくて、価格変動などの激しさ(=ボラティリティ)などで日々変動するんですよね。

投資商品 レバレッジ
CFD 株価指数 10倍
商品(原油、金など) 20倍
バライティ 10倍
個別株 5倍
先物 株価指数 30倍程度
商品(原油、金など) 3〜25倍程度

以下は、商品先物を扱うコムテックスの必要証拠金額とレバレッジをまとめたもの。銘柄によってレバレッジが大きく異なっているんですね。

先物の方がレバレッジが高いので資金効率が良いのは確かですが、CFDとそれほど大きな違いがあるレベルでは有りません。

むしろレバレッジが固定されているCFDの方が、使い勝手が良いといえます。

違い③:最低必要資金が少ない

最低必要資金はCFDの方が少ないので、少額から取引を始めることができますね。

商品により違いが有りますが、例えば日経225の場合を比較すると、

日経225CFD 日経先物ミニ 日経先物ラージ
必要証拠金 約19,000円 約122,400円 約1,224,000円

となっていて圧倒的にCFDの方が最低必要証拠金が少なくなります。

違い④:CFDは取引手数料がかからない

CFDは取引手数料がかからないですが、売買価格差であるスプレッドが有ります。

日経225を例にとると

日経225CFD 日経先物ミニ 日経先物ラージ
取引手数料 なし 1枚37円 1枚220円
スプレッド 1〜2円 なし なし

となっています。

「CFDと先物の違いは?どっち?」まとめ

今回はCFDと先物の違いは?ということで、CFDと先物取引の特徴、主な違いについて見てきました。

両者とも、レバレッジが使える、売りが可能という点で共通事項が多いものの、取引期限、レバレッジ固定、最低必要資金などに違いが有ります。

結論をいうと、少ない資金から取引が可能な点や、使い勝手の良さ、取引期限がないことなどを考えると「CFDの方がおすすめ」だと思います。

最後に、主要なCFD業者についてまとめましたので参考にしてみてください。圧倒的におすすめは取り扱い商品数が多く、最大手のGMOクリック証券のCFDです。

GMOクリック証券
CFDの国内シェア80%超え
取扱銘柄が多いので、これからCFDを始める初心者だけじゃなく、中級者や上級者も満足。
CFD取引なら、まずはGMOクリック証券でOK!
総合点
コスト CFD取引にかかる手数料は無料!スプレッドも最安で余計なコストがかかりません。
商品数 取扱銘柄138種類と圧倒的。アマゾンやアップルなどの優良米国株にもレバレッジをかけて投資できます。
取引ツール スマホアプリで簡単に取引が可能です。

国内No1のCFD会社で、シェアはなんと80%超え!

スプレッドも業界最狭で、もちろん取引手数料はかかりません。

取り扱っている銘柄数も138種類あるので、初心者だけでなく中級者や上級者でも十分すぎるぐらいですね。

以下の写真を見てもわかるとおり、スマホアプリも直感的でわかりやすいので、初めてでも十分に使いこなせます。

CFDの会社をどこにするか、迷うなら、まずはGMOクリック証券を選んでおけば問題ありません。

GMOクリック証券 CFDの評判は?メリット・デメリットも解説! 投資歴20年のかいまるです。GMOクリック証券のCFDを利用して5年経過します。 金、原油、大豆、外国の株価指数…...

詳細ページ公式ページ

DMM CFD
DMM CFD
取引手数料は無料で、スプレッドも十分に狭いですね。
銘柄数は7種類と少ないですが、日経やダウ、原油など人気銘柄が取引可能。むしろ初心者向きです。

 

総合点
コスト 取引手数料は無料。スプレッドも業界最狭水準!
商品数 シンプルに7銘柄。日経、ダウ、原油など人気銘柄が取引可能。
取引ツール スマホで簡単に取引できます。

詳細ページ公式ページ