米国ETF

RWXの配当利回り10%超えに⁉︎なぜ?高配当の秘密とは?

米国のリートETF RWXの株価推移や配当利回り、特徴について知りたいです。

他にも高配当ETFやS&P500に連動するETFもありますが、これらに比べてRWXに投資するメリットは何ですか?

今回はこういった関心や疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容
  • RWX:株価の基本データと特徴とは?
  • RWXの構成銘柄は?
  • RWXの株価推移とは?
  • RWXのこれまでの配当実績は?
  • コロナショック時のRWXのパフォーマンスは?
  • RWXの株価リターンについて

投資歴20年のかいまるです。米国株や米国ETFを中心に1500万円以上の資産を運用しています。

世界の先進国で中銀行金利がどんどん低下する中、米国のETFには利回り3%を軽く超える銘柄がいくつも存在します。

そんな高配当ETFの中でも、特に2020年の分配金利回り10%近いという超高配当ETFであるRWXを分析です。

ぜひ最後までご覧ください。

※米国株取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。DMM株は米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の公式HPはコチラ

>> DMM株の評判・特徴をみる

RWXの株価と特徴とは?

RWXは、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)が運用する米国を除く先進国、新興国の不動産企業や不動産証券(REIT)に投資するETFです。

過去12ヶ月の分配金利回りは5.25%(2022年5月19日現在)。

2020年の分配金利回りは10%近かったこともあり、ちょっと物足りない印象ですね。分配金利回りは毎年高いわけではなく、数年に1度ぐらい分配金の多い年があるんです。

REITとは、投資家から集めた資金で不動産投資を行い、不動産からの賃料収入や売買益を分配する商品で、一般的には不動産投資信託と呼ばれます。

特徴としては、個人で不動産投資を行うのに比べ、少額から投資できること、個人では購入が難しい高額物件への投資が可能になることです。

基本データは以下のとおりです。

RWX基本データ
  • インデックス:ダウ・ジョーンズ・グローバル(除く米国)セレクト不動産証券指数
  • 信 託 経 費 率   : 0.59%
  • 分 配 金 利 回 り : 5.25%
  • 組 入 銘 柄 数 : 141銘柄
  • 設 定 日:2006年12月15日

経費率は0.59%となっていて、米国不動産ETFのIYRが0.42%ということを考えると、REIT投資ETFの中ではやや高めです。

ただ分配金利回りが5%を超えていることもあり、高いインカムを狙いたい方には良いのではないでしょうか。

米国ETFにはRWX以外にもリートにまるっと投資できるものもあります。以下の記事で特徴を徹底比較していますので、ぜひご覧ください。

米国リートETFを徹底比較!おすすめは?【IYR,RWR,XLRE】米国リートETFへの投資を考えています。米国リートETFのIYR、RWR、XLREを比較して、おすすめはどれですか? 基本データや...

RWXの構成銘柄は?

RWXの構成銘柄TOP10

構成銘柄全141銘柄の上位10銘柄がこちらになります(2022年5月19日現在)。

上位10銘柄で全体の3割を占めています。日本企業の三井不動産が構成比率1位、国内リートの日本ビルディングファンドが5位となっています。

RWXは、米国を除いたREITのETFなので日本、香港、オーストラリア、ドイツのように世界各国に分散投資されています。

国別構成比率は以下のとおり。

日本のREITが30%近く占めており割合が高くなっています。国内よりも外国資産を中心に投資をしたい方には向かないかもですね。

このように、株式やREITの特徴をしっかりと把握して投資することで、投資の勝率を高めることにつながります。

おすすめの米国株投資本については、以下の記事にまとめていますのでぜひご覧下さい。

米国株のおすすめ本ランキング10選!150冊から厳選!(2022最新)米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?初心者向けの本も知りたいです。 全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方...

(参考URL:ステートストリートHP

米国ETF RWXの株価推移とは?

ここではRWXの株価推移(パフォーマンス実績)を見ていきます。参考として、

  • S&P500
  • IYR(全米リートETF)

と比較していきたいと思います。

RWXの株価の推移(パフォーマンス実績)

直近5年の株価推移を示したのが以下のチャートとなります。

このチャートは配当金が含まれていないものです。

赤:RWX 水色:S&P500 緑:IYR

この時期のRWXの5年間のパフォーマンスは−19%です。

新型コロナの拡大によるテレワークの浸透でオフィスの空室率が上昇したこともあり、コロナショック以降、株式市場に比べてリートの回復が遅れています。

全米リートETFのIYRと比べてもパフォーマンスは物足りないですね。

まあ分配金利回りが高いので、値上がり益を期待して保有するタイプのETFではないということでしょう。

コロナショック時のRWXのパフォーマンスは?

コロナショックのあった2年チャートをもう少し詳細に見ていきましょう。

赤:RWX 水色:S&P500 緑:IYR

新型コロナ拡大による外出制限もあり、リート市場は大きく下落しました。コロナショックの際にS&P500と比較してもリートETFであるRWX、IYRの下落幅が大きくなっています。

RWXは2021年に入っても暴落前水準に戻っていないですね。

RWXの株価リターンはどれくらい?

次に分配金も含めたRWXのリターンを見ていきましょう。

株価があまり上昇していないことからも分かるとおり、2006年の設定来年率リターンが1%未満…過去の実績はあまり高くないですね。

長期的な保有をためらってしまうほど、リターンは低いです。

RWXのこれまでの配当実績は?

RWXは他の多くのETFと同様に四半期に一度配当金が分配されます。配当履歴は以下のとおり。

グラフをみてわかるとおり、分配金の水準が安定していないですね。

3年に1回くらいの割合で分配金が多く出ていることがわかります。

RWXの過去12ヶ月利回りは10%近いですが、構成銘柄のREITの配当利回りが3〜5%程度なんですよね。

これは推測になりますが、リバランスで保有銘柄を売却した際に、一部REITに再投資するのではなく分配金に回しているのだと思います。

なお、ETFも配当に期待できますが、米国株に投資する魅力は高配当で長期間連続増配している個別銘柄が多いこと。中には7%を超える銘柄や60年以上連続増配している銘柄も。おすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。

【米国株】連続増配おすすめランキング!厳選7銘柄(2022最新)米国株は、連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、おすすめの銘柄を知りたいです。 これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? ...

RWXに投資すべき?個人的な感想

個人投資家が、外国のリートを購入するのはハードルが高いこともあり、RWX1本で米国を除く世界中の不動産市場にまるっと投資できるのはメリットだと思います。

また2020年の分配金利回りは10%で、数年に1度大きなインカムを期待できます。

株価がそれほど上昇しておらず、設定来リターンも1%程度ですので、大きな収益を期待するというよりは、

  • 米国市場以外のリート市場に分散したい
  • 安定した分配金を狙いたい

という投資家の方には選択肢に入ってくるかと思います。

長期的なリターンは1%に満たないため、保有資産の主力にはなり得ないと考えます。

取引手数料ゼロの証券会社

マクドナルドも含め米国株への投資を考えている方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株の評判と気になるデメリットとは?米国株の取引手数料0円!DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

>> DMM株 公式ページはコチラ

「リートETF RWX」について:まとめ

今回は米国好配当ETFであるRWXの株価とチャートということで、その特徴と株価の推移、配当金の推移等について見てきました。

RWXの特徴をまとめると、

  • 3割は日本のREITへの投資
  • 分配金利回り5%超え
  • 2020年利回りは9~10%近くも、一時的な高配当
  • 世界各国への分散投資と視点から考えればメリットあり

ということです。過去のデータを見ると、値上がり益を期待して保有するのではなく、インカム狙いには面白いETFと言えそうです。

上記の特徴3点にメリットを感じる方には、向いているETFと言えるのではないでしょうか?

最後に米国株やETFに賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するオックスフォードインカムレター

メールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます。

自分も登録してみたところ、おなじみの米国の個別銘柄に関する内容や、米国株による資産形成に関する内容などがタイムリーに送られてきます。

永久に持っておきたい6つの高配当米国株についても知ることができます。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

オックスフォードインカムレター
>> 無料メルマガに登録してみる

なお、オックスフォードインカムレターの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

オックスフォードインカムレター評判は?無料メルマガは役立つのか?オックスフォードインカムレターは米国株投資に役立つんですかね?メルマガって何か怪しいイメージがあるんですよね。 Oxfordインカ...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

米国ETFの中でおすすめのセクターETFについてまとめました。S&P500に比べてパフォーマンスの良いセクターもあるんですね。必見です。

米国セクターETFのおすすめとは?3セクターを厳選(2022最新)米国のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでしょ...

 

債券ETFの特徴とおすすめ商品をまとめました。コロナショックのような暴落があると債券ETFの魅力を再認識します。ぜひご覧ください。

(2022最新)米国債券ETFのおすすめランキング!債券投資のメリットは?米国の債券ETFに投資するメリットを知りたいです。そもそも債券ETFの特徴とはどのようなものですか? おすすめの債券ETFも知りた...

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

米国の高配当ETFのおすすめランキング5選とは?(2022最新)米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットや、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このような疑問を持...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?人気の定番ETFを徹底比較!(2022年最新)米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株のおすすめ証券会社はどこ?手数料を徹底比較!(2022最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...