日本株

JTの株価はどこまで下がる?遂に減配…買ってはいけない高配当株か?

JT(2914)の配当や株主優待に興味があるけど、遂に配当を減配したと聞きました…。株価はどこまで下がるんだろう?

買ってはいけない高配当株という声もあるようですが…JT(日本たばこ産業)の最近の業績や株価の推移も知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • JT(日本たばこ産業)の株価が下落…
  • JT(2914)の株価はどこまで下がる?チャートから分析
  • JTの株価が下落し続けている3つの理由とは?
  • JTの最近の業績は?買ってはいけない高配当株か?
  • 株価下落によりJT株は買いか?今後の見通しは?

投資歴20年のかいまるです。日本株を中心に1千万円以上の資産を運用しています。配当目的でJT株も保有中です。

JT(日本たばこ産業)は、国内で唯一、たばこの製造を許可されている”独占企業”ですね。安定的な業績と高配当を期待できる銘柄として個人投資家からの人気が極めて高く、雑誌やネットでも取り上げられることが多いです。

他方、JTの株価が下落し続けていて、2015年から2016年ごろに4000円を超えていた株価は半値以下にまで落ち込んでいます。

そして国内事業の業績悪化の影響で2021年の配当予想は遂に減配…。

もちろんコロナショックの影響もあるでしょうが、世界的なたばこ離れと「ESG投資」拡大に伴う外国人投資家離れが主な要因。世界の主要たばこメーカーと比べて加熱式たばこの出遅れも響いています。

今回の記事では、JT(日本たばこ産業)の業績などから、株価がどこまで下がるか、JT株は買い時なのかどうかについて分析します。

株管理アプリで資産を手軽に”見える化”

株取引を頻繁にしている方や複数の証券会社で取引している人は、自分が過去にどんな取引をしたか振り返りが本当に大変ですよね。

そんな方におすすめできるのが株や資産の管理アプリ「カビュウ」です。

証券会社では蓄積されない過去の取引データを集計してビジュアル化して資産を管理できます。

このアプリを利用することで、

  • 複数の証券口座を一括で管理できる
  • 資産の推移が簡単にわかる
  • 過去の取引を可視化して分析ができる
  • 日本株だけじゃなく米国株も管理できる

勝率を高めるためには、過去の取引を振り返り分析することが不可欠

かいまる
かいまる
自分も使っていますが、「カビュウ」で効率的に資産管理ができて、過去の取引を振り返ることができるので非常に便利です。

まずは「カビュウ」のアプリをダウンロードして使い初めてはいかがでしょうか?

カビュウ - 株式投資管理・分析アプリ

カビュウ – 株式投資管理・分析アプリ
posted withアプリーチ

>> カビュウの評判や口コミを見る

JTが遂に減配…株価はどこまで下落する?

業績悪化に苦しんでいたJTが遂に上場来初の減配を発表しました。

JTは2021年12月期の配当予想を中間配当65円、期末配当65円の計130円とするとしました。154円からで15%余りの減配となります。

2020年の売上収益は2兆925億円で前年比3.8%減、営業利益は4690億円で6.6%減、純利益は3102億円で10.9%減。かなり苦しいですね。

これまでの配当推移は以下の通りで、16年連続で増配を続けていたんですが、2020年に増配がストップ。

この減配はJTによる配当方針の見直しがあったためで「利益成長と株主還元のバランスを重視し、配当性向75%を目安とする方針」に変更されました。

これまで配当を最重視し業績が悪化しても高い配当を維持してきましたが、”利益が伸びないなら増配もなしよ”ということです。

一方、22年12月期は業績好調により予定配当を42円増やして188円にまで増配することが発表されました。

JT(日本たばこ産業)の株価の状況は?

JTは、日本たばこ産業株式会社法に基づき設置された、たばこ、医薬品並びに食品などを製造・販売を行う会社。たばこ事業の世界展開にも積極的で、世界シェアは第4位、年間の売上高が2兆円を超える規模の企業ですね。

JTに関しては、法律で3分の1以上を日本国政府が株を保有しなければならないことになっています。たばこ製造の独占権が認められており、国内で唯一たばこを製造しています。

そんな、JT(日本たばこ産業)の株価データ(2022年11月18日現在)を簡単にまとめました。

株価の指標はかなり良いですね。正直言ってここまで株が売られるのが不思議なぐらいです。注目すべきは配当利回りの高さで、6.5%超えということもあり、日本株の中では圧倒的な高配当株といえます。

もっとも年間配当は前期比24円減の140円に減配する前は、配当利回りが8%近い超高配当銘柄でした…

自己資本比率も50%近くあり、ROEも10%超えています。財務面も強くや経営効率も高いということですね。

JTの長期的な株価の推移(チャート)は?

次に、JTの長期的な株価推移をみていきますね。以下のチャートは過去の株価推移です。

2011年後半に1500円程度であった株価は、アベノミクスの影響で株価は大きく伸びたのがわかりますね。2015年後半から2016年にかけて4,800円程度まで株価は上昇していました。しかし、その後は株価の下落傾向が続いています。

2018年中ごろに3,000台で踏みとどまっていましたが、最近では2,000円台前半まで下げ、またコロナショックにより2000円を割り込む水準にまで急落していますね。

業績が安定している高配当のディフェンシブ株は底堅いイメージがありますが、JTの株価に関しては、まったく下げ止まらない状況ですね。

コロナショック以降2000円の大台はなんとかキープしてきたJTの株価。

減配発表で一時2000円割れしましたが、その後は業績回復期待で株価は短期的に上昇傾向となりました。

22年に入ってロシアのウクライナ侵攻もあり株価が急落しましたが、2000円のサポートラインで反発しています。

当面はこの2000円が下落のメドと言えそうです。

このように、株はリスクが高い、コロナショックみたいな株価暴落が怖い…という方もいると思います。そういう方は1株価からの少額投資から初めてみてはどうでしょう?少額投資でリスクを低く運用を行うことが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

単元未満株への投資はデメリットだらけ?S株・ワン株の活用法を解説!単元未満株への少額投資なら気軽に株式投資を始められそうですが、どんな時に活用すれば良いですかね? ワン株やS株とも呼ばれているよう...

高配当ディフェンシブ銘柄の代表格JT。なぜここまで株価は下落するのでしょうか?以下、その理由について見ていきます。

※米国株取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の公式HPはコチラ

>> DMM株の評判・特徴をみる

JTの株価が下落する3つの理由とは?

JTの業績自体は悪くないんですが、株価は下落し続けているんですね。これは、

  1. 世界的なたばこ離れ(喫煙率の低下)
  2. ESG投資の浸透(外国人投資家離れ)
  3. 加熱式たばこの出遅れ

であるため。以下、詳細に見ていきます。

理由1:世界的なたばこ離れ(喫煙率の低下)

先進国全体に言えることですが、健康志向の高まりにより喫煙率が年々下がってきています。

以下の図は、日本国内の「性別・年代別喫煙率の推移」ですが、全体的に喫煙率が大幅に下落傾向であることがわかると思います。

出典:JT全国喫煙者率調査より

2018年の成人男性の平均喫煙率は27.8%で、ピーク時(昭和41年)の 83.7%と比較すると、約50年間で56ポイント減少したことになります。

喫煙率は減少し続けていて、現在約1,500~1,600万人程度が喫煙していると推定されています。自分の職場でも、20年前に比べて、たばこを吸う人がだいぶ減ってきていますね。

この減少傾向というのは変わらないのではないでしょうか。

また、世界保健機構(WHO)は世界の喫煙率と今後の見込みについて調査を行っており、その結果以下となっています。

出典:WHO報告書より

世界全体の喫煙率は、2000年26.9%から2015年20.2%まで減少していますね。

2025年には17.3%まで減ることを予想していますから、喫煙率の低下は世界的な傾向と言えるのでしょう。

理由2:ESG投資の浸透(外国人投資家離れ)

2016年を境に株価の下落傾向が続いているJTですが、株主の構成に占める外国人の比率が下がっていることも要因と考えられます。

以下がJTの資料から、株主の構成比を抜粋したもの。

個人 法人 外国 金融
2014年 13.7 1.3 33.6 15.9
2015年 14 0.6 32.1 17.2
2016年 14.8 0.8 30.9 17.3
2017年 16.3 1.0 27.4 18.6
2018年 22.4 1.1 20.0 19.9

出典:JT有価証券報告書より

外国人の比率が、2014年の33.6%から2018年20.0%まで落ちてますね。

外国人投資家が海外の機関投資家がJT株を売りまくっているのがわかります。

この要因としては、外国人投資家や海外機関投資家にESG投資が浸透していることがあげられます。

ESG投資とは(GPIFより)

ESGは環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の英語の頭文字を合わせた言葉です。投資するために企業の価値を測る材料として、これまではキャッシュフローや利益率などの定量的な財務情報が主に使われてきました。それに加え、非財務情報であるESG要素を考慮する投資を「ESG投資」といいます。

なので、たばこ、アルコールやカジノなどの企業には資金が流れづらくなっているということですね。

この流れは今後も続くでしょうから、業績にかかわらずJTなどのたばこ企業の株は売られやすくなっているということです。

理由3:加熱式たばこ市場への出遅れ

煙がほとんど出ない加熱式たばこの分野では、フィリップモリスのアイコスが大きく先行していて、JTは大きく出遅れています。

ちょっと古いデータですが、野村証券の推計によると、日本国内の加熱式たばこのシェア(2018年)は

加熱式たばこのシェア(2018年)
  • フィリップモリス(アイコス):71.8%、
  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(グロー):20.1%、
  • JT(プルーム・テック):8.1%

と推計されています。

JTはプルーム・テックで追い上げていますが、シェアは10%にも満たない状況です。今後、世界的にも加熱式たばこや電子たばこなどのシェアは伸びていくと考えられているので、この出遅れは手痛いですね。

ちなみに、2021年2月の決算で、九州工場(福岡県筑紫野市)の閉鎖や人員削減を柱とするたばこ事業の再編策を発表し、加熱式たばこに経営資源を集中する方針を発表しました。

株価の下落が続くJT。最近の業績は?

株価の下落が続いているJT。他方、2018年の業績は増益となっているんですね。ここでは、

  1. JTの業績推移
  2. 国内たばこ事業の状況
  3. 海外たばこ事業の状況

についてクイックに見ていきますね。

JTの業績推移

JTの業績推移は以下のとおりとなっています。2019年も営業利益が13.4%も減少するなどパッとしないですね

21年12月期は業績回復していますが、それまでは売上高も営業利益も年々減少傾向です。

実は、プルームテックなどの加熱式たばこの売り上げや紙タバコの国内需要が減少していることもあり、利益が伸びない状況です。

ちなみに2020年1〜3月期の決算は、前期に計上した医薬品事業の一時金収入がなくなったため純利益は29%減となりましたが売上高は海外事業が好調だったこともあり、プラス3%と伸びていたんですけどね。

新型コロナ感染拡大を背景にたばこの販売数量が減少しているんですね。22年はロシアのウクライナ侵攻もありルーブルも急落も重荷となっています。

国内たばこ事業の推移

JTの国内事業は特に厳しいですね。2016年をピークに売り上げの減少が止まらない状況です。

2019年10月からたばこ1箱あたり10円値上げしたこともあり利益上昇要因となりましたが、紙たばこの販売数量と加熱式たばこのデバイス販売台数が減少したこともあり、苦しいですね。

国内の紙たばこ市場は頭打ちなので、JTの国内業績は、プルームテックの売上げがどこまで伸びるかですね。

海外たばこ事業

国内たばこ事業と比較すると海外事業はわりと堅調ですね。2020年はルーブル安により海外事業の業績も悪化しましたが、21年は大きく業績が回復しています。

JT株は買ってはいけない高配当株か?

JTの株価は下落を続けており2015年の最高値4,800円から半値以上まで下げていることもあり、ちょっと売られすぎですね。

今回業績悪化で減配があったこともあり、しばらく株価は下落すると考えられます。

たばこ株は不人気銘柄の代表ですので、値上がり益を狙うのではなく配当目的で長期保有を前提とするのであれば、下がったところで”買い”を検討しても良いと考えます。

  1. 世界的にたばこ離れが進んでいる中、業績が堅調
  2. たばこ売上げ減を値上げで補填
  3. 高配当利回りと着実な増配

上記のとおり。以下、クイックに見ていきますね。

理由①:海外事業の業績が堅調

日本国内も含め先進国を中心にたばこ離れは急激に進んでいる中、海外事業が堅調なJTの業績は意外と落ちていないですね。

2020年も為替調整後の営業利益(海外事業)は5.5%増と国内事業に比べて堅調です。

確かに日本の人口は今後増えていきませんが、

・世界的には人口が増えることは確実

・発展途上国の経済発展で貧困層⇒中間層が増える

ということ。2019年は為替差益の影響で海外事業の業績が落ちましたが、売り上げ自体は伸びています。

JTの事業の6割近くは海外の売り上げが占めていることもあり、今後の業績は底堅いと予想します。

理由②:高配当利回りと着実な増配

これは細かい説明不要ですね。現時点で配当利回りは6%超え。

配当実績ですが15年連続で増配していましたが、今期は前年同の1株あたり154円→130円となりました。減配したものの、安定高配当株として魅力的な銘柄といえるでしょう。

理由③:たばこ売上げ減を値上げで補填

以下は、JTの主力銘柄メビウス(旧マイルドセブン)1箱の価格推移ですが、ここ10年程度で1.5倍以上値上がりしているのがわかります。

価格
2006年7月 300円
2010年10月 410円
2014年4月 430円
2016年4月 440円
2018年10月 480円
2020年10月 540円

増税の影響で値上がりしていると思っていましたが、下図のとおりたばこ税の値上り幅はここ10年で130円程度。増税分以上に値上げしているのがわかりますね。

たばこは依存性の高い商品ですから、一度吸い始めると止めるのが難しくて、一生吸い続ける人も珍しくありません。

なので、商品価格を値上げしても大幅に収益が下がらないというのがたばこ会社の強みと言えます。

[insert page=’jp-final-h2tag’ display=’content’]

「JTの株価が下落…減配で今後の見通しは?」まとめ

今回は、JTの株価が下落し続けているということで、減配の背景と最近の業績、JT株は買いかについて述べてきました。

高配当増配銘柄として日本株の中では圧倒的な人気を誇ったJTも、遂に減配。今後は利益成長とのバランスをとるということで、配当金は業績次第ということになります。

今のところJTの海外展開は国内事業に比べてうまくいっていると言えますので、世界的な人口増や途上国の中間層の厚みが増してくれば、喫煙率が落ちたとしても、喫煙者数そのものはそれほど影響をうけないと考えます。

まだ紙たばこの売上げがメインですが、今後、途上国も含めて健康影響の少ない加熱式たばこや電子タバコの売上げ比率が伸びていくのは間違いありません。

JTの将来的な業績は、世界展開がうまくいくか、加熱式たばこや電子たばこなどの新製品の売り上げを伸ばせるかにかかっていると言えるでしょう。

クレカ投信積立でポイントGet

「資産運用しながらお得にポイントを貯めたい…」

せっかく投資するなら少しでもお得に運用したいですよね。そんな方は、ポイント還元率が業界Topクラスのマネックス証券がお得かも。

貯まったポイントはAmazonギフト券dポイントに交換が可能です。

クレカ投信積立ならマネックス証券がお得!

  • ポイント還元率は1.1%
  • 積み立て可能な投信ならすべてクレカ決済ができる
  • 特定口座、一般口座、一般NISAつみたてNISAの口座が対象
  • 上限は月5万円

とかなりお得な内容です。

かいまる
かいまる
資産運用しながらポイントGet。楽天証券の改悪で還元率は業界トップクラスです。

口座開設・維持費無料!
マネックス証券
公式HPはコチラ
※申し込みは最短1ページ。

>> マネックス証券の評判と口コミを見る

野村證券の投資情報アプリで無料で情報収集

株式投資で良い成績をえるためには、個別銘柄の情報・分析はもちろん、政治・経済に関するニュースも日々チェックしていくことが不可欠。

”株式投資に興味があるけど株の情報収集って面倒くさい!”自分も含めて、そう思っている方、本当に多いと思います。

そんな方におすすめなのが、野村證券が提供する株アプリです。

自分も使っていますが、無料サービスでも十分な情報を手軽にGetできるんですね。

野村證券の投資情報アプリで手軽に情報収集

アプリで投資に関する情報を手軽にGetするなら、野村證券の投資情報アプリ”FINTOS!”の無料ダウンロードが良いかもです。

FINTOS!

機能①:質の高い情報をアプリでGet(無料)
→様々なメディアの投資に関する記事を野村證券が厳選して配信
機能②:気になる銘柄の情報もアプリでGet(無料)
→気になる銘柄をリストに登録して、必要な情報を手軽にチェック
機能③:野村證券のレポート(有料)
→野村證券独自のリサーチレポートをアプリでチェック

かいまる
かいまる
株で良い成績を出すには情報収集が必須!野村のアプリなら無料の範囲でも質の高い情報を手軽にGetできます

投資情報アプリ”FINTOS!”
無料ダウンロードする
※有料プランの無料体験も!

なお、株の勝率を高めるには、株に関する勉強や過去の相場の値動きをもとに取引の練習をするのが効果的です。

おすすめの本やアプリをまとめました。ぜひご覧ください。

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

 

5G本命銘柄である通信株の特徴についてまとめました。長期保有に向くのかどうか、分析しています。

通信株のおすすめ銘柄3選!22年も株価爆上げ!今後の見通しは?通信株への投資を考えてますが、菅政権による携帯料金引き下げ圧力で株価が急落したんですよね。 通信銘柄は長期保有に向くのでしょうか?...

 

株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。是非ご覧ください。

株初心者におすすめの銘柄7選は?コロナ収束で2022年期待大!株初心者ですが、おすすめの銘柄を知りたいです。日経平均も3万円を一時回復したものの、新型変異種オミクロン株の流行もあり、その後伸びないで...

 

好業績、高配当銘柄の代表格である商社株の特徴をまとめました。景気敏感株で配当が安定しないという印象でしたが、安定配当を志向している会社が多く長期投資に向いているといえますね。

商社株が長期保有に向く理由とは?株価は安い?おすすめ銘柄5選!商社株への投資を考えてますが、長期保有に向くのでしょうか?株価は上昇傾向ですが…今後の業績も期待できますか? 特徴や商社株でおすす...

 

利息でコツコツ資産を増やすならFundsです!

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがFunds。株のように値動きがないので相場の動きが気になりません。

Funds

銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢。投資するファンドにもよりますがの年率1.5〜3%程度のリターンが期待できます!

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい

 

詳しくは以下をクリック!

口座開設は無料!簡単申込み
Funds
公式HPはコチラ

 

>> Fundsの評判と口コミを見る