米国ETF

米国ETF BNDWは1本で世界中の債券へ投資!その特徴とは?

米国ETF BNDWの株価やチャートの特徴や配当実績について知りたいです。

他にも高配当ETFやS&P500に連動するETFもありますが、これらに比べてBNDWに投資するメリットは何ですか?

今回はこういった興味を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容
  • BNDW:株価の基本データと特徴は?
  • BNDWの構成銘柄と発行体別構成比率は?
  • BNDWの株価推移は?
  • コロナショック時のBNDWのパフォーマンスは?
  • BNDWのこれまでの配当実績は?
  • BNDWへの投資:メリットとデメリット

今回は世界中の債券にまるっとTotal Band Market ETF(BNDW)について特徴や株価の推移などを分析していきます。

米国債券に投資をするTLTやBND・AGGなどに比べると知名度は劣りますが、世界の債券に分散投資できる点が魅力ですね。

ぜひ最後までご覧ください。

自分は、米国株や米国ETFを中心に1500万円以上の資産を運用しています。これらの経験を踏まえて記事を書きました。

※米国株取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。DMM株は米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の無料申し込みはコチラ

>> DMM株の評判と口コミを見る

米国ETF BNDWの株価と特徴とは?

Total Band Market ETF(BNDW)は、Bloomberg Barclays Global Aggregate Float Adjusted Compositeインデックスをベンチマークにした米国籍のETFです。

高配当の、米国を含む世界の投資適格債権に分散投資できます。

米ドル建て以外の、政府債、政府機関債、社債及び証券化された日米国の投資適格の固定利付債券も含んでおります。

2018年に販売開始となった比較的新しいETFですね。2021年10月23日現在の基本データは以下のとおりです。

BNDWの株価基本データ

  • 株価:79.32ドル
  • 分配金回数:毎月
  • 分配金利回り:1.45%
  • 経費率:0.06%

経費率は0.06%となっていて、高配当ETFのVYMが0.06%、S&P500に連動するVOOが0.03%と比較してもそん色ないリーズナブルさです。

このBNDWは、米国債券で構成されるBNDと米国以外の債券で構成されるBNDXとで構成されるま。構成比率はおよそ50%ずつです。

非常に安定的な債権ETFで1.5%近い分配金利回りです。コロナショックで世界的に金利引き下げ傾向ということもあり利回りはちょっと低くなっていますね。

ただ、金利は上昇傾向ということもあり、安定的なインカムを期待できる安心感が魅力です。

BNDWは世界の債券にまるっと投資できる点が魅力のETFですが、米国の債券市場全体に投資できるBNDや利回りが5%近いハイイールド債券ETF HYGも人気となっています。

BNDWの保有銘柄と投資先構成比率は?

BNDWの投資先構成比率TOP10

保有銘柄トップ10は以下の表のとおりとなっています。

政府が保証している不動産債券が多いですね。配当利回りが1.5%近いこともあり、BNDWの高い配当金はこれらが、支えているということです。

BNDWの発行体別構成比率

続いて発行体別構成比率です。

全体の構成では、外国、財務省・政府系機関、政府保証付き不動産担保物件で70%を超えています。

政府系が多いということで、もっとも格付けの高いAAA以上の債券が45%程度で構成されるなど、安定的な発行体の組入れ比率となっています。

BNDWの市場構成比率

続いて市場構成比率です。

なお、米国のETFには価格が極めて安定している債券ETFや利回りが非常に高いハイイールド債ETFなど、多くの種類があります。

債券ETFの特徴とおすすめをまとめていますので、ぜひご覧ください。

米国債券ETFのおすすめはこれだ!債券に投資するメリットとは?米国の債券ETFに投資するメリットを知りたいです。そもそも債券ETFの特徴とはどのようなものですか? おすすめの債券ETFも知りた...

BNDWの株価推移は?

ここではBNDWの株価推移(パフォーマンス実績)

を見ていきます。参考として、

  • BND: Vanguard Total Bond Market
  • TLT: iShares Barclays Long-term Tresury

と比較していきたいと思います。

BNDWの株価の推移(パフォーマンス実績)

直近5年の株価推移を示したのが以下のチャートとなりますが、値動きは米国全債券ETFのBNDと同様に非常に安定していることがわかります。

赤:BNDW 緑:TLT 青:BND

この時期のBNDWの5年間のパフォーマンスは約5.8%となっています。世界的に金利が低下傾向ということもあり、株価は上昇傾向にありますね。

TLTに比べると若干物足りない印象ですが、配当金が年間1.5〜2.5%程度支払われてきたことを考えれば十分なパフォーマンスと言えます。

2020年のコロナショックで株が大きく下落したことを考えると、債権を保有するメリットは十分あるといえます。

このように、ETFへの投資は特徴をしっかりと把握して投資することで、投資の勝率を高めることにつながります。

おすすめの米国株投資本については、以下の記事にまとめていますのでぜひご覧下さい。

米国株の投資本でおすすめの10冊は?150冊から厳選!初心者向けも米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方法はありますか? このような疑問...

コロナショック時のBNDWのパフォーマンスは?

コロナショックのあった2020年の年初来チャートをもう少し詳細に見ていきましょう。

緑:BNDW 青:BND 金:TLT

社債が含まれていることもあり、コロナショックでどれも大きく下落しましたが、すぐに回復して安定的に経過しております。

やはり株価が大きく下落するタイミングでは債券に資金が集まりやすく、株価は上昇しやすい傾向にありますね。

※ロボアドバイザーによる自動運用という選択

毎日が忙しくて資産運用にかける時間がない…。そんな方は口座にお金を振り込むだけでロボアドバイザーが自動運用するWealthNaviが便利かも。株式だけじゃなく債券や金、不動産にも自動で分散投資してくれます。

>> WealthNaviの無料申し込みはコチラ

>> WealthNaviの評判と口コミを見る

BNDWのこれまでの配当実績は?

BNDWは他の多くの債券ETFと同様に毎月配当金が分配されます。

配当実績は以下のとおり。

2018年の設定からまだ3年弱ですが、安定的に分配金が支払われています。世界的に金利が低下傾向であることを考えると、分配金は少なくなっていくことが予想されます。

ただ、政府や政府系機関の債券比率が高いこともあり、分配金が大幅に減少するということは考えづらいですね。

なお、BNDWも2%近いインカムを期待できますが、米国の個別株には配当利回りが高いものや長期間連続増配している個別銘柄が多いです。

中には7%を超える銘柄や60年以上連続増配している銘柄も。おすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。

【米国株】高配当の連続増配株に投資するメリットは?おすすめ8選!米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

BNDWへの投資:メリットとデメリット

BNDWの株価推移やリターンなどをみてきましたが、設定以来3年間のリターンが15%を超えており、経費率も0.06%と低いので、長期保有に向いたETFだと思います。

BNDWのメリットをまとめると、

  1. 政府系債券が中心で安定した配当が期待できる
  2. 世界の投資適格債権に分散投資できる
  3. 経費率が0.06%

ということ。やはり米国以外の世界各国の政府系債券を中心に投資できるところが魅力ですかね。

ただ、デメリットを強いてあげるとすれば、日本の投資割合が10%を超えていることです。ここらへんは好き嫌いが別れるところ。

自分の場合、給料は日本円だし銀行預金も多少あるので日本の債券に投資をする意味があまりないんですよね。

「安定配当債権ETF BNDW」のまとめ

今回は米国を除くグローバル債権ETFであるBNDWの株価とチャートということで、その特徴と株価の推移、配当金の推移等について見てきました。

BNDWは、経費率0.06%と非常に低く、安全資産である債権をさらに世界中に分散しているので、長期的に保有しやすいです。

最後に米国株やETFに賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

1000円から複数の米国株に投資

”投資資金が少なくて米国株の複数銘柄に投資なんてできない!”

このような方も多いと思います。

特に若い世代の方は、米国企業に投資したくても株式投資に多くの資金をまわす余裕はないですよね。

そのような方にはPayPay証券なら、米国株を1,000円の少額から取引するのが良いかもです。

PayPay証券なら1000円から米国株投資

PayPay証券は、アップル、アマゾン、テスラ、エヌビディアなど米国の優良企業に1,000円の少額から投資できます。

PayPay証券

少額からスマホで取引できるので”米国株はちょっと難しそう”とか”まずは試しに米国株を始めたい”という方に良いかも。

PayPay証券のメリットをまとめると、

  1. スマホアプリで簡単に米国株投資
  2. 1,000円から米国の大企業の株主になれる
  3. 米国株に積立投資ができる

というもの。

これを機会にPayPay証券に口座開設して、スマホアプリで米国株投資を開始してみてはいかがでしょうか?

スマホで気軽に取引
PayPay証券
公式HPはコチラ
※最短5分で申し込み完了

PayPay証券の特徴を以下の記事にまとめてます。ぜひご覧ください。

PayPay証券で米国株に1,000円から投資!取扱銘柄や手数料は?米国株に投資したいのだけど、そんなにお金がないので少額から米国株を始める方法はないですか? PayPay証券が良いと聞いたのですが...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

米国ETFの中でおすすめのセクターETFについてまとめました。S&P500に比べてパフォーマンスの良いセクターもあるんですね。必見です。

米国セクターETF 11種類とは?圧倒的おすすめ3選を紹介!米国のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでしょ...

 

債券ETFの特徴とおすすめ商品をまとめました。コロナショックのような暴落があると債券ETFの魅力を再認識します。ぜひご覧ください。

米国債券ETFのおすすめはこれだ!債券に投資するメリットとは?米国の債券ETFに投資するメリットを知りたいです。そもそも債券ETFの特徴とはどのようなものですか? おすすめの債券ETFも知りた...

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

(2021最新)米国の高配当ETFのおすすめランキング5選とは?米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットや、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このような疑問を持...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2021年最新)米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株の手数料を徹底比較!おすすめ証券会社はどこ?(2021最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...