米国レバレッジ型ETF

米国ETF TECLとは?構成銘柄や特徴は?10年で株価70倍の破壊力! 

TECLは米国の情報技術セクターと連動するレバレッジ型ETFと聞いたけど、構成銘柄や特徴について知りたいです。

TECLは長期投資に向いているんですか?

今回は、このような疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容
  • 米国ETF TECLの株価と特徴
  • 米国ETF TECLの株価の推移(チャート)
  • 米国ETF TECLの2つの活用法

自分は、米国レバレッジETF TECLへの投資に関して以下のツイートをしました。

自分は、米国の情報技術セクターに連動するレバレッジETF TECLの長期保有はありと考えていて
・株価は過去10年で約70倍
・5G、AIなどITセクターの成長期待
だから。
全資産を突っ込むのではなく、10%程度であれば全体としてリスクを抑えた運用ができます。

上記を深掘りします。

自分は、投資歴20年でレバレッジ型ETFであるSPXLCUREを保有して資産運用を行っています。

その経験を踏まえて記事を書いています。

※米国ETF取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。DMM株は米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の公式HPはコチラ

>> DMM株の評判・特徴をみる

米国ETF TECLとは?ITセクター企業が構成銘柄

TECL(Direxion デイリーテクノロジー株ブル3倍ETF)は米国の情報技術セクターに連動するレバレッジETFです。

米国の株価指数であるS&P500を構成する銘柄のうち情報技術セクターに分類される銘柄の値動きの3倍の投資成果を目指すレバレッジ型の米国ETFです。

TECLの基本データ
  • インデックス: S&Pテクノロジー・セレクト・セクター指数の3倍
  • 委託経費率 : 1.01%
  • 分配金利回り: 0.34%
  • 配当実績  : 0.62ドル

インデックスとして用いられる、S&Pテクノロジー・セレクト・セクター指数はソフトウェアサービスや情報技術、通信機器、半導体などに分類される銘柄で構成されています。

TECLはレバレッジ型のETFなので、この指数の1日の値動きの3倍を目指すというETFです。

経費率は1%を超えていて0.1%以下が普通の米国ETFにしては割高に見えるかもですが、レバレッジETFという特殊性を考えると妥当なところです。

米国ETF TECLの構成銘柄とセクター比率は?

続いてセクター比率と構成比率を見ていきます。

TECLのセクター比率

TECLのセクター比率は、以下のようになっています(2021年6月30日現在)。

TECLの構成銘柄上位トップ10

TECLで組み入れている銘柄のトップ10は、以下のとおりです(2020年12月31日現在)。

日本でもおなじみの企業が上位を占めていますね。アップルマイクロソフトの2社だけで40%近い構成比率になっていて、この2社の株価がTECLの値動きに大きな影響を与えます。

半導体のエヌビディアインテル、金融決済システムのビザ(VISA)など世界中で事業を展開している情報技術関連企業で構成されていることも特徴です。

TECLは、インデックスと用いられているS&Pテクノロジー・セレクト・セクター指数が80銘柄程度で構成されていることもあり、時価総額の高いIT企業の比率が高くなる傾向があります。

ちなみに、情報技術セクターに連動するTECL以外にも米国ETFには魅力的なレバレッジタイプのETFが存在します。

主要ネット証券で購入することができるレバレッジETFをまとめいるので、ぜひご覧ください。

レバレッジ3倍の米国ETFの特徴とは?おすすめ20選一覧(2021最新)米国のレバレッジ3倍ETFに投資しようと考えていますが、どのような商品があるんですか? レバレッジ商品なのでリスクが高いと思うけど...

(参照URL:Direxion社HP

米国ETF TECLの株価推移(チャート)は?

次にTECLのチャートを見ていきます。

株価の値動きを比較するため、S&P500と情報技術セクターに連動するVGTについても掲載しています。

TECLの株価の推移:長期(設定来)

2008年12月にTECLが設定されてからの株価推移です。レバレッジ型ETFですから大きな上げ下げを繰り返しながら、右肩上がりで上昇しているのがわかります。

赤:TECL 青:S&P500 緑:VGT

凄まじいの一言ですね。過去の12年程度で、

TECL  : 約120倍

・S&P500:約4.2倍

・VGT  :約8.6倍

となっています。過去10年間だと約70倍ぐらいですね。

S&P500やVGTもリーマンショック後の2009年以降に大幅に上昇していますがTECLと比較するとほぼ横ばいに見えます。

TECLの株価の推移:短期(2年)

次に短期(2年)の株価推移です。短期でみると、TECLの値動きの特徴がわかりますね。

2020年2月のコロナショックで一時的に株価が大きく下落したものの、その後急速に回復・上昇しているのが分かります。

赤:TECL 青:S&P500 緑:VGT

良くも悪くもレバレッジ3倍型ETFの特徴が表れているといえます。この直近2年のチャートから、

・S&P500やVGTの値動きと良く連動している

・2020年2月のコロナショックの際は株価が3分の1にまで下落

していることがわかります。

S&P500やVGTが上げる又は下げるタイミングでTECLが大きく反応していて、値動きが良く連動しているのがわかります。

実はレバレッジ型ETFの最大のデメリットはレンジ相場の時に指数と大きく乖離するということなんですが、TECLはわりとしっかりと指数に連動しています。

VGTが上がればTECLも上がるし、逆に下がればTECLも下がっているということ。

値動きは本当に激しいです。特に2020年のコロナショックで米国株が急落した際には、TECLの株価はわずか1ヶ月で

・326.52ドル → 85.20ドル

まで大幅下落しているんですね。

上げる時も大きいけど、下げる時も大きい。レバレッジ型ETFはそういう金融商品ということです。

米国ETF TECLの配当実績は?

TECLの直近4回の配当実績と配当利回りは以下のとおり。

  • 配当利回り:0.34%

そもそも情報技術セクターの配当利回りは高くないことに加えて、値上がり益を目的とするレバレッジ型ETFですから、配当にはまったく期待できないですね。

米国ETF TECLのリターンは?

次にTECLの分配金も含めた年率リターンを見ていきましょう。

2008年12月の設定以来、年率50%超えと信じられないぐらい高いリターンとなっています。

直近1年間のリターンも+139%ということで短期的に凄まじいパフォーマンスを示しています。

コロナショックのような右肩上がりの相場になると普通のETFよりも大きなリターンが得られるということがわかると思います。

※ロボアドバイザーによる自動運用という選択

毎日が忙しくて資産運用にかける時間がない…。そんな方は口座にお金を振り込むだけでロボアドバイザーが自動運用するWealthNaviが便利かも。WealthNaviなら株式だけじゃなく債券や金、不動産にも自動で分散投資してくれます。

>> WealthNaviの公式HPはコチラ

>> WealthNaviの評判・特徴を見る

レバレッジ型ETFのデメリットとは?

レバレッジ型ETFの最大のデメリットは、時間と共に指数から乖離していくということです。

TECLは米国S&P500の情報技術セクターの3倍の収益を目指すものですが、指数に対して綺麗に3倍となっていません。特に長期になると乖離が大きくなります。

これは、レバレッジ型ETFは、あくまでも1日の値動きについて3倍になるようにしているためで、長期的な値動きに連動するよう設計されていないんですね。期間が長くなると乖離が大きくなります。

日本取引所グループHPに、レバレッジ型ETFの特徴について解説がありましたので、以下に引用します。

ざっくり言うと、

・投資期間が長くなればなるほど、指標と乖離する。

・レンジ相場になるとインデックスに比べてパフォーマンスが悪くなる。

ということです。

レバレッジ型指標は、相場の下落局面においては原指標よりも大きく下落していきますが、2営業日以上離れた日と比較した場合は、想定した変動率とは異なる下落率となってしまう点、そして、投資期間が長期になればなるほど、原指標の変動率とレバレッジ型指標の変動率の乖離が大きくなる可能性が高まる点に留意が必要となります。

相場の方向感が定まらず、原指標が上昇や下落を相互に繰り返した場合、レバレッジ型指標は複利効果によって、原指標と比較してパフォーマンスが逓減して行くという特性がありますので留意が必要です。

 出典:日本取引所グループHP 

このような知識を含め、株式投資で勝率を高めるためには、しっかりとした投資理論を身に着ける必要があります。

以下の記事では、初心者向けのものから古典まで、おすすめの米国株投資本を紹介しています。

米国株の投資本でおすすめの10冊は?150冊から厳選!初心者向けも米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方法はありますか? このような疑問...

米国ETF TECLの株価推移を踏まえた活用法とは?

これまで見てきたTECLの株価推移や特徴を踏まえた活用法は、

  1. 短期トレードで大きな値幅を狙う
  2. 長期保有で高いパフォーマンスを狙う

と考えます。以下、クイックに見ていきます。

活用法①:短期トレードで大きな値幅を狙う

レバレッジ型ETFは短期だと指数との乖離が少ないため、一般的には短期トレード向きの商品と言えるでしょう。

特に日本では米国株の信用取引ができる証券会社がほとんどないこともあり、短期的に高い値動きが期待できる情報技術セクターのレバレッジ取引は魅力が高いといえます。

レバレッジ型ETFは、株価の値動きが激しいリスクの高い金融商品です。そのため、短期トレードは大きな損失が発生することが十分にありえるため、おススメできません。特に初心者は手を出すべきではありません。

活用法②:長期保有で高いパフォーマンスを狙う

TECLの株価推移で見てきたとおり、

・約10年で10倍以上のパフォーマンスを示している

・わりとVGT(インデックス)の値動きと良く連動している

ということから、TECLを長期保有することで大きな収益を期待できると言えます。

加えて構成銘柄の55%はアップルマイクロソフトVisa、マスターカード、エヌビディア。IoT、5GやAIなどが爆発的に普及することは確実な未来ですから、これらの銘柄の長期的な成長期待というのは非常に高いですよね。

まあ、さすがに手持ち資産の全てをレバレッジETFに投資するのは極めてリスクが高いですね。

なので、例えば資産全体(ポートフォリオ)の構成として、

・ポートフォリオの主力として株式や債券は現物で保有

・TECLをサテライト的に10〜15%程度保有

という活用の仕方は、低レバレッジでリスクが抑えられる中、資金効率が高くなるので有用だと思います。TECLを活用すると言っても、債券などに分散投資をするのが長期投資の基本ということですね。

1000円からレバレッジ3倍ETFに投資

米国株や米国ETFへの投資は多額の資金が必要でハードルが高いとのイメージがあるかもです。

またレバレッジ3倍ETFは値動きが大きいので、最初から多額の資金で投資するのは不安という方も…

そういう方には、スマホで取引ができるPayPay証券が良いかもです。米国株やS&P500の3倍のレバレッジETF SPXLを1,000円の少額から取引することができます。

PayPay証券なら1000円から米国株投資

PayPay証券は、アップル、アマゾン、テスラ、エヌビディアなど米国の優良企業に1,000円の少額から投資できます。

PayPay証券

少額からスマホで取引できるので”米国株はちょっと難しそう”とか”まずは試しに米国株を始めたい”という方に良いかも。

PayPay証券のメリットをまとめると、

  1. スマホアプリで簡単に米国株投資
  2. 1,000円から米国の大企業の株主になれる
  3. 米国株に積立投資ができる

というもの。

これを機会にPayPay証券に口座開設して、スマホアプリで米国株投資を開始してみてはいかがでしょうか?

スマホで気軽に取引
PayPay証券
公式HPはコチラ
※最短5分で申し込み完了

PayPay証券の特徴を以下の記事にまとめてます。ぜひご覧ください。

PayPay証券で米国株に1,000円から投資!取扱銘柄や手数料は?米国株に投資したいのだけど、そんなにお金がないので少額から米国株を始める方法はないですか? PayPay証券が良いと聞いたのですが...

「米国ETF TECLの構成銘柄とは?」まとめ

今回は、米国S&P500の情報技術セクターに連動するレバレッジ型ETF TECLの特徴と株価推移(パフォーマンス)や年率リターンについて見ていくと共に、活用法について述べてきました。

TECLの特徴をまとめると、

TECLの特徴まとめ
  • レバレッジをかけて投資できる
  • 短期だけじゃなく長期でも大きなリターンが期待できる
  • ITセクターの将来性は高い
  • 株価の値動きが激しい

ということです。

TECLは、高い成長率を示す情報技術セクターのレバレッジ型ETFということもあり、過去10年リターンは約100倍と驚異的です。

長期的にはインデックスとの乖離が大きくなるので、一般的には短期トレード向きの商品といえますが、過去の実績や今後のITセクターの成長期待を考えると、長期的にも大きな値上がり益を期待できます。

なので、リスクは高くなりますが、ポートフォリオにTECLを少量保有することで、高いリターンと資金効率を高めた運用ができると考えます。

最後に米国ETFや米国株に賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株を取引手数料ゼロで投資するには?

米国株や米国ETFにお得に投資をしたい方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的におすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判と気になるデメリットとは?DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

>> DMM株 公式ページはコチラ

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国ETFに関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

主要ネット証券で投資することができる米国のレバレッジETFを20選まとめました。レバレッジETFの特徴もまとめています。

レバレッジ3倍の米国ETFの特徴とは?おすすめ20選一覧(2021最新)米国のレバレッジ3倍ETFに投資しようと考えていますが、どのような商品があるんですか? レバレッジ商品なのでリスクが高いと思うけど...

 

QQQは米国のナスダック市場に連動するETFです。レバレッジ商品でなくても、十分に高いリターンを期待できます。

QQQとは?買うべきか?ナスダック100の構成銘柄で株価急上昇!NASDAQに連動するETF QQQの特徴や構成銘柄について知りたいです。コロナショック後に史上最高値を更新しているようですが…買うべき...

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

(2021最新)米国の高配当ETFのおすすめランキング5選とは?米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットや、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このような疑問を持...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2021年最新)米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国のセクターETFに投資するメリットをまとめました。おすすめ3選を解説も紹介しています。

米国セクターETF 11種類とは?圧倒的おすすめ3選を紹介!米国のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでしょ...

 

米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。主要ネット証券会社の手数料を比較。オススメの証券会社はどこか?

米国株の手数料を徹底比較!おすすめ証券会社はどこ?(2021最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...