米国株

エヌビディアの株価がアーム買収・CPU参入で急騰!今後の見通しは?

米国株の エヌビディア(NVDA)への投資を考えています。NVIDIAの株価の見通しや今後の予想を知りたいです。

アーム社の買収やCPU事業に参入するなど業績は好調のようですが…エヌビディアの株は買いですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • コロナショックでエヌビディア(NVDA)の株価下落!
  • エヌビディア(NVIDIA)って何の会社?
  • エヌビディアの株価の推移(チャート)と特徴は?
  • エヌビディアの配当金の推移は?
  • エヌビディアの今後の予想は?成長期待で株は買いか?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1,000万円以上の資産を運用しています。

結論から言うとエヌビディア(NVDA)株は、

・世界的なゲーム需要の増加

・テレワークや遠隔授業によるデータセンター利用の増加

・自動運転、AI用GPU事業の成長期待

・アーム買収実現でCPU業界で圧倒的競争力

ということもあり、将来的な成長期待十分と言えます。

特に圧倒的地位を築いた主力のゲーム向けGPUだけではなく、データセンター向けGPUや自動運転用、AI用GPUなどの分野が成長していて将来性十分です。

さらにソフトバンクから半導体設計の大手アーム社の買収を公表するとともに、2021年に入ってCPU事業にも参入することを表明し、株価も急騰しました。

スマホ向けなどの省電力CPUの大半はアームの設計ということもあり、エヌビディアの買収が実現するとCPU業界で圧倒的な競争力を持つことが予想されます。

今回は、米国の高速演算用GPU最大手の成長株エヌビディアについて銘柄分析です。

※米国株取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の公式HPはコチラ

>> DMM株の評判・特徴をみる

エヌビディア(NVIDIA)ってどんな会社?

エヌビディア(NVIDIA、NVDAといえば、ゲームなどで高速で画像処理や演算処理をおこなうGPU(半導体)を提供している企業です。

普通にインターネットやメールをする分にはGPU搭載パソコンは必要ないですが、ゲームなどで高速にグラフィック処理しなければならない時には必須の装置となります。

なので、エヌビディアは高い技術力を武器にGPUの分野で圧倒的な存在感を示しています。

このGPUのブランドにはGeForceやTegraなどがあり、いわゆるゲーミングパソコンなどに搭載されています。ちなみにTegraは任天堂ゲーム機のSwitchにも採用されています。

エヌビディアの売上高の半分はゲーム事業ですが、GPUは高速で演算することができるので、データセンター、AI(深層学習)、仮想通貨のマイニング、自動運転など幅広い分野にも活用されていますね。

自動運転では、BMW、テスラ、トヨタ、ホンダ、アウディ等と提携していいます。GPUは3Dグラフィックスの処理などに必須のということです。

次に株価や最近の動向について見ていきます。

エヌビディアの株価の状況は?

では早速ですが、エヌビディア(NVIDIA)の株価の状況をみていきましょう。ここでは株価データと銘柄の特徴について取り上げます。

エヌビディアの株価データ(2021年4月14日現在)を簡単にまとめました。

株価データ
  • 株価:  197.50ドル
  • PER:    93.69倍
  • 配当金:  0.16ドル
  • 配当利回り:0.08%

成長セクターのハイテク銘柄ということでPERが90倍超えと、かなり高いですね。同じハイテク銘柄のAppleやMicrosoftで大体20倍程度ですから将来の成長をかなり期待されているということですね。

現在売り上げの半分を占めているゲーム事業だけではなく、AIや自動運転などにもエヌビディア製のGPUが活用されていることもあり、将来性十分ということなのでしょう。

エヌビディアは米国の情報技術セクターの代表銘柄ですが、他にもAppleやMicrosoft、VISAの株価も好調です。

エヌビディアの株価の推移(チャート)は?

次にエヌビディアの長期チャート(10年)を見ていきます。以下が過去10年のチャートで、比較のためにS&P500も掲載しています。

赤:NVDA 水色:S&P500

エヌビディアの株価は10年で28倍(⁉︎)と凄まじく上昇しています。

S&P500もリーマン後のパフォーマンスは年率10%程度と決して悪くないにもかかわらず、エヌビディアを比較してしまうとチャートはほぼ平らな状態です。

2018年に大きく下落していますが、これは仮想通貨の大幅な下落によりマイニング用に活用されていたGPUの売り上げが落ちたことと、米中貿易摩擦の影響によるものです。

短期的に株価は急騰

また以下のチャートはコロナショックをはさんだ2年チャートです。さすがに2020年のコロナショックで下落はしたものの、長期で見るとほとんど影響がないですね。

赤:NVDA 水色:S&P500

GPU事業は新型コロナ拡大による外出制限でも、業績への影響は限られるということもあり、2020年6月の段階で暴落前水準に株価は回復していますね。

エヌビディアが5月に発表した2020年2~4月期決算は純利益が前年同期の何と2.3倍。新型コロナウイルスの拡大による外出制限で自宅でのゲーム需要が増えたことから、ゲーム用GPUの販売が増加。

さらにテレワークの普及もありデータセンター用の半導体の売上も8割増えたんですよね。

いわゆる「巣ごもり関連」消費の増大で、業績が好調だったこともあり株価も順調に回復したということです。

さらにアーム社買収やCPU事業参入の期待感もあり株価が急騰しています。

このように銘柄の特徴には違いがありますから、その違いを踏まえ投資先を検討することで投資の勝率を高めることにつながります。投資理論を知るための、おすすめの米国株投資本については、以下の記事にまとめていますのでぜひご覧下さい。

米国株の投資本でおすすめの10冊は?150冊から厳選!初心者向けも米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方法はありますか? このような疑問...

エヌビディアの配当実績は?

次にエヌビディアの配当実績をみていきましょう。以下が過去8年間の実績となっていて、綺麗な右肩上がりです。

配当金は右肩上がりですが、株価が急上昇していることや、他のハイテク銘柄同様に株主還元は自社株買いと中心に行っていることもあり、配当利回りは0.2%程度とそれほど高くないですね。

ハイテク銘柄の成長株ということもあり、エヌビディアは配当を期待して投資する銘柄ではないということです。

ただ米国株の魅力は、高配当や連続増配銘柄が多いことですね。配当利回り7%超えの銘柄や60年以上連続増配しているなど素晴らしい銘柄が米国にはたくさんあります。以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

【米国株】高配当の連続増配株に投資するメリットは?おすすめ8選!米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

エヌビディアの売上高や利益は?

次にエヌビディアの業績をみていきます。以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益、営業利益率の推移となっています。

売上高は完全い右肩上がりで推移していますが、米中貿易摩擦のあおりで2019年(2020年1月期)の売り上げや利益が減少していますね。

営業利益率も20%から30%近くまで上昇しています。GPUというハードを販売するメーカーということを考えると、この営業利益率の高さは特筆もの。

エヌビディアのGPUが、他社に真似することのできない技術的な優位性を持っているということですね。

エヌビディアの事業別の収益内訳は、ざっくりと

事業内訳

  • ゲーム用GPU:50%
  • プロフェッショナルGPU(AIとか):10%
  • データセンター用GPU:30%
  • 自動運転用GPU:7%

となっていて、やはり主力のゲーム向け事業が大きな割合を占めているのがわかります。ただ大きく成長しているのは、データセンター向け事業や自動運転用事業ですね。

データセンターはIT機器を設置する専用施設ですが、そこに格納されているコンピュータのGPUを製造しているんですね。スマホやクラウドの普及に伴ってデータセンターの需要は拡大していて、高速な演算も求めらるということ。

これまでのエヌビディアの業績を牽引したのは間違いなくゲーム用GPUですが、AIや自動運転分野など将来的に大きな需要が見込める事業を展開していることもあり、しばらくは高い成長が期待できそうです。

2020年10〜12月決算も増収増益。アーム社も買収へ

四半期ベースでの業績推移も見てみましょう。

売上高が50億ドル超えと大台突破。前年比60%増と業績好調は継続しています。

エヌビディアはソフトバンクから半導体設計大手の英アームを買収することを発表。さらに2021年にはCPU事業にも参入することを表明しました。

実は、スマートフォン向け半導体のほとんどがこのアームの設計で、省電力の半導体を必要とするその他の製品にも多く使われているんです。

2020年にAppleがMacBookなどのパソコンに搭載するCPUをインテルから独自に開発したCPUにする方針を発表しましたが、これもアームの設計なんですよね。

アーム買収については、独占禁止法の観点で各国が調査進んでいる模様ですが、買収が実現すればCPUやGPUの分野でエヌビディアは圧倒的な競争力を持つことになると予想されます。

エヌビディアの株価の予想は?

エヌビディアの業績は感染症による外出制限などゲーム需要増の恩恵を受けていることもあり、しばらくは株価の上昇も続くのではと予想します。

理由をたんてきにいうと、

・世界的なゲーム需要の増加

・テレワークや遠隔授業によるデータセンター利用の増加

・自動運転、AI用GPU事業の成長期待

・アーム買収実現でCPU業界で競争力増大

ということ。

新型コロナの巣ごもり需要以前にゲーム業界は盛り上がってますよね。

例えば、2019年にはGoogleがStadiaというプラットフォームでゲーム事業を開始。FacebookやAppleも今後参入してくる見込みです。最近ではeSportsという形でゲームをスポーツとして取り組む人も増えています。

このようなゲーム業界の規模やゲーム人口が増えていくのは、エヌビディアの事業にとって確実にプラスなのは間違いありません。

さらに、新型コロナ拡大による外出規制がある状況下、テレワークや遠隔授業によりコンピュータやデータセンターの需要が伸びていますね。将来的にも、これらの需要増大は確実といえるでしょう。

さらに、これからAIや自動運転の本格的な普及にあわせて、GPUの需要は増大することを考えると、エヌビディアの将来性は十分と言えそうです。

なお、エヌビディアも含めて米国株への投資を考えている方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判と気になるデメリットとは?DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

エヌビディアの株は買い時か?まとめ

今回はエヌビディア(NVDA)の銘柄分析ということで、株価の推移(チャート)や特徴、株は買いかについて述べてきました。

米国の高速演算用GPUのエヌビディア。ゲーム用GPU事業で圧倒的な地位を築き上げたエヌビディアですが、ゲームに限らずデータセンター、AI、自動運転用事業も大きく成長していて将来性十分です。

2019年の業績は米中貿易戦争や仮想通貨急落の影響で一時的に落ちましたが、新型コロナ拡大がむしろ追い風で、ゲーム用、データセンター用GPU需要が伸びています。

さらにアーム買収が実現すればCPU業界でも圧倒的な競争力を持つことになるのは確実。

短期的にも長期的にも株価の上昇が期待できる。エヌビディアはそんな銘柄と言えそうです。

最後に米国株やETFに賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

1000円からエヌヴィディアに投資

米国株への投資は多額の資金が必要でハードルが高いとのイメージがあるかもです。しかし、最近は少額からでも投資を始めることができる様々なサービスがあるんです。

例えばPayPay証券なら、米国株を1,000円の少額から取引することができます。

PayPay証券なら1000円から米国株投資

PayPay証券は、アップル、アマゾン、テスラ、エヌビディアなど米国の優良企業に1,000円の少額から投資できます。

PayPay証券

少額からスマホで取引できるので”米国株はちょっと難しそう”とか”まずは試しに米国株を始めたい”という方に良いかも。

PayPay証券のメリットをまとめると、

  1. スマホアプリで簡単に米国株投資
  2. 1,000円から米国の大企業の株主になれる
  3. 米国株に積立投資ができる

というもの。

これを機会にPayPay証券に口座開設して、スマホアプリで米国株投資を開始してみてはいかがでしょうか?

スマホで気軽に取引
PayPay証券
公式HPはコチラ
※最短5分で申し込み完了

PayPay証券の特徴を以下の記事にまとめてます。ぜひご覧ください。

PayPay証券で米国株に1,000円から投資!取扱銘柄や手数料は?米国株に投資したいのだけど、そんなにお金がないので少額から米国株を始める方法はないですか? PayPay証券が良いと聞いたのですが...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

巨大ハイテク企業のGAFA+Microsoft。5社で時価総額は、既に東証一部を超えで株価も絶好調です。それぞれの業績や株価の推移をまとめました。

GAFA+Microsoftの株価が爆上げ中!投資すべき?買い時?最近GAFAという言葉をよく聞きますがこれって何ですか?株価が急上昇しているようですが…。 そんなGAFAやMicrosoftに投...

 

米国株といえばイノベーション力に優れたハイテク銘柄や新しいサービスで急成長している銘柄が多いことが特徴です。今後の業績も期待できる米国のグロース銘柄をまとめました。

米国株の成長銘柄14選とは?2021年おすすめグロース株はこれだ!米国株の成長銘柄への投資を考えているんですが…。2021年おすすめのグロース株にはどんな銘柄がありますか? このような疑問を持つ方...

 

カード決済で圧倒的なシェアを誇るビザ(VISA)の銘柄分析です。営業利益率が驚異の60%超えとなるなど業績鉄板。強さの秘密に迫ります。

ビザ(VISA)の株価と今後の見通しは?キャッシュレス化本命銘柄!米国株のビザ(V)への投資を考えています。VISAの株価の今後の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で業績は悪化しているよう...

 

洗剤や化粧品などの一般消費財で世界最大の売り上げを誇るP&Gの銘柄分析です。63年連続増配など業績鉄板。今後の株価の見込みについて分析です。

P&G(PG)の株価と今後の見通しは?新型コロナ拡大後も業績堅調!米国株のP&G(PG)への投資を考えています。プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の株価の見通しや予想を知りたいです...

 

ヘルスケア最大手のJNJの銘柄分析です。コロナ拡大でも医薬品や日用品の売り上げ好調で、58年連続の増配を発表。今後の株価の見込みについて分析です。

ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)の株価の見通しや配当金の推移は?米国株のジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)への投資を考えています。JNJの株価の見通しや配当金の推移を知りたいです。 59年...

 

高配当・連続増配の定番中の定番、コカ・コーラの銘柄分析です。業績鉄板のコカ・コーラも2012年以降の売り上げが大幅に落ち込んでいます。その理由について分析です。

コカ・コーラの株価が下落…58年連続増配”配当王”の株は買い?業績が安定している米国株コカ・コーラ(KO)への投資を考えています。これまでのKOの株価の推移や配当はどんな感じですか? コカ・コ...

 

米国のグロース銘柄の象徴”アマゾン”。しかし、アジア地域でのEC事業展開は苦戦が続いており、また期待されているクラウド事業も世界シェア首位の座から陥落。今後の見通しについてまとめました。

アマゾンの株価の見通しは?10年後の業績はベゾスCEO退任で厳しい?アマゾン(Amazon)の今後の株価見通しについて知りたいです。インターネット通販がメインですけど、クラウド事業も絶好調ですよね。 ...

 

米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。主要ネット証券会社の手数料を比較。オススメの証券会社はどこか?

米国株の手数料を徹底比較!おすすめ証券会社はどこ?(2021最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...