米国株

米国株の成長銘柄15選とは?2022年おすすめグロース株はこれだ!

米国株の成長銘柄への投資を考えているんですが…。2022年おすすめのグロース株にはどんな銘柄がありますか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • 米国株の成長銘柄:GAFAM5銘柄
  • 米国株の成長銘柄:2022年も期待大の2銘柄
  • 米国株の成長銘柄:IT系注目3銘柄
  • 米国株の成長銘柄:キャッシュレス3銘柄
  • 米国株の成長銘柄:外食・小売2銘柄

投資歴20年のかいまるです。米国の個別銘柄を中心に1500万円の資産を運用しています。Apple、アドビ、エヌビディア、Microsoftなどの成長企業にも投資しています。

米国株といえばイノベーション力に優れたハイテク銘柄や新しいサービスで急成長している銘柄が多いことが特徴ですよね。

Googleが提供する検索サービス、AppleのiPhone、AmazonやMicrosoftのクラウドサービスなどなど、もはや生活やビジネスになくてはならないものになっています。

もちろんこれらの企業の売り上げは右肩上がりで、ここ数年で大きく成長しているグロース株も非常に多くあります。

そこで今回は、米国株の成長銘柄15選ということで、2022年特に注目されるグロース株について一挙に紹介いたします。

ぜひ最後までご覧ください。

※米国株取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。DMM株は米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の公式HPはコチラ

>> DMM株の評判・特徴をみる

米国株の成長銘柄:GAFAM

米国の成長銘柄を語る上で大型ハイテク企業のGAFA(ガーファ)を欠かすことはできないでしょう。

2010年代以降にIT業界で急成長をしている、米国の大型ハイテク企業4社の頭文字を合体させた造語。

Google(上場企業名はアルファベット)、AppleFacebook(メタ)Amazonと合わせて「GAFA」。これにMicrosoftを合わせて「GAFAM」とも呼ばれたりします。

これらの特徴は後述するとして、GAFAMに共通するのは、多くの人が魅力や利便性を感じるサービスや製品を提供していることです

ざっとまとめただけでも

  • Google:インターネット検索やYouTube
  • Apple:iphone、ipad
  • Facebook(メタ):SNS、インスタグラム
  • Amazon:Eコマース、クラウドサービス
  • Microsoft:Windows、Azure

といったサービスを提供しており、もはや多くの人の日常に溶け込んでいます。既に時価総額が東証1部約2170社の合計を上回っています。

業績の拡大も続いており、既に業界のガリバーとなっていますが、アップルが自動運転に進出したりと2022年の成長も大いに期待できるでしょう。

GAFA+Microsoftの株価は今後も期待大?株を買うおすすめ方法は?最近GAFAという言葉をよく聞きますがこれって何ですか?株価は上昇していますが、今後も期待できますかね。 Facebookが”Me...

ちなみにGAFAの一角Facebookは、2021年に社名を「Meta(メタ)」に変更しました。仮想世界メタバースのプラットフォーム構築に力を入れることを印象付けるためですね。

参考記事⏬
メタ(フェイスブック)今後の見通しは?

米国株の成長銘柄:2022年期待大の企業

2021年にも大きな話題となった、

  1. ネットフリックス(NFLX)
  2. テスラ(TSLA)

です。新型コロナの影響皆無で2022年も大きな飛躍が期待できそうな成長銘柄。クイックに見ていきます。

2022年期待大①:ネットフリックス(NFLX)

ネットフリックス(Netflixは米国最大の月額定額制の動画配信事業を行っている会社。190カ国以上でサービスを提供し、何と2億人以上の会員数を誇ります。日本でも2015年にサービスが開始されていて、利用されている方も多いのではないでしょうか?

最大の特徴は、これまでテレビでしか見れなかった映画やドラマを、インターネットに接続された端末上から、月額定額制で好きな時に、好きな場所で、見ることができること。

売上高はここ10年間でほぼ10倍!驚異的な成長を見せていることがわかりますね。

動画コンテンツの作成に莫大なお金を費やしていることもあり利益率が10%を下回る状況が続いていましたが、会員数の増加で2017年以降、営業利益率も上昇傾向です。

会員数の伸びとともに事業が成熟化してきた感はありますが、動画配信はこれから伸びる事業分野。まだまだ成長の余地は十分な銘柄ですね。

ネットフリックスの株価:会員数の伸び鈍化で配当金や今後の見通しは?米国株のネットフリックス(NFLX)への投資を考えています。Netflixの株価の見通しや予想を知りたいです。将来性はあると思うんですが...

2022年期待大②:テスラ(TSLA)

テスラ(Tesla、TSLAといえば、世界最大の電気自動車(EV)メーカー。EVのイメージが強い会社ですが、電力会社としての側面もありソーラーパネルや企業向けの蓄電池なども事業展開しています。

日産Leafなど従来型自動車メーカーの中でもEVを販売しているところもありますが、テスラのEVの人気は圧倒的で常に品薄の状態で、作ればすぐに売れる状態ですね。

売上高は完全で右肩上がりで推移しています。電気自動車の販売台数が増えているのと、2016年に買収した太陽光発電のソーラーシティーによって売り上げが押し上げられていますね。

純利益は創業以来赤字続きですが、営業利益は2019年に80億円の黒字。量産化が遅れていたModel3の生産が本格稼働しており、利益も上向きです。

2020年はS&P500採用されたこと、株価急騰で時価総額でトヨタを抜いたことが大きな話題となりました。急成長銘柄としてこれからも期待できそうです。

テスラ株価の急騰で時価総額トヨタ超え!配当や今後の見通しは?米国株の テスラ(TSLA)への投資を考えています。Teslaの株価の見通し、配当の推移、今後の予想を知りたいです。 S&...

米国株の成長銘柄:IT系注目銘柄

情報技術というとAppleやMIcrosoftなどの巨大ハイテク企業がまず思い浮かびますが、

  1. エヌビディア(NVDA)
  2. クアルコム(QCOM)
  3. アドビ(ADBE) 

などの企業も急成長中です。クイックに見ていきましょう。

IT系成長銘柄①:エヌビディア(NVDA)

エヌビディア(NVIDIA、NVDAといえば、ゲームなどで高速で画像処理や演算処理をおこなうGPU(半導体)を提供している企業です。

普通にインターネットやメールをする分にはGPU搭載パソコンは必要ないですが、ゲームなどで高速にグラフィック処理しなければならない時には必須の装置となります。

なので、エヌビディアは高い技術力を武器にGPUの分野で圧倒的な存在感を示しています。

このGPUのブランドにはGeForceやTegraなどがあり、いわゆるゲーミングパソコンなどに搭載されています。ちなみにTegraは任天堂ゲーム機のSwitchにも採用されています。

営業利益率も20%から30%を超える付近まで上昇しています。GPUというハードを販売するメーカーということを考えると、この営業利益率の高さは特筆ものです。

ゲーム用だけではなく、自動運転やデータセンター用のGPUの売り上げが急拡大していることもあり、今後の成長は十分期待できますね。

2021年はソフトバンクから英国アーム社を買収することが大きな話題となりました。独占禁止法の関係で、買収話は難航しているようですが、今後の成長に向けた動きとして22年も注目です。

エヌビディアの株価がアーム買収・CPU参入で急騰!今後の見通しは?米国株の エヌビディア(NVDA)への投資を考えています。NVIDIAの株価の見通しや今後の予想を知りたいです。 アーム社の買収や...

IT系成長銘柄②:クアルコム(QCOM)

クアルコム(Qualcomm、QCOMといえば、携帯電話などの移動体通信の通信技術と半導体の設計開発を行う企業です。

かつてはCDMA方式のチップで市場を独占、現在は5G用のチップの覇者となりつつあります。

実は、世界中で使用されている携帯電話の中に、このクアルコム製のチップが必ずと言って良いぐらいに搭載されているんですね。

独占的なCDMA用のチップやあまり業績は伸びていないんですね。特に2018年はオランダの企業買収が失敗したこともあり純利益がマイナスとなっています。

しかし、今後5Gの本格普及によりクアルコム製のチップの売り上げ拡大が予想されています。アップルのiphone12も5G対応ですよね。

5Gの普及とともに今後の成長が期待できる銘柄といえるでしょう。

クアルコムの株価・配当:今後の見通しは?5G本格普及で業績好調!クアルコム(QCOM)への投資を考えています。クアルコムの株価の今後の見通しや将来性を知りたいです。 過去10年で株価は上昇してい...

IT系成長銘柄③:アドビ(ADBE)

アドビ(Adobe、ADBEといえば、photoshop(フォトショップ)、PDFなどで知られる米国カリフォルニア・サンノゼに本社を置くコンピュータ・ソフトウェア会社です。

アドビはPDFを見るためのソフトを提供している会社とのイメージが強いかもですが、写真・映像・動画編集用のソフトウェアとして

PDF:書類をデジタル文書化

Photoshop:写真や画像編集ソフト

Premiere Pro動画編集ソフト

Illustrator:イラストや文字をデザイン・編集

を提供しています。特にプロのクリエイター向けに開発された画像・動画・イラストを編集するソフトウェアの評価は高く、編集のプロの間では圧倒的シェアとなっています。

売上高は2010〜14年にかけてほぼ横ばいで推移していましたが、2015年以降の伸びが著しく、平均の成長率は20%を超える水準です。

2012年にソフトウェアの売り切り型のスタイルから月額に課金するサブスク化(定額課金)に事業転換したため業績が急成長。

このサブスクリプションの割合も2019年の段階で90%。営業利益率も30%程度にまで急速に回復したことから、効率的にユーザーに対して課金できる仕組みなのでしょう。

今後の成長も期待できる銘柄です。

アドビ(Adobe)の株価:今後の見通しや配当は?10年後も成長?アドビ(ADBE)への投資を考えています。Adobeの株価の今後の見通しや配当について知りたいです。 過去10年で株価は急騰してい...

米国株の成長銘柄:キャッシュレス銘柄

今後世界的な普及が確実視されているキャッシュレス。新型コロナ拡大で非接触型の決済サービスが注目されています。

その中でも

  1. スクエア(SQ)
  2. ビザ(V) 
  3. ペイパル(PYPL)

が特に注目です。クイックに見ていきましょう。

キャッシュレス銘柄①:スクエア(SQ)

スクエア(Square、SQ)は、TwitterのCEOであるジャック・ドーシー氏が創業した米国のモバイル決済サービス企業です。

カード決済を可能にするハードウェアやソフトウェアを小売店や飲食店などに提供すると共に、売り上げを管理や経営を支援するシステムなどのサービスを手がけています。

具体的には、Square Readerという端末をスマートフォンやタブレットに差し込むだけでクレジットカードの磁気ストライプを読み取り決済することができるというのが売り。

売上高は綺麗に右肩上がりで推移していますが如何せん利益が全く上がってないですね。新興企業ということでしょうがないですかね。

慢性的に赤字が続いていましたが、2019年に入って初の黒字を達成しました。最近の株価が大きく上昇しているのも、利益が上向いてきたことも要因の一つですね。

スクエアの株価・配当と今後の見通しは?キャッシュレス拡大で将来性は?米国株のスクエア(SQ)への投資を考えています。Squareの株価の今後の見通しや配当を知りたいです。 コロナ拡大による行動制限で...

キャッシュレス銘柄②:ビザ(V)

ビザ(Visa)は、クレジットカードなどによる決済サービス提供する会社で、カード決済取引額のシェアが54%にのぼるなど世界最大の規模を誇ります

決済技術を開発・提供する企業ということで、金融ではなく情報技術セクターに位置付けられます。

日本でもおなじみの会社ですね。日々の日用品の購入、公共料金や海外旅行での支払いなどクレジットカードを利用する機会は増えていると思います。

業績は綺麗な右肩上がりですね。売上高は10年間で3倍近く伸びていて、高い成長を示しているのがわかります。

特筆すべきは営業利益率が60%を超えという驚異的な水準であることですね。

カードの決済事業は、在庫を抱えるリスクもなく人件費や設備投資もそれほど必要としませんし、決済システムというプラットフォームを提供するだけで、長期間継続的に手数料を稼ぐことができるんですね。

新興企業というわけではありませんが、今後の成長も十分に期待できる銘柄と言えそうです。

ビザ(VISA)の株価と今後の見通しは?キャッシュレス化本命銘柄!米国株のビザ(V)への投資を考えています。VISAの株価の今後の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で業績は悪化しているよう...

ちなみにVISAとライバルのマスターカードとの2社でクレジット業界は寡占されている状況で、新規参入が難しい分野です。22年以降も高い収益性は変わらないと思います。

参考記事⏬
マスターカードの今後の見通しと配当は?

キャッシュレス銘柄③:ペイパル(PYPL)

ペイパル(PayPal、PYPLといえば、インターネットを利用した決済サービスを提供する企業。受け取るが支払う決済手数料が収益源となっています。

利用者から販売店や取引先への支払いは、ペイパルが仲介して行うため、取引先にクレジットカードや口座番号を知らせる必要がありませんので、キャッシュレス時代の安全決済サービスとして注目されてます。

・コロナ拡大でキャッシュレス決済の利用拡大が加速

・2025年までに1兆円を超える自社株買いを実施

・利用者(口座数)が年平均16%で成長

ということもあり、22年も期待の銘柄です。

ペイパル(PayPal)の株価・配当と今後の見通しや将来性は?米国株のペイパル(PYPL)への投資を考えています。PayPalの株価の見通しや配当金の推移、今後の予想を知りたいです。 コロナ拡...

米国株の成長銘柄:外食・小売系

外食・小売系銘柄①:スターバックス

スターバックス(Starbucks、SBUXといえば、世界90ヵ国に3万店以上のコーヒー店を展開している企業です。

イタリア式のエスプレッソコーヒーを主体とする”シアトルスタイル”はスターバックスの代名詞ともなっていますが、1980年代後半に爆発的なブームとなって全米に広がりました。今ではシアトルスタイルを真似る同業他社も多いですね。

売上高は完全い右肩上がりで推移しています。営業利益率が15〜18%で推移していて直営店の多い飲食チェーンにしては、高めの水準といえるでしょう。

ちなみに「おいしいコーヒーの真実」という映画で、スタバのトールサイズコーヒー3ドルのうちコーヒー豆の原価は1〜3%程度であると紹介されていました。

少し脚色が入っているにせよ利益率はかなり大きいということでしょう。

2020年は新型コロナ拡大による店舗閉鎖の影響を受け売り上げが減少しましたが、コロナ収束に伴い事業の拡大が期待できる企業といえます。

スターバックスの株価はどうなる?今後の見通しと予想は?米国株のスターバックス(SBUX)への投資を考えています。Starbucksの株価の見通しや今後の予想を知りたいです。 新型コロナ...

外食・小売系銘柄②:ホーム・デポ

ホーム・デポ(The Home Depot、HDといえば、米国のジョージア州に本社を置く、住宅リフォーム・建設資材の販売や関連サービスを提供する世界最大のホームセンターです。1978年の設立以降、店舗数は北米だけで2200店を超えています。

日本には進出していないこともあり、あまりなじみがないかもです。日本のホームセンターと同様に、個人や業者向けに木材やペンキ、釘・ネジ、工具、ガーデニング用品などを販売。1店舗で3.5万点以上の商品を扱っています。

ホームセンターというと成熟産業と思われがちですが、売り上げの成長が続いていてホーム・デポはグロース銘柄として見られています。

建築資材やガーデニング商品などは食料品に比べて安売り競争に巻き込まれにくいということです。これらの資材は、店舗で直接購入する消費者が多く、アマゾンなどのEコマースの影響を受けづらいこともポイントが高いですね。

人口の増加に伴いDIY需要が拡大することは間違いないこともあり、長期的にもホーム・デポの業績は期待できるかと考えます。

ホーム・デポの株価:今後の見通しや配当は?成長期待で株は買い?米国株のホーム・デポ(HD)への投資を考えています。The Home Depot(ホーム・デポ)の株価の見通しや配当の推移を知りたいです...

1000円から米国グロース株に投資

米国株への投資は多額の資金が必要でハードルが高いとのイメージがあるかもです。しかし、最近は少額からでも投資を始めることができる様々なサービスがあるんです。

例えばPayPay証券なら、米国株を1,000の少額から取引することができます。

PayPay証券なら1000円から米国株投資

PayPay証券は、アップル、アマゾン、テスラ、エヌビディアなど米国の優良企業に1,000円の少額から投資できます。

PayPay証券

少額からスマホで取引できるので”米国株はちょっと難しそう”とか”まずは試しに米国株を始めたい”という方に良いかも。

PayPay証券のメリットをまとめると、

  1. スマホアプリで簡単に米国株投資
  2. 1,000円から米国の大企業の株主になれる
  3. 米国株に積立投資ができる

というもの。

これを機会にPayPay証券に口座開設して、スマホアプリで米国株投資を開始してみてはいかがでしょうか?

スマホで気軽に取引
PayPay証券
公式HPはコチラ
※最短5分で申し込み完了

>> PayPay証券の評判と口コミを見る

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するオックスフォードインカムレター

メールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます。

自分も登録してみたところ、おなじみの米国の個別銘柄に関する内容や、米国株による資産形成に関する内容などがタイムリーに送られてきます。

永久に持っておきたい6つの高配当米国株についても知ることができるんですね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

オックスフォードインカムレター
>> 無料メルマガに登録してみる

なお、オックスフォードインカムレターの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

オックスフォードインカムレター評判は?無料メルマガは役立つのか?オックスフォードインカムレターは米国株投資に役立つんですかね?メルマガって何か怪しいイメージがあるんですよね。 Oxfordインカ...

「米国株の成長銘柄2022」まとめ

今回は米国株の成長銘柄2022と題して、GAFAM、キャッシュレス、大注目銘柄などのグロース株を見てきました。

米国にはイノベーション力に優れたハイテク銘柄やキャッシュレスなどの新しいサービスで急成長を遂げている銘柄が多いのも魅力の一つ。

ダウ35000ドル超えで、株価は既に割高水準かも。しかし米国市場は史上最高値を更新し続けており、今回紹介した銘柄を中心に株価上昇を牽引していくことが期待されます。

最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

取引手数料ゼロで米国株に投資

今から米国株の投資を始める方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株の評判と気になるデメリットとは?米国株の取引手数料0円!DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

S&P500や米国株にレバレッジ取引

株価指数、外国株、金、原油…などなど。いろんな商品に気軽に投資ができるCFD。最大の魅力はFXのようにレバレッジをかけて取引できること。

特に株価指数CFDはレバレッジをかけたインデックス投資なので、長期的に高いリターンが期待できます。

自分もS&P500CFDに長期投資しています!

CFD取引ならGMOクリック証券!

S&P500、ダウ平均、ナスダックなどの株価指数や米国株にレバレッジをかけて投資できるCFDならGMOクリック証券です。

  • 少額資金で5〜20倍の投資が可能
  • Apple、Teslaなどの個別株にもレバレッジ
  • 金、原油、コーンなどの商品にも投資可能

かいまる
かいまる
S&P500などの株価指数CFDなら5万円の資金で50万円の取引ができます。

米国株式市場は長期的に右肩上がり。

なので、S&P500CFDやナスダックCFDを長期保有することで少ない資金でも大きなリターンが期待できます。

無料で始める
GMOクリック証券
公式HPはコチラ
※5分で申込み完了!

GMOクリック証券の特徴・評判・口コミについては、姉妹サイトの記事でまとめています。ぜひご覧ください。

>> GMOの評判と口コミを見る(姉妹サイト)

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんの投資に役に立つよう、米国株や米国ETFに関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

業績が堅調にもかかわらず株価が割安に放置されている米国バリュー株おすすめをまとめました。誰もが聞いたことがある企業ばかりです。

【米国株】バリュー株のおすすめ7銘柄はコレだ!(2022年最新)米国株のバリュー株への投資ってどういう手法なんですか?探し方やおすすめの割安銘柄も知りたいです。 このような疑問を持つ方に向けて記...

 

米国のハイテク銘柄にまるっと投資できるETFについてまとめました。GAFAMやVisa、NVIDIA、Netflixなど今後の成長に期待できる銘柄などで構成されるETF。ぜひご覧ください。

米国ハイテクETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2022最新)米国株のハイテクETFの中でおすすめのものを知りたいです。色々なハイテクETFがありますが、それぞれの特徴はどんな感じですか? コ...

 

米国市場は、高配当で連続増配している企業が多いというのも魅力の一つ。株主の利益を重視する文化があるんですね。おすすめ銘柄をまとめました。

【米国株】高配当の連続増配おすすめ7銘柄!投資するメリットとは?米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

 

米国高配当ETFの特徴をまとめました。手数料やパフォーマンスで人気の米国ETF。その魅力とは?

(2022最新)米国の高配当ETFのおすすめランキング5選とは?米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットや、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このような疑問を持...

 

少額から投資することができるサービスをまとめています。資金が少なくても投資を始めることができるんですね。

https://leverage-investment.com/small-investment-beginner/

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株の手数料を徹底比較!おすすめ証券会社はどこ?(2022最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...
利息でコツコツ資産を増やすならFundsです!

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがFunds。株のように値動きがないので相場の動きが気になりません。

Funds

銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢。投資するファンドにもよりますがの年率1.5〜3%程度のリターンが期待できます!

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい

 

詳しくは以下をクリック!

口座開設は無料!簡単申込み
Funds
公式HPはコチラ

 

>> Fundsの評判と口コミを見る