米国株

アマゾンの株価の見通しは?10年後の業績はベゾス退任で厳しい?

アマゾン(Amazon)の今後の株価見通しについて知りたいです。インターネット通販がメインですけど、クラウド事業も絶好調ですよね。

株価の見通しも悪くないと思いますが、新型コロナの影響もあり10年後の業績って盤石ですかね?最新の業績も知りたいです。

今回は、このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • アマゾンの株価の見通し、事業展開は?
  • アマゾンの業績推移とその特徴とは?
  • アマゾンの業績懸念は?10年後は大丈夫?
  • アマゾンの業績:新型コロナ影響は?
  • アマゾンの今後の株価の見通しは?10年後は?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1,500万円以上の資産を運用しています。自分はアマゾンの株価の見通しに関して、以下のツイートをしました。

新型コロナ拡大によりダウ平均株価は2020年3月に直近高値からわずか1ヶ月で37%も下落。多くの企業は外出制限に伴い業績が悪化しました。

しかしこの時期のアマゾンの業績は別格で、

・食料品、日用品などのすごもり需要が世界的に増大

・動画サービスが好調

・学校閉鎖や在宅勤務でクラウド需要増大

ということもあり、Eコマースとクラウドに圧倒的なシェアを持つアマゾンの業績は堅調でした。

2020年、21年の売り上げも大幅に上昇しています。

一方、創業者であるジェフ・ベゾスCEOが退任、競争も激化していることもあり、今後の成長が維持できるのか不安視する声もあります。

今回は、そんなアマゾンの業績推移や事業シェアなどから、業績や10年後の株価の見通しについて分析していきます。

※米国株取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の無料申し込みはコチラ

>> DMM株の評判と口コミを見る

アマゾン(Amazon)2022年4〜6月決算結果は?

アマゾンの第2四半期(4~6月)決算は、景気後退懸念によるEC事業の低迷で2四半期連続の赤字となりました。

売上高は前年同期比7%増の1212億3400万ドルで、20億2800万ドルの純損失(1株当たり20セント)。

一方、アマゾンの今後の成長を占う上で重要なクラウドサービスAWSは売上高が33%増加となり、テレワークや遠隔授業の需要を取り込み引き続き増収となっています。

売り上げ全体の4割強を占めるEC部門が4%減収となるなど、3四半期連続で前年同期比を割り込んでいて成長に陰りが出ています。

歴史的なインフレに伴う人件費や物流費の高騰が収益を圧迫しているのも、マイナス材料ですね。

ジェフ・ベゾスCEOが退任へ

2021年、アマゾン創業者のジェフ・ベゾスCEO(57)が退任して取締役会長に就任。

後任としてAWSのCEOであるアンディ・ジャシー氏(53)が就任しました。

ベゾス氏は1994年にAmazon設立以来、同社をオンライン書店からEコマースの巨人に育て上げました。

人事は2021年7月ですが、カリスマ経営者が一線から退くことでアマゾンの今後の業績がどうなるか注目ですね。

なお、アマゾンの株価も絶好調ですが、同じ大型ハイテク銘柄のGAFAM(アップル、アマゾン、メタ、グーグル、マイクロソフト)の株価もコロナショック以降、右肩上がりで上昇しています。

アマゾンの株価の見通し、事業展開は?

アマゾンの過去20年で驚異的に株価が上昇

アマゾンの株価は、ITバブルの崩壊やリーマンショックでの大幅下落などを経て、過去20年間で最大400倍程度にまで株価が上昇しています。

インターネットなどの技術が、この20年で広く家庭や個人にまで行きわたって、誰でも手軽に利用できるようになりました。

これに伴ってアマゾンの業績や株価も急上昇したということですね。株価推移に関しては、以下の記事にまとめていますので、よろしければどうぞご覧ください。

参考記事 >> 20年でなんと400倍!?アマゾンの株価推移を徹底分析。チャート的に買い?

あのウォーレンバフェットも、アマゾンについて「ずっとファンだった。株式を購入しないできたのは愚かだった」と述べて、アマゾン株を購入しています。

参考記事 >> バフェット氏、アマゾン株を940億円取得(日経新聞)

アマゾンの主要事業はEコマースとクラウドサービス

アマゾンは、言わずと知れた世界最大のEコマースサイトを運営している巨大IT企業。北米、日本、欧州を中心に世界15カ国でサイトを運営しています。

世界各地でいろんな事業を展開していますが、主要なものは、

アマゾンの主要事業
  • Amazon.com … Eコマースサイト
  • AWS … クラウドサービス
  • kindle … 電子書籍
  • Amazon プライム … 会員制定額サービスなど

ですかね。おそらくほとんどの方は、最低でも一度ぐらいはAmazon.comを利用したことがあるのでは。

最近では米国の高級スーパーであるホールフーズの買収やAmazon Goの事業展開など、実店舗での販売にも力を入れていますね。

次に売上高や利益の推移を見ていきます。

アマゾンの最近の業績と事業別の売上げは?

ここでは、

  1. アマゾンの売上高の推移
  2. アマゾンの売上高と純利益(2019年)
  3. アマゾンの事業別の売上高

について、簡単に見ていきます。

アマゾンの売上高推移

アマゾンの過去10年の売上高推移は以下のグラフのとおり。綺麗に上昇し続けていることがわかります。

2020年の売り上げの成長率は年間35%を超えています。これだけの規模の企業でありながら、いまだに高成長企業であり続けているということです。

他方、純利益が2012年と2014年にマイナスになっているんですよね。営業利益率も5%程度しかないことを考えると、得られた利益の大半を設備投資や研究開発に投資しているんですね。。

次に直近の2020年の業績を見ていきましょう。

アマゾンの売上高と純利益(2020年)

アマゾンの2020年の業績は、

・総売上高:3860億6400万ドル(+37.6%増)

・純 利 益 :213億3100万ドル(+84.1%増)

となっています。

総売上高が40兆円と巨額ですが、前年比で35%以上売り上げを伸ばしています。これだけの規模の企業でありながら、高い成長を維持しているといえますね。

アマゾンの事業別の売上げ高(2020年)

アマゾンの売上げの内訳は以下のとおり。Amazon.comによる製品売上げや第三者の出品手数料の売上げなどのEコマースが全体の7割以上を占めています。

20年は新型コロナ拡大による巣ごもり需要の増加でEコマースの伸びは40%以上。クラウド事業であるAWSも30%近くと大きく伸びています。

後で説明しますが、Eコマース事業は莫大な投資が必要となり利益率が低いため、クラウド事業の伸びがアマゾンの命運を握っていると言っても過言ではありません。

2019年売上高の内訳
  • Eコマース(北米): 2363億ドル(前年同期比38.3%増)
  • Eコマース(他国): 1044億ドル(同39.8%)
  • AWS : 453億ドル(同29.5%増)

創業者なジェフ・ベゾスの後継者もAWSを担当していたことを考えると、クラウドサービスに力を入れていくということですね。

2019年度もアマゾンの業績は盤石でした。株式投資の勝率を高めるには、売り上げ好調の企業に投資することも大事ですが、しっかりとした投資理論を身に着けることも重要。以下の記事では、初心者向けのものから古典まで、おすすめの米国株投資本を紹介しています。

米国株のおすすめ本ランキング10選!150冊から厳選!(2022最新)米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?初心者向けの本も知りたいです。 全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方...

アマゾンの業績推移とその特徴とは?

アマゾンの売上げの特徴は、

・売上高は右肩上がりだが営業利益率は低い

・AWS(クラウドサービス)の利益が全体の50%以上

ということ。

アマゾンの今後の株価見通しや10年後の業績を予想するうえで、重要なパートですので、詳細に見ていきますね。

売上高は右肩上がりだが営業利益率は低い

アマゾンの売上高は毎年大きく伸びていますが、利益を物流インフラなどの設備投資や開発費にほとんど回しているため、ほとんど上がっていないです。

以下はアマゾンの業績推移ですが、赤いグラフの売上高は綺麗に右肩上がりである反面、営業利益がほとんど出てないですね。

営業利益率がプラスになったのは、2002年になってからで営業利益率も0~5%程度で推移しています。

出典:StockClipより

AWS(クラウドサービス)の利益が全体の50%以上

英語の資料で申し訳ないですが、以下はアマゾンのセグメント別の売上高と営業利益をまとめたものです。North AmericaとInternationalは、それぞれAWSの事業を除いた売上高(Net Sales)と営業利益(Operating income)になっています。

これを見ると、AWS以外の事業の利益率が極端に低いことが分かりますね。北米事業で営業利益率は5%程度だし、他の地域にいたっては営業利益はマイナスです。

他方、AWS(クラウドサービス)の売上高(Net sales)は全体の15%程度しかないにもかかわらず、営業利益の半分以上を叩きだしていますね。

AWSの営業利益率も20%を超えていて成長率も30%を超えていることから、アマゾンの事業における稼ぎ頭であるといえます。

ちなみにアマゾンはグロース銘柄ということもあり配当金を出してませんが、米国株には多くの高配当でしかも連続増配を続けている企業があります。中には7%を超える銘柄や60年以上連続増配している銘柄も。おすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。

【米国株】連続増配おすすめランキング!厳選7銘柄(2022最新)米国株は、連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、おすすめの銘柄を知りたいです。 これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? ...

アマゾンの業績懸念は?10年後は大丈夫?

年間売上28兆円を超えて業績も絶好調のアマゾンですが、今後の株価や業績の見通しに対する懸念は、

・新興国でのEコマース事業の苦戦

・アマゾンの事業や提供しているプライムサービスの競争激化

・クラウドサービスの世界シェア首位陥落

ですかね。以下、ざっと順番に見ていきますね。

懸念①:Eコマース事業の苦戦

北米、欧州、日本では圧倒的な強さを誇るアマゾンのEコマース事業ですが、アジア諸国等などへの世界展開は必ずしもうまくいっていません

例えば、中国はアリババなどの同業他社が大きなシェア占めていて、アマゾンのシェアは1%未満。Bloombergの報道によると、アマゾンは、2019年4月に中国のEコマース事業からの撤退を表明しました。

参考記事:アマゾン、中国EC撤退 現地勢に苦戦 シェア1%未満打開ならず

これは中国だけじゃなくて、東南アジアでもかなり苦戦している状況。地元の小売事業者や企業が、既にEコマース事業によるサービスを提供しているんですよね。

日本でもインターネットを利用した通信販売って普通になったし、ほとんどの店舗でサービスを提供していますよね。自分は、電化製品を買う際はアマゾンではなく家電量販店のサイトを使います。価格が安いし、保証や設置サービスなどを考えると満足度が高いです。

このように、インターネット勃興期においては、アマゾンは圧倒的に強かったけど、技術が普及してくると、Eコマース事業の参入障壁自体は高くないので、競争が激しくなってくるということですね。

懸念②:プライムサービスの競争激化

アマゾン事業の競争激化に関して、以下のツイートをしました。

こうしてみるとアマゾンが参入している事業分野って、本当に競争の激しい分野が多いんですよね。しかも競争相手はみんな小売り、IT、通信や娯楽産業の巨人ばかり。

音楽配信サービスも人気ですが、SpotifyやGoogle、日本だとLINE Musicなど、参入障壁が低くいんですね。

この競争に勝ち抜いて10年後でも高い成長を維持できるか、厳しい戦いとなりそうです。

懸念③:クラウドサービスの世界シェア首位一時陥落

アマゾンの利益の半分以上をたたき出しているAWSですが、その先行きは厳しいと考えられます。

AWSは、クラウド事業で圧倒的なシェアを誇っていますが、最近の報道で2018年の世界市場シェアトップの座を、一時マイクロソフトのAzureに奪われたことが判明しました。

さらに米国国防省の1兆円を超える規模のクラウドサービス契約も、当初アマゾンのAWSが有利と見られていたにもかかわらず、マイクロソフトのAzureが受注。

参考記事 >> 米国防クラウド大型案件、AmazonでなくMicrosoft受注(日経新聞)

そもそもAWSは、Eコマースで活用していたサーバーの有効活用のために始まった事業で、先行者利益を十分に享受してきました。

他方、この分野は競争が年々激しくなり、IT企業の本家ともいえるマイクロソフトの方が、OfficeやWindowsとの親和性が高いこともあり、今後有利になってくると予想されます。

クラウドは、GoogleやIBMなどのIT企業も参入している事業。この分野での競争も厳しくなると考えられます。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するオックスフォードインカムレター

メールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます。

自分も登録してみたところ、おなじみの米国の個別銘柄に関する内容や、米国株による資産形成に関する内容などがタイムリーに送られてきます。

永久に持っておきたい6つの高配当米国株についても知ることができます。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

オックスフォードインカムレター
>> 無料メルマガに登録してみる

なお、オックスフォードインカムレターの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

オックスフォードインカムレター評判は?無料メルマガは役立つのか?オックスフォードインカムレターは米国株投資に役立つんですかね?メルマガって何か怪しいイメージがあるんですよね。 Oxfordインカ...

アマゾンの今後の株価の見通しは?10年後は?

以下はアマゾンの過去20年の株価チャートです。

綺麗な右肩上がりを示していますが、上記に示した競争の激化により今後はこのような高い成長は難しいのではないかと考えます。

特に収益をクラウド事業であるAWSが半分を占めている状況で、マイクロソフト、Google、IBMなどのIT企業の本家ともいえるような企業と今後、厳しい競争を強いられます。

アマゾンの高成長や株価が急上昇の要因は、主力事業であるEコマースの拡大はいうまでもありませんが、世界的に大きなシェアを奪うに至ったクラウド事業の成功に他なりません。

Eコマース事業は拡大していますが、利益率は低いんですよね。北米事業を除くと営業利益はマイナスです。決して盤石とはいえない状況。なので、アマゾンの株価の見通しは、高成長が期待できるクラウド事業やAmazonプライムなどに依存するってことですね。

もっとも、新型コロナの影響を受けずらい事業を展開しているということもあり、短期的な株価はかなり期待できると思います。

取引手数料ゼロの証券会社でAmazonに投資

なお、アマゾンを含め米国株への投資を考えている方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株の評判と気になるデメリットとは?米国株の取引手数料0円!DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...
【DMM 株】口座開設

「アマゾンの株価の見通し、10年後は?」まとめ

今回は、アマゾンの株価の見通し、10年後はどうなるかということで、事業の概要や業績などについて述べてきました。

アマゾンイフェクトなどとも言われて、既存の小売店や企業を倒産に追い込んできたアマゾンですが、クラウド事業や動画配信の競争相手が、IT企業や娯楽事業のガリバーなど、みんな強すぎですよね。

ただ、営業利益率の低さやクラウド事業への依存などを考えると、今後10年の業績は厳しいものがあるかもですが、新型コロナの影響を受けずらい事業を展開していることを考えると短期的な株価上昇は期待できると思います。

最後に米国株を賢く運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

巨大ハイテク企業のGAFA+Microsoft。5社で時価総額は、既に東証一部を超えで株価も絶好調です。それぞれの業績や株価の推移をまとめました。

GAFA+Microsoftの株価は今後も期待大?株を買うおすすめ方法は?最近GAFAという言葉をよく聞きますがこれって何ですか?株価は上昇していますが、今後も期待できますかね。 Facebookが”Me...

 

米国株といえばイノベーション力に優れたハイテク銘柄や新しいサービスで急成長している銘柄が多いことが特徴です。今後の業績も期待できる米国のグロース銘柄をまとめました。

2022年米国グロース株おすすめ15選とは?成長銘柄を厳選!米国株の成長銘柄への投資を考えているんですが…。2022年おすすめのグロース株にはどんな銘柄がありますか? このような疑問を持つ方...

 

大型ハイテク銘柄などのグロース株に比べるとバリュー株は地味な銘柄が多いですが、業績鉄板の高配当銘柄が多いです。そんなバリュー株の特徴をまとめました。

【米国株】バリュー株のおすすめランキング8銘柄!(2022年最新)米国株のバリュー株への投資ってどういう手法なんですか?探し方やおすすめの割安銘柄も知りたいです。 このような興味を持つ方に向けて記...

 

インテルの銘柄分析です。パソコン用CPUのイメージが強いですが、データセンター向け半導体やIoTなど次期事業も着実に成長していて、将来性十分。今後の株価について分析です。

インテルの株価が急落!半導体生産遅れ・業績悪化で今後の見通しは?米国株のインテル(INTC)への投資を考えています。Intelの株価の見通しや予想を知りたいです。 次世代半導体の生産遅れやデータ...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株のおすすめ証券会社はどこ?手数料を徹底比較!(2022最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...

 

なお米国株に関連するページについて、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

利息でコツコツ資産を増やすならFundsです!

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがFunds。株のように値動きがないので相場の動きが気になりません。

Funds

銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢。投資するファンドにもよりますがの年率1.5〜3%程度のリターンが期待できます!

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい

 

詳しくは以下をクリック!

口座開設は無料!簡単申込み
Funds
公式HPはコチラ

 

>> Fundsの評判と口コミを見る