米国株

フェイスブックの株価・配当と今後の見通しは?業績好調も事業に逆風?

米国株のフェイスブック(FB)への投資を考えています。facebookの株価の見通しや配当金など、今後の見通しを知りたいです。

新型コロナ拡大の影響もあるようですが10年後も成長していますか?フェイスブックの株は買いかも知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • コロナショックでフェイスブック(FB)の株価急落!
  • フェイスブック(facebook)って何の会社?
  • フェイスブックの株価の推移(チャート)と特徴は?
  • フェイスブックの配当金の推移は?
  • フェイスブックの今後の予想は?10年後の成長期待で株は買い?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1,500万円以上の資産を運用しています。

フェイスブックといえばSNSの代名詞ともいえる会社で、世界中の利用者が約25億人にのぼる巨大プラットフォーマーです。

他方、結論から言うとフェイスブック株は、

・個人情報漏洩やセキュリティ強化への対応によるコスト増

・仮想通貨リブラ構想の頓挫

・個人情報保護強化でターゲッティング広告に逆風

・新たな主力事業が育っていない

ということもあり、今後のこれまでのような高い成長は期待できないと考えます。

2018年の個人情報漏洩問題により、創業者でCEOのマーク・ザッカーバーグ氏が議会に召喚され50億ドルにのぼる制裁金を支払うなど、各国の規制が強まっています。

さらにフェイスブックに痛手なのは、個人情報保護の強化によりターゲッティング広告への制限が強まっていることで、これまでのように効果的な広告を打ち出すことが難しくなることです。

今回は、そんなフェイスブックについて銘柄分析です。

※米国株取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。DMM株は米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の公式HPはコチラ

>> DMM株の評判・特徴をみる

コロナショックでフェイスブック(FB)の株価急落!

新型コロナウイルスの拡大による、経済への影響によって世界同時株安が進行。いわゆる”コロナショック”により米国株式市場も大暴落となり、ダウ平均株価も2週間程度で37%も下落する異常事態となりました。

そのような状況の中、以下のチャートのようにのフェイスブック株価も大きく下落。

2月19日の直近高値からわずか1ヶ月程度で

・2月19日:217.49ドル

・3月17日:149.42ドル(31.3%

となり、30%以上の急落となりました。

株価は3月23日にの安値を付けてから大幅反発。5月の段階で暴落前水準を回復して、その後は右肩上がりで株価は上昇しています。

新型コロナ拡大の影響で株価は一時的に大幅下落しましたが、外出制限もありSNS利用者は逆に増加。株価は上昇傾向です。

そんな業績好調のフェイスブックですが、今後に期待できるのでしょうか。以下、フェイスブックの会社概要、株価の状況、業績などを見ていきます。

フェイスブック(facebook)ってどんな会社?

space gray iPhone 6 with Facebook log-in display near Social Media scrabble tiles

フェイスブック(facebook)は、世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を運営する企業で、2004年に創業されたばかりの若い会社です。いまやSNSといえばフェイスブックというほど圧倒的な知名度を誇ります。

創業者はマーク・ザッカーバーグ氏。ハーバード大学を中退後、わずか19歳にしてフェイスブックを起業しました。現在では、世界長者番付で常にトップクラスにランクインしていますね。

SNSのフェイスブックだけではなく、主なもので

・Facebook(フェイスブック)

・Instagram(インスタグラム)

・WhatsApp(ワッツアップ)

というようなサービスも提供しています。若者に人気のインスタグラムもフェイスブックが運営しているんですね。

2020年の売上高は約860億ドル(約9兆円)で、莫大な広告収益を上げていることがわかります。プライバシーの問題やリブラなどで政治から圧力を受ける場面が多いものの、世界の利用者は約29億人と、年々増加しています。

ちなみにインスタグラムの利用者を加えると、月間利用者は33億人となっていて世界人口の半分近くが利用している計算になります。

次に株価や最近の動向について見ていきます。

フェイスブックの株価の状況は?

では早速ですが、フェイスブックの株価の状況をみていきましょう。ここでは株価データと銘柄の特徴について取り上げます。

フェイスブックの株価データ(2021年8月11日現在)を簡単にまとめました。

PERは、ITのグロース銘柄ということを考えると26程度は普通ですね。米国株の平均レベルよりは高いですが、競合のアルファベット(グーグル)が27倍なので同じ水準といえます。

株価は大きく上昇していますが、売り上げもしっかり伸びていることもり、実力を伴ったものと言えそうです。

配当金を出していませんが、今は株主還元よりも成長に力を入れているということでしょう。

フェイスブックの株価も絶好調ですが、同じ大型ハイテク銘柄のGAFAM(アップル、アマゾン、グーグル、マイクロソフト)の株価もコロナショック以降、右肩上がりで上昇しています。

フェイスブックの株価の推移(チャート)は?

次にフェイスブックの長期チャート(10年)を見ていきます。以下が過去10年のチャートで、比較のためにS&P500も掲載しています。

赤:FB 緑:S&P500

コロナショックでフェイスブックの株価が大幅下落しましたが、10年間で株価は約12倍になっており、S&P500と比べても圧倒的に大きく伸びていることがわかります。文句なしのパフォーマンスだと思います。

ただ2018年に8700万人に及ぶユーザー情報流出問題が発覚。欧米諸国が個人情報保護の動きを強める中で業績が一時的に悪化しました。2018年7月には1日で18%以上も減少するなどフェイスブックの株価は大幅に下落。

この個人情報流出により、米連邦取引委員会(FTC)がフェイスブックに対して50億ドル(約5400億円)と過去最大の制裁金を科されたこともあり、この時期の株価軟調でほとんど横ばいの状態でした。

ただ、その後はリブラ計画が暗礁に乗り上げたもののコロナショック後は株価は右肩上がりで上昇しています。

※ロボアドバイザーによる自動運用という選択

毎日が忙しくて資産運用にかける時間がない…。そんな方は口座にお金を振り込むだけでロボアドバイザーが自動運用するWealthNaviが便利かも。株式だけじゃなく債券や金、不動産にも自動で分散投資してくれます。

>> WealthNaviの公式HPはコチラ

>> WealthNaviの評判や特徴をみる

フェイスブックの短期(1年)チャート

コロナショックで大幅下落したフェイスブックの株価も、外出制限によるSNSの利用者が増加傾向ということもあり2020年5月には暴落前水準に戻っています。

FB Facebook, Inc. daily Stock Chart

2021年以上の上昇基調は継続しています。

なお、株式投資で勝率を高めるためには、しっかりとした投資理論を身に着けることから。以下の記事では、初心者向けのものから古典まで、おすすめの米国株投資本を紹介しています。

米国株の投資本でおすすめの10冊は?150冊から厳選!初心者向けも米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方法はありますか? このような疑問...

フェイスブックの配当金は?

フェイスブックは得られた利益を新規事業に投資しているのと、株主還元は自社株買いを中心に行っていることから、配当金を出していません。

まだ企業は成長フェーズにあるということです。

ちなみに米国株の魅力は高配当でかつ連続増配を続けている個別銘柄が多いことです。お宝銘柄を保有し続けるのも投資の醍醐味ですね。おすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。

【米国株】高配当の連続増配株に投資するメリットは?おすすめ8選!米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

フェイスブックの売上高や利益は?

次にフェイスブックの業績をみていきます。以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益、営業利益率の推移となっています。

スマートフォンの普及とともにSNSの利用者が爆発的に増加し続けていることもあり、業績も右肩上がりの急成長となっています。新型コロナ拡大に対する業績への影響はほとんどなく、2020年の業績は増収増益

外出制限によってSNS利用は増加しており、むしろコロナ拡大はフェイスブックにとって追い風だったということです。

また、各国政府による個人情報保護強化が行われているものの、フェイスブックやインスタグラムなどの利用者が増えているうちは売り上げは伸び続けるということでしょう。

一方、2019年に売り上げが伸びているものの利益が減少している要因は、個人情報流出問題で米国政府に対して50億ドルの巨額制裁金の支払いを計上したためです。

2018年以降、営業利益率が減少しているのは、セキュリティ対策などのコストがかさんでいることが要因。今後も個人情報保護強化のトレンドは大きく変わらないと考えられ、フェイスブックの経営の重しになることは間違いないですね。

2021年4〜6月決算は増収増益

フェイスブックの4〜6月の決算概要をまとめたの以下の図です。

新型コロナ拡大による“巣ごもり需要”により、売上高、純利益ともに第2四半期としての過去最高を更新。売上高は前年同期比56%増の290億7700万ドル、純利益は101%増の103億9400万ドルとなってます。

純利益は前年同期比で2倍超えとなったんですね。

一方、フェイスブックからは、今期をピークに売上成長率が鈍化する見通しが発表され、決算発表の翌日、株価は下落しました。

なお、フェイスブックの決算・業績については以下の記事にまとめていますので、是非ご覧ください。

フェイスブックの業績・決算を分析!SNS利用者急増も今後は不安?米国株のフェイスブック(FB)への投資を考えていますが、新型コロナウイルス拡大の影響が気になります。2020年1〜12月決算の結果はどう...

ちなみに、フェイスブックは成長企業ということもあり配当金を出していませんが、米国株の魅力は高配当でしかも連続増配を続けている企業が多いこと。

中には7%を超える銘柄や60年以上連続増配している銘柄も。おすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。

【米国株】高配当の連続増配株に投資するメリットは?おすすめ8選!米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

フェイスブックの株価の予想は?10年後も成長?

iPhone X beside MacBook

業績絶好調のフェイスブックですが、株価はこれまでのような成長は難しいと予想します。

もちろんSNS利用者の拡大は続いていることもあり、今後の業績には期待できることは間違いありません。

これらについて、詳しく見ていきます。

成長鈍化の理由:①売り上げが広告収入に依存

業績は伸び続けているフェイスブックですが、売り上げのほぼ全てが企業からの広告収入となっています。

なのでアップルやアマゾンのようにサービスや製品を提供する対価として収益を得ているという訳ではありません。

企業側が広告費を削減すると、すぐに影響が出てしまうんですね。フェイスブックも仮想現実(VR)関連の事業などの新規事業に進出していますが、まだ収益の柱になるほど成長はしていないですね。

成長鈍化の理由②:個人情報保護強化の動き

2018年以降に営業利益率が減少しているのは、間違いなく個人情報保護強化への対応にコストがかかっているためでしょう。

近年、IT企業(プラットフォーマー)の台頭により各国政府が個人情報保護強化や独占禁止法適用などの動きが強くなっていますね。フェイスブックの情報流出もあり、個人情報保護を求める世論は世界的に強まってきています。

フェイスブックが打ち出した仮想通貨リブラ構想が頓挫しているのも、セキュリティや巨大プラットフォーマーに対する各国の警戒感があるのは間違いありません。

セキュリティや個人情報保護に対するコストが、フェイスブックの経営の重しになると考えられます。

成長鈍化の理由③:ターゲッティング広告への逆風

ユーザーのSNS利用履歴などを分析して効果的な広告を表示するターゲッティング広告に批判や逆風が吹いています。

欧米を中心に個人情報保護を強化する流れが強くなっているんですね。

特にフェイスブックにとって痛手なのがAppleのiOSアップデートにより、ターゲティング広告への制限を開始しました。

これまでのような効果的な広告を提供できなくなることは確実なので、広告収入に依存するフェイスブックの経営に大きな影響が出ることは間違いないですね。

なお、米国株への投資を考えている方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判と気になるデメリットとは?DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

>> DMM株 公式ページはコチラ

フェイスブックの株は買いか?まとめ

今回は、フェイスブックの銘柄分析ということで、株価の推移(チャート)や特徴、株は買いかについて述べてきました。

SNSの利用者が世界的に増え続けるフェイスブック。新型コロナの影響で株価は大幅下落していますが、外出制限もありSNS利用は逆に増加していることもあり株価は上昇傾向です。

急成長を遂げているフェイスブックですが、収益は広告収入に依存しており、他の新規事業が育っていないことは懸念材料ですね。

加えて、今後は個人情報保護などの対応にもコストがかかってきますので、これまでのような高い成長を見込むのは難しいと考えます。

なので、自分なら広告収入のみに依存しているフェイスブックではなく、自社製品やサービスを提供しているアマゾンかアップルの株を購入しますね。

最後に米国株やETFに賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

1000円からフェイスブックに投資

”投資資金が少なくて米国株の複数銘柄に投資なんてできない!”

このような方も多いと思います。

特に若い世代の方は、米国企業に投資したくても株式投資に多くの資金をまわす余裕はないですよね。

そのような方にはPayPay証券なら、米国株を1,000円の少額から取引するのが良いかもです。

PayPay証券なら1000円から米国株投資

PayPay証券は、アップル、アマゾン、テスラ、エヌビディアなど米国の優良企業に1,000円の少額から投資できます。

PayPay証券

少額からスマホで取引できるので”米国株はちょっと難しそう”とか”まずは試しに米国株を始めたい”という方に良いかも。

PayPay証券のメリットをまとめると、

  1. スマホアプリで簡単に米国株投資
  2. 1,000円から米国の大企業の株主になれる
  3. 米国株に積立投資ができる

というもの。

これを機会にPayPay証券に口座開設して、スマホアプリで米国株投資を開始してみてはいかがでしょうか?

スマホで気軽に取引
PayPay証券
公式HPはコチラ
※最短5分で申し込み完了

PayPay証券の特徴を以下の記事にまとめてます。ぜひご覧ください。

PayPay証券で米国株に1,000円から投資!取扱銘柄や手数料は?米国株に投資したいのだけど、そんなにお金がないので少額から米国株を始める方法はないですか? PayPay証券が良いと聞いたのですが...

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

巨大ハイテク企業のGAFA+Microsoft。5社で時価総額は、既に東証一部を超えで株価も絶好調です。それぞれの業績や株価の推移をまとめました。

GAFA+Microsoftの株価が爆上げ中!投資すべき?買い時?最近GAFAという言葉をよく聞きますがこれって何ですか?株価が急上昇しているようですが…。 そんなGAFAやMicrosoftに投...

 

米国株といえばイノベーション力に優れたハイテク銘柄や新しいサービスで急成長している銘柄が多いことが特徴です。今後の業績も期待できる米国のグロース銘柄をまとめました。

米国株の成長銘柄14選とは?2021年おすすめグロース株はこれだ!米国株の成長銘柄への投資を考えているんですが…。2021年おすすめのグロース株にはどんな銘柄がありますか? このような疑問を持つ方...

 

大型ハイテク銘柄などのグロース株に比べるとバリュー株は地味な銘柄が多いですが、業績鉄板の高配当銘柄が多いです。そんなバリュー株の特徴をまとめました。

【米国株】バリュー株のおすすめ7銘柄はコレだ!(2021年最新)米国株のバリュー株への投資ってどういう手法なんですか?探し方やおすすめの割安銘柄も知りたいです。 このような疑問を持つ方に向けて記...

 

米国市場の魅力は大企業でも成長性に優れた銘柄多いこと。米国株によるグロース投資の特徴とおすすめ銘柄をまとめました。ぜひご覧ください。

【米国株】グロース株の特徴とは?鉄板の人気銘柄3選も紹介!米国株のグロース投資ってどういう手法なんですか?探し方やおすすめのグロース株も知りたいです。 このような疑問を持つ方に向けて記事を...

 

米国株は、年4回配当金が支払われるのが大きな特徴の一つです。なので銘柄をうまく組み合わせれば少数銘柄で毎月配当金ポートフォリオも可能。おすすめの銘柄をまとめました。

米国株で毎月配当金ポートフォリオを作る!メリットとおすすめ銘柄は?米国株で毎月配当金ポートフォリオを作りたいです。メリットやおすすめの銘柄は何ですか? このような疑問を持つ方に向けて記事を買いてい...

 

米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。主要ネット証券会社の手数料を比較。オススメの証券会社はどこか?

米国株の手数料を徹底比較!おすすめ証券会社はどこ?(2021最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...