米国株

セールスフォースの株価:今後の見通しや配当は?ダウ採用の実力を分析!

米国株のセールスフォース・ドットコム(CRM)への投資を考えています。株価の今後の見通しや配当の推移を知りたいです。

ダウ工業平均株価にも採用されたようですが…セールスフォースの株は買いですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • セールスフォース・ドットコム(CRM)って何の会社?
  • セールスフォースの株価の推移(チャート)と特徴は?
  • セールスフォースの配当金の推移は?
  • セールスフォースの今後の予想は?成長期待で株は買いか?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1,500万円以上の資産を運用しています。

企業の顧客情報をクラウドで管理するサービスを提供するセールスフォース。2020年にNYダウにも採用された勢いのある企業です。

顧客情報の管理だけでなく、顧客の行動などのビックデータを解析して効率的な営業や経営に関する提案なども行ってくれる企業です。

今回は、そんなセールスフォースについて株は買いか、銘柄分析をしていきます。

ぜひ最後までご覧ください。

DMM株なら米国株取引手数料が0円!

DMM株では、米国株を手数料完全無料で取引することができます。

【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、日本株に比べて実は割高…。

しかも大手ネット証券で横並びなんです。

少しでもコストを下げて米国株を取引したい…、そんな方はDMM株が良いかもです。

DMM株は、他の証券会社に先駆けて米国株そして米国ETFの取引手数料が完全無料

取引手数料0円でお得に米国株を取引をしてはいかがでしょうか?

口座開設・維持費無料!
DMM株
公式HPはコチラ
5分で申し込み完了!

>> DMM株の評判と口コミを見る

セールスフォース・ドットコムってどんな会社?

セールスフォース・ドットコム(Salesforce.com、CRMといえば、米国カリフォルニア州に本社を置く、企業の顧客管理(CRM)、顧客サービス、営業などのシステムをクラウドで提供するなど、企業のデジタル化推進に必要なサービスを提供する会社です。

いわゆる”SaaS(Software as a Service)”と呼ばれるもので、クラウド上に必要なソフトウェアを配置し、ネット経由でサービスを提供し月額利用料を徴収するビジネスモデルです。

定期的な利用料を支払う必要はありますが、セールスフォースが提供するサービスはクラウド上で管理されているので、企業はデータを管理するためのサーバーや顧客管理などのソフトウェアを準備する必要がありません。

ネットを利用することができれば、これらのサービスを利用できるので、企業にとってみると莫大な資金を投じてサーバーを整備したり、セキュリティ対策を行ったりする必要がないことが大きなメリット

企業向けのサービスということで知名度はそんなに高くないですが、クラウド業界ではアマゾンマイクロソフトに次ぐ世界第3位の規模を誇ります。

民間の会社が発表した調査では、7年連続で顧客管理(CRM)プロバイダー第1位になるなど、この分野では圧倒的なシェアを持ちます。

PDFのアドビも顧客管理サービスをクラウドで提供していますが、セールスフォースが規模で圧倒しているんですね。

セールスフォースを利用している企業は世界で15万社、政府系機関などもサービスを導入しています。

2020年にエクソン・モービルに代わってダウ工業平均株価の採用銘柄となり、原油の世紀からIT・ネット時代への変革を象徴する出来事として話題となりました。

次に株価や最近の動向について見ていきます。

セールスフォース(CRM)の株価の状況は?

では早速ですが、セールスフォースの株価の状況をみていきましょう。ここでは株価データと銘柄の特徴について取り上げます。

セールスフォースの株価データ(2022年1月14日現在)を簡単にまとめました。

PERが108倍と思いのほか高いですね。クラウドサービスを提供するアドビもPERが高いこともあり、これらのサービスを提供する企業の投資家からの期待は高いということでしょう。

新型コロナ拡大による外出制限などにより、テレワーク推進など企業のIT化は加速し、クラウドの需要は拡大しています。この傾向は今後もしばらくは続くと見られています。

なお、新型コロナ拡大により、クラウド同様、キャッシュレス化も世界的に加速するのは間違いありません。

キャッシュレス銘柄ペイパルやスクエアも株価は大きく上昇しています。

セールスフォースの株価の推移(チャート)は?

次にセールスフォースの長期チャート(10年)を見ていきます。以下が過去10年のチャートで、比較のためにS&P500も掲載しています。

赤:CRM 水色:S&P500

セールスフォースの株価は10年で約4倍となっていますが、22年に入って大きく株価が下落しています。

S&P500と比較すると、セールスフォースの株価がアウトパフォームしているのがわかります。

短期的に株価は軟調

2020年8月末日にエクソン・モービルに代わりダウ工業株30種に採用されて以降、株価は冴えないですね。

以下のチャートは直近1年チャートですが、中央銀行のFRBが2022年に入って早期利上げする方針を示しており、ハイテク株は大きく売られていますね。

株価は短期的に下落傾向です。

赤:CRM 水色:S&P500

2020年12月に企業向けSNSサービスの大手Slackを277億ドル(約2.9兆円)で買収することを発表したところ、翌日の株価が10%以上下落しました。

買収前のSlackの企業評価は日本円で2.6兆円程度ということもあり買収額が高額すぎることと、セールスフォースの事業内容とのシナジー効果が薄いと市場が反応したためです。

2020年のコロナショック以降、大きく株価が上昇していたハイテク銘柄も、金利の上昇などもあり短期的な調整局面を迎えています。

このように銘柄には特徴がありますから、その違いを踏まえ投資先を検討することで投資の勝率を高めることにつながります。

投資理論を知るための、おすすめの米国株投資本については、以下の記事にまとめていますのでぜひご覧下さい。

(2022年最新)米国株のおすすめ本ランキング10選!150冊から厳選!米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?初心者向けの本も知りたいです。 全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方...

セールスフォースの配当実績は?

セールスフォースは得られた利益を新規事業に投資しているのと、配当金を出していません。これまでののところ自社株買いの実績もありません。

株価の上昇による投資家に還元するという方針のようです。

セールスフォースはクラウド事業の成長株ということもあり、配当を期待して投資する銘柄ではないということです。

ちなみに米国株の魅力は高配当でかつ連続増配を続けている個別銘柄が多いことです。お宝銘柄を保有し続けて配当を受け取り続けるのも投資の醍醐味ですね。

配当利回り7%超えの銘柄や60年以上連続増配しているなど素晴らしい銘柄が米国にはたくさんあるんですね。以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

【米国株】高配当の連続増配おすすめ7銘柄とは?(2022年最新)米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、おすすめの銘柄を知りたいです。 これらの銘柄に投資するメリットは何で...

セールスフォースの売上高や利益は?

次にセールスフォースの業績をみていきます。

以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益、営業利益率の推移となっています。

売り上げは右肩上がりで伸びていますが、いかんせん利益が全くといって良いほど発生していないです。シェア拡大のため、きめの細かい手厚いサービスの提供や利用料金を抑えているためですね。

利益率が低いのは経営上の課題であることは間違いありませんが、一方、世界15万の顧客から月額利用料がしっかりと支払われるため、キャッシュフローはプラスとなっているので、財務的にそれほど問題はないですね。

いずれは利用料金の引き上げなどを行い、利益を最大化させていくことになると思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するオックスフォードインカムレター

メールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます。

自分も登録してみたところ、おなじみの米国の個別銘柄に関する内容や、米国株による資産形成に関する内容などがタイムリーに送られてきます。

永久に持っておきたい6つの高配当米国株についても知ることができます。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

オックスフォードインカムレター
>> 無料メルマガに登録してみる

なお、オックスフォードインカムレターの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

オックスフォードインカムレター評判は?無料メルマガは役立つのか?オックスフォードインカムレターは米国株投資に役立つんですかね?メルマガって何か怪しいイメージがあるんですよね。 Oxfordインカ...

セールスフォースの株価の予想は?

顧客管理(CRM)サービスをクラウドで提供するサービスのシェアが圧倒的なことや、企業のクラウド利用が増え続けていることもあり、セールスフォースの成長も今後かなり期待できると考えます。

セールスフォースのクラウド収益の内訳は、ざっくりと

クラウド売り上げ内訳

  • セールス・クラウド:25%
  • サービス・クラウド:30%
  • マーケティング・クラウド:15%
  • プラットフォーム:30%

となっています。

セールスクラウドやサービスクラウドが、顧客管理を一元的に扱うサービス。マーケティングクラウドが顧客行動に関するビックデータを解析して、効率的・効果的な経営を行うための提案を行うサービスです。

セールスフォースが提供するクラウドサービスには、「Einstein(アインシュタイン)」と呼ばれるAIが活用されています。顧客企業のユーザなどのデータを基に、このAIが売上予測や見込み客の提案を行ってくれるんですよね。

このようなデータを活用して、顧客企業は自分のビジネスを効率的に実施することができるというわけです。

顧客やビジネス上のデータは、サーバーなどを自前で整備して管理する方式から、多くの企業はクラウドを活用して行う方式への転換を進めています。自前で整備すると莫大なコストがかかるためですね。

クラウドによる月額制のサブスクサービスの利用は、今後ますます利用者が増えるのは確実。セールスフォースの業績や株価も期待できそうです。

米国株取引手数料ゼロの証券会社

なお、セールスフォースも含めて米国株への投資を考えている方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株の評判と気になるデメリットとは?米国株の取引手数料0円!DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

セールスフォースの株は買い時か?まとめ

今回はセールスフォース(CRM)の銘柄分析ということで、株価の推移(チャート)や特徴、株は買いかについて述べてきました。

セールスフォースが提供する、クラウドによる月額制のサブスクサービスは、今後ますます利用者が増える見込みで、今後の業績や株価も期待できそうです。

最後に米国株やETFに賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

1000円からセールスフォースに少額投資

投資資金が少なくて複数の銘柄に投資なんてできない!

米国株への投資は多額の資金が必要でハードルが高いとのイメージがあるかも。しかし、最近は少額からでも投資を始めることができる様々なサービスがあるんです。

例えばPayPay証券なら、米国株を1,000円の少額から取引することができます。

PayPay証券なら1000円から米国株投資

PayPay証券は、アップル、アマゾン、テスラ、エヌビディアなど米国の優良企業に1,000円の少額から投資できます。

PayPay証券

少額からスマホで取引できるので”米国株はちょっと難しそう”とか”まずは試しに米国株を始めたい”という方に良いかも。

PayPay証券のメリットをまとめると、

  1. スマホアプリで簡単に米国株投資
  2. 1,000円から米国の大企業の株主になれる
  3. 米国株に積立投資ができる

というもの。

これを機会にPayPay証券に口座開設して、スマホアプリで米国株投資を開始してみてはいかがでしょうか?

スマホで気軽に取引
PayPay証券
公式HPはコチラ
※最短5分で申し込み完了

>> PayPay証券の評判と口コミを見る

S&P500や米国株にレバレッジ取引

株価指数、外国株、金、原油…などなど。いろんな商品に気軽に投資ができるCFD。最大の魅力はFXのようにレバレッジをかけて取引できること。

特に株価指数CFDはレバレッジをかけたインデックス投資なので、長期的に高いリターンが期待できます。

自分もS&P500CFDに長期投資しています!

CFD取引ならGMOクリック証券!

S&P500、ダウ平均、ナスダックなどの株価指数や米国株にレバレッジをかけて投資できるCFDならGMOクリック証券です。

  • 少額資金で5〜20倍の投資が可能
  • Apple、Teslaなどの個別株にもレバレッジ
  • 金、原油、コーンなどの商品にも投資可能

かいまる
かいまる
S&P500などの株価指数CFDなら5万円の資金で50万円の取引ができます。

米国株式市場は長期的に右肩上がり。

なので、S&P500CFDやナスダックCFDを長期保有することで少ない資金でも大きなリターンが期待できます。

無料で始める
GMOクリック証券
公式HPはコチラ
※5分で申込み完了!

GMOクリック証券の特徴・評判・口コミについては、姉妹サイトの記事でまとめています。ぜひご覧ください。

>> GMOの評判と口コミを見る(姉妹サイト)

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

巨大ハイテク企業のGAFA+Microsoft。5社で時価総額は、既に東証一部を超えで株価も絶好調です。それぞれの業績や株価の推移をまとめました。

GAFA+Microsoftの株価は今後も期待大?株を買うおすすめ方法は?最近GAFAという言葉をよく聞きますがこれって何ですか?株価は上昇していますが、今後も期待できますかね。 Facebookが”Me...

 

米国株といえばイノベーション力に優れたハイテク銘柄や新しいサービスで急成長している銘柄が多いことが特徴です。今後の業績も期待できる米国のグロース銘柄をまとめました。

2022年米国グロース株おすすめ15選とは?成長銘柄を厳選!米国株の成長銘柄への投資を考えているんですが…。2022年おすすめのグロース株にはどんな銘柄がありますか? このような疑問を持つ方...

 

大型ハイテク銘柄などのグロース株に比べるとバリュー株は地味な銘柄が多いですが、業績鉄板の高配当銘柄が多いです。そんなバリュー株の特徴をまとめました。

【米国株】バリュー株のおすすめ8銘柄はコレだ!(2022年最新)米国株のバリュー株への投資ってどういう手法なんですか?探し方やおすすめの割安銘柄も知りたいです。 このような興味を持つ方に向けて記...

 

米国株は、年4回配当金が支払われるのが大きな特徴の一つです。なので銘柄をうまく組み合わせれば少数銘柄で毎月配当金ポートフォリオも可能。おすすめの銘柄をまとめました。

米国株で毎月配当ポートフォリオ!おすすめ銘柄は?(2022最新)米国株で毎月配当ポートフォリオを作りたいです。メリットやおすすめの銘柄は何ですか? このような疑問を持つ方に向けて記事を買いていま...

 

米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。主要ネット証券会社の手数料を比較。オススメの証券会社はどこか?

米国株のおすすめ証券会社はどこ?手数料を徹底比較!(2022最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...
利息でコツコツ資産を増やすならFundsです!

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがFunds。株のように値動きがないので相場の動きが気になりません。

Funds

銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢。投資するファンドにもよりますがの年率1.5〜3%程度のリターンが期待できます!

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい

 

詳しくは以下をクリック!

口座開設は無料!簡単申込み
Funds
公式HPはコチラ

 

>> Fundsの評判と口コミを見る