米国株

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD) 株価:今後の見通しは?

米国株のアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)への投資を考えています。AMDの株価の見通し、配当や今後の予想を知りたいです。

業績は好調のようですが…AMDの株は買いですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • アドバンスド・マイクロ・デバイセズ(AMD)の株価下落!
  • AMD(Advanced Micro Devices)って何の会社?
  • AMDの株価の推移(チャート)と特徴は?
  • AMDの配当金の推移は?
  • AMDの今後の予想は?成長期待で株は買いか?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1,500万円以上の資産を運用しています。

結論から言うとAMD株は、

・テレワークや遠隔授業によるパソコン、データセンター向けCPUの需要増

・世界的なゲーム需要の増加

・インテルからのシェア奪還

・CPUの技術的な優位性

ということもあり、結論からいうと将来的な成長期待十分な銘柄ですね。

AMDというと、CPUの分野でインテルに次ぐ2番手という位置付けですが、2017年に販売開始したCPUのRyzenシリーズが高性能かつ低価格ということで売り上げが絶好調。

パソコン市場でインテルのシェア奪っており、さらに高性能ゲーム機であるPS5や最新XboxにもAMD製が採用されています。

今回は、そんな成長株AMDについて、株は買いか銘柄分析です。

DMM株なら米国株取引手数料が0円!

DMM株では、米国株を手数料完全無料で取引することができます。

【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、日本株に比べて実は割高…。

しかも大手ネット証券で横並びなんです。

少しでもコストを下げて米国株を取引したい…、そんな方はDMM株が良いかもです。

DMM株は、他の証券会社に先駆けて米国株そして米国ETFの取引手数料が完全無料

取引手数料0円でお得に米国株を取引をしてはいかがでしょうか?

口座開設・維持費無料!
DMM株
公式HPはコチラ
5分で申し込み完了!

AMDってどんな会社?

アドバンスド・マイクロ・デバイセズ(Advanced Micro Devices、AMDといえば、パソコンやサーバーなどの頭脳にあたるCPU(中央演算処理装置)やゲームなどで高速で画像処理や演算処理をおこなうGPU(画像処理)を開発・設計を事業とする企業です。

AMDの創業は1969年で、インテルなどが製造するオリジナルの半導体の代替品を製造する、いわゆるセカンドソースメーカーとして誕生しました。

その後、独自で設計したCPUが人気となり、インテルに対抗できる唯一のCPUメーカーとして地位を確立。一時業績が大きく落ち込みましたが、高性能かつ低価格のCPUやGPUの製造に成功し業績はV字回復しています。

CPUといえばインテル製のPentiumやCoreシリーズが市場を席巻していましたが、AMDは”Athlon(アスロン)”で巻き返し、最近では”Ryzen(ライゼン)”やサーバー用CPUの”Epyc(エピック)”が高性能・低価格であるためユーザーからの人気が高く、存在感を増しています。

またGPUでもAMDは”Radeon(レイディオン)”でライバルのNVIDIAのシェアを奪いつつあります。

家庭用ゲーム機では、任天堂のSwitchがNVIDIA製のCPUとGPUを採用しているのに対し、2020年に販売されたソニーのPS5やマイクロソフトのXbox Series XではAMD製が採用されているんですね。

画像処理を行うGPUはゲーム機だけではなく、データセンターやAI(深層学習)、仮想通貨のマイニング、自動運転など幅広い分野にも活用されていくことになるため、CPU市場以上に今後の需要拡大が期待できる分野です。

ちなみに、インテルは自社で半導体の製造を行っていますが、AMDは設計や開発に特化していて製造を技術力の高い台湾セミコンダクター(TSMC)など外部に委託しています。

AMDが2019年に7ナノメートルのCPU開発に成功した一方で、インテルは2020年になっても開発に手間取り、当面はTSMCに委託に頼ることになりました。

参考記事:米インテル、7ナノ技術開発が6カ月遅延 外部生産委託拡大も(ロイター)

現状では、ライバルのインテル製よりもAMD製のCPUの方が性能面では優れていると言えるでしょう。

次に株価や最近の動向について見ていきます。

AMDの株価の状況は?

では早速ですが、AMDの株価の状況をみていきましょう。ここでは株価データと銘柄の特徴について取り上げます。

AMDの株価データ(2021年8月20日現在)を簡単にまとめました。

情報技術セクターの成長銘柄ということでPERが35倍超えと、わりと高いですね。ちなみに、NVIDIAのPERが74倍やインテルが11倍程度です。

7ナノメートルの最新型CPUの量産に成功していることもあり、インテルよりも株価は割高水準にあるといえるでしょう。

AMDは米国の情報技術セクターの代表銘柄ですが、他にもAppleやMicrosoft、VISAの株価も好調です。

AMDの株価の推移(チャート)は?

次にAMDの長期チャート(10年)を見ていきます。以下が過去10年のチャートで、比較のためにS&P500も掲載しています。

赤:AMD 水色:S&P500

エヌビディアの株価は10年で15倍(⁉︎)と上昇しています。特にCPUのRyzenシリーズが販売開始された2017年以降の株価上昇が凄まじいですね。

S&P500もリーマン後のパフォーマンスは年率10%程度と決して悪くないにもかかわらず、AMDを比較してしまうとチャートはほぼ平らな状態です。

短期的に株価は急騰

また以下のチャートはコロナショックをはさんだ2年チャートです。

さすがに2020年のコロナショックで少なからず下落はしたものの、2年の期間で見るとほとんど影響がないですね。

赤:AMD 水色:S&P500

CPUやGPU事業は新型コロナ拡大による外出制限でも、業績への影響は限られるということもあり、2020年5月の段階で暴落前水準に株価は回復していますね。

コロナ拡大の影響が懸念された2020年4~6月期決算は純利益が前年同期の何と4.5倍。ライバルのNVIDIAも同じ時期の純利益は2.3倍となっています。

新型コロナウイルスの拡大による外出制限でパソコンの需要が増えたことから、CPUの販売が増加。いわゆる「巣ごもり関連」消費の増大で、業績が好調だったこともあり株価も順調に回復したということです。

このように銘柄の特徴には違いがありますから、その違いを踏まえ投資先を検討することで投資の勝率を高めることにつながります。投資理論を知るための、おすすめの米国株投資本については、以下の記事にまとめていますのでぜひご覧下さい。

米国株の投資本でおすすめの10冊は?150冊から厳選!初心者向けも米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方法はありますか? このような疑問...

AMDの配当実績は?

AMDは得られた利益をCPUの開発に投資しているのと、株主還元は自社株買いを中心に行っているため配当金を出していません。

半導体の成長株ということもあり、配当を期待して投資する銘柄ではないということです。情報技術セクターで高い配当利回りを期待したいのであれば、インテルかIBMあたりがおすすめです。

ちなみに米国株の魅力は高配当でかつ連続増配を続けている個別銘柄が多いことです。お宝銘柄を保有し続けて配当を受け取り続けるのも投資の醍醐味ですね。

配当利回り7%超えの銘柄や60年以上連続増配しているなど素晴らしい銘柄が米国にはたくさんあるんですね。以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

【米国株】高配当の連続増配株に投資するメリットは?おすすめ8選!米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

AMDの売上高や利益は?

次にAMDの業績をみていきます。以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益、営業利益率の推移となっています。

ここ数年の売上高は右肩上がりで推移していますが、営業利益がプラスに転換したのはRyzenシリーズの販売が開始された2017年以降ですね。

業績が大きく落ち込んだ2015年ごろは、インテルのCoreシリーズにCPU市場を席巻され業績が著しく悪化。他のIT企業に買収されるのではないかと噂されるぐらいだったんですよね。

2020年は新型コロナ拡大の影響でパソコン用のCPUの売り上げが好調。されにAIの活用やデータセンター向けのGPU販売も大きく伸びたこともあり売り上げが大きく伸びてます。

AMDの事業別の収益内訳は、ざっくりと

事業内訳

・コンピューター&グラフィック部門:70%

・企業向け&カスタム部門:30%

となっていて、やはり主力のCPUとGPUの売り上げが事業の大きな割合を占めているのがわかります。

実は、企業向け&カスタム部門の売り上げが落ちているのですが、2020年末に販売されたPlay StationやXboxの新型の買い控えが起こったためです。

なお、CPUはインテル、GPUはNVIDIAと競合していて、業界的には共に2番手の位置です。他方、CPUのシェアは長らくインテルが75%、AMDが25%という状況でしたが、2019年を境にAMDのシェアが急速に伸びています。

引用元:PASS MARK

2019年というと、AMDが7ナノメートルの新型CPUを台湾セミコンダクターに委託して量産を開始した年ですね。2021年に入っても、インテルは同型の生産に手間取っていることもあり、半導体は技術的な優位性で大きくシェアが左右される事業といえるでしょう。

今後は、AIや自動運転分野など将来的に大きな需要が見込めるGPUで、アーム社買収で勢いに乗るNVIDIAの牙城を崩せるのかどうか、注目ですね。

(参考記事:アーム社買収でNVIDIAの株は買いか?

2021年4〜6月決算も増収増益

四半期ベースでの業績推移を見ると、2021年に入っても好調をキープしているのが分かります。

売上高が前年同期比99%増と業績好調は継続。

同社による、収益性の高いデータセンター向けCPU市場で、インテルから市場シェアを奪いつつあることが示されています。

※ロボアドバイザーによる自動運用という選択

毎日が忙しくて資産運用にかける時間がない…。そんな方は口座にお金を振り込むだけでロボアドバイザーが自動運用するWealthNaviが便利かも。株式だけじゃなく債券や金、不動産にも自動で分散投資してくれます。

>> WealthNaviの公式HPはコチラ

>> WealthNaviの評判や特徴をみる

AMDの株価の予想は?

AMDの業績は感染症による外出制限などパソコンやデータセンター向けCPU需要増の恩恵を受けていることもあり、しばらくは株価の上昇も続くのではと予想します。

理由をたんてきにいうと、

・世界的なゲーム需要の増加

・テレワークや遠隔授業によるパソコン、データセンター向けCPUの需要増

・インテルからのシェア奪還

・CPUの技術的な優位性

ということ。今後、大きく売り上げが伸びると見込まれるPlay StationやXboxの新型には、AMD製のCPUやGPUが搭載されています。

さらにいうと、Googleが2020年に参入したクラウドゲームプラットフォーム”Stadia”もデータセンターのGPUはAMD製が採用されています。高性能ゲーム機向けのGPUについては、AMDが頭一つ抜け出しているということです。

さらに、新型コロナ拡大による外出規制がある状況下、テレワークや遠隔授業によりコンピュータやデータセンターの需要が伸びていますね。将来的にも、これらの需要増大は確実といえるでしょう。

2021年に入っても、ライバルのインテルは7ナノメートルのCPU量産に手間取っており、AMDの技術的優位性はしばらく続きそうです。

これからAIや自動運転の本格的な普及にあわせて、GPUの需要は増大することを考えると、AMDの将来性は十分と考えいます。

米国株の取引手数料ゼロの証券会社

なお、AMDも含めて米国株への投資を考えている方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判と気になるデメリットとは?DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

AMDの株は買い時か?まとめ

今回はAMDの銘柄分析ということで、株価の推移や特徴、配当、株は買いかについて述べてきました。

米国のCPUやGPUの設計・開発を行うAMD。インテルの2番手という位置付けですが、2017年に販売開始された高性能・低価格CPUのRyzenシリーズの売り上げが絶好調。

7ナノメートルの新型CPUの量産にも成功していることから、パソコン向けだけではなく、データセンター向けのCPUもインテルのシェアを奪っている状況です。

新型コロナ拡大による外出制限もAMDの業績にはむしろ追い風で、ゲーム用、データセンター用CPU需要が伸びています。

技術的な優位性により当面の株価上昇が期待できる。AMDはそんな銘柄と言えそうです。

最後に米国株やETFに賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

1000円からAMDに投資

米国株への投資は多額の資金が必要でハードルが高いとのイメージがあるかもです。しかし、最近は少額からでも投資を始めることができる様々なサービスがあるんです。

例えばPayPay証券なら、米国株を1,000円の少額から取引することができます。

PayPay証券なら1000円から米国株投資

PayPay証券は、アップル、アマゾン、テスラ、エヌビディアなど米国の優良企業に1,000円の少額から投資できます。

PayPay証券

少額からスマホで取引できるので”米国株はちょっと難しそう”とか”まずは試しに米国株を始めたい”という方に良いかも。

PayPay証券のメリットをまとめると、

  1. スマホアプリで簡単に米国株投資
  2. 1,000円から米国の大企業の株主になれる
  3. 米国株に積立投資ができる

というもの。

これを機会にPayPay証券に口座開設して、スマホアプリで米国株投資を開始してみてはいかがでしょうか?

スマホで気軽に取引
PayPay証券
公式HPはコチラ
※最短5分で申し込み完了

PayPay証券の特徴を以下の記事にまとめてます。ぜひご覧ください。

PayPay証券で米国株に1,000円から投資!取扱銘柄や手数料は?米国株に投資したいのだけど、そんなにお金がないので少額から米国株を始める方法はないですか? PayPay証券が良いと聞いたのですが...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

巨大ハイテク企業のGAFA+Microsoft。5社で時価総額は、既に東証一部を超えで株価も絶好調です。それぞれの業績や株価の推移をまとめました。

GAFA+Microsoftの株価が爆上げ中!投資すべき?買い時?最近GAFAという言葉をよく聞きますがこれって何ですか?株価が急上昇しているようですが…。 そんなGAFAやMicrosoftに投...

 

米国株といえばイノベーション力に優れたハイテク銘柄や新しいサービスで急成長している銘柄が多いことが特徴です。今後の業績も期待できる米国のグロース銘柄をまとめました。

米国株の成長銘柄14選とは?2021年おすすめグロース株はこれだ!米国株の成長銘柄への投資を考えているんですが…。2021年おすすめのグロース株にはどんな銘柄がありますか? このような疑問を持つ方...

 

大型ハイテク銘柄などのグロース株に比べるとバリュー株は地味な銘柄が多いですが、業績鉄板の高配当銘柄が多いです。そんなバリュー株の特徴をまとめました。

【米国株】バリュー株のおすすめ7銘柄はコレだ!(2021年最新)米国株のバリュー株への投資ってどういう手法なんですか?探し方やおすすめの割安銘柄も知りたいです。 このような疑問を持つ方に向けて記...

 

米国株は、年4回配当金が支払われるのが大きな特徴の一つです。なので銘柄をうまく組み合わせれば少数銘柄で毎月配当金ポートフォリオも可能。おすすめの銘柄をまとめました。

米国株で毎月配当金ポートフォリオを作る!メリットとおすすめ銘柄は?米国株で毎月配当金ポートフォリオを作りたいです。メリットやおすすめの銘柄は何ですか? このような疑問を持つ方に向けて記事を買いてい...

 

米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。主要ネット証券会社の手数料を比較。オススメの証券会社はどこか?

米国株の手数料を徹底比較!おすすめ証券会社はどこ?(2021最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...