米国株

アップルの今後の株価を予想!配当金の推移は?株は買いか徹底分析!

米国株のアップル(AAPL)への投資を考えています。Appleの株価の見通しや予想、配当金の推移を知りたいです。

コロナショック後に株価は大幅上昇しているようですが、どこまで上がりますか?アップル株は買い?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • コロナショックでアップル(AAPL)の株価急落!
  • アップル(Apple)って何の会社?
  • アップルの株価の推移(チャート)と特徴は?
  • アップルの配当金の推移は?
  • アップルの今後の予想は?成長期待で株は買いか?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1,000万円以上の資産を運用しています。

結論から言うとアップル株は、

・高いブランド力でiPhoneなどで業績が安定

・音楽ストリーミングやApple Payなどのサービス事業の急成長

・新型コロナ拡大による売り上げ減少は一時的

・5年平均増配率(年率)が10%超え

ということもあり、今後の成長も期待できつつ配当も伸びているため、長期保有には向いた銘柄といえます。

iPhoneⅩの高級化路線がうまくいかず、2018年末の業績が悪化。中国の経済減速もあり、世界同時株安を誘った「アップルショック」により株価が一時的に大幅下落。

しかし、iPhone 11、12の売り上げが好調なことや、サービス事業の急成長により株価はV時回復。

コロナショックにより株価が大幅に下落したものの、既に暴落前水準を回復し過去最高値を更新し続けています。

今回は、そんなアップルについて銘柄分析です。ぜひ最後までご覧ください。

※米国株取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。DMM株は米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の公式HPはコチラ

>> DMM株の評判・特徴をみる

コロナショックで株価急落もすぐに暴落前水準へ

新型コロナウイルスの拡大による、経済への影響によって世界同時株安が進行。いわゆる”コロナショック”により米国株式市場も大暴落となり、ダウ平均株価も2週間程度で37%も下落する異常事態となりました。

そのような状況の中、以下のチャートのようにApple(アップル)の株価も大きく下落。

2月19日の直近高値からわずか1ヶ月程度でアップルの株価が

・2月19日:323.62ドル

・3月23日:224.37ドル(30.7%

となり、30%以上の急落となりました。

しかし、株価の2番底が懸念されたものの株価は3月23日にの安値を付けてから急激に反発しており5月の段階で暴落前水準を回復しました。

コロナショックのあった2020年2月からの1年チャートを、S&P500と比較すると以下のようになっています。

赤:AAPL 緑:S&P500

しかし、アップルのようなITセクターの企業は新型コロナウイルス拡大の影響が、他の石油、自動車、外食、製造業などに比べげ限定的だったこともあり、株価も底堅い状況です。

新型コロナ拡大によって株価が急落したもののすぐに回復したアップル。

業績悪化が懸念されたアップルですが、実際の売り上げなどはどうだったのか?今後に期待できるのでしょうか。

以下、アップルの会社概要、株価の状況、業績などを見ていきます。

アップル(AAPL)ってどんな会社?

アップル(Apple)は、スマートフォンのiPhone、パソコンのiMac、MacbookやタブレットのiPad及び関連製品などを製造・販売している企業で、日本でも知らない人はいないぐらい知名度の高いメーカーです。

直営店のApple StoreやApple Online Storeでこれらの製品を販売している他、最近ではサービス事業にも力を入れており音楽、映画、TV、スマホアプリ、電子書籍など広範囲なデジタルコンテンツの販売・提供を行っています。

現在の売り上げの半分以上は、創業事業のパソコンではなく、iphoneやipadを中心として携帯端末事業となっています。

設立は1976年で創業者は世界的にも有名なスティーブジョブス。Macintoshのヒットから業績の低迷、ジョブスの離脱&復帰など紆余曲折がありましたが、2007年に販売したiPhoneが世界的に大ヒット。

2019年の売上高は約2,601億ドル(約28兆円)で、米国内でウォルマート、エクソンモービルに次ぐ第3位という莫大な収益を上げています。株式時価総額では2018年に米国企業として史上初の1兆ドルを超えるなど、世界トップ企業の一つといえるでしょう。

次に株価や最近の動向について見ていきます。

アップルの株価の状況は?

では早速ですが、アップルの株価の状況をみていきましょう。ここでは株価データと銘柄の特徴について取り上げます。

アップルの株価データ(2021年8月6日現在)を簡単にまとめました。

2020年に株価が80%以上も上昇したこともありPERは高くなっていますね。米国株の平均レベルより高く、競合のマイクロソフトが30倍程度なので大体同じ水準です。

配当利回りは1%以下。情報技術セクターで株価が大きく上昇していることもあり、配当利回りはそれほど高くないですね。

ちなみに、アップルは株価が大きく上昇していることを受けて2020年8月31日に1対4の株式分割を行いました。

アップルの株価の推移(チャート)は?

次にアップルの長期チャート(10年)を見ていきます。以下が過去10年のチャートで、比較のためにS&P500も掲載しています。

赤:AAPL 緑:S&P500

コロナショックでアップルの株価が大幅下落しましたが、10年間で株価は10倍以上になっており、S&P500と比べても圧倒的に大きく伸びていることがわかります。これにプラスして配当も出ていることを考えると、文句なしのパフォーマンス!本当にすごいですね。

ただ情報技術セクターのグロース銘柄ということもあり株価の値動きが激しいですね。2018年10月に一時230ドル台を付けましたが、12月の業績不振によりアップルの株価も大きく下落。翌年の1月には一時140ドル台を付けるなど、わずか3か月足らずで最高値から40%近くも下落…

しかし、その後はiPhone11の販売が堅調なことやサービス事業が好調なことから、株価はV字回復し、2019年12月には株価は過去最高値の300ドルを超えるなど、米国株式市場の好調さを牽引しています。

コロナショックで大幅下落も過去最高値を更新

コロナショックで大幅下落したアップルの株価も2020年の6月には暴落前水準を回復しました。

巣ごもり需要でiphoneやパソコン、タブレットの売り上げが伸びていることが要因ですね。

AAPL Apple Inc. daily Stock Chart

特に1:4の株式分割が発表された7月下旬以降、個人の買いが膨らむとの期待から株価の上昇ペースが早まりました。

アップルも含め大型ハイテク銘柄は感染症拡大の影響をほとんど受けないこともあり、投資家からの買いを集めているんですね。

業績も成長を続けていることを考えると、株価の一段高を期待できそうです。

やはり優良銘柄を長期保有することで大きな収益を期待できるということで、しっかりとした投資理論を知っておくことは重要。

以下の記事では、初心者向けのものから古典まで、おすすめの米国株投資本を紹介しています。

米国株の投資本でおすすめの10冊は?150冊から厳選!初心者向けも米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方法はありますか? このような疑問...

アップルの配当実績は?

次に配当実績をみていきましょう。

アップルは、業績不振で1996年から配当金の支払っていませんでしたが、業績の回復により2012年から配当金の支払いを再開。以降は7年連続の増配となっています。

アップルの配当金は、

・連続増配:7年

・5年平均増配率:10.43%

となっています。配当性向は25%程度と余力十分、iPhoneやipadなど人気は高くアプリ課金などで莫大なキャッシュが見込めますから減配の心配はほとんどないですね。

配当利回りは1%台とそれほど高くありませんが、これは株価が急上昇していることも要因の一つ。AmazonやGoogleのように情報技術関連の成長企業は配当を出さないところも多いですから十分なレベルと言えます。

なお、アップルの配当利回りはそれほど高くありませんが、米国株には多くの高配当でしかも連続増配を続けている企業があります。中には7%を超える銘柄や60年以上連続増配している銘柄も。おすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。

【米国株】高配当の連続増配株に投資するメリットは?おすすめ8選!米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

アップルの売上高や利益は?

次にアップルの業績をみていきます。以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益、営業利益率の推移となっています。

2007年に発表されたiPhoneが世界的に大ヒットしたこともあり、業績も右肩上がりの急成長となっています。チャイナショックのあった2016年の業績が落ち込んでいますが、一時的なもので、すぐに売り上げが回復しています。

アップルは、パソコンやスマホなどのハードを売っている企業にもかかわらず、営業利益率が20%台後半~30%台前半という高い水準での推移となっています。高いブランド力で安売り競争とは無縁でいることが、高い利益率につながっているんですね。

創業者であるスティーブ・ジョブスが2011年に死去してから、今後の成長を不安に感じる投資家も多かったですが、蓋を開けてみると影響は全くなかったと言って良いですね。むしろ、後を継いだCEOのティム・クックのもとで業績の拡大が加速しています。

アップル(AAPL)の2021年4〜6月決算の結果は?

新型コロナ拡大の影響が懸念されたアップルの2021年4〜6月期(3Q)の決算概要をまとめると、

2021年3Q決算の概要
  • 売 上 高 :814.1億ドル(前年同期比36%増)
  • 純 利 益 :217.4億ドル(前年同期比93%増)

と2桁の増収増益という絶好調の内容でした。まあ、前年の4〜6月はコロナ拡大で売り上げが一時的に落ちていたこともあり、大幅に業績が改善していますね。

各セグメントの売り上げを前年同期比で比較したのが以下の図です。iPhoneは50%増の396億ドル。

Macは16%増の82億ドル、iPadは12%増の12億ドルと、新型コロナ拡大による巣ごもり需要が続いていてパソコンとタブレットの売り上げが好調だったことがわかります。

アップルが注力しているサービス部門は33%増の175億ドルと順調に成長しています。

なおアップルの業績推移については以下の記事で詳細に分析しています。ぜひご覧ください。

アップルの売上高の推移は?10-12月は驚異的な売上10兆円超え!米国株のアップル(AAPL)への投資を考えていますが、新型コロナ拡大の影響で売上高はどうなっているのでしょうか? 2020年1月〜...

アップルの株価の予想は?

新型コロナ拡大の経済影響が未だ見通せない状況ですが、アップルの株価は今後もかなり期待できると予想します。

というのは、MacbookやiPhoneなどのハード製品の価格が高くても売れるという圧倒的ブランド力に加え、最近ではサブスクリプションや決済などのサービス事業などでもしっかりと稼げるようになっています。

これらについて、詳しく見ていきます。

株価上昇を予想する理由①:圧倒的ブランド力

アップルは同業他社に比べて、同じぐらいの機能の製品でも高い値段で売ることができるという強み、ブランド力を持っています。ライバルに絶対的な優位があるということです。

自分の周りでも、アンドロイドのスマホからiPhoneにする人はいても、逆のケースはあまり見たことがないですね。一度利用すると、使い続ける人が多い。

客観的にも、世界中の企業のブランド価値を評価し発表しているInterbrand社が、世界中の企業のブランド力ランキングを発表していますが、アップルは7年連続ブランドランキング1位となっていて、そのブランド力には20兆円以上の価値があるとしています。

もちろん、新型コロナ拡大の影響で製造工程の停止やApple Storeの閉鎖などにより売り上げに影響が出るのは確実。しかし、ブランド力のあるiPhoneやipad、最近ではワイヤレスイヤホンのAir Podsなどの需要が落ちるとは考えられません。

新型コロナ収束とともに売り上げが回復するのは間違いないです。

株価上昇を予想する理由②:サービス事業の伸び

アップルはiPhoneの売り上げ比率がいまだに50%を超えていて依存度が高い状況。しかし、iPhoneⅩの高級化路線がうまく行かなかったこともあり、いま力を入れているのがサービス事業の強化なんですよね。

すなわちアップル製品の利用を前提としたサービス利用者の囲い込みですね。2020年現在で実施しているアップルのサービスには、

Apple News:新聞・雑誌読み放題

Apple Arcade:ゲームし放題

Apple TV:動画の視聴し放題

Apple Pay:クレジットカード

といったものがあり、サービス部門を強化する姿勢を鮮明に打ち出しています。もちろんこれらサービスは基本的にはアップル製品を利用するユーザーが対象。

世界中で利用されているアップル製品の台数は14億台とも言われており、これらを利用者を自社のサービスに囲い込むことができるのは、大きな強みとなっています。

現に、音楽ストリーミングの有料会員数が全米1位、Apple Payなどのサービスが全米シェアトップになるなどサービス事業の売り上げの伸びが著しいです。2019年第4四半期でサービス部門の売り上げは前年比40%で急成長しています。

加えて、これらのサービスは新型コロナウイルス拡大によって、人の外出制限があったとしても売り上げへの影響は限定的です。

なお、大人気のアップル株も含め米国株への投資を考えている方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判と気になるデメリットとは?DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

>> DMM株 公式ページはコチラ

アップルの株は買いか?まとめ

今回は、アップルの銘柄分析ということで、株価の推移(チャート)や特徴、株は買いかについて述べてきました。

圧倒的なブランド力を誇るアップル。新型コロナの影響で一時的に売り上げが減少することは避けられないでしょうが、アップル製品の需要自体がなくなるわけではありません。これらの影響が収束すれば、売り上げの回復はほぼ確実でしょう。

加えて成長が著しいサービス事業でも、音楽ストリーミングサービスやApple Payが全米でNo1になるなど、急速に売り上げを伸ばしています。iPhoneも数年に1回買い替えるのではなく、毎月契約して利用料を支払うサービスに移行するのではとも言われています。

さらに次の収益源として電気自動車の分野にも進出していて2024年には”Apple Car”を販売開始する予定となっています。

iPhoneの次の収益源が着実に育ちつつあるアップルは、株価も長期的に期待できると予想します。

最後に米国株を賢く運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

1000円からアップルに投資

”投資資金が少なくて米国株の複数銘柄に投資なんてできない!”

このような方も多いと思います。

特に若い世代の方は、米国企業に投資したくても株式投資に多くの資金をまわす余裕はないですよね。

そのような方にはPayPay証券なら、米国株を1,000円の少額から取引するのが良いかもです。

PayPay証券なら1000円から米国株投資

PayPay証券は、アップル、アマゾン、テスラ、エヌビディアなど米国の優良企業に1,000円の少額から投資できます。

PayPay証券

少額からスマホで取引できるので”米国株はちょっと難しそう”とか”まずは試しに米国株を始めたい”という方に良いかも。

PayPay証券のメリットをまとめると、

  1. スマホアプリで簡単に米国株投資
  2. 1,000円から米国の大企業の株主になれる
  3. 米国株に積立投資ができる

というもの。

これを機会にPayPay証券に口座開設して、スマホアプリで米国株投資を開始してみてはいかがでしょうか?

スマホで気軽に取引
PayPay証券
公式HPはコチラ
※最短5分で申し込み完了

PayPay証券の特徴を以下の記事にまとめてます。ぜひご覧ください。

PayPay証券で米国株に1,000円から投資!取扱銘柄や手数料は?米国株に投資したいのだけど、そんなにお金がないので少額から米国株を始める方法はないですか? PayPay証券が良いと聞いたのですが...

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

巨大ハイテク企業のGAFA+Microsoft。5社で時価総額は、既に東証一部を超えで株価も絶好調です。それぞれの業績や株価の推移をまとめました。

GAFA+Microsoftの株価が爆上げ中!投資すべき?買い時?最近GAFAという言葉をよく聞きますがこれって何ですか?株価が急上昇しているようですが…。 そんなGAFAやMicrosoftに投...

 

米国株といえばイノベーション力に優れたハイテク銘柄や新しいサービスで急成長している銘柄が多いことが特徴です。今後の業績も期待できる米国のグロース銘柄をまとめました。

米国株の成長銘柄14選とは?2021年おすすめグロース株はこれだ!米国株の成長銘柄への投資を考えているんですが…。2021年おすすめのグロース株にはどんな銘柄がありますか? このような疑問を持つ方...

 

大型ハイテク銘柄などのグロース株に比べるとバリュー株は地味な銘柄が多いですが、業績鉄板の高配当銘柄が多いです。そんなバリュー株の特徴をまとめました。

【米国株】バリュー株のおすすめ7銘柄はコレだ!(2021年最新)米国株のバリュー株への投資ってどういう手法なんですか?探し方やおすすめの割安銘柄も知りたいです。 このような疑問を持つ方に向けて記...

 

米国市場の魅力は大企業でも成長性に優れた銘柄多いこと。米国株によるグロース投資の特徴とおすすめ銘柄をまとめました。ぜひご覧ください。

【米国株】グロース株の特徴とは?鉄板の人気銘柄3選も紹介!米国株のグロース投資ってどういう手法なんですか?探し方やおすすめのグロース株も知りたいです。 このような疑問を持つ方に向けて記事を...

 

米国株は、年4回配当金が支払われるのが大きな特徴の一つです。なので銘柄をうまく組み合わせれば少数銘柄で毎月配当金ポートフォリオも可能。おすすめの銘柄をまとめました。

米国株で毎月配当金ポートフォリオを作る!メリットとおすすめ銘柄は?米国株で毎月配当金ポートフォリオを作りたいです。メリットやおすすめの銘柄は何ですか? このような疑問を持つ方に向けて記事を買いてい...

 

米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。主要ネット証券会社の手数料を比較。オススメの証券会社はどこか?

米国株の手数料を徹底比較!おすすめ証券会社はどこ?(2021最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...