米国株

スクエアの株価・配当と今後の見通しは?キャッシュレス拡大で将来性は?

米国株のスクエア(SQ)への投資を考えています。Squareの株価の今後の見通しや配当を知りたいです。

コロナ拡大による行動制限で逆に業績は伸びているようですが…スクエアの株は買いですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • スクエア(SQ)って何の会社?
  • スクエアの株価の推移(チャート)と特徴は?
  • スクエアの配当金の推移は?
  • スクエアの今後の予想は?成長期待で株は買いか?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1,500万円以上の資産を運用しています。

結論から言うとスクエア(SQ)株は、

・2019年に黒字転換

・今後キャッシュレス化が進むのは確実

・新型コロナでオンライン決済の利用増

・モバイル決済サービス”Cash App”が好調

ということもあり、将来的な成長期待十分と言えます。

特に個人間の送金や株式取引、ビットコインの売買ができる”Cash App”アプリについては、月間アクティブ顧客数が前年同期+50%以上となる3,600万人以上になるなど、順調に利用者を増やしています。

今回は、米国のモバイル決済サービスを提供する成長株のスクエア(SQ)について銘柄分析です。

DMM株なら米国株取引手数料が0円!

DMM株では、米国株を手数料完全無料で取引することができます。

【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、日本株に比べて実は割高…。

しかも大手ネット証券で横並びなんです。

少しでもコストを下げて米国株を取引したい…、そんな方はDMM株が良いかもです。

DMM株は、他の証券会社に先駆けて米国株そして米国ETFの取引手数料が完全無料

取引手数料0円でお得に米国株を取引をしてはいかがでしょうか?

口座開設・維持費無料!
DMM株
公式HPはコチラ
5分で申し込み完了!

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判と気になるデメリットとは?DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

スクエア(SQ)ってどんな会社?

スクエア(Square、SQ)は、TwitterのCEOであるジャック・ドーシー氏が創業した米国のモバイル決済サービス企業です。(ちなみに、同業のペイパルテスラCEOのイーロン・マスク氏が創業。)

カード決済を可能にするハードウェアやソフトウェアを小売店や飲食店などに提供すると共に、売り上げを管理や経営を支援するシステムなどのサービスを手がけています。

具体的には、上の写真のように小売店などはSquare Readerという端末をスマートフォンやタブレットに差し込むだけでクレジットカードの磁気ストライプを読み取り決済することができるというのが売り。

また最近ではタブレットを活用してスタンド型のPOS(※販売情報も管理できるレジ)として活用できるSquare Standのサービスも提供。決済だけじゃなく商品管理や従業員の勤怠管理なども行える機能を備えています。

個人経営の飲食店や美容院などがクレジットカードの決済システムを導入する場合、銀行の厳しい審査がある上、読み取り機材の納入など通常は高い費用がかかります。

それをスマホやタブレットがあればほとんど費用がかからずに決済システムを導入できるということで、米国の中小企業や個人事業主に爆発的に利用者が拡大しているんですね。

これらの決済システムを導入した会社や事業主は、決済のごとに手数料(米国:2.75%、日本:3.25%)をスクエアに支払います。

一見するとちょっと割高に感じますが、在庫管理、勤怠管理、売り上げ分析などのシステムを同時提供するなどして顧客をガッチリと囲い込んでいるんですね。一度導入するとスクエアのシステムを使い続けるということです。

また最近では小口の融資を行うSquare Capitalや個人間の送金、株式取引、ビットコインの売買ができる”Cash App”アプリなどのサービスにも力を入れています。

次に株価や最近の動向について見ていきます。

スクエアの株価の状況は?

では早速ですが、スクエア(SQ)の株価の状況をみていきましょう。株価データ(2021年8月13日現在)を簡単にまとめました。

PERは260倍でかなり高いですね。グラフィック用の半導体のNVIDIAですら90倍程度、同業のペイパルです70倍程度ですから利益に対して株価はかなり割高ですね。

それだけ将来の成長期待が極めて高いということです。

2009年に創業したばかりの成長企業ということもあり配当金は出していないです。成長に向けた設備投資などに資金を活用しているということですね。

なお、ペイパルは米国の情報技術セクターの代表銘柄ですが、キャッシュレス決済の関連銘柄としてビザやペイパルも高成長の人気銘柄。株価も大きく上昇しています。

スクエアの株価の推移(チャート)は?

スクエアが上場したのは2015年11月。以下は上場来チャートになります。

赤:SQ 水色:S&P500

スクエアの株価は約5年ちょっとで約20倍と凄まじく上昇しています。

S&P500もリーマン後のパフォーマンスは年率10%程度と決して悪くないにもかかわらず、スクエアと比較してしまうとチャートはほとんど平らな状態です。

以下はスクエアの2年チャートです。

SQ Square, Inc. weekly Stock Chart

さすがにコロナショックで暴落はしたものの、すぐに株価は回復。既に暴落前の水準を大きく上回り、株価は大きく上昇しています。

感染症が拡大している状況でも将来性の高さに期待が集まっているということですね。

このように銘柄の特徴には違いがありますから、その違いを踏まえ投資先を検討することで投資の勝率を高めることにつながります。投資理論を知るための、おすすめの米国株投資本については、以下の記事にまとめていますのでぜひご覧下さい。

米国株の投資本でおすすめの10冊は?150冊から厳選!初心者向けも米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方法はありますか? このような疑問...

スクエアの配当実績は?

スクエアは2009年創業の成長銘柄ということもあり、創業以来無配となっています。

まあ、配当を期待して投資をする銘柄ではないということでしょうね。

ただ米国株の魅力は、高配当や連続増配銘柄が多いことですね。配当利回り7%超えの銘柄や60年以上連続増配しているなど素晴らしい銘柄が米国にはたくさんあります。以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

【米国株】高配当の連続増配株に投資するメリットは?おすすめ8選!米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

スクエアの売上高や利益は?

次にスクエアの業績をみていきます。以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益の推移となっています。

売上高は綺麗に右肩上がりで推移していますが如何せん利益が全く上がってないですね。新興企業ということでしょうがないですかね。

キャッシュレス関連の企業だと設備投資がほとんどかからないこともあり、ビザやマスターのように利益率が非常に高いイメージがありましたが、ちょっと意外ですね。

ただ慢性的に赤字が続いていましたが、2019年に入って初の黒字を達成しました。最近の株価が大きく上昇しているのも、利益が上向いてきたことも要因の一つですね。

ちなみに売り上げの比率をザックリと

・トランザクション:65%

・サブスクリプション:20%

・ビットコイン:10%

となっていて、ユーザー企業からの取引手数料が収益の7割近くを占めています。

2021年4〜6月の決算は増収減益

2021年第2四半期の決算は相変わらずの増収増益で、売上高は大きく伸びています。

・売上高:46億8,067万ドル(前年同期比2.4倍)

・純利益: 2億402万ドル (黒字回復)

仮想通貨相場の上昇が一服したこともあり、売上高は市場予想を下回りました。

一方、後払い決済サービスを提供するオーストラリアのアフターペイの買収を発表し、翌日の株価は大幅上昇しました。

参考記事:スクエアが12%高、アフターペイの買収好感 決算も評価(日経新聞)

スクエアの株価の予想は?

今後、現金を使わないキャッシュレス化が今後加速すると言われていることもありスクエアの成長もしばらく続くのではと予想します。

また新型コロナ拡大の影響でネット上で支払いが完結するオンライン決済の売り上げが伸びているのも最近の株価が急上昇している要因となっています。

他方、スクエアの顧客は規模の小さい企業が多いこともあり、これらの企業は新型コロナの影響で資金繰りが悪化することが予想されます。短期的にはスクエアの収益にも影響が出る可能性はありますね。

また、ビットコイン関係の事業は順調で、個人間の送金や株式取引、ビットコインの売買ができる”Cash App”アプリについては、月間アクティブ顧客数が2020年の第4四半期で+50%以上となる3,600万人以上と、順調に利用者が伸びています。

買収を発表したオーストラリアのアフターペイも1600万人の利用者を持っていることもあり、スクエアの今後の成長期待はますます高まっています。

いずれにせよキャッシュレス化が進んでいくのは間違いなく、長期的にはスクエアの成長はかなり期待できると考えます。

取引手数料ゼロでスクエアに投資

なお、スクエアも含めて米国株への投資を考えている方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判と気になるデメリットとは?DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

スクエアの株は買い時か?まとめ

今回はスクエア(SQ)の銘柄分析ということで、株価の推移(チャート)や特徴、株は買いかについて述べてきました。

モバイルカード決済サービスを手掛けるスクエア。業績への期待や企業イメージなどもあり株価は上場以来5年で10倍以上になるなど大きく上昇しています。

創業以来、慢性的な赤字続きの利益も2019年に黒字に転換。新型コロナ拡大の影響もありオンライン決済やビットコイン事業が大きく成長しています。

今後ますますキャッシュレス化が進むのはするのは確実な情勢ということもあり、短期的にも長期的にも株価の上昇が期待できる。スクエアはそんな銘柄と言えそうです。

最後に米国株やETFに賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

1000円からスクエアに投資

米国株への投資は多額の資金が必要でハードルが高いとのイメージがあるかもです。しかし、最近は少額からでも投資を始めることができる様々なサービスがあるんです。

例えばPayPay証券なら、米国株を1,000円の少額から取引することができます。

PayPay証券なら1000円から米国株投資

PayPay証券は、アップル、アマゾン、テスラ、エヌビディアなど米国の優良企業に1,000円の少額から投資できます。

PayPay証券

少額からスマホで取引できるので”米国株はちょっと難しそう”とか”まずは試しに米国株を始めたい”という方に良いかも。

PayPay証券のメリットをまとめると、

  1. スマホアプリで簡単に米国株投資
  2. 1,000円から米国の大企業の株主になれる
  3. 米国株に積立投資ができる

というもの。

これを機会にPayPay証券に口座開設して、スマホアプリで米国株投資を開始してみてはいかがでしょうか?

スマホで気軽に取引
PayPay証券
公式HPはコチラ
※最短5分で申し込み完了

PayPay証券の特徴を以下の記事にまとめてます。ぜひご覧ください。

PayPay証券で米国株に1,000円から投資!取扱銘柄や手数料は?米国株に投資したいのだけど、そんなにお金がないので少額から米国株を始める方法はないですか? PayPay証券が良いと聞いたのですが...

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

巨大ハイテク企業のGAFA+Microsoft。5社で時価総額は、既に東証一部を超えで株価も絶好調です。それぞれの業績や株価の推移をまとめました。

GAFA+Microsoftの株価が爆上げ中!投資すべき?買い時?最近GAFAという言葉をよく聞きますがこれって何ですか?株価が急上昇しているようですが…。 そんなGAFAやMicrosoftに投...

 

米国株といえばイノベーション力に優れたハイテク銘柄や新しいサービスで急成長している銘柄が多いことが特徴です。今後の業績も期待できる米国のグロース銘柄をまとめました。

米国株の成長銘柄14選とは?2021年おすすめグロース株はこれだ!米国株の成長銘柄への投資を考えているんですが…。2021年おすすめのグロース株にはどんな銘柄がありますか? このような疑問を持つ方...

 

大型ハイテク銘柄などのグロース株に比べるとバリュー株は地味な銘柄が多いですが、業績鉄板の高配当銘柄が多いです。そんなバリュー株の特徴をまとめました。

【米国株】バリュー株のおすすめ7銘柄はコレだ!(2021年最新)米国株のバリュー株への投資ってどういう手法なんですか?探し方やおすすめの割安銘柄も知りたいです。 このような疑問を持つ方に向けて記...

 

米国市場の魅力は大企業でも成長性に優れた銘柄多いこと。米国株によるグロース投資の特徴とおすすめ銘柄をまとめました。ぜひご覧ください。

【米国株】グロース株の特徴とは?鉄板の人気銘柄3選も紹介!米国株のグロース投資ってどういう手法なんですか?探し方やおすすめのグロース株も知りたいです。 このような疑問を持つ方に向けて記事を...

 

米国株は、年4回配当金が支払われるのが大きな特徴の一つです。なので銘柄をうまく組み合わせれば少数銘柄で毎月配当金ポートフォリオも可能。おすすめの銘柄をまとめました。

米国株で毎月配当金ポートフォリオを作る!メリットとおすすめ銘柄は?米国株で毎月配当金ポートフォリオを作りたいです。メリットやおすすめの銘柄は何ですか? このような疑問を持つ方に向けて記事を買いてい...

 

米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。主要ネット証券会社の手数料を比較。オススメの証券会社はどこか?

米国株の手数料を徹底比較!おすすめ証券会社はどこ?(2021最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...