米国株

マスターカードの株価:今後の見通しや配当は?コロナ収束で株は買い?

米国株のマスターカード (MA)への投資を考えています。MasterCardの株価の今後の見通しや予想を知りたいです。配当はどんな感じですかね?

新型コロナ拡大の影響で業績は悪化しているようですが…コロナ収束で株は買い時ですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • マスターカード(MA)って何の会社?
  • MasterCardの株価の推移(チャート)と特徴は?
  • マスターカードの配当金の推移は?
  • マスターカードの今後の予想は?成長期待で株は買いか?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1,500万円以上の資産を運用しています。

結論から言うとマスターカード(MA)株は、

・世界経済の成長で事業拡大

・圧倒的ブランド力と市場の寡占化

・新型コロナ拡大による業績悪化から回復の兆し

・5年平均増配率(年率)が20%近い

ということもあり、今後の成長も期待できるし配当も伸びているため、長期保有には向いた銘柄といえます。

マスターカードといえば、クレジットカードの国際ブランドですね。VISAと並んで世界最大級の決済システムを構築し、加盟店などに提供しています。

実際に利用されている方も多いのではないでしょうか?今回は、そんなマスターカードについて銘柄分析です。

※米国株取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の無料申し込みはコチラ

>> DMM株の評判と口コミを見る

マスターカード (MA)ってどんな会社?

マスターカード(MasterCard)は、クレジットカードやデビットカードなどによる決済インフラ提供する会社で、カード決済取引額のシェアが25%にのぼるなど世界最大級の規模を誇ります。

いわゆるクレジットカードの国際ブランドと呼ばれるもので、”MasterCard”のロゴのついていれば、様々な国と地域にある5000万を超える加盟店で利用することができます。業界トップのVISA(ビザ)も同じ形態の企業ですね。

(参考記事 >> VISA強さの秘密とは?

日本でもおなじみの会社ですね。日々の日用品の購入、公共料金や海外旅行での支払いなどマスターカードを利用している方も多いと思います。

クレジットカードを複数枚保有している方であれば、そのうち最低1枚はマスターカード なのではないでしょうか。楽天カード、イオンカード、三井住友カード(NL)などなど利用されている場合でも、決済システムは”MasterCard”であることが多いと思います。

意外かもしれませんが、マスターカード自身はカードの発行を一切行っていないんですね。カードの決済手数料やライセンス利用料で安定的に稼ぐというビジネスモデルで、クレジットカードの発行や支払いの取り立てなどは個別のカード会社が行います。

なので、カードの利用に伴う金利収入や年会費は得ることができませんが、カード利用者が返済できないといった場合の取り立てや、貸し倒れリスクを回避できます。

ちなみにビザは、クレジットカード決済の世界シェアNo1は世界全体の約55%のビザですが、マスターカードも約25%を占めています。3位のUnion Pay(銀聯)が約13%。

Union Payは主に中国国内や中国人の利用であることを考えると、世界的にカード決済はVisaとMasterCardの2社で寡占されていると言って良いですね。

次に株価や最近の動向について見ていきます。

マスターカード(MA)の株価の状況は?

では早速ですが、マスターカードの株価の状況をみていきましょう。ここでは株価データと銘柄の特徴について取り上げます。

マスターカードの株価データ(2021年9月24日現在)を簡単にまとめました。

クレジットカード決済サービスを提供する会社なので金融セクターと思われがちですが、実はマスターカードは情報技術セクターに分類されます。ITを利用した決済システムの開発・サービスを提供する会社ということなんです。

情報技術セクターということもありPERはかなり高いいですね。アップルマイクロソフトでも30倍程度ということを考える株価は割高水準ですね。営業利益率が55%を超える成長企業ということもあり、株価は高く推移しているということです。

配当利回りは0.5%台とそれほど高くないです。しかし、過去5年の平均増配率が20%近いので、将来の増配はかなり期待できる銘柄といえます。

新型コロナ拡大もあり、現金を使わないキャッシュレス化が世界的に加速しています。マスターカード同様、キャッシュレス決済サービスを提供するペイパルやスクエアも人気の銘柄です。

魅力や特徴をまとめていますので、ぜひご覧ください。

マスターカードの株価の推移(チャート)は?

次にマスターカード(MA)の長期チャート(10年)を見ていきます。以下が過去10年のチャートで、比較のためにS&P500も掲載しています。

赤:MA 水色:S&P500

コロナショックでマスターカードの株価が一時下落しましたが、10年間で株価は11倍程度に上昇しおり、S&P500と比べても圧倒的に大きく伸びていることがわかります。これにプラスして配当も出ていることを考えると、文句なしのパフォーマンスと言えますね。

2018年末のアップルショック、2020年のコロナショック以外の時期は、ほぼ一本調子で株価が上昇しています。

また、コロナショック前後の2年チャートを見て見ましょう。

2020年2月に大きく下落しているのがわかります。

赤:MA 水色:S&P500

株価はコロナショック半年後にはほとんど暴落前水準を戻しているものの、その後の株価は上昇傾向ですね。

パフォーマンス的にはS&P500と同じくらいです。

※米国株に1000円から投資!

「米国株投資に興味があるけど、ちょっと難しそう」という方は、PayPay証券で1000円の少額から始めるのが良いかも。スマホで簡単に米国株を取引できて1000円からApple、Amazon、テスラなどの株主になれます。

>> PayPay証券公式HPはコチラ

>> PayPay証券の評判・口コミを見る

マスターカードの配当実績は?

次に配当実績をみていきましょう。

マスターカードは2012年以降は連続増配となっていて、10年連続の増配ということになります。

ビザの配当金は、

・連続増配:10年

・5年平均増配率:18.70%

となっています。

これほどの大企業で5年平均増配率が20%近いというは本当にすごいです。事業も大きく成長しているということです。

配当性向は23%程度と余力十分、世界中でクレジットカードが利用されるというだけで手数料収入という莫大なキャッシュが見込めますから減配の心配はほとんどないですね。

配当利回りは0.5%を下回っていて、それほど高くありませんが、これは自社株買いに力をいれてるのと、株価が急上昇していることも要因です。

AmazonやGoogle、NVIDIAのようにハイテク関連の成長企業は配当を出さないところも多いことを考えると、配当利回りは低いですが十分に価値があるといえるでしょう。

ちなみに米国株の魅力は高配当でかつ連続増配を続けている個別銘柄が多いことです。お宝銘柄を保有し続けるのも投資の醍醐味ですね。おすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。

【米国株】高配当の連続増配株に投資するメリットは?おすすめ8選!米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

マスターカードの売上高や利益は?

次にビザの業績をみていきます。以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益、営業利益率の推移となっています。

業績は綺麗な右肩上がりで上昇しています。売上高は10年間で2倍以上に伸びていて、高い成長を示しているのがわかります。

さすがに2020年は新型コロナ拡大による経済活動の制限で、海外旅行や海外出張からの売り上げが低迷しています。

しかし、特筆すべきは営業利益率が50%を超えという驚異的な水準であることですね。ライバルのVISAの営業利益率も60%超えと驚異的な数字となっています。

カードの決済事業は、在庫を抱えるリスクもなく人件費や設備投資もそれほど必要としませんし、決済システムというプラットフォームを提供するだけで、長期間継続的に手数料を稼ぐことができるんですね。

実質的に世界のカード決済システムはVISAとマスターカードに寡占化されています。決済事業のコストが圧倒的に低いことにより、利益率がめちゃめちゃ高い状態になっているんですね。

今後、世界的にキャッシュレス化が普及するのは間違いありませんから、引き続きマスターカードの事業が拡大し続ける可能性は高いですね。

21年4〜6月期の業績は回復

マスターカードの21年4ー6月決算の売り上げは過去最高を記録。新型コロナ拡大により業績低迷から大きく回復しています。

・売上高…45億ドル(前年同期比+36%)

・営業利益…24億ドル(前年同期比+39%)

成長率が大きく上昇しているのは、昨年2020年4〜6月が新型コロナ拡大の影響により業績が悪化したことも要因。

2021年に入って、経済活動が徐々に正常化しており、海外旅行も回復の兆しを見せていることから、世界的に個人の消費が回復しているのがマスターカードの業績を押し上げています。

マスターカードの株価の予想は?

新型コロナ拡大の影響で2020年通期の業績が減収減益となりましたが、マスターカードの株価は今後もかなり期待できると予想します。

これらについて、詳しく見ていきます。

株価が期待できる理由①:ブランド力と事業の寡占化

カード決済の市場は、すでにVisaとMasterCardで実質的に寡占化。新規参入は非常に困難で、参入障壁が極めて高いですね。

マスターカードのブランドイメージや信頼性・安全性はすでに強固なものになっており、そう簡単に崩れるものではありません。

最近はやりのスマホ決済や仮想通貨といっても、既存のカード決済システムを活用しているケースも多いですね。

あのアップルですら、Apple Payの決済システムはMasterCardのものを利用しています。

株価が期待できる理由①:世界経済の成長

日本は既に少子高齢化で人口減少社会となっていますが、世界の人口は今後も増加することが確実。世界経済も持続的に成長することが予想されています。

人口が増えれば、それだけカードの利用する人が増えるということですから決済システムを寡占化しているマスターカードの事業は必然的に拡大することになります。

さらに世界経済が成長するということは、人々が豊かになり物やサービスを購入するお金が増えることです。先進国だけでなく発展途上国も経済発展により消費額がどんどん増えることになるでしょう。

世界経済の成長の恩恵を、マスターカードは十分に受けることができるということです。

取引手数料ゼロの証券会社

マスターカードを含め米国株への投資を考えている方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判と気になるデメリットとは?DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

>> DMM株 公式ページはコチラ

マスターカードの株は買いか?配当は?まとめ

今回は、マスターカード (MA)の銘柄分析ということで、株価の推移(チャート)や配当特徴、株は買いかについて述べてきました。

カード決済でVISAと共に圧倒的シェアを誇るマスターカード(MA)。新型コロナの影響で一時的に業績が落ち込みましたが、2021年に入って経済活動が正常化しつつあり、業績も回復傾向です。

クレジットカードの利用そのものがなくなるわけではありませんから、新型コロナ拡大の影響が収束すれば、売り上げの回復はほぼ確実でしょう。

他方、あえて懸念をあげるとすれば、

・各国政府による寡占事業への規制

・新しい決済システムの誕生

の2点だと思います。

今は個人情報保護や市場独占などの観点などからGAFAに対する規制に注目が集まっていますが、今後各国政府が紙幣からキャッシュレス化していくのは確実。既に決済システムを確立しているVisaやMasterCardの規制が強くなる可能性は十分あります。

さらに既存の決済システムを使わない技術が開発・普及することも十分考えられます。

最後に賢く米国株やETFに投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

1000円からマスターカードに投資

投資資金が少なくて複数の銘柄に投資なんてできない!

米国株への投資は多額の資金が必要でハードルが高いとのイメージがあるかも。しかし、最近は少額からでも投資を始めることができる様々なサービスがあるんです。

例えばPayPay証券なら、米国株を1,000円の少額から取引することができます。

PayPay証券なら1000円から米国株投資

PayPay証券は、アップル、アマゾン、テスラ、エヌビディアなど米国の優良企業に1,000円の少額から投資できます。

PayPay証券

少額からスマホで取引できるので”米国株はちょっと難しそう”とか”まずは試しに米国株を始めたい”という方に良いかも。

PayPay証券のメリットをまとめると、

  1. スマホアプリで簡単に米国株投資
  2. 1,000円から米国の大企業の株主になれる
  3. 米国株に積立投資ができる

というもの。

これを機会にPayPay証券に口座開設して、スマホアプリで米国株投資を開始してみてはいかがでしょうか?

スマホで気軽に取引
PayPay証券
公式HPはコチラ
※最短5分で申し込み完了

PayPay証券の特徴を以下の記事にまとめてます。ぜひご覧ください。

PayPay証券で米国株に1,000円から投資!取扱銘柄や手数料は?米国株に投資したいのだけど、そんなにお金がないので少額から米国株を始める方法はないですか? PayPay証券が良いと聞いたのですが...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

巨大ハイテク企業のGAFA+Microsoft。5社で時価総額は、既に東証一部を超えで株価も絶好調です。それぞれの業績や株価の推移をまとめました。

GAFA+Microsoftの株価は今後も期待できる?株を買うには?最近GAFAという言葉をよく聞きますがこれって何ですか?株価は上昇していますが、今後も期待できますかね。 そんなGAFAやMicr...

 

米国株といえばイノベーション力に優れたハイテク銘柄や新しいサービスで急成長している銘柄が多いことが特徴です。今後の業績も期待できる米国のグロース銘柄をまとめました。

米国株の成長銘柄14選とは?2021年おすすめグロース株はこれだ!米国株の成長銘柄への投資を考えているんですが…。2021年おすすめのグロース株にはどんな銘柄がありますか? このような疑問を持つ方...

 

大型ハイテク銘柄などのグロース株に比べるとバリュー株は地味な銘柄が多いですが、業績鉄板の高配当銘柄が多いです。そんなバリュー株の特徴をまとめました。

【米国株】バリュー株のおすすめ7銘柄はコレだ!(2021年最新)米国株のバリュー株への投資ってどういう手法なんですか?探し方やおすすめの割安銘柄も知りたいです。 このような疑問を持つ方に向けて記...

 

米国株は、年4回配当金が支払われるのが大きな特徴の一つです。なので銘柄をうまく組み合わせれば少数銘柄で毎月配当金ポートフォリオも可能。おすすめの銘柄をまとめました。

米国株で毎月配当金ポートフォリオを作る!メリットとおすすめ銘柄は?米国株で毎月配当金ポートフォリオを作りたいです。メリットやおすすめの銘柄は何ですか? このような疑問を持つ方に向けて記事を買いてい...

 

米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。主要ネット証券会社の手数料を比較。オススメの証券会社はどこか?

米国株の手数料を徹底比較!おすすめ証券会社はどこ?(2021最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...
利息でコツコツ資産を増やすならFundsです!

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがFunds。株のように値動きがないので相場の動きが気になりません。

Funds

銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢。投資するファンドにもよりますがの年率1.5〜3%程度のリターンが期待できます!

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい

 

詳しくは以下をクリック!

口座開設は無料!簡単申込み
Funds
公式HPはコチラ

 

>> Fundsの評判と口コミを見る