米国株

P&G (PG)の株価・配当と今後の見通しは?インフレでも業績堅調!

米国株のP&G(PG)への投資を考えています。プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の今後の株価の見通を知りたいです。

21年7〜9月はインフレの影響で減益となったようですが…株価の推移やチャートの特徴はどんな感じですか?P&Gの株は買いですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • コロナショックでP&G(PG)の株価急落!
  • プロクター・アンド・ギャンブル (P&G)って何の会社?
  • P&Gの株価の推移(チャート)と特徴は?
  • P&Gの配当金の推移は?
  • P&Gの今後の予想は?成長期待で株は買いか?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1,500万円以上の資産を運用しています。

結論から言うとP&G(PG)株は、

・新型コロナの影響軽微

・世界最大の一般消費財を提供している企業の安心感

・強力なブランドを数多く抱えている

・不況に強い65年増配の業績鉄板

ということもあり、安心して長期保有できる銘柄といえます。コロナ拡大後の2020年1〜12月の業績も絶好調。

世界中の衛生意識が高まっていることもあり、石鹸や洗剤などの売れ行きが伸びているんですね。

また2021年4月に1株あたりの四半期配当を、これまでの79.07セントから、10%引き上げて86.98セントにすることを公表。

この増配により65年連続増配となります。スケール感が違います。

今回は、そんなP&Gについて銘柄分析です。株は買いなのか、死角はないのか、ぜひ最後までご覧ください。

DMM株なら米国株取引手数料が0円!

DMM株では、米国株を手数料完全無料で取引することができます。

【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、日本株に比べて実は割高…。

しかも大手ネット証券で横並びなんです。

少しでもコストを下げて米国株を取引したい…、そんな方はDMM株が良いかもです。

DMM株は、他の証券会社に先駆けて米国株そして米国ETFの取引手数料が完全無料

取引手数料0円でお得に米国株を取引をしてはいかがでしょうか?

口座開設・維持費無料!
DMM株
公式HPはコチラ
5分で申し込み完了!

>> DMM株の評判と口コミを見る

P&G(PG)ってどんな会社?

P&G(Procter & Gamble、プロクター・アンド・ギャンブルは、洗剤や化粧品などの一般消費財を製造販売する企業で、世界最大の一般消費財メーカーで、生活必需品セクターに分類されます。

1837年にローソク業者のウィリアム・プロクターと石鹸業者のジェームス・ギャンブルの共同出資で設立された会社で、180年以上の歴史を誇ります。創業者の名前がそのまま社名となっているんですね。

世界180カ国で商品を販売していて、日本でも例えば洗剤の”アリエール”や”ボールド”、おむつの”パンパース”、化粧品の”SKーⅡ”、髭剃りの”Gillette(ジレット)、ヘアケアの”パンテーン”などのプランドが有名ですね。他にも多くのブランドを展開しています。

ちなみに日本で洗濯洗剤というと”アリエール”が有名ですが、米国だとP&Gの”Tide”というブランドが売り上げNo1となっています。自分も米国出張とかでウォルマートとかに行くと、洗濯洗剤売り場でもこの製品がところ狭しと並んでいます。

2019年の売上高は約676億ドル(約7.3兆円)。生活必需品セクターの企業としては最大の規模となっています。

次に株価や最近の動向について見ていきます。

P&G(PG)の株価の状況は?

では早速ですが、P&Gの株価の状況をみていきましょう。ここでは株価データと銘柄の特徴について取り上げます。

P&Gの株価データ(2022年10月11日現在)を簡単にまとめました。

生活必需品セクターとして、PERが20倍程度と平均的な水準です。コロナ拡大による公衆衛生意識が高まっていて業績が堅調。

配当利回りは3%程度と生活必需品セクターの平均ぐらいですかね。それほど高いという印象はないですが、P&Gは後述するように65年連続増配という、とてつもない実績なんですよね。

コロナ拡大でも業績堅調ということもあり、長期保有に向いた銘柄といえそうです。

なお、P&Gは業績が安定している生活必需品セクターの代表銘柄ですが、他にもコカ・コーラやタバコ株のアルトリアも安定した業績で人気です。

P&Gの株価の推移(チャート)は?

次にP&Gの長期チャート(10年)を見ていきます。以下が過去10年のチャートで、比較のためにS&P500も掲載しています。

赤:P&G 緑:S&P500

P&Gは10年間で株価は2.2倍程度とまずまずのパフォーマンスです。22年に入って株式市場は調整局面に入っていて、S&P500のパフォーマンスと差が縮小してきました。

P&Gはコロナショックや22年の下落局面における下落幅がS&P500よりも小さいですね。コロナショックで下落した株価も、1ヶ月後の20年4月の段階でほぼ回復。

P&Gは不況でも業績が落ちづらいディフェンシブ銘柄ですし、日用品メーカーとしてのブランド力も非常に高いので、今後の株価も期待できると思います。

コロナショックで株価急落!

新型コロナウイルスの拡大による、経済への影響によって世界同時株安が進行。いわゆる”コロナショック”により米国株式市場も大暴落となり、ダウ平均株価も2週間程度で37%も下落する異常事態となりました。

そのような状況の中、以下のチャートのようにP&Gの株価も大きく下落。

2月19日の直近高値からわずか1ヶ月程度で

・2月21日:126.70ドル

・3月23日:97.70ドル(22.9%

となり、20%以上の急落となりました。ただ、この期間におけるダウ平均株価の下落幅は35%程度なので、他の多くの銘柄に比べて下落幅は小さかったといえます。株価は3月23日にの安値を付けてから一旦反発しており4月の段階で120ドル台まで回復しています。

株価は3ヶ月程度でコロナショック前の水準に戻っているんですね。もともとP&Gの製品の日常生活を送る上で必要なものであり、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けずらいことに加え、洗剤やハンドソープ、除菌グッズの需要が伸びているためです。

新型コロナ拡大によって、ボーイングやデルタ航空などセクターによっては経営危機に陥る企業も出ている中、P&Gの業績や株価は堅調といえます。

P&Gの配当実績は?

次にP&Gの配当実績をみていきましょう。以下が過去20年間の実績となっていて、綺麗な右肩上がりです。

配当金は20年で6倍近くにまで上昇。配当金の状況をまとめると、

・連続増配:65年

・5年平均増配率:5.58%

となっています。

コロナショック以降の業績も絶好調で、2021年4月に10%の増配を発表。

1957年以降連続増配となっていて65年連続増配を達成していることですね。これは米国株式市場でも3位の記録。創立180年を超える名門企業で、60年以上もの長い期間、売り上げを落とさずに業績を伸ばし続けた結果といえますね。

なお、米国は連続増配銘柄が多いことでも知られています。その理由とおすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。ぜひご覧ください。

【米国株】連続増配おすすめランキング!厳選7銘柄(2022最新)米国株は、連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、おすすめの銘柄を知りたいです。 これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? ...

P&Gの売上高や利益は?

次にP&Gの業績をみていきます。以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益、営業利益率の推移となっています。

P&Gは2014年ごろから年からブランドの売却・再編を進めていて、3年間で100近くあったブランドを、60程度のブランドに絞り込みました。2015年以降の売り上げが大きく減少しているのは、そのためですね。

他方、業績がふるわず17〜18%程度だった営業利益率はブランド再編に伴う経営効率の向上により、最近では20%を超えるところまで回復してきました。2018年以降に株価が大きく上昇しているもの、これらの取り組みが好感されたということでしょう。

2019年の純利益は大幅に悪化していますが、これは2005年に買収した髭剃りのブランドであるGillette(ジレット)について、投資金額が回収できないために価値を低くしたこと(減損処理)による影響によるものです。

2021年10〜12月は純利益10%増

2021年10~12月期決算では純利益が前年同期比9.57%増の42億2300万ドル(約5000億円)と増益でした。

幅広い商品で値上げし、インフレによる素材価格や輸送費の上昇による影響を吸収。22年6月期通期の売上高予想も上方修正するなど好調な内容でした。

主力商品である洗剤や家庭用掃除用品の売上高は7%増で、新型コロナ拡大の時期に比べて伸びは鈍化したものの、ヘルスケア用品の売上高は8%増加。

おむつや生理用品、家庭用液体洗剤などを値上げしており、増収部分の半分は値上げが寄与したんですね。

7〜9月期の減益から業績は回復しました。

参考記事:米P&G、値上げでコスト吸収 22年通期予想を上方修正(日経新聞)

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するオックスフォードインカムレター

メールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます。

自分も登録してみたところ、おなじみの米国の個別銘柄に関する内容や、米国株による資産形成に関する内容などがタイムリーに送られてきます。

永久に持っておきたい6つの高配当米国株についても知ることができます。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

オックスフォードインカムレター
>> 無料メルマガに登録してみる

なお、オックスフォードインカムレターの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

オックスフォードインカムレター評判は?無料メルマガは役立つのか?オックスフォードインカムレターは米国株投資に役立つんですかね?メルマガって何か怪しいイメージがあるんですよね。 Oxfordインカ...

P&Gの株価の予想は?

新型コロナ拡大の経済影響が未だ見通せない状況ですが、P&Gの業績は今後もかなり期待できることもあり、株価も底堅く推移すると予想します。理由を端的にいうと、

・新型コロナの影響軽微

・世界最大の一般消費財を提供している企業の安心感

・強力なブランドを数多く抱えている

・不況に強い65年増配の業績鉄板

・インフレでも商品に値上げ転嫁

ということ。特に新型コロナ拡大による外出規制もあり、家庭用洗剤などの日用品の需要が伸びています。P&Gはロングセラー商品が多いこともあり、この需要増は追い風になるといえますね。

消費者は一度使い慣れた商品は、使用し続ける傾向があるんです。安くて高品質のプライベートブランドやアマゾンなどによるEコマースの普及により、定番商品が昔ほど売れなくなってきているとの指摘もありますが、最近のP&Gの業績を見る限りは、その心配もなさそうです。

2021年以降、米国や欧州を中心に資源高などの影響でインフレ(物価高)が進んでいますが、P&Gは原材料価格の高騰を商品価格に転嫁できているので業績は伸びています。

強力なブランドを多く抱えており、新型コロナ拡大やインフレなどの市場環境が変化しても業績への影響を受けにくいんですね。長期的的にぜひとも欲しい銘柄です。

なお、米国株への投資を考えている方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株の評判と気になるデメリットとは?米国株の取引手数料0円!DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

P&Gの株は買いか?まとめ

今回は、P&G(PG)の銘柄分析ということで、株価の推移(チャート)や特徴、株は買いかについて述べてきました。

洗濯洗剤などの日用品最大手のP&G。強力なブランドを数多く保有しており、不況下でも業績が底堅いことから65年連続増配という実績を誇ります。新型コロナ拡大でも、家庭用洗剤などの需要が伸びており、業績も堅調に伸びています。

株価も2020年4月の段階でコロナショック前の水準にまで回復、その後も順調に株価が上昇しています。投資家の期待や人気の高い銘柄といえますね。

新型コロナ拡大の収束が長期化し、インフレが進んでいますが、P&Gの業績への影響は軽微です。長期投資先として、かなりおすすめできる銘柄と考えます。

最後に米国株やETFに賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

※米国株取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の公式HPはコチラ

>> DMM株の評判・特徴をみる

S&P500や米国株にレバレッジ取引

株価指数、外国株、金、原油…などなど。いろんな商品に気軽に投資ができるCFD。最大の魅力はFXのようにレバレッジをかけて取引できること。

特に株価指数CFDはレバレッジをかけたインデックス投資なので、長期的に高いリターンが期待できます。

自分もS&P500CFDに長期投資しています!

CFD取引ならGMOクリック証券!

S&P500、ダウ平均、ナスダックなどの株価指数や米国株にレバレッジをかけて投資できるCFDならGMOクリック証券です。

  • 少額資金で5〜20倍の投資が可能
  • Apple、Teslaなどの個別株にもレバレッジ
  • 金、原油、コーンなどの商品にも投資可能

かいまる
かいまる
S&P500などの株価指数CFDなら5万円の資金で50万円の取引ができます。

米国株式市場は長期的に右肩上がり。

なので、S&P500CFDやナスダックCFDを長期保有することで少ない資金でも大きなリターンが期待できます。

無料で始める
GMOクリック証券
公式HPはコチラ
※5分で申込み完了!

GMOクリック証券の特徴・評判・口コミについては、姉妹サイトの記事でまとめています。ぜひご覧ください。

>> GMOの評判と口コミを見る(姉妹サイト)

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

カード決済で圧倒的なシェアを誇るビザ(VISA)の銘柄分析です。営業利益率が驚異の60%超えとなるなど業績鉄板。強さの秘密に迫ります。

ビザ(VISA)の株価と今後の見通しは?キャッシュレス化本命銘柄!米国株のビザ(V)への投資を考えています。VISAの株価の今後の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で業績は悪化しているよう...

 

新型コロナワクチン開発の期待の高いジョンソン・エンド・ジョンソンの銘柄分析です。58年連続増配と業績好調のディフェンシブ銘柄の代表格。死角はないのか?迫りました。

ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)株価:今後の見通しや配当金は?米国株のジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)への投資を考えています。JNJの株価の今後の見通しや配当金の推移を知りたいです。 ...

 

SNSの代名詞ともいえるフェイスブックの銘柄分析です。個人情報漏洩問題や仮想通貨リブラ構想の頓挫など逆風が吹き荒れますが、今後の株価の見込みについて分析です。

メタ(フェイスブック)株価・配当と今後の見通しは?社名変更で買い?米国株のメタ(フェイスブック)への投資を考えています。メタ(FB)の株価の見通しや配当金など、今後の見通しを知りたいです。 新型コ...

 

マイクロソフトの株価や配当の推移などに関しては以下の記事にまとめています。今後の株価の見通しは?

マイクロソフトの株価の今後は?クラウド”Azure"で10年後も成長!米国株のマイクロソフト(MSFT)への投資を考えているので、株価の今後の見通しや配当の推移を知りたいです。 コロナショックで株価急...

 

高配当・連続増配の定番中の定番、コカ・コーラの銘柄分析です。業績鉄板のコカ・コーラも2012年以降の売り上げが大幅に落ち込んでいます。その理由について分析です。

コカ・コーラの株価が下落…59年連続増配”配当王”の株は買い?業績が安定している米国株コカ・コーラ(KO)への投資を考えています。これまでのKOの株価の推移や配当はどんな感じですか? 今後、コ...

 

米国のグロース銘柄の象徴”アマゾン”。しかし、アジア地域でのEC事業展開は苦戦が続いており、また期待されているクラウド事業も世界シェア首位の座から陥落。今後の見通しについてまとめました。

アマゾンの株価の見通しは?10年後の業績はベゾス退任で厳しい?アマゾン(Amazon)の今後の株価見通しについて知りたいです。インターネット通販がメインですけど、クラウド事業も絶好調ですよね。 ...

 

米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。主要ネット証券会社の手数料を比較。オススメの証券会社はどこか?

米国株のおすすめ証券会社はどこ?手数料を徹底比較!(2022最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...
利息でコツコツ資産を増やすならFundsです!

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがFunds。株のように値動きがないので相場の動きが気になりません。

Funds

銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢。投資するファンドにもよりますがの年率1.5〜3%程度のリターンが期待できます!

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい

 

詳しくは以下をクリック!

口座開設は無料!簡単申込み
Funds
公式HPはコチラ

 

>> Fundsの評判と口コミを見る