米国レバレッジ型ETF

SOXLとは?半導体レバレッジETFは買い時?10年で株価30倍!

SOXLは米国の半導体セクターに投資できると聞いたけど、どんな特徴のETFですか?

株価の値動きは荒いようですが…買い時かな?10年後も期待できますかね?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容
  • レバレッジ型ETF SOXLとは?
  • SOXLの株価の推移と特徴とは?
  • SOXLをどのように活用するか?

投資歴20年のかいまるです。米国株や米国ETFを中心に1500万円以上の資産を運用しています。

レバレッジETF SOXLの特徴をまとめると、

  • 半導体株3倍ETF SOXLは、S&P500よりも株価のパフォーマンスが圧倒的に良い。
  • ただしコロナショック時には1ヶ月で株価が4分の1になるなど値動き激しい
  • 半導体は景気敏感セクター
  • 長期運用で高いリターンが期待できる

ということです。

今回は、半導体株の3倍に連動するレバレッジETF SOXLとは?ということで特徴や投資するメリットなどについて見ていきます。

今後の米国株や米国ETFへの投資の参考になる内容になっています。

ぜひ最後までご覧ください。

DMM株なら米国株取引手数料が0円!

DMM株では、米国株を手数料完全無料で取引することができます。

【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、日本株に比べて実は割高…。

しかも大手ネット証券で横並びなんです。

少しでもコストを下げて米国株を取引したい…、そんな方はDMM株が良いかもです。

DMM株は、他の証券会社に先駆けて米国株そして米国ETFの取引手数料が完全無料

取引手数料0円でお得に米国株を取引をしてはいかがでしょうか?

口座開設・維持費無料!
DMM株
公式HPはコチラ
5分で申し込み完了!

>> DMM株の評判と口コミを見る

レバレッジ型ETF SOXLとは?

Direxion デイリー半導体株ブル3倍ETF(SOXL)は、米国の半導体企業で構成されるSOX指数の値動きの3倍を目指すレバレッジ型の米国ETFです。

SBI証券、マネックス証券、楽天証券などの主要ネット証券で購入することができます。

基本データ
  • 指数:SOX指数
  • 分配金利回り:0.31%
  • 過去1年の株価幅:10.54〜74.21
  • 経費率:0.90%

経費率は1%程度とちょっと高めですが、SPXL(S&P500のレバレッジ3倍ETF)やTECL(ITセクターのレバレッジ3倍ETF)などDirexion社のレバレッジETFの経費率はこれくらいの経費率です。

SOX指数に連動するETFが日本では販売されていないことや、レバレッジ商品ということを考えれば妥当なところだと思います。

なお、SOXLは半導体セクターの3倍に連動するETFですが、他にも多くのレバレッジ型ETFが存在します。

日本で購入することが可能なレバレッジETFについてまとめています。ぜひご覧ください。

レバレッジ3倍の米国ETFおすすめ20選一覧とは?(2022最新)米国のレバレッジ3倍ETFに投資しようと考えていますが、どのような商品があるんですか? レバレッジ商品なのでリスクが高いと思うけど...

SOXLの株価が連動するSOX指数とは?

SOX指数とは”フィラデルフィア半導体株指数”のことで、米フィラデルフィア証券取引所が算出している半導体関連株指数。

インテル、AMD、クアルコム、エヌヴィディアなどの半導体の製造・流通・販売を手掛ける企業30銘柄の株式で構成される単純平均の株価指数です。

1993年12月1日を基準値100として算出。以下がSOX指数チャートになっていて、2022年9月の段階で2600程度です。

30年弱でSOX指数は25倍を超えるまでに上昇しているということです。

半導体は新型コロナ拡大によるテレワークやクラウド需要の増大などもあり、2020年末ごろから世界的に供給不足となっています。

今後も企業のIT化やパソコン・スマホ需要、AI、キャッシュレス社会の到来など、半導体の需要は今後も増大することは確実な情勢です。

2022年に入って金利上昇や金融引き締めなどもありSOX指数は調整局面ですが、長期的には更なる上昇も期待できると思います。

なお、このSOX指数に連動するETFはブラックロック社が運用しているiシェアーズシリーズのSOXXですが、残念ながら日本では販売されていないんですね。

SOXLの構成銘柄とは?

保有上位銘柄(Top10)は以下のようになっています。

日本でもおなじみインテル、エヌヴィディア、クアルコムあたりが上位を占めています。

半導体そのものを製造している企業が8割、半導体を作る装置を製造している企業が2割との構成となっています。

なお、SOXL以外にもS&P500やITセクターに連動するレバレッジ型ETFも人気の商品となっています。

特徴をまとめていますので、ぜひご覧ください。

SOXLの株価推移(チャート)とは?

SOXLの長期チャート(10年)

S&P500とSOXLの株価を単純に比較したのが以下のチャート(10年)となります。

赤:SOXL 水色:S&P500

過去10年でSOXLは節目節目で激しく上下していますが長期的に見れば上昇していますね。過去10年で30倍程度⁉︎まで上昇しています。

やはり半導体株は景気や世界経済の動向に影響を受けやすいと言われているので値動きはかなり激しいですね。S&P500の値動きが全くないと感じるほどです。

S&P500のチャートには配当金が組み込まれていないので、実態より若干低い値となっていますが、それを考慮したとしても10年程度で大きくS&P500をアウトパフォームしています。

直近1年の短期チャート

以下がコロナショック時を含む短期チャート(1年)です。

赤:SOXL 水色:S&P500

SOXLの株価はコロナショックで凄まじく値動きしていることが分かりますね。

2021年末に70ドル台だった株価が22年に入って10ドル台にまで急落しています。金利上昇もありハイテク銘柄に大きな売りが入っているんですね。

良くも悪くも指数の3倍の値動きを行うレバレッジETF SOXLの特徴を良く表しているのではないでしょうか。

レバレッジが効いているというのは、上にも大きく上がれば、下にも大きく下がるということです。

SOXLの分配金実績とは?

SOXLの過去4年間の配当実績は以下のとおり。

分配金利回りは0.3%程度レベルで、他のETFに比べると低い水準ですかね。金額も安定していないということもあ利、分配金を期待して投資をするタイプのETFということ。

まあ、値上がり益を期待するというレバレッジ型ETFはの特徴を考えれば、配当はオマケみたいなもんですね。

ちなみに米国株の魅力は高配当でかつ連続増配を続けている個別銘柄が多いことです。50年以上連続で増配している”配当王”や配当利回り7%超えの銘柄など、お宝銘柄を保有し続けるのも投資の醍醐味ですね。

おすすめの銘柄について以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

【米国株】連続増配おすすめランキング!厳選7銘柄(2022最新)米国株は、連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、おすすめの銘柄を知りたいです。 これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? ...

SOXLのリターンは?

次にSOXLの分配金も含めたトータルリターンを見ていきましょう(2022年3月31日現在)。

短期的には大きく下落しているSOXLですが、2010年の設定来で年率28%という驚異的なリターンを上げていますね。

参考URL:Direxion社公式HP

注意点:時間と共に指数から乖離する

SOXLはSOX指数の3倍の収益を目指すものですが、あくまでも1日の値動きについて3倍になるようにしているもので、期間が長くなると乖離していきます。

日本取引所グループHPに、レバレッジ型ETFの特徴について解説がありましたので、以下に引用します。 ざっくり言うと、

  • 投資期間が長くなればなるほど、指標と乖離する。
  • レンジ相場になると指標に比べてパフォーマンスが悪くなる。

ということです。

レバレッジ型指標は、相場の下落局面においては原指標よりも大きく下落していきますが、2営業日以上離れた日と比較した場合は、想定した変動率とは異なる下落率となってしまう点、そして、投資期間が長期になればなるほど、原指標の変動率とレバレッジ型指標の変動率の乖離が大きくなる可能性が高まる点に留意が必要となります。

相場の方向感が定まらず、原指標が上昇や下落を相互に繰り返した場合、レバレッジ型指標は複利効果によって、原指標と比較してパフォーマンスが逓減して行くという特性がありますので留意が必要です。

 出典:日本取引所グループHP 

長期的には高い成長を期待できる米国市場ですが、投資する商品の特徴や投資理論を踏まえて投資することで高い成績が期待できます。

おすすめの投資本について以下の記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

米国株のおすすめ本ランキング10選!150冊から厳選!(2022最新)米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?初心者向けの本も知りたいです。 全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方...

SOXLをどのように活用するか?

株価推移からは長期投資も面白い

過去の実績からは、長期的にSOXLを保有することで大きな収益が期待できると思います。

株式は長期的には正の期待値を持つものであり、歴史的にも代表的な指数であるS&P500は年率10%以上のパフォーマンスを示してきたからです。

ただし、下にも3倍振れてしまうのでコロナショックのような暴落の際には短期的にSOXLはS&P500よりもパフォーマンスが悪くなります。

リーマン後の上昇相場の時に時間をかけて保有すればS&P500よりも良いパフォーマンスを期待できるということです。

低レバレッジの運用を

どれだけレバレッジをかけることができるかは、投資期間や投資資金にもよりますので、一概に言えませんが、資金全てをSOXLに投入することはお勧めしません。

大きな含み損がでる可能性があり、それに耐えられなくなるからです。債権、米国株、日本株を保有しつつ、資産全体を低いレバレッジで長期運用するというのが合理的な手法だと考えます。

S&P500や米国株にレバレッジ取引

株価指数、外国株、金、原油…などなど。いろんな商品に気軽に投資ができるCFD。最大の魅力はFXのようにレバレッジをかけて取引できること。

特に株価指数CFDはレバレッジをかけたインデックス投資なので、長期的に高いリターンが期待できます。

自分もS&P500CFDに長期投資しています!

CFD取引ならGMOクリック証券!

S&P500、ダウ平均、ナスダックなどの株価指数や米国株にレバレッジをかけて投資できるCFDならGMOクリック証券です。

  • 少額資金で5〜20倍の投資が可能
  • Apple、Teslaなどの個別株にもレバレッジ
  • 金、原油、コーンなどの商品にも投資可能

かいまる
かいまる
S&P500などの株価指数CFDなら5万円の資金で50万円の取引ができます。

米国株式市場は長期的に右肩上がり。

なので、S&P500CFDやナスダックCFDを長期保有することで少ない資金でも大きなリターンが期待できます。

無料で始める
GMOクリック証券
公式HPはコチラ
※5分で申込み完了!

GMOクリック証券の特徴・評判・口コミについては、姉妹サイトの記事でまとめています。ぜひご覧ください。

>> GMOの評判と口コミを見る(姉妹サイト)

「SOXLの株価推移とは?」まとめ

今回はレバレッジETFであるSOXLの株価推移や特徴、配当実績について紹介するとともに、SOXLの活用法についてまとめました。

SOXLは米国の半導体企業の株価に連動するレバレッジ型ETF。

半導体は、スマホやパソコン、工業製品などあらゆる製品に搭載されています。さらに将来的には5GやIot、AIなどの普及により、高度な半導体や電子部品を活用した製品の出荷はますます増えることが予想されます。

さらに、新型コロナ拡大を景気に企業のIT化やクラウド活用の拡大、テレワークや遠隔授業普及によるPC・スマホの需要、キャッシュレス活用の増加など、半導体の需要はますます高まっている状況です。

半導体企業は長期的にも高い成長が期待できるということです。

もちろん、SOXLはレバレッジ商品ですからリスクが高くなることは間違いありませんので、過剰なリスクは取るべきではありません。

ただ、ポートフォリオ全体のレバレッジを調節することで、リスクを抑え収益を加速できると考えます。

最後に米国ETFや米国株に賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集したい!

株式投資で利益を出したいなら、個別株に関する情報収集が重要です。

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するオックスフォードインカムレターなら効率的に情報収集ができます。

メールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてくるんですね。

自分も登録してみたところ、おなじみの米国の個別銘柄に関する内容や、米国株による資産形成に関する内容などがタイムリーに送られてきます。

永久に持っておきたい6つの高配当米国株についても知ることができます。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

オックスフォードインカムレター
>> 無料メルマガに登録してみる

なお、オックスフォードインカムレターの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

オックスフォードインカムレター評判は?無料メルマガは役立つのか?オックスフォードインカムレターは米国株投資に役立つんですかね?メルマガって何か怪しいイメージがあるんですよね。 Oxfordインカ...

米国ETFに手間をかけずに自動運用する方法とは?

株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。

やはり資産運用の基本は米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。

自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、ウェルスナビを活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。

自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。忙しい会社員や主婦の方に特におすすめです。詳しくは以下の記事にまとめています。

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミは本当?実際にやってみた!WealthNavi(ウェルスナビ)ってどうなんですかね。資産運用ならウェルスナビが良いって聞いたけど、、、果たして本当に儲かるの? ...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国ETFに関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

レバレッジ3倍ETFにはどのようなものがあるか、まとめてみました。特徴や活用法についても分析しています。ぜひご覧ください。

レバレッジ3倍の米国ETFおすすめ20選一覧とは?(2022最新)米国のレバレッジ3倍ETFに投資しようと考えていますが、どのような商品があるんですか? レバレッジ商品なのでリスクが高いと思うけど...

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

米国の高配当ETFのおすすめランキング5選とは?(2022最新)米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットや、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このような疑問を持...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?人気の定番ETFを徹底比較!(2022年最新)米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。主要ネット証券会社の手数料を比較。オススメの証券会社はどこか?

米国株のおすすめ証券会社はどこ?手数料を徹底比較!(2022最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...

 

その他主要なレバレッジ型ETFについても記事にまとめています。