米国ETF

米国ETF VDEとは?構成銘柄•配当•見通しは?資源価格高騰で期待大!

米国のエネルギーセクターのETF VDEの株価推移や構成銘柄、今後の見通しについて知りたいです。

他にも高配当ETFやS&P500に連動するETFもありますが、これらに比べてVDEに投資するメリットは何でしょうか?配当実績についても知りたいです。

今回はこういった疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容
  • VDE:株価の基本データと特徴は?
  • VDEの構成銘柄とセクター比率は?
  • VDEのチャートとリターンは?コロナからも完全回復!
  • VDEの配当実績と増配率は?

今回は米国のエネルギーセクターのETF VDEについて特徴や株価の推移などを分析していきます。ぜひ最後までご覧ください。

自分は、米国株や米国ETFを中心に1500万円以上の資産を運用しています。これらの経験を踏まえて記事を書きました。

DMM株なら米国株取引手数料が0円!

DMM株では、米国株を手数料完全無料で取引することができます。

【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、日本株に比べて実は割高…。

しかも大手ネット証券で横並びなんです。

少しでもコストを下げて米国株を取引したい…、そんな方はDMM株が良いかもです。

DMM株は、他の証券会社に先駆けて米国株そして米国ETFの取引手数料が完全無料

取引手数料0円でお得に米国株を取引をしてはいかがでしょうか?

口座開設・維持費無料!
DMM株
公式HPはコチラ
5分で申し込み完了!

>> DMM株の評判と口コミを見る

米国ETF VDEの株価と特徴とは?

米国ETF VDEは、バンガード社が提供するETFでエネルギーセクターの銘柄を組み入れたETFです。石油や天然ガスなどの資源・エネルギーなどに関連する企業で構成されています。

ちなみに、シーゲル博士の”株式投資の未来”によれば、1957~2003年のエネルギーセクターのトータルリターンは11.32%。S&P500の10.85%を上回っています。

銘柄数 107
資産規模 $98.7(億米ドル)
配当率 3.73%
経費率 0.10%
設定日 2004年9月29日
運用会社 Vanguard

経費率は0.10%となっていて、S&P500ETFのVOOが0.03%、高配当ETFのVYMが0.06%と比較すると割高感があります。

ただ分配金利回りが3%近くとなっていて、S&P500に比べても非常に高いインカムが期待できますね。

一方、エネルギー関連企業は、石油・天然ガスの開発・精製・販売を手がけている企業ということもあり二酸化炭素などの温室効果ガスを排出するということで投資家から敬遠されています。

分配金利回りが高いということは、裏を返すと人気がないセクターということであり、資源高で短期的に株価は上昇しているものの、長期的には低迷しています。

ちなみに米国株は11のセクターに分類されます。おすすめのセクターは何か?記事をまとめていますので、ぜひご覧ください。

米国セクターETFのおすすめとは?3セクターを厳選(2022最新)米国のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでしょ...

VDEの構成銘柄とセクター比率は?

VDEの構成銘柄TOP10

構成銘柄上位10社(2022年8月31日現在)は以下の表のとおりです。

VDEのセクター比率

続いてセクター比率です。

No. サブセクター 構成比率
1 総合石油・ガス 42.70%
2 石油・ガス探査・開発 22.40%
3 石油・ガス貯蔵・輸送 12.10%
4 石油・ガス精製・販売 11.70%
5 石油・ガス装置・サービス 10.30%

セクター比率を見ると、完全に石油・ガス関連のサービスで占められているのがわかります。

参考URL:バンガード公式HP

VDEの株価の推移(パフォーマンス実績)

直近10年のトータルリターンを示したのが以下のチャートとなります。

赤:VDE 青:S&P500 

この時期のVDEの10年間のパフォーマンスは約+1.21%。

2015年くらいからの原油安の影響で、S&P500に比較して大きくアンダーパフォーマンスしています。成長性も限られる点も不人気の要因ですね。

エクソンモービルがダウから除外」の記事にも書きましたが、2020年8月にエクソンモービルがダウから除外されてIT企業が新たに追加されるなど、エネルギーセクターの米国経済に与える影響は低下しています。

※米国株取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の公式HPはコチラ

>> DMM株の評判・特徴をみる

コロナショック後のVDEのパフォーマンスは?

コロナショックのあった2020年3月以降の2年間のチャートをもう少し詳細に見ていきましょう。

赤:VDE 青:S&P500

2020年の前半に原油価格先物がマイナスをつけるような激しい落ち込みがあったため、エネルギーセクターの株価は、コロナショックの際は50%近く暴落しました。

一方、2021年以降、コロナ収束による景気回復期待やロシアのウクライナ侵攻もあり資源価格が高騰。短期的にVDEの株価も上昇しています。

特に原油価格が上昇し続けてエクソン・モービルなどのエネルギー企業の株が買われています。

なお、米国株や米国ETFにお得に投資をしたい方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的におすすめです。

米国ETFは、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。最近人気が高まっているみたいですよ。

DMM株の評判と気になるデメリットとは?米国株の取引手数料0円!DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

VDEのこれまでの配当実績は?

VDEの配当実績を見てみます。

2020年の分配金は低下したものの、21年は資源価格の高騰もありエネルギーセクター企業の業績が好調。分配金が伸びていますね。

新型コロナ拡大による外出制限や海外への渡航制限などにより、人の移動が激減したこともあり、エネルギー需要は低迷しました原油価格は直撃を受けました。

2015年以降の原油価格の低迷などもあり、減配の年も多くなってはいますが、リーマンショック時に減配していなかった点は評価できると思います。

米国ETF VDEの今後は?買い?

石油や天然ガスの採掘・精製・販売を中心としたエネルギーセクターが将来性があるかと問われると、ちょっと厳しいと言わざるを得ません。

石油などの化石燃料から、太陽光や風力などの再生可能エネルギーへの移行は今後、どんどん進むからです。ESG投資の流れは根強く、安定した配当は期待できても、値上がり益はしばらく期待しにくいと思われます。この傾向はコロナ収束でも変わらないですね。

一方で、石油関連企業も豊富な手元資金で再生可能エネルギーなどのクリーンエネルギーの研究開発を進めている企業もあります。

長期的には、そのような企業が、クリーンエネルギー事業を通じて収益や利益をあげていく可能性は十分にあるかと思います。

短期的には資源価格高騰で株価が上昇しているエネルギーセクターですが、長期的に高い成長が見込めるとは言い難いですね。

いずれにせよ、長期的にエネルギーセクターの株価大幅上昇は見込みづらいこともあり、VDEは高い分配金を期待して投資をするという使い方になります。

最後に米国ETFや米国株に賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するオックスフォードインカムレター

メールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます。

自分も登録してみたところ、おなじみの米国の個別銘柄に関する内容や、米国株による資産形成に関する内容などがタイムリーに送られてきます。

永久に持っておきたい6つの高配当米国株についても知ることができます。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

オックスフォードインカムレター
>> 無料メルマガに登録してみる

なお、オックスフォードインカムレターの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

オックスフォードインカムレター評判は?無料メルマガは役立つのか?オックスフォードインカムレターは米国株投資に役立つんですかね?メルマガって何か怪しいイメージがあるんですよね。 Oxfordインカ...

米国株や米国ETFに関連するお得情報を以下にまとめました。役に立つ情報満載です!ぜひご覧ください。

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株や米国ETFに関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

米国のハイテク銘柄にまるっと投資できるETFについてまとめました。GAFAMやVisa、NVIDIA、Netflixなど今後の成長に期待できる銘柄などで構成されるETF。ぜひご覧ください。

米国ハイテクETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2022最新)米国株のハイテクETFの中でおすすめのものを知りたいです。色々なハイテクETFがありますが、それぞれの特徴はどんな感じですか? コ...

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

米国の高配当ETFのおすすめランキング5選とは?(2022最新)米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットや、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このような疑問を持...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?人気の定番ETFを徹底比較!(2022年最新)米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国ETFの中でおすすめのセクターETFについてまとめました。S&P500に比べてパフォーマンスの良いセクターもあるんですね。必見です。

米国セクターETFのおすすめとは?3セクターを厳選(2022最新)米国のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでしょ...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株のおすすめ証券会社はどこ?手数料を徹底比較!(2022最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...