米国ETF

リートETF XLREとは?配当や構成銘柄は?不動産セクターに投資!

S&P500の不動産セクターETF XLREの株価やチャートの特徴について知りたいです。

他にも高配当リートのETFはありますが、これらに比べてXLREに投資するメリットは何でしょうか?配当実績についても知りたいです。

今回はこういった疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容
  • XLRE:株価の基本データと特徴は?
  • XLREの構成銘柄とセクター比率は?
  • XLREはコロナ・ショックで激変!
  • XLREの配当実績は?

S&P不動産セクターのETF XLREについて特徴や株価の推移などを分析していきます。

安定した配当が人気のリートETFで、S&P500に採用されている銘柄で構成されているというところに特徴があります。

日本にいながら米国の不動産に投資するのはハードルが高いので、株や債券に加えて分散投資先の一つとして魅力的。

ぜひ最後までご覧ください。

自分は、米国株や米国ETFを中心に1500万円以上の資産を運用しています。これらの経験を踏まえて記事を書きました。

DMM株なら米国株取引手数料が0円!

DMM株では、米国株を手数料完全無料で取引することができます。

【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、日本株に比べて実は割高…。

しかも大手ネット証券で横並びなんです。

少しでもコストを下げて米国株を取引したい…、そんな方はDMM株が良いかもです。

DMM株は、他の証券会社に先駆けて米国株そして米国ETFの取引手数料が完全無料

取引手数料0円でお得に米国株を取引をしてはいかがでしょうか?

口座開設・維持費無料!
DMM株
公式HPはコチラ
5分で申し込み完了!

>> DMM株の評判と口コミを見る

XLREの株価と特徴とは?

リートETFの不動産セレクト・セクター SPDRファンド XLREは、S&P500の不動産セクターにまるっと投資できるETFで、ステートストリート社が販売しているものになります。

基本データは以下のとおり(2021年11月現在)

銘柄数 30
資産規模 $5,000 (百万米ドル)
分配金利回り 2.87%
経費率 0.10%
設定日 2015年10月7日
運用会社 State Street

(出典:Bloomberg.co.jp, ssga.com)

連動する対象となる指数は、不動産セレクト・セクター指数と呼ばれるもので、不動産管理・開発およびREIT(モーゲージREITを除く)の業種に属する企業から構成されています。

リートだけじゃなく、一部ですが日本で言えば三井不動産は三菱地所のような不動産開発事業を展開する企業も含まれるということです。

経費率は0.10%となっていて、同じリートETFのIYRが0.42%と比較すると割安感があります。

高配当REIT中心のETFですので、直近の配当利回りは約3%ありますので、インカムも十分といえます。

なお、他にもIYR、RWRも人気のリートETFです。特徴を以下の記事で比較しています。

どれに投資すべきか必見です。

XLREの構成銘柄とセクター比率は?

XLREの構成銘柄TOP10

構成銘柄上位10社(2022年5月17日現在)は以下の表のとおりです。

構成銘柄Topのアメリカンタワーは、携帯電話通信用の電波塔を所有・運営するリートです。日本ではあまり馴染みのないリートですが、AT&Tなどの通信事業者に電波塔をリースしています。

S&P500のセクターは11種類ありますが、XLREは不動産セクターを構成する採用銘柄のすべてを網羅しています。

米国の主要なリートが網羅されていると言ってよいでしょう。

XLREのセクター比率

続いてセクター比率です。

業種 組入比率
REIT 97.08%
不動産管理・開発 2.92%

(2022年5月時点)

不動産REITがほぼ全体を占めております。

参考URL:スパイダー社公式HP

XLREの株価の推移(パフォーマンス実績)

直近5年の株価推移を示したのが以下のチャートとなります。

参考にS&P500のチャートも掲載しています。

赤:XLRE  青:S&P500

S&P500よりもパフォーマンスは低いですが、XLREの5年間のパフォーマンスは約1.4倍程度になっています。

分配金利回りが3%以上あることを考えると、わりと悪くないかなと思います。

コロナショックの落ち込みは激しく、2分の1まで急激に縮小して、20年3月以降、急速に回復し、21年半ばに暴落時の価値まで戻してきたところです。

ちなみに、今回比較したS&P500の特徴については、以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧になってください。

S&P500とは?わかりやすく解説!ダウとの違いは?今後も買い?米国株投資で良く目にする”S&P500”とはなんですか? ダウとの違い、利回り・構成銘柄や特徴など、今後も買いなのか、わか...

コロナショック時のXLREのパフォーマンスは?

コロナショック前後のパフォーマンスを見るために、直近2年のチャートを見ていきましょう。

赤:XLRE  青:S&P500

XLREもコロナショックで大きく株価が下落していることがわかります。経済危機などの株価が暴落するような状況になるとリートも大きく売られるということですね。

不動産自体が景気敏感セクターですから、リーマンショックやコロナショックなどがあると値動きが激しくなり、株価も大きく下落してしまいます。

株価の回復もS&P500に比べると遅いですね。

コロナ拡大による外出制限により、ショッピングセンターやオフィスビルに人が完全に戻っていないという状況下では、株価の戻りも鈍いということです。

XLREのこれまでの配当実績は?

XLREの過去の配当実績を見てみます。

過去6年間の分配金となっていますが、安定して支払われているのがわかります。REITセクターは配当利回りが高いことに特徴があります。

コロナショックでの株価下落が下落しても、年間配当金はコンスタントに3%以上を保っています。

米国株に関する情報を効率よく収集したい!

株式投資で利益を出したいなら、個別株に関する情報収集が重要です。

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するオックスフォードインカムレターなら効率的に情報収集ができます。

メールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてくるんですね。

自分も登録してみたところ、おなじみの米国の個別銘柄に関する内容や、米国株による資産形成に関する内容などがタイムリーに送られてきます。

永久に持っておきたい6つの高配当米国株についても知ることができます。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

オックスフォードインカムレター
>> 無料メルマガに登録してみる

なお、オックスフォードインカムレターの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

オックスフォードインカムレター評判は?無料メルマガは役立つのか?オックスフォードインカムレターは米国株投資に役立つんですかね?メルマガって何か怪しいイメージがあるんですよね。 Oxfordインカ...

XLREは買いか?

自分は米国リートETFの中であれば、このXLREは非常に優れた商品かと思います。

というのは、S&P500に採用されているリート銘柄なので、大規模で財務的にも問題ない銘柄で構成されているということだからです。

しかも経費率が0.10%ということなので、IYRよりもコスト的に優れています。

日本にいながら米国の不動産に投資するのはハードルが高いので、株や債券に加えて分散投資先の一つとして魅力的かと考えます。

なお、人気のリートETF IYR、RWR、XLREの特徴を以下の記事で比較しています。どれに投資すべきか必見です。

米国リートETFを徹底比較!おすすめは?【IYR,RWR,XLRE】米国リートETFへの投資を考えています。米国リートETFのIYR、RWR、XLREを比較して、おすすめはどれですか? 基本データや...

「S&P不動産セクターETF XLRE」のまとめ

今回は、S&P500の不動産セクターにまるっと投資できるETF XLREの特徴、株価の推移、分配金実績などについて見てきました。

XLRE1本で米国の主要リート全てに分散投資することができます。経費率も0.10%と他のリートETFよりも優れていますね。

日本にいながら海外不動産投資をするのは難易度が高いです。その点、XLREは経費率も低く、分散投資の一つとして大変有望な投資対象といえると思います。

取引手数料ゼロの証券会社

米国株への投資を考えている方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株の評判と気になるデメリットとは?米国株の取引手数料0円!DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

>> DMM株 公式ページはコチラ

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

米国の債券にまるっと投資できるおすすめの債券ETFをまとめました。安定志向の強い方には適した商品です。ぜひご覧ください。

(2022最新)米国債券ETFのおすすめランキング!債券投資のメリットは?米国の債券ETFに投資するメリットを知りたいです。そもそも債券ETFの特徴とはどのようなものですか? おすすめの債券ETFも知りた...

 

米国のハイテク銘柄にまるっと投資できるETFについてまとめました。GAFAMやVisa、NVIDIA、Netflixなど今後の成長に期待できる銘柄などで構成されるETF。ぜひご覧ください。

米国ハイテクETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2022最新)米国株のハイテクETFの中でおすすめのものを知りたいです。色々なハイテクETFがありますが、それぞれの特徴はどんな感じですか? コ...

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

米国の高配当ETFのおすすめランキング5選とは?(2022最新)米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットや、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このような疑問を持...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?(2022年最新)人気のETFを徹底比較!米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国ETFの中でおすすめのセクターETFについてまとめました。S&P500に比べてパフォーマンスの良いセクターもあるんですね。必見です。

米国セクターETFのおすすめとは?3セクターを厳選(2022最新)米国のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでしょ...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株のおすすめ証券会社はどこ?手数料を徹底比較!(2022最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...