米国ETF

CNXTとは?中国の高成長企業にまるっと投資できる!

中国株ETF CNXTの株価やチャートの特徴、構成銘柄について知りたいです。

他にも中国株ETFはありますが、これらに比べてCNXTに投資するメリットは何でしょうか?配当実績についても知りたいです。

今回はこういった疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容
  • CNXT:株価の基本データと特徴は?
  • CNXTの構成銘柄とセクター比率は?
  • コロナショックのCNXTへの影響は!
  • CNXTの配当実績は?

今回は、中国中小創業板セクターETF CNXTについて特徴や株価の推移などを分析していきます。

最初に特徴をまとめると、

・中国市場の高成長な中小企業100銘柄で構成

・コロナショックからの株価回復は早い 

・分配金利回りは低いのでキャピタル狙い

ということですね。

特に、高い経済成長率を維持する中国市場の中でも、高成長な中小企業100社にまるっと投資できるのがCNXTの大きな特徴となっています。

多くのETFがある中、CNXTに投資をする魅力とは何なのか、特徴や過去なパフォーマンスなどをわかりやすく分析しています。

ぜひ最後までご覧ください。

自分は、米国株や米国ETFを中心に1500万円以上の資産を運用しています。これらの経験を踏まえて記事を書きました。

DMM株なら米国株取引手数料が0円!

DMM株では、米国株を手数料完全無料で取引することができます。

【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、日本株に比べて実は割高…。

しかも大手ネット証券で横並びなんです。

少しでもコストを下げて米国株を取引したい…、そんな方はDMM株が良いかもです。

DMM株は、他の証券会社に先駆けて米国株そして米国ETFの取引手数料が完全無料

取引手数料0円でお得に米国株を取引をしてはいかがでしょうか?

口座開設・維持費無料!
DMM株
公式HPはコチラ
5分で申し込み完了!

>> DMM株の評判と口コミを見る

中国ETF CNXTの株価と特徴とは?

中国ETFは、各社から様々な商品が出されていますが、CNXTはヴァンエック社が販売しているものになります。

連動する指数は”ChiNext100”と呼ばれるもので、深セン株式市場に上場する中小企業などから選ばれた100銘柄で構成された指数となっています。

なので、国有企業や大企業を除いて中国の有望な中小企業にまるっと投資をしたい場合には、このCNXTが選択肢に入ってきます。

基本データは以下のとおりです。

銘柄数 100
資産規模 $44.705 (百万米ドル)
分配金利回り –%
経費率 0.65%
設定日 2014年7月23日
運用会社 VanEck

(出典:Bloomberg.co.jp)

昔ほどではないにせよ高い経済成長率を維持する中国市場。その中でも高成長が期待できる有望企業に投資ができるETFです。

経費率は0.65%と若干高めですが、個人投資家が中国の中小企業に投資するのはかなりハードルが高いことを考えると、妥当なラインかと思います。

CNXTの構成銘柄とセクター比率は?

CNXTの構成銘柄TOP10

構成銘柄上位10社(2022年5月31日現在)は以下の表のとおりです。

大型株が含まれないこともあり、聞いたことのない企業ばかりですね。

CNXTのセクター比率

続いてセクター比率です。

セクター別比率ですがITセクターが34%で最も高くなっています。中国でも高成長企業にはIT企業が多いということですね。

CNXTの株価の推移(パフォーマンス実績)

直近5年の株価推移を示したのが以下のチャートとなります。参考までに米国の代表的な株価指数であるS&P500も掲載しておきます。

赤:CNXT  青:S&P500

この時期のCNXTの5年間のパフォーマンスは約13%です。S&P500と比べてしまうと、ちょっと物足りないですね。

2018年の米中貿易摩擦の影響で株価が大きく下落。また22年に入って上海のロックダウンもあり株価は大きく下落しています。

コロナショック時のパフォーマンスは

コロナショック前後の株価推移を見ていきましょう。コロナショック前後の2年チャートです。

赤:CNXT  青:S&P500

過去2年の短期チャートを見ると、CNXTが好調な米国市場と比べても大きく上昇していることがわかります。

中国は、新型コロナの感染拡大を米国や欧州と比較して抑えるのが早かったと言われており、中国経済の回復も順調に進んでいるということでしょう。

今回、CNXTと比較したS&P500の特徴については以下の記事でわかりやすく説明しています。

ぜひご覧ください。

S&P500とは?わかりやすく解説!ダウとの違いは?今後も買い?米国株投資で良く目にする”S&P500”とはなんですか? ダウとの違い、利回り・構成銘柄や特徴など、今後も買いなのか、わか...

CNXTのこれまでの配当実績は?

CXSEの過去の配当実績を見てみます。

分配金が出たのは2018年以降のようですね。

配当利回りは0.2%を切っていますので、株価の値上がり益でキャピタルゲインを狙うタイプのETFになります。

「中国株ETF CNXTとは?」まとめ

今回は、中国株ETF CNXTとは?ということで、その特徴や株価推移、構成銘柄、分配金の推移等について見てきました。

CNXTの特徴をまとめると、

・中国市場の高成長な中小企業100銘柄で構成

・コロナショックからの株価回復は早い 

・分配金利回りは低いのでキャピタル狙い

ということですね。

高い経済成長を維持する中国の中でも、特に高成長な中小企業100社にまるっと投資できるETFです。

中国市場に興味があり、配当金よりは株価の値上げ利益を期待する方には面白い商品かと思います。

なお、CNXT以外にも中国の株式市場に投資できるETFもいくつかあります。主要な中国株ETFを分析していますので、ぜひご覧になってください。

最後に米国株やETFを賢く運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

1000円から米国株に投資

米国株への投資は多額の資金が必要でハードルが高いとのイメージがあるかもです。しかし、最近は少額からでも投資を始めることができる様々なサービスがあるんです。

例えばPayPay証券なら、米国株やS&P500ETFに1,000円の少額から取引することができます。

中国の大型株で構成されているETFにも1,000円から投資することができます。

PayPay証券なら1000円から米国株投資

PayPay証券は、アップル、アマゾン、テスラ、エヌビディアなど米国の優良企業に1,000円の少額から投資できます。

PayPay証券

少額からスマホで取引できるので”米国株はちょっと難しそう”とか”まずは試しに米国株を始めたい”という方に良いかも。

PayPay証券のメリットをまとめると、

  1. スマホアプリで簡単に米国株投資
  2. 1,000円から米国の大企業の株主になれる
  3. 米国株に積立投資ができる

というもの。

これを機会にPayPay証券に口座開設して、スマホアプリで米国株投資を開始してみてはいかがでしょうか?

スマホで気軽に取引
PayPay証券
公式HPはコチラ
※最短5分で申し込み完了

>> PayPay証券の評判と口コミを見る

米国株に関連するお得な情報のページを以下にまとめました。本当に役立つ情報ばかり!ぜひご覧ください。

米国株取引手数料0の証券会社
米国株の買い方
米国株のおすすめ投資本
米国ETFを自動運用する方法
相場を気にしない年率5%の投資法  

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

株式タイプの米国ETFでおすすめのものをまとめました。もちろんVOOも含まれていますが、このETFに負けないほど優良なETFをまとめています。

米国ETFでおすすめは?(2022年最新)人気のETFを徹底比較!米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国ETFの中でおすすめのセクターETFについてまとめました。S&P500に比べてパフォーマンスの良いセクターもあるんですね。必見です。

米国セクターETFのおすすめとは?3セクターを厳選(2022最新)米国のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでしょ...

 

米国のハイテク銘柄にまるっと投資できるETFについてまとめました。GAFAMやVisa、NVIDIA、Netflixなど今後の成長に期待できる銘柄などで構成されるETF。ぜひご覧ください。

米国ハイテクETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2022最新)米国株のハイテクETFの中でおすすめのものを知りたいです。色々なハイテクETFがありますが、それぞれの特徴はどんな感じですか? コ...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株のおすすめ証券会社はどこ?手数料を徹底比較!(2022最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...