米国ETF

中国株ETF FXIとは?大型株50銘柄にまるっと投資で買うべき?

中国の大型株で構成されるETF FXIの株価やチャートの特徴について知りたいです。

他にも中国株のETFはありますが、これらに比べてFXIに投資するメリットは何でしょうか?配当実績についても知りたいです。

今回はこういった疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容
  • 中国ETF FXI:株価の基本データと特徴は?
  • FXIの構成銘柄とセクター比率は?
  • コロナショックのFXIへの影響は!
  • FXIの配当実績は?

中国の大型株で構成されるETF FXIについて特徴や株価の推移などを分析していきます。

最初にFXIの特徴をまとめると、

FXIのポイント
  • 香港市場の大型株50銘柄で構成
  • 経費率は0.74%と高めも、配当利回りは2%超え
  • 過去のリターンはVWOより低い

ということ。中国の大型株にまるっと投資したいと考えている投資家の方には選択肢となりうるETFです。

ぜひ最後までご覧ください。

自分は、米国株や米国ETFを中心に1500万円以上の資産を運用しています。これらの経験を踏まえて記事を書きました。

DMM株なら米国株取引手数料が0円!

DMM株では、米国株を手数料完全無料で取引することができます。

【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、日本株に比べて実は割高…。

しかも大手ネット証券で横並びなんです。

少しでもコストを下げて米国株を取引したい…、そんな方はDMM株が良いかもです。

DMM株は、他の証券会社に先駆けて米国株そして米国ETFの取引手数料が完全無料

取引手数料0円でお得に米国株を取引をしてはいかがでしょうか?

口座開設・維持費無料!
DMM株
公式HPはコチラ
5分で申し込み完了!

>> DMM株の評判と口コミを見る

中国ETF FXIの株価と特徴とは?

FXIは、香港証券取引所に上場している中国の大型株を中心に構成されるているETFで、ブラックロック社が販売しているものになります。

採用している指数は”FTSE中国50インデックス”で、香港市場に上場している時価総額上位50社の株価に連動するインデックスです。大企業が多いので分配金利回りも比較的高いです。

基本データは以下のとおりです。

銘柄数 50
配当率 0.93%
経費率 0.74%
設定日 2004年10月8日
運用会社 BlackRock

(出典:Bloomberg.co.jp)

経費率は0.74%となっていて、中国、台湾、ブラジル、インドなど世界中の新興国市場の企業にまるっと投資できるETF VWOが0.1%ということを考えるとかなり割高ですね。

新興国ETF VWOは買うべきか?株価長期低迷も将来性に期待!新興国ETF VWOの特徴や構成銘柄、配当実績について知りたいです。コロナショックで大きく下落したようですが…。 米国などの先進国...

同じ中国株ETFのCXSEが0.32%と比較しても割高感があります。ちなみに、このCXSEは国営企業を除いた、中国の代表的な民間企業で構成されているETFです。

中国株ETF CXSEとは?中国の民間企業に投資!株価急落で買い時か?中国株ETF CXSEの株価やチャートの特徴について知りたいです。 他にも中国株のETFはありますが、これらに比べてCXSEに投資...

他方、過去12ヶ月の配当利回りは0.93% ということで、インカムゲインもあまり期待できないですね。

FXIの構成銘柄とセクター比率は?

FXIの構成銘柄TOP10

構成銘柄上位10社(2022年6月13日現在)は以下の表のとおりです。

フードデリバリーの美団や、アリババ、テンセントなど中国の主要企業はしっかりと含まれていますね。

構成銘柄は、香港市場に上場している企業なので、上海や深圳の上場株は対象から外れます。

FXIのセクター比率

続いてセクター比率です。

情報技術、ヘルスケア、金融の割合が大きくなっていますね。

FXIの株価の推移(パフォーマンス実績)

直近5年の株価推移を示したのが以下のチャートとなります。

参考のために、米国の株式市場に連動するS&P500と新興国株で構成されるETF VWOも掲載しています。

  赤:FXI 青:S&P500 緑:VWO

この時期のFXIの5年間のリターンは配当も含めて−18%。新興国市場に連動するVWOと比べてもパフォーマンスが悪化しています。

米国株S&P500に比べるとかなりパフォーマンスは劣る結果となっています。

コロナショックのパフォーマンス

コロナショック後の直近2年のチャートをもう少し詳細に見ていきましょう。

赤:FXI 青:S&P500 緑:VWO

2021年以降、株価が大きく下落しています。

  1. 中国と諸外国との香港や人権問題をめぐる対立
  2. 中国政府のアリババへの経営干渉
  3. 2020年の大幅上昇の反動
  4. 米国の長期金利の上昇

などの影響によるものです。特に①②は中国のカントリーリスクが表面化した結果とも言えるので、低迷は長期化するかもですね。

なお、長期的に好調な米国株式市場の値動きを示す株価指数がS&P500です。最近ではこの指数に連動するETFや投資信託も数多く販売されて、日本でも人気となっています。

そんなS&P500の特徴を以下の記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

S&P500とは?わかりやすく解説!ダウとの違いは?今後も買い?米国株投資で良く目にする”S&P500”とはなんですか? ダウとの違い、利回り・構成銘柄や特徴など、今後も買いなのか、わか...

FXIのこれまでの配当実績は?

FXIの過去の配当実績を見てみます。

ここ数年は分配金は伸びていないですが、分配金利回りは2%を超えているのでインカムもそれなりに期待できるETFといえるでしょう。

なお、米国株の魅力は連続増配銘柄が多いことですね。個別銘柄の中にも素晴らしい銘柄が米国にはたくさんあります。以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

【米国株】連続増配おすすめランキング!厳選7銘柄(2022最新)米国株は、連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、おすすめの銘柄を知りたいです。 これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? ...

米国ETFに手間をかけずに自動運用する方法とは?

株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。

やはり資産運用の基本は米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産IYRなどに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。

自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、WealthNavi(ウェルスナビ)を活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。

自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。特に投資初心者の方で、かつロボバイザーも初めて利用するような方には、WealthNaviが圧倒的におすすめです。

詳しくは以下の記事にまとめています。

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミは本当?実際にやってみた!WealthNavi(ウェルスナビ)ってどうなんですかね。資産運用ならウェルスナビが良いって聞いたけど、、、果たして本当に儲かるの? ...

「中国株ETF FXIとは?」まとめ

今回は中国ETF FXIとは?ということで、その特徴と株価の推移、配当金の推移等について見てきました。

FXIの特徴をまとめると、

・香港市場の大型株50銘柄で構成

・経費率は0.74%とかなり高め

・過去のリターンはVWOより低い。S&P500よりもかなり低い 

ということですね。

香港市場に上場している時価総額上位50社で構成ということで、中国の主要企業は含まれていることもあり、中国の大企業にまるっと投資をしたいというのであればFXIは選択肢となりうるETFといえます。

他方、中国は人権問題などの政治リスクや、中国共産党による会社経営や証券取引への介入などの懸念があるんですよね。

経費率も0.74%で割高、過去のデータからもそれほど高いパフォーマンスを示していないこともあり、長期的な保有に向かないETFといえるかと思います。

最後に米国ETFや米国株に賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

1000円から米国株に投資

米国株への投資は多額の資金が必要でハードルが高いとのイメージがあるかもです。しかし、最近は少額からでも投資を始めることができる様々なサービスがあるんです。

例えばPayPay証券なら、米国株を1,000円の少額から取引することができます。

PayPay証券なら1000円から米国株投資

PayPay証券は、アップル、アマゾン、テスラ、エヌビディアなど米国の優良企業に1,000円の少額から投資できます。

PayPay証券

少額からスマホで取引できるので”米国株はちょっと難しそう”とか”まずは試しに米国株を始めたい”という方に良いかも。

PayPay証券のメリットをまとめると、

  1. スマホアプリで簡単に米国株投資
  2. 1,000円から米国の大企業の株主になれる
  3. 米国株に積立投資ができる

というもの。

これを機会にPayPay証券に口座開設して、スマホアプリで米国株投資を開始してみてはいかがでしょうか?

スマホで気軽に取引
PayPay証券
公式HPはコチラ
※最短5分で申し込み完了

>> PayPay証券の評判と口コミを見る

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株や米国ETFに関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

ディフェンシブの代表といえる生活必需品セクター。その指数に連動するVDCについてまとめた記事です。このETFが極めて秀逸な理由とは何か?

米国ETF VDCの株価・配当・構成銘柄とは?長期保有向き?米国生活必需品セクターETF VDCの株価や配当、構成銘柄について知りたいです。 高配当ETFやS&P500に連動するET...

 

成長著しいITセクターに連動するETF XLKの銘柄分析です。構成銘柄数が80程度なので、よりアップルやマイクロソフト、Visaあたりに集中投資したい時におすすめできるETFです。

米国ETF XLKとは?配当•株価•構成銘柄を分析!ITセクターは買い?米国情報技術セクターETF XLKの構成銘柄や特徴について知りたいです。 高配当ETFやS&P500に連動するETFもあり...

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

米国の高配当ETFのおすすめランキング5選とは?(2022最新)米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットや、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このような疑問を持...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?人気の定番ETFを徹底比較!(2022年最新)米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国ETFの中でおすすめのセクターETFについてまとめました。S&P500に比べてパフォーマンスの良いセクターもあるんですね。必見です。

米国セクターETFのおすすめとは?3セクターを厳選(2022最新)米国のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでしょ...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株のおすすめ証券会社はどこ?手数料を徹底比較!(2022最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...

なお米国株や資産運用に関連するお得な情報について、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。