日本株

リクルートの株価が下落する理由とは?積極的なM&Aで高成長を維持!

リクルート(6098)の株価が下落しているようですが、その理由を知りたいです。業績が悪化しているんですかね?

リクルートは安定の銘柄ですが、株は買いか、今後の見通しを知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • リクルート(6098)の株価の状況は?
  • 配当と株主優待は?
  • リクルートの株価の推移はどうなる?
  • リクルートの株は買い時?株価は上がる?今後の株価の予想は?

情報メディアや人材派遣の最大手リクルート。米国Indeedなどの外国企業・メディアの買収によって、ここ数年で売り上げが大きく成長しています。

特に海外の人材派遣関連事業は絶好調ということもあり、22年は通期業績を上方修正しているんですね。

一方、株価はロシアのウクライナ侵攻や米国の金融政策転換の影響もあり、22年に入って大きく下落しています。

今回は、そんなリクルート株に投資して大丈夫なのか?株は買いなのか?分析です。

ぜひ最後までご覧ください。

自分は、投資歴20年を超えており日本株を中心に1,500万円以上の資産を運用しています。これらの経験も踏まえて記事を書きました

日本株の少額投資ならLINE証券です!

株式投資してみたいけど、大金を投資するのは不安

資金が少ないので複数銘柄に投資できない

LINEアプリから手軽に取引できるLINE証券なら1株の少額から日本株に投資できます。

  • 1株からの少額投資
  • コストが格安(日中ならスプレッド0.2%〜)
  • 使い慣れたLINEアプリから、手軽に投資可能
  • 初めて投資する20代〜30代に人気

かいまる
かいまる
1株からコツコツと購入することで、リスクを小さく始めることができます

今だけのキャンペーン中!クイズに答えて3株分の購入代金をタダでGetしてはいかがでしょうか?

LINE証券

今なら最高3株を無料Get
LINE証券
公式HPはコチラ
※最短3分で申し込み完了

>> LINE証券の評判と口コミを見る

リクルート(6098)はどんな会社なの?

リクルートは、求人広告、人材派遣、販売促進などの事業を世界的に手がけるグローバル企業で、これらのサービスを世界60カ国以上で展開しています。

社員全員が参加できる新事業コンペが導入されていて、自由に事業を起こす社風もあり就職先としても人気の企業。出版する情報誌から”フリーター””就職氷河期””ガテン系”などの流行語も生まれています。

あまり知られていませんが、2013年に求人サイトを手がけるIndeed社を1000億円で買収したり、米国求人サイト「Glasssdoor」を運営するなど、海外売上比率が40%を超えているんですね。

他にも2015年飲食店オンライン予約大手の独クアンドゥー社を買収(271億円)、欧州美容予約サービス最大手の英ホットスプリング社を買収(210億円)するなど海外の情報メディアを積極的に買収しています。

国内のメディア関連の事業だと不動産「SUUMO」、結婚「ゼクシィ」、就職「リクナビ」などで情報提供していて、掲載企業からの広告が収入源となっています。

また人材派遣関連の事業では、「スタッフサービス」「リクルートスタッフィング」など。

これらの事業は、CMやメディアなどでも大々的に広告されていることもあり、一度は利用されたことのある方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな情報メディアや人材派遣サービスを世界的に展開するリクルートを取り上げます。

リクルートの株価の状況は?

では早速ですがの株価データ(2021年3月25日現在)を見て行きましょう。

株価の指標に関しては、パッと見た感じ”わりと良いな”というのが率直な感想。

株価は5500円程度ということで、100株単位だと55万円以上の資金が必要…LINE証券で1株からの少額投資するのもありかと思います。

参考記事⏬
LINE証券で1株からの少額投資!

配当利回りは0.4%程度で、ほとんど期待できないですね。PERも35倍程度で業績が成長しているということで株価に若干過熱感がありますね。

情報メディアや人材派遣事業を世界的に展開していることもあり、リクルートの成長への期待は高いということです。

なお、情報メディアという点では医療関係者に医薬品情報などを提供するエムスリーも業績が急成長している、人気グロース銘柄です。

株は買い時か?記事をまとめていますので、ぜひご覧ください。

配当実績や株主優待は?

リクルートの配当額の過去推移は以下のとおりです。

配当金は順調に伸びていたものの20年の新型コロナ拡大による業績の落ち込みにより減配に追い込まれています。

一方、配当性向をみると25%程度で余力十分。22年業績は大きく改善していますが、配当金予定額はそれほど増配していないですね。

リクルートの配当方針を見ると、

当社は、株主に対する利益還元をキャピタルアロケーションの重要な施策の一つとして認識し、中長期的な資金需要・財務状況の見通しを踏まえつつ、安定的な配当を継続的に行うよう努めていきます。

としていて、特に数値目標は設定していないようです。業績次第で判断するということですね。

なお日本株の中にも減配せずに増配する”累進配当”を目指す方針の企業があります。それらの企業の中から高配当銘柄をまとめました。

高配当の累進配当銘柄おすすめ9選!長期保有を推奨(2022最新)累進配当のおすすめ銘柄を知りたいです。そもそも累進配当政策とはどういうものなんですか? 累進配当かつ、高配当株で長期保有に向いた銘...

株主優待は…

リクルートは残念ながら株主優待を実施していません。

なお、株主優待目的で日本株に投資しようと思っても、どんな優待銘柄を買えば良いか迷うこともあるかと思います。

以下の記事では、優待銘柄を検討する際に役に立つおすすめ本3選と雑誌を紹介しています。ぜひご覧ください。

(2022年最新)株主優待の本&雑誌でおすすめは?厳選3冊を紹介!株主優待に関する本でおすすめなのは何ですか?お得に株主優待の情報を得る方法はありますか? このような疑問を持つ方に向けて記事を書い...

リクルートの株価推移は?10年&短期チャート

続いてチャートを確認していきましょう。情報メディアや人材派遣の最大手リクルート。これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか?

ここでは過去5年の長期チャートと短期チャートを見ていきます。

長期5年チャート

以下は過去5年のチャートです。

チャート画像

過去10年で株価は大きく上昇していますね。2015年に1800円程度だった株価が21年末には8,000円を一時突破しています。

コロナショックのあった20年2月以降も大きく株価は上昇しています。

短期チャート

以下が1年チャートです。

チャート画像

株価は短期的に大きく落ち込んでますね。21年末に8000円程度あった株価は、ウクライナ危機もあり22年に5000円を割り込んでいます。

このように短期的にも株価は大きく値動きしています。株はリスクが高い、コロナショックみたいな株価暴落が怖い…という方もいると思います。

そういう方は1株価からの少額投資から初めてみてはどうでしょう?少額投資でリスクを低く運用を行うことが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

単元未満株への投資はデメリットだらけ?S株・ワン株の活用法を解説!単元未満株への少額投資なら気軽に株式投資を始められそうですが、どんな時に活用すれば良いですかね? ワン株やS株とも呼ばれているよう...

次にリクルートの業績を見ていきます。

なぜ株価が下落?リクルートの業績は?

続いてリクルートの業績を見ていきます。

リクルートの株価が下落しているのは、業績が停滞しているからに他なりません。以下が過去10年の売上高、営業利益、純利益の推移です。

21年3月期に売上高と営業利益が減収減益となっています。21年半ばごろからの株価下落の要因ですね。

新型コロナ拡大で、国内の宿泊や飲食予約サイトなどの情報メディアの利用が落ち込んだことが影響しました。

一方、米国などでは雇用環境の改善が続いており、求人検索サイト「インディード」の利用が好調。コロナ収束で情報メディアの利用も回復しており22年業績は改善しています。

また、キャッシュフローは問題なく出ているので、すぐに経営破綻するような状況ではないです。財務的に問題はないですね。

なお、リクルートは業績が堅調な銘柄ですが、通信株や医薬品株も景気動向に業績が影響を受けづらいディフェンシブセクターとして人気です。

特徴をまとめていますので、ぜひご覧になってください。

リクルートの株は買い時?

新型コロナ拡大により、業績や株価が大きく影響を受けたリクルート。株は買い時でしょうか?

自分は景気動向に売り上げが影響を受けづらい銘柄が好みではあるのですが、リクルート株は長期投資の観点からは買いを検討してもよいと考えています。

理由をたんてきに言えば、

・積極的なM&A

・国内だけじゃなく世界に事業展開

・海外事業が好調・高成長

ということですね。

求人情報などのメディアが中心だったリクルートですが、人材派遣サービスに事業を拡大。米国のIndeedやオランダのUSG Peopleなど海外の企業・メディアを積極的に買収して、高い成長を維持しています。

新型コロナ収束期待もあり、国内の宿泊や飲食関係の情報メディアの業績も回復。日本国内だけじゃなく海外事業が絶好調で、22年は通期予想を上方修正しています。

今後、新型コロナ収束により人の移動が本格的に回復することが確実な中、リクルートの業績や株価も長期的に期待できると考えます。

1株からリクルートに少額投資

投資資金が少なくて複数の銘柄に投資なんてできない!

このような株初心者の方も多いと思います。特に若い世代のかたは、株式投資に多くの資金を回す余裕はないですよね。

そんな方に自信を持ってオススメできるのがLINE証券なんです。1株の少額から取引することができます。

日本株の少額投資ならLINE証券です!

株式投資してみたいけど、大金を投資するのは不安

資金が少ないので複数銘柄に投資できない

LINEアプリから手軽に取引できるLINE証券なら1株の少額から日本株に投資できます。

  • 1株からの少額投資
  • コストが格安(日中ならスプレッド0.2%〜)
  • 使い慣れたLINEアプリから、手軽に投資可能
  • 初めて投資する20代〜30代に人気

かいまる
かいまる
1株からコツコツと購入することで、リスクを小さく始めることができます

今だけのキャンペーン中!クイズに答えて3株分の購入代金をタダでGetしてはいかがでしょうか?

LINE証券

今なら最高3株を無料Get
LINE証券
公式HPはコチラ
※最短3分で申し込み完了

>> LINE証券の評判と口コミを見る

「リクルートの株価が下落」まとめ

今回はリクルートの株価分析ということで、株価の推移、配当実績や株主優待、今後の株は買いかなどについて述べてきました。

情報メディアや人材派遣事業の最大手リクルート。積極的な外国企業・メディアの買収による、ここ数年で売り上げが大きく成長しています。

特に海外の人材派遣関連事業は絶好調ということもあり、22年は通期業績を上方修正。

新型コロナ収束で人の動きが本格的に戻ることは確実。飲食系や旅行系などの情報メディアを展開するリクルート株はかなり期待できると考えます。

最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

クレカ投信積立でポイントGet

「資産運用しながらお得にポイントを貯めたい…」

せっかく投資するなら少しでもお得に運用したいですよね。そんな方は、ポイント還元率が業界Topクラスのマネックス証券がお得かも。

貯まったポイントはAmazonギフト券dポイントに交換が可能です。

クレカ投信積立ならマネックス証券がお得!

  • ポイント還元率は1.1%
  • 積み立て可能な投信ならすべてクレカ決済ができる
  • 特定口座、一般口座、一般NISAつみたてNISAの口座が対象
  • 上限は月5万円

とかなりお得な内容です。

かいまる
かいまる
資産運用しながらポイントGet。楽天証券の改悪で還元率は業界トップクラスです。

口座開設・維持費無料!
マネックス証券
公式HPはコチラ
※申し込みは最短1ページ。

>> マネックス証券の評判と口コミを見る

野村證券の投資情報アプリで無料で情報収集

株式投資で良い成績をえるためには、個別銘柄の情報・分析はもちろん、政治・経済に関するニュースも日々チェックしていくことが不可欠。

”株式投資に興味があるけど株の情報収集って面倒くさい!”自分も含めて、そう思っている方、本当に多いと思います。

そんな方におすすめなのが、野村證券が提供する株アプリです。

自分も使っていますが、無料サービスでも十分な情報を手軽にGetできるんですね。

野村證券の投資情報アプリで手軽に情報収集

アプリで投資に関する情報を手軽にGetするなら、野村證券の株アプリ”FINTOS!”の無料ダウンロードが良いかもです。

FINTOS!

機能①:質の高い情報をアプリでGet(無料)
→様々なメディアの投資に関する記事を野村證券が厳選して配信
機能②:気になる銘柄の情報もアプリでGet(無料)
→気になる銘柄をリストに登録して、必要な情報を手軽にチェック
機能③:野村證券のレポート(有料)
→野村證券独自のリサーチレポートをアプリでチェック

かいまる
かいまる
株で良い成績を出すには情報収集が必須!野村のアプリなら無料の範囲でも質の高い情報を手軽にGetできます

投資情報アプリ”FINTOS!”
無料ダウンロードする
※有料プランの無料体験も!

なお、株の勝率を高めるには、株に関する勉強や過去の相場の値動きをもとに取引の練習をするのが効果的です。

おすすめの本やアプリをまとめました。ぜひご覧ください。

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

新型コロナウイルスの拡大によって日本経済に大きな打撃が走っています。外出自粛やインバウンド消失など、この状況下でおすすめの銘柄についてまとめました

コロナショックで日本株が大暴落…この状況での買い銘柄とは?コロナショックで日本株が暴落していますが、この状況で買い銘柄を知りたいです。 どの業種がおすすめですか? このような疑問を持...

 

株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。是非ご覧ください。

株初心者におすすめの銘柄7選は?コロナ影響でも2022年期待大!株初心者ですが、おすすめの銘柄を知りたいです。日経平均も3万円を一時回復したものの、新型変異種オミクロン株の流行もあり、その後伸びないで...

 

好業績、高配当銘柄の代表格である商社株の特徴をまとめました。景気敏感株で配当が安定しないという印象でしたが、安定配当を志向している会社が多く長期投資に向いているといえますね。

商社株が長期保有に向く理由とは?株価は安い?おすすめ銘柄5選!商社株への投資を考えてますが、長期保有に向くのでしょうか?株価は上昇傾向ですが…今後の業績も期待できますか? 特徴や商社株でおすす...

 

こちらも、業績が安定していて高配当の銘柄の代表格である銀行株の特徴をまとめました。マイナス金利の影響で経営環境は厳しいものがありますが、株価の見通しはどのようなものでしょうか?

(2022最新)銀行株の今後の見通しは?おすすめ3銘柄も分析!銀行株への投資を考えてますが、将来性が心配です。株価は上がらないですね…長期保有に向くのでしょうか? 特にメガバンク株の今後の見通...

 

アップル、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、コカ・コーラ、マクドナルドなど米国には高い成長を続けるグローバル企業が多いです。米国株への投資を考えている方に向けて、買い方をまとめました。

米国株(アメリカ株)買い方や購入の方法は?お得な証券会社も紹介!米国株(アメリカ株)への投資を始めたいのですが、買い方や購入方法を知りたいです。コカ・コーラやアップルなどの株を購入したいんですよね… ...
利息でコツコツ資産を増やすならFundsです!

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがFunds。株のように値動きがないので相場の動きが気になりません。

Funds

銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢。投資するファンドにもよりますがの年率1.5〜3%程度のリターンが期待できます!

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい

 

詳しくは以下をクリック!

口座開設は無料!簡単申込み
Funds
公式HPはコチラ

 

>> Fundsの評判と口コミを見る