米国ETF

高配当ETF VYMIとは?米国以外の高配当銘柄にまるっと投資!

米国外高配当株式のETF VYMIの株価やチャートの特徴について知りたいです。

他にも米国外高配当ETFはありますが、米国外に限定している、このVYMIに投資するメリットは何でしょうか?配当実績についても知りたいです。

今回はこういった疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容
  • VYMI:株価の基本データと特徴は?
  • VYMIの構成銘柄とセクター比率は?
  • コロナショック時のVYMIのパフォーマンスは?
  • VYMIの配当実績は?
  • VYMIのまとめ

米国外高配当企業のETF VYMIについて特徴や株価の推移などを分析していきます。

VYMI一本で米国以外の配当利回りの高い大型企業にまるっと投資することができて、非常み魅力的なETFとなっています。

ぜひ最後までご覧ください。

自分は、米国株や米国ETFを中心に1500万円以上の資産を運用しています。これらの経験を踏まえて記事を書きました。

DMM株なら米国株取引手数料が0円!

DMM株では、米国株を手数料完全無料で取引することができます。

【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、日本株に比べて実は割高…。

しかも大手ネット証券で横並びなんです。

少しでもコストを下げて米国株を取引したい…、そんな方はDMM株が良いかもです。

DMM株は、他の証券会社に先駆けて米国株そして米国ETFの取引手数料が完全無料

取引手数料0円でお得に米国株を取引をしてはいかがでしょうか?

口座開設・維持費無料!
DMM株
公式HPはコチラ
5分で申し込み完了!

>> DMM株の評判と口コミを見る

VYMIの株価と特徴とは?

高配当ETFには様々な種類や商品がありますが、VYMIは米国を除く世界中の配当利回りが高い大型株で構成されたETFです。

the FTSE All-World ex US High Dividend Yield Index(米国を除くオールワールド高配当インデックス)への連動を目指しています。

銘柄数 1,197
資産規模 $3,450 (百万米ドル)
配当率 4.17%
経費率 0.28%
設定日 2016年2月25日
運用会社 Vanguard

高配当ETFといえば、同じバンガード社がら販売されているVYMの人気が高いですが、こちらは米国の高配当大型株で構成されているETFですね。

VYMIは米国以外の国の企業を対象としているので、VYMとVYMIの2本で世界中の大型高配当銘柄にまるっと投資できるということになります。

VYMをおすすめしないは本当?セクター・配当・構成銘柄とは?VYMは高い配当と利回りで人気の米国ETFですが、おすすめしないという声もあります。他の高配当のETFもありますが、これらに比べてVYM...

経費率は0.28%となっていて、高配当ETFのVYMが0.06%と比較するとちょっと割高感がありますね

なお、このVYMIは残念ながら、SBI証券、楽天証券、マネックス証券などの主要ネット証券で取り扱いがないので、購入する場合は外資系の証券会社を活用することになります。

ちょっと残念ですね。

VYMIの構成銘柄とセクター比率は?

VYMIの構成銘柄TOP10

構成銘柄上位10社(2021年3月31日現在)は以下の表のとおりです。

日本企業はトヨタが3位にランクインしていますね。

2022年1月末時点の配当利回りは2.3%程度なので、日経平均株価やS&P500よりも高いといった程度の大型株銘柄も含まれています。

VYMIの地域別比率

続いて地域別比率と国別比率です。

先進国だけではなく、新興国が20%以上も含まれていて、米国以外の国の企業が広範囲に含まれていることがわかります。

ちなみに、国別比率ですが以下のようになっていて、日本企業のシェアが約12%もあります。

ここらへんが好き嫌いの別れるところで、日本以外の国に分散投資をしたいと考えている方は注意が必要ですね。

参考URL:バンガード社公式HP

VYMIの株価の推移(パフォーマンス実績)

直近5年のトータルリターンの推移を示したのが以下のチャートとなります。

緑:S&P500 青:VYMI  赤:VYM

ちなみにVYMは米国の高配当銘柄にまるっと投資できるETFです。

この時期のVYMIの5年間のパフォーマンスは17%。VYMは45%ですから、米国高配当株にアンダーパフォームしています。

高配当銘柄についても、米国企業の株価が大きく上昇しているということです。

コロナショック時のVYMIのパフォーマンスは?

コロナショックのあった2020年3月以降のパフォーマンスをチェックしてみましょう。

緑:VYMI 青:VYM  黄:VEU

それほど大きな差はないですが、新興国の比率の高いVYMIの回復がちょっと遅いのがわかります。

VYMIのこれまでの配当実績は?

VYMIの過去の配当実績を見てみます。

コロナショックのあった2020年の分配金が大きく減少しているのがわかります。

外出制限やロックダウンなどもあり、業績悪化で減配に追い込まれた企業も多かったということでしょう。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するオックスフォードインカムレター

メールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます。

自分も登録してみたところ、おなじみの米国の個別銘柄に関する内容や、米国株による資産形成に関する内容などがタイムリーに送られてきます。

永久に持っておきたい6つの高配当米国株についても知ることができます。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

オックスフォードインカムレター
>> 無料メルマガに登録してみる

なお、オックスフォードインカムレターの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

オックスフォードインカムレター評判は?無料メルマガは役立つのか?オックスフォードインカムレターは米国株投資に役立つんですかね?メルマガって何か怪しいイメージがあるんですよね。 Oxfordインカ...

「米国外高配当株ETF VYMI」のまとめ

今回は、米国を除く大型高配当銘柄に連動するETF VYMIの特徴、株価の推移、分配金実績などについて見てきました。

VYMとVYMIの2つのETFを買うと、世界中の高配当銘柄にまるっと投資できることになります。配当利回りは株価にもよりますが両方とも3〜3.5%程度あるので十分なインカムを得ることができます。

ただ日本の主要ネット証券で取り扱いがないのが最大のデメリットです。多少経費率が高いものの、世界中の高配当銘柄にまるっと投資をしたいという投資家も多いと思うので、取り扱い証券会社が増えることを期待したいです。

最後に米国株やETFに賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

1000円から米国株に投資

米国株への投資は多額の資金が必要でハードルが高いとのイメージがあるかもです。しかし、最近は少額からでも投資を始めることができる様々なサービスがあるんです。

例えばPayPay証券なら、米国株を1,000円の少額から取引することができます。

PayPay証券なら1000円から米国株投資

PayPay証券は、アップル、アマゾン、テスラ、エヌビディアなど米国の優良企業に1,000円の少額から投資できます。

PayPay証券

少額からスマホで取引できるので”米国株はちょっと難しそう”とか”まずは試しに米国株を始めたい”という方に良いかも。

PayPay証券のメリットをまとめると、

  1. スマホアプリで簡単に米国株投資
  2. 1,000円から米国の大企業の株主になれる
  3. 米国株に積立投資ができる

というもの。

これを機会にPayPay証券に口座開設して、スマホアプリで米国株投資を開始してみてはいかがでしょうか?

スマホで気軽に取引
PayPay証券
公式HPはコチラ
※最短5分で申し込み完了

>> PayPay証券の評判と口コミを見る

なお資産運用に役立つ情報について以下にまとめました。役に立つ情報ばかりですので、ぜひご覧ください!

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

米国の債券にまるっと投資できるおすすめの債券ETFをまとめました。安定志向の強い方には適した商品です。ぜひご覧ください。

(2022最新)米国債券ETFのおすすめランキング!債券投資のメリットは?米国の債券ETFに投資するメリットを知りたいです。そもそも債券ETFの特徴とはどのようなものですか? おすすめの債券ETFも知りた...

 

米国のハイテク銘柄にまるっと投資できるETFについてまとめました。GAFAMやVisa、NVIDIA、Netflixなど今後の成長に期待できる銘柄などで構成されるETF。ぜひご覧ください。

米国ハイテクETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2022最新)米国株のハイテクETFの中でおすすめのものを知りたいです。色々なハイテクETFがありますが、それぞれの特徴はどんな感じですか? コ...

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

米国の高配当ETFのおすすめランキング5選とは?(2022最新)米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットや、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このような疑問を持...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?(2022年最新)人気のETFを徹底比較!米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国ETFの中でおすすめのセクターETFについてまとめました。S&P500に比べてパフォーマンスの良いセクターもあるんですね。必見です。

米国セクターETF 11種類とは?おすすめ3選を紹介(2022最新)米国のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでしょ...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株のおすすめ証券会社はどこ?手数料を徹底比較!(2022最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...