米国株

エイリス・キャピタルは株価下落時を狙え!8%超え高配当も高リスク?

米国株のエイリス・キャピタル(ARCC)への投資を考えています。エイリス・キャピタルの株価の見通しや今後の予想を知りたいです。

配当利回り8%超えと聞いてますが、リスクは高いですかね?株価の推移やチャートの特徴はどんな感じですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • エイリス・キャピタル(ARCC)って何の会社?
  • エイリス・キャピタルの株価の推移(チャート)と特徴は?
  • エイリス・キャピタルの配当金の推移は?
  • エイリス・キャピタルの今後の予想は?高配当で株は買いか?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1,500万円以上の資産を運用しています。

結論から言うとエイリス・キャピタル(ARCC)株は、

・8%超えの高配当銘柄

・配当を含むリターンはS&P500と同程度

・平常時の配当水準は安定的

・上場前の新興企業に投資できる

ということもあり、わりとおすすめできる銘柄だと考えます。

特に配当利回りは非常に魅力的であり、ポートフォリオ全体のインカムを増やしたい方にはうってつけの銘柄といえます。

他方、エイリス・キャピタルはBDCと呼ばれるベンチャーや中小企業への投資事業会社という性質上、金融危機の際には株価が大きく下落するというデメリットもあります。

今回は、そんな高い配当利回りが魅力のエイリス・キャピタル(ARCC)について銘柄分析です。

※米国株取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の無料申し込みはコチラ

>> DMM株の評判と口コミを見る

エイリス・キャピタル(ARCC)ってどんな会社?

エイリス・キャピタル(Ares Capital Corporation, ARCC)は、1997年に設立されたBDC(Business Development Companies)と呼ばれる事業開発会社の最大手です。

このBDCは、米国の新興企業や中小企業の事業を金銭面や経営面からサポートする会社で、将来の成長が十分に見込めると判断した企業に融資や株式への投資、経営の助言などを行います。日本で言えばベンチャー・キャピタル(VC)に近い形態ですかね。

新興企業や中小企業は、しっかりとした利益が出るビジネスが確立していなかったり、倒産リスクが高いということもあり、金融機関から融資を受けることができなかったりします。

BDCはそうした企業に対して投資することで、コンサルタント料や株式売却益などで収益をあげるビジネスモデルです。

出資した新興企業が将来上場することになれば、株式売却で大きな利益を得ることができる反面、企業が倒産してしまうリスクも高いといえます。

このBDCの投資先には上場していない新興企業も含まれるので、エイリス・キャピタルへの投資を通じてこれら非上場企業にも投資ができるということになります。

次に株価や配当、最近の動向について見ていきます。

エイリス・キャピタルの株価の状況は?

では早速ですが、エイリス・キャピタル(ARCC)の株価の状況をみていきましょう。株価データ(2022年8月22日現在)を簡単にまとめました。

なんといっても配当利回りが8%超えと極めて高いことが注目されます。

BDCは、課税所得の90%以上を投資家に分配すれば法人税が免除されるんですね。エイリス・キャピタルの配当利回りが高いのは、この制度のためです。

ちなみに同じ金融銘柄のJPモルガンチェースの株価も、金利の上昇もあり堅調に推移しています。

エイリス・キャピタルの株価の推移(チャート)は?

それではチャート見ていきましょう。以下は過去5年の株価推移になります。

赤:ARCC 色:S&P500

エイリス・キャピタルの株価は約5年でジリジリと上昇しています。

2019年末ごろまではじわじわと上昇傾向でしたが、コロナショックで急落して以降、株価は暴落前水準まで戻しています。

既にS&P500は21年末時点で過去最高値を更新し続けていることもあり、大きな差がついているのがわかります。

しかしARCCの配当を再投資したチャートで比較すると違った景色が見えてきます(2021年末現在)。

青:ARCC 赤:S&P500

このチャート見ると、ARCCのリターンがS&P500とほぼ変わらないのがわかります。

高配当銘柄はS&P500よりリターンが低いケースが多いので、ちょっと意外な結果ですね。金融危機などがない時期であれば、S&P500よりも高いリターンが期待できるということ。

配当金はわりと安定しているので、株価が下落したタイミングでARCCを購入すると高い配当を得つつ、S&P500超えのリターンを期待できます。

このように銘柄の特徴には違いがありますから、その違いを踏まえ投資先を検討することで投資の勝率を高めることにつながります。投資理論を知るための、おすすめの米国株投資本については、以下の記事にまとめていますのでぜひご覧下さい。

米国株のおすすめ本ランキング10選!150冊から厳選!(2022最新)米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?初心者向けの本も知りたいです。 全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方...

エイリス・キャピタルの配当実績は?

次に配当実績を見ていきます。

エイリス・キャピタルは配当利回り8%を超えている、超高配当銘柄といえますが、最近の配当水準は安定していますね。

増配傾向ではないですが、リーマンショック後の2012年以降は安定した水準を保っています。

課税所得の90%以上を投資家に分配していることもあり、配当金はどうしても収益に左右されやすく、過去10年間で減配は4回あります。

リーマンショックのあった2008年は配当金が半分以下になっており、金融危機があると大幅減配が避けられないということです。

米国株の魅力は、高配当だけじゃなく連続増配銘柄が多いことです。配当利回り7%超えの銘柄や60年以上連続増配しているなど素晴らしい銘柄が米国にはたくさんあります。以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

【米国株】連続増配おすすめランキング!厳選7銘柄(2022最新)米国株は、連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、おすすめの銘柄を知りたいです。 これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? ...

エイリス・キャピタルの売上高は?

次にエイリス・キャピタルの業績をみていきます。以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益の推移となっています。

チャイナショックのあった2015年の利益は大きく落ち込んでいますが、米国経済の好調さもあり、その後の業績は右肩上がりです。

やはりBDCは新興企業や中小企業に投資するという性格上、米国経済や景気の動向に大きく影響を受けるということでしょう。

2017年には同業の大手BDCのアメリカン・キャピタルを買収するなど、積極的な買収策で急成長を遂げています。

特筆すべきは利益率の高さですね。純利益率は70%を超えており、コンサルや企業への投資が業務ということで非常に利益率が高くなっています。

エイリス・キャピタルの株は買いか?

結論から言うとエイリス・キャピタルの株は、

・8%超えの高配当銘柄

・配当を含むリターンはS&P500と同程度

・平常時の配当水準は安定的

・上場前の新興企業に投資できる

ということもあり、わりとおすすめできる銘柄だと考えます。

日本からでは投資困難な上場前の有望な米国のベンチャー企業に、間接的に投資できるのも大きな魅力です。

BDCは新興企業や中小企業に投資をするわけなので、リスクが高いことは確か。しかし法令等で投資対象を分散することや銀行からの借入が制限されるなど、リスク分散は図られています。

現にエイリス・キャピタルは300以上の企業に投資をしていることもあり、平常時であれば大きな業績悪化の可能性は低いと考えられます。

他方、リーマンショックやコロナショックなどの金融不安あると、S&P500以上に株価は大きく下落して戻りも遅いです。

なので、ARCCへの集中投資はしない方が無難で、ポートフォリオ全体の配当水準をあげる目的で数%程度持つのが良いと考えます。

ARCCへの投資はマネックス証券がおすすめ

自分は最初のネット証券会社であれば最大手のSBI証券をおすすめしていますが、同社でエイリス・キャピタルの取り扱いが残念ながらありません。

なのでARCCに投資を行いたいのであれば、ネット証券大手のマネックス証券が良い思います。

マネックス証券のメリット

いろんな金融商品に投資してみたい
→日本株、米国株、投資信託など投資商品豊富
優待目的で日本株に投資したい
→株主優待検索が使いやすい
銘柄分析もしっかり行いたい
→分析ツール「銘柄スカウター」が秀逸
米国株への投資に興味がある
→手数料、為替手数料が業界最安値

自分はメイン口座としてマネックス証券を活用して10年超えですが、その経験から詳細をまとめています。

ぜひご覧ください。

マネックス証券の評判はやばい?実際のメリット・デメリットを解説!マネックス証券の評判や口コミってどうですか?米国株の取引がしやすいと聞いていますが…実際の利用者の感想なども知りたいです。 自分も...

>> マネックス証券の公式ページはコチラ

エイリス・キャピタルの株は買い時か?まとめ

今回はエイリス・キャピタル(ARCC)の銘柄分析ということで、株価の推移(チャート)や特徴、株は買いかについて述べてきました。

新興企業などのベンチャー企業に投資をするBDCのエイリス・キャピタル。最大の魅力は11%を超えている高い配当水準です。

BDCという性格上、金融危機や景気後退には株価は大きく下落しますが、ARCCの投資先はしっかりと分散されており、リスクは限定的。

平常時のリターンがS&P500を超えているのもポイントが高いです。

日本の投資家が上場前の米国新興企業に投資することは困難。その点、エイリス・キャピタル株を購入することで米国の有望なベンチャー企業に投資ができる。

エイリス・キャピタルはそんな銘柄といえそうです。

最後に米国株やETFに賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するオックスフォードインカムレター

メールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます。

自分も登録してみたところ、おなじみの米国の個別銘柄に関する内容や、米国株による資産形成に関する内容などがタイムリーに送られてきます。

永久に持っておきたい6つの高配当米国株についても知ることができます。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

オックスフォードインカムレター
>> 無料メルマガに登録してみる

なお、オックスフォードインカムレターの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

オックスフォードインカムレター評判は?無料メルマガは役立つのか?オックスフォードインカムレターは米国株投資に役立つんですかね?メルマガって何か怪しいイメージがあるんですよね。 Oxfordインカ...

なお米国株や資産運用に関連するお得な情報について、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

カード決済で圧倒的なシェアを誇るビザ(VISA)の銘柄分析です。営業利益率が驚異の60%超えとなるなど業績鉄板。強さの秘密に迫ります。

ビザ(VISA)の株価と今後の見通しは?キャッシュレス化本命銘柄!米国株のビザ(V)への投資を考えています。VISAの株価の今後の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で業績は悪化しているよう...

米国のグロース株の中で圧倒的な人気を誇るエヌヴィディアの銘柄分析です。ゲーム向けのGPUのイメージが強いですが、実は自動運転などの分野が大きく伸びています。強さの秘密に迫ります。

エヌビディアの株価が下落…アーム買収断念で今後の見通しは?米国株の エヌビディア(NVDA)への投資を考えています。NVIDIAの株価の見通しや今後の予想を知りたいです。 業績は好調もアー...

 

電気自動車のテスラ。イーロン・マスクCEOの方言で株価が左右されますが、時価総額はトヨタを上回りました。株は買い時か分析です。

テスラの株価が暴落…おかしい?株は買うべきか?今後の見通しを解説!米国株の テスラ(TSLA)への投資を考えています。急騰していたTeslaの株価がおかしいぐらいに暴落しています…今後の見通しを知りたい...

 

マイクロソフトの株価や配当の推移などに関しては以下の記事にまとめています。今後の株価の見通しは?

マイクロソフトの株価の今後は?クラウド”Azure"で10年後も成長!米国株のマイクロソフト(MSFT)への投資を考えているので、株価の今後の見通しや配当の推移を知りたいです。 コロナショックで株価急...

 

グーグルの親会社アルファベットの銘柄分析です。新型コロナ拡大で企業からの広告収入が減少することが見込まれますが、今後の株価について分析です。

アルファベット(グーグル)の株価・配当と今後の見通しは?株は買い?米国株のアルファベット(GOOGL)への投資を考えています。グーグルの今後の株価見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で広告収...

 

圧倒的なブランド力を持つアップルの銘柄分析です。新型コロナ拡大で1〜3月期の売り上げ未達となるなど業績への影響が懸念されるところ。今後の株価の見通しについて分析です。

アップルの株価はどこまで上がる?今後の株は買いか徹底分析!米国株のアップル(AAPL)への投資を考えています。Apple株はどこまで上がるか、今後の見通しを知りたいです。 コロナショック後...

 

米国のグロース銘柄の象徴”アマゾン”。しかし、アジア地域でのEC事業展開は苦戦が続いており、また期待されているクラウド事業も世界シェア首位の座から陥落。今後の見通しについてまとめました。

アマゾンの株価の見通しは?10年後の業績はベゾス退任で厳しい?アマゾン(Amazon)の今後の株価見通しについて知りたいです。インターネット通販がメインですけど、クラウド事業も絶好調ですよね。 ...

 

米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。主要ネット証券会社の手数料を比較。オススメの証券会社はどこか?

米国株のおすすめ証券会社はどこ?手数料を徹底比較!(2022最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...
利息でコツコツ資産を増やすならFundsです!

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがFunds。株のように値動きがないので相場の動きが気になりません。

Funds

銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢。投資するファンドにもよりますがの年率1.5〜3%程度のリターンが期待できます!

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい

 

詳しくは以下をクリック!

口座開設は無料!簡単申込み
Funds
公式HPはコチラ

 

>> Fundsの評判と口コミを見る