日本株

旭化成の株価が景気回復期待で上昇!ヘーベルハウス好調も今後買い時?

ヘーベルハウスの旭化成(3407)への投資を考えてます。株価や配当の推移、株主優待はどんな感じですか?

新型コロナ拡大の影響もあり業績悪化しているようですが…。株は買い時ですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • ヘーベルハウスの旭化成(3407):株価の状況は?
  • 旭化成の配当と株主優待は?
  • 旭化成の株価の推移(チャート)はどうなる?
  • 旭化成の今後の予想は?株は買い時?

旭化成の株価に関して以下のツイートをしました。

総合化学大手の旭化成。
2018年以降、米中貿易摩擦やコロナ拡大の影響で業績が悪化。
ただ総合化学は景気敏感セクターで、コロナ収束による景気回復期待で短期的に株価は上昇傾向…
んーどうかな。21年も減収減益が予想されていて業績回復はまだ先ですね。自分は様子見です。

上記を深掘りします。

”ヘーベルハウス”ブランドで住宅事業を展開している旭化成ですが、実は石油化学・素材やヘルスケア事業なども展開する総合化学メーカーの最大手です。

総合化学メーカーは景気敏感セクターということもあり、2021年に入って景気回復の期待が強まっていることから、旭化成の株価は短期的に上昇傾向です。

この流れが続くのか?今回は、旭化成の株価の状況や業績推移など銘柄分析をしていきます。

ぜひ最後までご覧ください。

自分は、投資歴20年を超えており日本株を中心に 1,500万円以上の資産を運用しています。今回は、これらの経験も踏まえて記事を書きました。

LINE証券の口座開設で無料3株Get!

LINE証券では期間限定キャンペーン中。無料口座開設してクイズに正解するとタダで3株分の株の購入代金がGetできます。

LINE証券

投資に”確実に儲かる”とか”絶対に儲かる”なんてことはありません。

しかし、このキャンペーンを使えばクイズに答えて3株タダでGetできるので、この部分は”絶対確実”に儲かることになります。

LINE証券は、LINEらしくデザインがシンプルで、初心者の方でも簡単に操作ができるようになっているのが最大の特徴。

特にLINEユーザーにとっては抵抗感なく手軽に取引ができるので、投資未経験や初心者の方にも、おすすめです

今だけのキャンペーンで3株分の購入代金をタダでGetしてはいかがでしょうか?

今だけのキャンペーンを実施中
LINE証券
公式HPはコチラ
※最短3分で申し込み完了

ヘーベルハウスの旭化成(3407)とは?

ヘーベルハウスブランドで有名な旭化成ですが、素材、住宅(住宅・建材)、ヘルスケア(医薬・医療・クリティカルケア)の3事業の3つの領域で事業展開しています。

生活製品・繊維素材から石油化学・機能性樹脂、電子材料・電子部品、医薬・医療・ケア製品、住宅・建材に及ぶ日本を代表する総合化学メーカーですね。

住宅事業のブランドは”ヘーベルハウス”。CMなどでも聞いたことがあるのではないでしょうか。

化学事業と住宅事業が利益の2大柱になっていますが、最近ではヘルスケア分野にも力を入れていて売り上げの15%程度を占めています。

今回は、そんな総合化学メーカーの旭化成を取り上げます。

旭化成(3407)の株価の状況は?

では早速ですが株価データ(2021年4月13日現在)を見て行きましょう。

2019年の実績では、配当利回りは2.75%程度とわりと配当は高いですかね。

しかし新型コロナの影響が見通せないとして今期配当は未定。業績予想も未定なことからPERも出ていないですね。

PER24倍程度と、日本株の平均は13~15倍ぐらいですから、現在は若干割高な水準と言えるでしょう。総合化学株は景気敏感セクターということもあり、コロナ収束による景気回復期待で株価は上昇傾向です。

旭化成の配当実績は?

続いて配当実績を見ていきますね。以下が旭化成の配当金の実績です。

2010年以降、配当金の減配は一度もないですね。米中摩擦や新型コロナ拡大の影響で業績が低迷したにもかかわらず34円で踏ん張っている状況。

直近5年間の配当性向は23%〜45%程度となっていて、余力十分なことがわかります。

旭化成の配当方針を見ると、

成長投資と株主還元をバランス良く行うよう、適切な内部留保を保ちながら、安定配当と継続的な収益拡大による増配を目指すことを基本方針

としているので、配当性向などの数値目標はないものの増配を目指していくことが明記されていますね。

旭化成の株主優待は?

総合化学メーカーで最大手の一つ旭化成。株主優待はどうなっているのでしょうか?

やはり自社サービスや商品の優待が改悪されるリスクが少なくて良いですよね。

しかし現在のところ、旭化成は株主優待を実施していません。残念です…。化学メーカーということもあり自社製品を優待で提供するのは難しいのかもです。

株主還元は配当金を増配することで、投資家の期待に応えるということなのでしょう。

なお、株主優待目的で日本株に投資しようと思っても、どんな優待銘柄を買えば良いか迷うこともあるかと思います。

以下の記事では、優待銘柄を検討する際に役に立つおすすめ本3選と雑誌を紹介しています。ぜひご覧ください。

(2021年最新)株主優待の本&雑誌でおすすめは?厳選3冊を紹介!株主優待に関する本でおすすめなのは何ですか?お得に株主優待の情報を得る方法はありますか? このような疑問を持つ方に向けて記事を書い...

旭化成の株価の推移(チャート)は?10年&短期チャート

続いてチャートを確認していきましょう。総合化学メーカー最大手の一つ旭化成ですが、これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか?

ここでは過去10年の長期チャートと短期チャートを見ていくとともに、チャートから株価の予想・見通しも確認します。

旭化成の長期チャート

以下は過去10年のチャートです。

チャート画像

10年間で株価は横ばいで冴えないですね。特に2018年末から株価は大幅に下落しています。

2013年ごろまで500円程度だった株価が、アベノミクスもあり2015年に1200円程度の水準まで上昇していますね。

2年で株価2倍超えですから配当金も考えると申し分ないパフォーマンスと言えます。

その後一旦調整に入りますが2016年ごろから再び上昇。2018年初頭には1500円を超える水準をまで株価が伸びています。

旭化成の短期チャート。株価の見通し・予想は?

以下が直近2年の短期チャートです。

チャート画像

2020年3月のコロナショックによって株価は600円近くまで大きく下落しましたが、その後切り返して株価は上昇傾向です。

コロナショックによりサポートラインとなっていた1000円の大台も割り込んでしまいましたが、2021年に入って暴落前水準を戻しています。

総合化学メーカーは景気敏感株ということもあり、コロナ収束による景気回復期待が株価を押し上げています。

世界的な金融緩和の動きとも相まって、上昇傾向はしばらく続きそうです。

なお投資初心者の方には、株はリスクが高い、コロナショックみたいな株価暴落が怖い…という方もいると思います。そういう方は1株からの少額投資はどうでしょうか?

少額投資でリスクを低く運用を行うことが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

単元未満株への投資はデメリットだらけ?評判や有効な活用法を解説!単元未満株への少額投資なら気軽に株式投資を始められそうですが、どんな時に活用すれば良いですかね?評判やメリット、デメリットについて知りた...

次に旭化成の業績を見ていきます。

旭化成の業績推移は?

過去5年の売上高、営業利益、純利益などの推移は以下のとおり。

これまで堅調に売り上げを伸ばしてきた旭化成ですが、2019年以降の業績が冴えないですね。

新型コロナ拡大の影響もあり、2020年3月期は減収減益。特に純利益は2年連続で減益となっています。2021年3月期も新型コロナ拡大の影響で減収減益予想。

コロナ拡大の影響を受ける前のキャッシュフローもマイナスとなっており、財務的にはちょっと厳しい状況ですね。

2021年に入って株価は上昇していますが、景気回復期待で上昇しているものであり、業績に裏付けられたものではない点には注意が必要ですね。

2020年3月期は純利益30%減へ…

2020年3月期の決算は、純利益が前期比30%減の1039億円。

エチレン設備の臨時修理や設備トラブルのほか、新型コロナ拡大の影響でタイヤ向け合成ゴムの販売量減少などで主力の素材事業の売り上げが落ちたことによるもの。

新型コロナの影響がまだ見通せないとして、今期21年3月期の業績や配当の予想は未定何ですよね。

住宅関連やヘルスケア事業の業績は堅調も、中国経済の減速の影響で化学や繊維などのマテリアル事業の不振が続いてます。

旭化成の今後の業績は新型コロナ拡大の影響がいつまで続くかに大きく影響を受けそうです。

参考記事:旭化成の前期、純利益30%減(日経新聞)

株価が上昇傾向の旭化成。株は買い時?

景気回復期待で株価が上昇傾向の旭化成。株は買い時でしょうか?

2021年に入ってコロナ暴落前の水準を回復しましたが、自分は旭化成株は様子見と考えいます。

理由を端的に言えば、

・2021年3月期も減収減益予想

・景気回復期待が先行

ということですかね。自分は旭化成株を保有していますが、買い増しは控えています。

住宅やヘルスケア事業は堅調で、これらの事業は売り上げを伸ばしている一方、化学・繊維などのマテリアル事業が不調。

景気回復期待が根強いことから株価が短期的に上昇傾向ですが、業績に裏付けられていないのが気になるところです。

ネオモバなら旭化成に1株投資

日本株への投資は多額の資金が必要とのイメージがあるかもですが、最近は少額からでも投資を始めることができる様々なサービスがあります。

例えばSBIネオモバイル証券なら、日本株を1株の少額からコストがほとんどかからないで取引することができます。

株の少額投資ならSBIネオモバイル証券です!

1株の少額からコツコツと投資を始めたい方におすすめなのはSBIネオモバイル証券(通称:ネオモバ)です。もちろんスマホアプリも使えます!

  • 1株からの少額投資
  • 手数料が格安(50万円未満までの取引なら月額実質20円)
  • 自動定期買付機能で、忙しい会社員や主婦でも手間なく投資
  • 初めて投資する20代〜30代に人気

かいまる
かいまる
「株式投資してみたいけど、大金を投資するのは不安」という方、まずは1株からコツコツと投資すると良いです。リスクを小さく始めることができます

「旭化成の株価と配当」まとめ

今回は旭化成の株価ということで、株価の推移、配当実績や株主優待、今後の株は買いかなどについて述べてきました。

中国経済の減速や新型コロナ拡大の影響もあり最近の業績や株価は落ちていますが、業績の底堅い優良銘柄であることは間違いないですね。

自分もネオモバを使って、旭化成株を購入しました。配当金によるインカム目的での保有ですね。

景気回復期待で株価上昇も業績は減収減益予想で、買い増しは様子見ですが、長期的には保有していきたいですね。

最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

銘柄分析にはマネックス証券の銘柄スカウターが秀逸!

個別株は、業績悪化や株価が高い時に購入してしまうリスクがあるので、投資判断をする際に業績推移やPERやチャートの状況など銘柄分析が必須です。

そんな銘柄分析におすすめなのがマネックス証券の”銘柄スカウター”です。口座を開設すれば誰でも無料で使うことができます。

主な特徴をまとめると、

銘柄スカウターの主な機能
  • 過去10年間の売上高や利益を通期並びに四半期毎にグラフ化
  • キャッシュフロー等の財務指標も過去10年分グラフ化
  • PER・PBR・配当利回りといった指標の過去推移を可視化
  • 業績ニュースや適時開示を一覧表示
  • 複数銘柄を一覧で比較可能

ということです。

正直言って、これだけの機能を無料で利用できるのは驚きだし、他の主要証券会社と比較しても明らかに優れています。

自分も、とあるサイトの有料情報を活用していたこともありますが、それと比較しても銘柄スカウターの機能の方が使いやすいです。

この銘柄スカウター。マネックス証券に口座を開設していれば無料で活用できるんですよね。

今回の記事も、マネックス証券の銘柄スカウターを用いて分析を行いました。

詳細は以下の記事にまとめています。ぜひご覧ください。

マネックスの銘柄スカウターの評判は?米国株も分析可能で本当に無料?マネックス証券の銘柄スカウターの評判と特徴について知りたいです。銘柄分析を簡単にできるツールが欲しいんですよね。 米国株の分析にも...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

同じ総合化学の住友化学の銘柄分析です。同じく2021年に入って短期的に株価上昇ですが業績回復はまだ先。今後の株は買いか迫ります。

住友化学の株価は低い?業績悪化で減配も…株は買いなのか?住友化学(4005)の株価の推移と特徴について知りたいです。株価は低い水準ですかね?チャートや配当の実績や株主優待、今後の株価の予想につ...

 

新型コロナウイルスの拡大によって日本経済に大きな打撃が走っています。外出自粛やインバウンド消失など、この状況下でおすすめの銘柄についてまとめました

コロナショックで日本株が大暴落…この状況での買い銘柄とは?コロナショックで日本株が暴落していますが、この状況で買い銘柄を知りたいです。 どの業種がおすすめですか? このような疑問を持...

 

株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。是非ご覧ください。

株初心者におすすめの銘柄7選は?コロナ影響でも2021年期待大!株初心者ですが、おすすめの銘柄を知りたいです。2021年に入って日経平均も3万円の大台突破で調整が良いですね。 ただ、このタイミン...

 

好業績、高配当銘柄の代表格である商社株の特徴をまとめました。景気敏感株で配当が安定しないという印象でしたが、安定配当を志向している会社が多く長期投資に向いているといえますね。

商社株が長期保有に向く理由とは?株価は安い?おすすめ銘柄4選!商社株への投資を考えてますが、長期保有に向くのでしょうか?株価は安いですよね…何か理由があるのかな? 特徴や商社株でおすすめの銘柄...

 

こちらも、業績が安定していて高配当の銘柄の代表格である銀行株の特徴をまとめました。マイナス金利の影響で経営環境は厳しいものがありますが、株価の見通しはどのようなものでしょうか?

(2021最新)銀行株の今後の見通しは?おすすめ3銘柄も分析!銀行株への投資を考えてますが、将来性が心配です。株価は上がらないですね…長期保有に向くのでしょうか? 特にメガバンク株の今後の見通...

 

アップル、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、コカ・コーラ、マクドナルドなど米国には高い成長を続けるグローバル企業が多いです。米国株への投資を考えている方に向けて、買い方をまとめました。

米国株(アメリカ株)買い方や購入の方法は?お得な証券会社も紹介!米国株(アメリカ株)への投資を始めたいのですが、買い方や購入方法を知りたいです。コカ・コーラやアップルなどの株を購入したいんですよね… ...