日本株

ゆうちょ銀行の株価はどこまで落ちる?下落する理由を分析! 

ゆうちょ銀行(7182)の株価が上がらない理由を知りたいです。22年は減配見込み…株価はどこまで落ちるんですかね?

2015年11月の上場以降、株価は下落し続けているようですが…これまでの株価推移や今後の株価の予想についてはどうですか?株は買い?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

ここにタイトルを入力
  • ゆうちょ銀行(7182)の株価が上がらない|株価の状況は?
  • ゆうちょ銀行の配当と株主優待は?
  • ゆうちょ銀行の株価の推移(チャート)は?
  • ゆうちょ銀行の株価が上がらない理由とは?
  • ゆうちょ銀行の業績の見通しや株価を予想は?株は買い?

ゆうちょ銀行の株価が、公開価格1,400円を大きく下回り上場来安値を更新し続けています。21年は1,000円を割り込んでいますね…

ゆうちょ銀行は、配当利回り5%超えるなど、”郵便局”ブランドで個人投資家に人気の銘柄。

しかし日銀マイナス金利政策により経常収益が下落し続けています。金利上昇局面でもないので、厳しい局面は続きそうです。

今回は、ゆうちょ銀行の株価がどこまで落ちるのか、業績の推移なども合わせて分析していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

自分は、投資歴20年を超えており日本株を中心に 2000万円以上の資産を運用しています。今回は、これらの経験も踏まえて記事を書きました。

日本株の少額投資ならLINE証券です!

1株の少額からコツコツと投資を始めたい方におすすめなのは、LINEアプリから手軽に取引できるLINE証券です。

  • 1株からの少額投資
  • コストが格安(日中ならスプレッド0.2%〜)
  • 使い慣れたLINEアプリから、手軽に投資可能
  • 初めて投資する20代〜30代に人気

かいまる
かいまる
「株式投資してみたいけど、大金を投資するのは不安」という方、まずは1株からコツコツと投資すると良いです。リスクを小さく始めることができます

今だけのキャンペーン中!クイズに答えて3株分の購入代金をタダでGetしてはいかがでしょうか?

LINE証券

今なら最高3株を無料Get
LINE証券
公式HPはコチラ
※最短3分で申し込み完了

>> LINE証券の評判や口コミを見る

ゆうちょ銀行(7182)はどんな会社?

ゆうちょ銀行は、郵政民営化に伴い2007年10月に株式会社ゆうちょ銀行として発足。過去に郵便局が行なっていた郵便貯金の業務を引き継いでいます。

貯金残高は180兆円を超える規模。これは三菱UFJ銀行の149兆円を上回り国内最高の残高です。全国47都道府県全てに支店を持つなどメガバンク以上の”巨大銀行”と言えますね。

株式が上場されたのは、結構最近の2015年11月4日。高い配当利回りと”郵便局”ブランドの安心感もあり個人投資家の人気を集め、初値は公開価格の1,400円を大幅に上回る1,631円を付けました。

しかし、その後株価は失速。現状1,000円を下回る状況が続いています。

”巨大銀行”であるゆうちょ銀行に一体何があったんでしょうか?以下詳細に見ていきます。

ゆうちょ銀行の株価が上がらない|株価の状況は?

ゆうちょ銀行の株価データ(2021年11月30日現在)を簡単にまとめました。

株価の指標的には配当利回りが5%を超えていて高配当銘柄と言える水準。PERの目安は13~15倍ぐらいですから、約10倍というのはちょっと低い水準ですね。

ただ他の金融銘柄と比べると

  • 三菱UFJ :6.7倍
  • みずほ :5.5倍

となっていてPERが少し高いですね。ゆうちょ銀行の前身は郵便局で、設立の際に配当水準を高くしたこともあって投資家の人気が集まっているということでしょう。

業績があまり良くないのも、他の銀行株よりもPERが高い要因です。

銀行株は大きな成長が期待できないのでPERが低い一方、業績が底堅いこともあり高配当銘柄として人気があります。

銀行株の特徴とおすすめ銘柄をまとめています。ぜひご覧ください。

(2022最新)銀行株の今後の見通しは?おすすめ3銘柄も分析!銀行株への投資を考えてますが、将来性が心配です。株価は上がらないですね…長期保有に向くのでしょうか? 特にメガバンク株の今後の見通...

ゆうちょ銀行の配当実績と株主優待は?

以下がゆうちょ銀行の配当金の実績です。配当金は一株あたり50円から増えていないどころか、22年3月期は減配見込み…

ゆうちょ銀行は、今後の状況により追加的な株主還元策を検討しているとのことですが、利益が減っていることもありしばらくは増配は見込めないと思います。

なお、ゆうちょ銀行は残念ながら減配見込みですが、日本株の中にも減配せずに増配する”累進配当”を目指す方針の企業があります。

それらの企業の中から高配当銘柄をまとめました。

高配当の累進配当銘柄おすすめ9選!長期保有を推奨(2022最新)累進配当のおすすめ銘柄を知りたいです。そもそも累進配当政策とはどういうものなんですか? 累進配当かつ、高配当株で長期保有に向いた銘...

株主優待はありません。配当金を中心に株主還元を行うということなのでしょう。残念です…。

ゆうちょ銀行の株価の推移は?どこまで落ちる?

次にゆうちょ銀行の株価推移を見ていきますね。以下のチャートはゆうちょ銀行が株式を上場した2015年11月以降の株価推移です。

チャート画像

上場初日は、公開価格1,400円を上回る1,680円で初値が付くなど上々の滑りだしでした。

一時1,800円に届くところまで株価が値上がりしましたが、その後1,200円程度の水準まで大幅下落。

2017年ごろは何とか公開価格である1,400円の水準を維持していましたが、2018年5月に公開価格の水準を切ってからは下げ足が早まっており、下落傾向が続いていますね。

以下がゆうちょ銀行の直近2年チャートですが、2020年8月ごろまで完全な下落傾向で上場来安値を更新しています。

チャート画像

ただ、2021年に入って金利が上昇していることと、コロナ収束で経済活動正常化の期待感もあり株価は上昇傾向。

チャート的には800円で一旦反発といったところですね。当面の下値目途はこの800円といえるでしょう。

景気敏感株である金融株は全体的に買われています。

このように株は大きく値動きするので、リスクが高い、コロナショックみたいな株価暴落が怖い…という方もいると思います。

そういう方は1株価からの少額投資から初めてみてはどうでしょう?少額投資でリスクを低く運用を行うことが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

単元未満株への投資はデメリットだらけ?S株・ワン株の活用法を解説!単元未満株への少額投資なら気軽に株式投資を始められそうですが、どんな時に活用すれば良いですかね? ワン株やS株とも呼ばれているよう...

ゆうちょ銀行の株価が長期的に上がらない理由とは?

ゆうちょ銀行の株価が上がらない理由は、

  1. 経常収益と利益も減少傾向
  2. 日銀のマイナス金利政策

です。以下、クイックに見ていきます。

経常収益と利益が減少傾向

経常収益(売上高)、経常利益、当期利益の推移は以下のとおり(単位:10億円)。

これらの推移を見ると、経常収益、利益ともに減少傾向であることがわかります。2017年は全体の売上げが伸びたものの、この年だけでしたね。

株価は公開価格を下回り上場来安値を更新し続けているのは、この業績の悪化が嫌気されて株が売られたといえるでしょう。

日銀のマイナス金利政策

ゆうちょ銀行の収益が上昇しないのは、2016年1月29日に日銀が決定したマイナス金利の導入であると言えますね。

ゆうちょ銀行は預かった貯金額の大半を国債で運用。そのためマイナス金利の導入で国債の金利が大幅に下がったため運用成績が悪化し、収益が上がらないからです。

以下が10年国債の金利チャートですが、日銀がマイナス金利を導入してから大幅に下がっているのがわかりますね。

チャート表

よく見るとゆうちょ銀行の株価チャートの形とほぼ同じですよね。10年国債の金利が下がるところでは、ゆうちょ銀行の株価も大幅に下がる。

2019年に入ってから世界的な金利低下の流れで日本の10年国債の金利も下がっており、ゆうちょ銀行の株価や収益が上がらない傾向はしばらく続きそうです。

なお銀行株は景気の動向に業績の影響を受けやすい景気敏感株ですが、通信株や医薬品株は景気に業績が影響を受けづらいディフェンシブ銘柄として知られています。

特徴とおすすめの銘柄をまとめていますので、ぜひご覧ください。

株価が下落しているゆうちょ銀行の株は買い時?

現在の収益を踏まえるとゆうちょ銀行株への投資は少し様子を見た方が良いのでは、と考えます。

理由としては、

・ゆうちょ銀行の株価は国債金利に連動

・経済の減速懸念で世界的に金利引き下げ傾向

・株主優待がない

ということ。

ゆうちょ銀行の収益の源泉は、ズバリ貯金で預かった資金を国債で運用すること。なので金利が下がれば運用利回りが下がることになるので収益が上がらない、というわけです。

今は世界経済の減速懸念から各国の中央銀行は金融緩和方針に傾いていて、政策金利の引き下げを行なっています。米国のFRBもトランプ大統領の圧力に屈して政策金利を引き下げてますよね。

日本は低成長の国なので、金利は他の先進国に比べて極端に低いですし、マイナス金利政策は景気が完全に回復傾向を示すまでは続くでしょう。

なのでゆうちょ銀行の収益が上がる状態になるのはもうしばらく時間がかかりそうです。

1,000円からゆうちょ銀行に少額投資

投資資金が少なくて複数の銘柄に投資なんてできない!

このような株初心者の方も多いと思います。特に若い世代のかたは、株式投資に多くの資金を回す余裕はないですよね。

そんな方に自信を持ってオススメできるのがPayPay証券なんです。日本株や米国株に1,000円の少額から取引することができます。

PayPay証券なら1000円から少額投資

PayPay証券は、トヨタ、花王、三菱商事、NTTなどの優良企業に1,000円の少額から投資できます。

PayPay証券

少額からスマホで取引できるので”株式投資はちょっと難しそう”とか”まずは試しに株を始めたい”という方に良いかも。

  1. スマホアプリで簡単に少額投資
  2. 1,000円から日本や米国の大企業の株主になれる
  3. Apple、Amazonなどの米国株にも投資ができる

かいまる
かいまる
「株式投資してみたいけど、大金を投資するのは不安」という方、まずは1,000円からコツコツと投資すると良いです。リスクを小さく始めることができます

これを機会にPayPay証券に口座開設して、スマホアプリで株の少額投資を開始してみてはいかがでしょうか?

スマホで気軽に取引
PayPay証券
公式HPはコチラ
※最短5分で申し込み完了

>> PayPay証券の評判と口コミを見る

「ゆうちょ銀行の株価が上がらない理由」まとめ

今回は、ゆうちょ銀行の株価が上がらない理由ということで、株価の推移(チャート)、配当実績や株主優待、株は買いかなどについて述べてきました。

ゆうちょ銀行の収益の源泉は国債の金利。株価は明らかに国債金利チャートと連動しています。なのでマイナス金利政策が続いているうちは株価の上昇は中々見込めない。

他方、郵便局ブランドはいまだに健在。預貯金が大幅に減ることは考えずらいので現状の収益や配当のレベルは維持されると思います。

しかし、世界的な金融緩和や政策金利引き下げ傾向の中で、日銀のマイナス金利の深掘りも取りざたされる現状。収益上昇にはもう少し時間がかかりますね。

なので、ゆうちょ銀行株の購入は様子見ということで良いと考えます。

日本株への投資や資産運用に関連するお得でお役立ち情報のページについて、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

日本株のパフォーマンスは米国株に比べて悪いと言われている中、今度期待できる日本株はおすすめですをまとめました。

(2022最新)今買うべき株10銘柄を厳選!これから上がる株は?2022年の日本株はおすすめですか?日本株の中で今買うべき銘柄を知りたいです。 史上最高値圏にある米国株に比べて、日本株のパフォー...

 

業績鉄板で減配しないで増配を目指す累進配当を続けている銘柄をまとめました。

高配当の累進配当銘柄おすすめ9選!長期保有を推奨(2022最新)累進配当のおすすめ銘柄を知りたいです。そもそも累進配当政策とはどういうものなんですか? 累進配当かつ、高配当株で長期保有に向いた銘...

 

株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。是非ご覧ください。

株初心者におすすめの銘柄7選は?コロナ影響でも2022年期待大!株初心者ですが、おすすめの銘柄を知りたいです。日経平均も3万円を一時回復したものの、新型変異種オミクロン株の流行もあり、その後伸びないで...

 

好業績、高配当銘柄の代表格である商社株の特徴をまとめました。景気敏感株で配当が安定しないという印象でしたが、安定配当を志向している会社が多く長期投資に向いているといえますね。

商社株が長期保有に向く理由とは?株価は安い?おすすめ銘柄4選!商社株への投資を考えてますが、長期保有に向くのでしょうか?株価は上昇傾向ですが…今後の業績も期待できますか? 特徴や商社株でおすす...

 

こちらも、業績が安定していて高配当の銘柄の代表格である銀行株の特徴をまとめました。マイナス金利の影響で経営環境は厳しいものがありますが、株価の見通しはどのようなものでしょうか?

(2022最新)銀行株の今後の見通しは?おすすめ3銘柄も分析!銀行株への投資を考えてますが、将来性が心配です。株価は上がらないですね…長期保有に向くのでしょうか? 特にメガバンク株の今後の見通...

 

アップル、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、コカ・コーラ、マクドナルドなど米国には高い成長を続けるグローバル企業が多いです。米国株への投資を考えている方に向けて、買い方をまとめました。

米国株(アメリカ株)買い方や購入の方法は?お得な証券会社も紹介!米国株(アメリカ株)への投資を始めたいのですが、買い方や購入方法を知りたいです。コカ・コーラやアップルなどの株を購入したいんですよね… ...
利息でコツコツ資産を増やすならFundsです!

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがFunds。株のように値動きがないので相場の動きが気になりません。

Funds

銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢。投資するファンドにもよりますがの年率1.5〜3%程度のリターンが期待できます!

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい

 

詳しくは以下をクリック!

口座開設は無料!簡単申込み
Funds
公式HPはコチラ

 

>> Fundsの評判と口コミを見る