米国レバレッジ型ETF

QLDとは?どこで買える?QQQレバレッジ2倍ETFの実力を分析!

QLDは米国のナスダック100指数と連動するレバレッジ型ETFと聞いたけど、構成銘柄や特徴・利回り、どこで買えるかについて知りたいです。

QLDは長期投資に向いているんですか?今後の投資はありですかね…

今回は、このような疑問を持つ方に向けてブログ記事を書きました。

今回の記事の内容
  • QLDとは?株価と特徴
  • QLDの株価の推移(チャート)
  • QLDの活用法

米国経済の高い成長率を支えているのは、Apple、Amazonやグーグルなどの大型のグロース企業の売り上げが爆発的に伸びているからです。

そんな米国の大型成長企業にレバレッジをかけてマルっと投資できるのが今回ご紹介するQLDです。

イメージとしては日本の投資家からも人気の高いナスダック100ETF QQQにレバレッジ2倍をかけて運用できるETFというものですね。

今回は、このQLDへの投資はありなのか?特徴や構成銘柄はどうなっているのか?活用法などについて深掘りしてきます。

自分は、投資歴20年でレバレッジ型ETFであるSPXLCUREを保有して資産運用を行っています。

その経験を踏まえて記事を書いています。

※米国ETF取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の公式HPはコチラ

>> DMM株の評判・特徴をみる

QLDとは?QQQレバレッジ2倍ETF!

QLDとは、ProShares Trust社が運用する、ProSares Ultra QQQのことです。

米国のナスダック市場に上場されている企業のうち上位100社で構成されている”ナスダック100”で構成されるレバレッジETFです。

ナスダック100ETF QQQにレバレッジが2倍かかっているETFと理解すれば良いかと思います。情報技術のアップル、マイクロソフト、Eコマースのアマゾンやテスラ、グーグルなどで構成されます。

米国経済の成長を牽引しているのはハイテク企業やIT企業の売り上げが爆発的に伸びているからで、将来的にもこれらのグロース銘柄への期待が大きいと言えるでしょう。

QLDの基本データ
  • 株 価:42.64ドル(22年12月2日現在)
  • インデックス: ナスダック100指数の2倍
  • 52週値動き  :32.98〜92.25ドル
  • 委託経費率 : 0.95%
  • 分配金利回り: –
  • 配当実績  : –

QLDはレバレッジ型で、ナスダック100指数の1日の値動きの2倍を目指すというETFです。値動きは2倍なので、利益が出れば通常のナスダック100ETFであるQQQに比べて2倍の収益を得ることができるんですね。

2006年6月に運用が開始されていて、人気の投資信託レバナスよりも歴史の長い商品となっています。

分配金は支払われていませんが、QLDはレバレッジ型ETFですから、分配金による定期的な収益ではなく、株価の上昇によって利益を狙うことになります。

経費率は約0.95%ということで、0.1%以下が普通の米国ETFにしては割高に見えるかもですが、レバレッジETFという特殊性を考えると妥当なところです。

QLDの構成銘柄とセクター比率は?

続いてセクター比率と構成比率を見ていきます。

QLDのセクター比率

QLDのセクターは情報技術セクターが中心となっています。AppleやMicrosoftの構成比率が高いからですね。

構成銘柄上位トップ10

QLDはナスダック100と連動することになるので、主要銘柄はナスダック100指数と同じとなります。

ナスダック100指数で組み入れている銘柄のトップ10は、以下のとおりです(2022年11月現在)。

情報技術セクターのAppleやMicrosoftの時価総額が高いこともあり、この2銘柄だけで構成比率20%を超えています。

他にもAmazon、Alphabet(google)、Teslaなど世界的に存在感を増している成長企業で構成されている指数というのがわかります。

ちなみに、QLD以外にも米国ETFには魅力的なレバレッジタイプのETFが存在します。主要ネット証券で購入することができるレバレッジETFをまとめいるので、ぜひご覧ください。

レバレッジ3倍の米国ETFおすすめ20選一覧とは?(2023最新)米国のレバレッジ3倍ETFに投資しようと考えていますが、どのような商品があるんですか? レバレッジ商品なのでリスクが高いと思うけど...

QLDの株価推移は?

次にのチャートを見ていきます。

株価の値動きを比較するため、S&P500に連動するレバレッジETF SPXLについても掲載しています。

株価の推移:長期(設定来)

2010年2月にQLDが設定され、運用が開始されています。以下の株価推移は設定来のチャートです。

赤:QLD 青:S&P500 緑:SPXL

S&P500と比較すると凄まじく値動きしていることがわかります。2020年3月のコロナショック以降に右肩上がりで大きく上昇し、21年末ごろには最高値88ドルを付けました。

S&P500の3倍に連動するSPXLと比較しても、レバレッジ2倍にもかかわらず大きく値動きしていることがわかります。

一方、22年に入って米国のインフレ加速の影響もあり、政策金利が段階的に引き上げられ、これまで大きく株価が上昇してきた情報技術関連企業の株価が大きく下落。QLDの株価も50ドルを割り込んでいます。

株価の推移:短期(1年)

次に短期(1年)の株価推移です。大きく値崩れしているのがわかります。

赤:QLD 青:S&P500 緑:SPXL

良くも悪くもレバレッジ型ETFの特徴が表れているといえます。1年間でマイナス50%と2分の1にまで株価が下落…

S&P500に連動するレバレッジ3倍ETF SPXLと同じくらいの下落幅です。やはり新興企業向け市場のナスダックということもあり、他のレバレッジETFと比較しても値動きが荒いですね。

上げる時も大きいけど、下げる時も大きい。レバレッジ型ETFはそういう金融商品ということです。

QLDの利回り・リターンは?

次にQLDの年率リターンを見ていきましょう(2022年9月30日現在)。

2006年6月の設定以来、年率利回り20%と信じられないぐらい高いリターンとなっています。最近の株価急落でも、このリターンですので長期運用でかなりの利益が出ているということです。

短期的には急落しているQLDですが、ナスダック100指数は長期的に大きく上昇しており、過去リターンを見ると長期的に大きなリターンが期待できそうです。

(参照URL:ProShares社HP

レバレッジ型ETFのデメリットとは?

レバレッジ型ETFの最大のデメリットは、時間と共に指数から乖離していくということです。

QLDはナスダック100指数の2倍の収益を目指すものですが、指数に対して綺麗に2倍となっていません。特に長期になると乖離が大きくなります。

これは、レバレッジ型ETFは、あくまでも1日の値動きについて3倍になるようにしているためで、長期的な値動きに連動するよう設計されていないんですね。期間が長くなると乖離が大きくなります。

日本取引所グループHPに、レバレッジ型ETFの特徴について解説がありましたので、以下に引用します。

ざっくり言うと、

・投資期間が長くなればなるほど、指標と乖離する。

・レンジ相場になるとインデックスに比べてパフォーマンスが悪くなる。

ということです。

レバレッジ型指標は、相場の下落局面においては原指標よりも大きく下落していきますが、2営業日以上離れた日と比較した場合は、想定した変動率とは異なる下落率となってしまう点、そして、投資期間が長期になればなるほど、原指標の変動率とレバレッジ型指標の変動率の乖離が大きくなる可能性が高まる点に留意が必要となります。

相場の方向感が定まらず、原指標が上昇や下落を相互に繰り返した場合、レバレッジ型指標は複利効果によって、原指標と比較してパフォーマンスが逓減して行くという特性がありますので留意が必要です。

 出典:日本取引所グループHP 

このような知識を含め、株式投資で勝率を高めるためには、しっかりとした投資理論を身に着ける必要があります。

以下の記事では、初心者向けのものから古典まで、おすすめの米国株投資本を紹介しています。

米国株のおすすめ本ランキング10選!150冊から厳選!(2023最新)米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?初心者向けの本も知りたいです。 全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方...

米国株に関する情報を効率よく収集したい!

株式投資で利益を出したいなら、個別株に関する情報収集が重要です。

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するオックスフォードインカムレターなら効率的に情報収集ができます。

メールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてくるんですね。

自分も登録してみたところ、おなじみの米国の個別銘柄に関する内容や、米国株による資産形成に関する内容などがタイムリーに送られてきます。

永久に持っておきたい6つの高配当米国株についても知ることができます。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

オックスフォードインカムレター
>> 無料メルマガに登録してみる

なお、オックスフォードインカムレターの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

オックスフォードインカムレター評判は?無料メルマガは役立つのか?オックスフォードインカムレターは米国株投資に役立つんですかね?メルマガって何か怪しいイメージがあるんですよね。 Oxfordインカ...

QLDの株価推移を踏まえた活用法とは?

これまで見てきたTQQQの株価推移や特徴を踏まえた活用法は、

  1. 短期トレードで大きな値幅を狙う
  2. 長期保有もあり

と考えます。以下、クイックに見ていきます。

活用法①:短期トレードで大きな値幅を狙う

レバレッジ型ETFは短期だと指数との乖離が少ないため、一般的には短期トレード向きの商品と言えるでしょう。

特に日本では米国株の信用取引ができる証券会社がほとんどないこともあり、短期的に高い値動きが期待できるインターネット関連企業のレバレッジ取引は魅力が高いといえます。

レバレッジ型ETFは、株価の値動きが激しいリスクの高い金融商品です。そのため、短期トレードは大きな損失が発生することが十分にありえるため、おススメできません。特に初心者は手を出すべきではありません。

活用法②:QLDの長期保有もあり

QLDの株価推移で見てきたとおり、

・設定来リターンが大幅にプラス

・ナスダック100指数自体が長期的に大きく上昇

しています。過去のデータからQLDを長期保有するというのもありですね。

ただしレバレッジETFということで値動きが非常に大きいこともあり、全ての資金を投入するのはお勧めできないです。

QLDはどこで買える?

QLDを取り扱っている証券会社は、かなり限定的です。

SBI証券やマネックス証券などの主要ネット証券での取り扱いはないので、IG証券などの海外の証券会社を利用する必要があります。

なので、一般の個人投資家はナスダック100の2倍に連動する投資信託”レバナス”を購入することをおすすめします。

コストのほとんど変わらないです。

マネックス証券の評判はやばい?実際のメリット・デメリットを解説!マネックス証券の評判や口コミってどうですか?米国株の取引がしやすいと聞いていますが…実際の利用者の感想なども知りたいです。 自分も...

「QLDとは?構成銘柄・利回りは?」まとめ

今回は、ナスダック100指数に連動するレバレッジ型ETF QLDの特徴と株価推移(パフォーマンス)や年率リターンについて見ていくと共に、活用法について述べてきました。

ナスダック100ETF QQQのレバレッジ2倍ETF QLDの特徴をまとめると、

QLDの特徴まとめ
  • レバレッジをかけて投資できる
  • 短期で大きなリターンが期待できる
  • 長期の保有もあり
  • 米国のグロース企業の将来性は高い
  • 株価の値動きが激しい

ということです。

QLDは、長期的にはインデックスとの乖離が大きくなるので、一般的には短期トレード向きの商品といえます。

一方、長期的にはナスダック100指数は大きく上昇していることもあり、長期保有による大きな収益も狙えるETFと言えるでしょう。

最後に米国ETFや米国株に賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株を取引手数料ゼロで投資するには?

米国株や米国ETFにお得に投資をしたい方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的におすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株の評判と気になるデメリットとは?米国株の取引手数料0円!DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

>> DMM株 公式ページはコチラ

無料アプリで株の練習!ゲーム感覚で投資が身に付く

「お金をかけずにまずは株の練習をしてみたい…」

「株に興味があるけど、損は出したくない…」

株式投資を始めたいと思っても、損失が怖くて、なかなか踏み出せない人も多いのではないでしょうか?

そういう方は、まずは無料アプリで株の練習をしてみるのが良いかも

「トウシカ」は初心者向けの株取引シュミレーションもできるアプリです。

  • 実際のデータで株取引ができる
  • つみたてNISAやiDeCoのシュミレーションにも対応
  • おすすめ投資法の診断機能あり

過去のデータを活用してゲーム感覚で株取引のシミュレーションができるんですね。テクニカル分析も身につきます。

また、つみたてNISAやiDeCoのシュミレーションにも対応しており、老後を見据えた資産形成を考えている方にはピッタリ

職業や年齢に合わせて自分に合った投資法を診断してくれるので、何から始めていいかわからない…と思ったらこのアプリで診断してみるのがよさそうです。

トウシカ-つみたてNISAの投資シミュレーション&株ゲーム

トウシカ-つみたてNISAの投資シミュレーション&株ゲーム
posted withアプリーチ

参考記事⏬
株アプリ「トウシカ」の評判と口コミは?

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国ETFに関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

主要ネット証券で投資することができる米国のレバレッジETFを20選まとめました。レバレッジETFの特徴もまとめています。

レバレッジ3倍の米国ETFおすすめ20選一覧とは?(2023最新)米国のレバレッジ3倍ETFに投資しようと考えていますが、どのような商品があるんですか? レバレッジ商品なのでリスクが高いと思うけど...

 

QQQは米国のナスダック市場に連動するETFです。レバレッジ商品でなくても、十分に高いリターンを期待できます。

QQQ買うべきか?買い時なの?配当・構成銘柄・将来性とは?NASDAQに連動するETF QQQの特徴や構成銘柄について知りたいです。コロナショック後に過去最高値を更新しているようですが…買うべき...

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

米国の高配当ETFのおすすめランキング5選とは?(2023最新)米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットや、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このような疑問を持...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?人気の定番ETFを徹底比較!(2023年最新)米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国のセクターETFに投資するメリットをまとめました。おすすめ3選を解説も紹介しています。

米国セクターETFのおすすめとは?3セクターを厳選(2023最新)米国のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでしょ...

 

米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。主要ネット証券会社の手数料を比較。オススメの証券会社はどこか?

米国株のおすすめ証券会社はどこ?手数料を徹底比較!(2023最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...