日本株

プレナスの株価が暴落…やばい?赤字拡大で「ほっともっと」大量閉店…

プレナス(9945)は、業績悪化により「ほっともっと」を大量閉店すると聞きました。

株価も暴落していますが、これまでの株価の推移(チャート)と暴落の理由について知りたいです。株は買いですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

ここにボックスタイトルを入力
  • プレナス業績悪化で「ほっともっと」大量閉店
  • 2019年業績も下方修正
  • プレナスの株価は?暴落でやばい?
  • プレナスの株価が暴落している理由とは?
  • プレナスの株は買いか?

投資歴20年のかいまるです。日本株を中心に1500万円以上の資産を運用しています。

自分はプレナスの株価について2019年に以下のツイートをしました。

プレナスがほっともっとの大量閉店を発表、合わせて2019年業績も下方修正しました。
配当利回り3%超えで食事券がもらえる株主優待で人気ですが、人件費・材料費の高騰で業績がかなり悪化しています。
今期純利益も赤字予想となっており、配当や優待などの株主還元の水準が維持できるのか正念場です。

上記を深掘りします。

プレナスといえば、持ち帰り弁当の「ほっともっと」のフランチャイズチェーンを展開していて、他にも

・定食処「やよい軒」

・しゃぶしゃぶと飲茶「MKレストラン」

などを運営しています。「ほっかほっか亭」とのフランチャイズ契約解消に伴って2008年に「ほっともっと」を創設。

今では持ち帰り弁当業界のトップブランド(2941店舗)となっています。

しかし、近年では業績が悪化していて「ほっともっと」の大量閉店が発表されるなど、勢いに陰りが見られますね。

今回は、そんなプレナスの銘柄を分析です。

LINE証券の口座開設で無料3株Get!

LINE証券では期間限定キャンペーン中。無料口座開設してクイズに正解するとタダで3株分の株の購入代金がGetできます。

LINE証券

投資に”確実に儲かる”とか”絶対に儲かる”なんてことはありません。

しかし、このキャンペーンを使えばクイズに答えて3株タダでGetできるので、この部分は”絶対確実”に儲かることになります。

LINE証券は、LINEらしくデザインがシンプルで、初心者の方でも簡単に操作ができるようになっているのが最大の特徴。

特にLINEユーザーにとっては抵抗感なく手軽に取引ができるので、投資未経験や初心者の方にも、おすすめです

今だけのキャンペーンで3株分の購入代金をタダでGetしてはいかがでしょうか?

今だけのキャンペーンを実施中
LINE証券
公式HPはコチラ
※最短3分で申し込み完了

プレナス(9945)業績悪化でほっともっと大量閉店

ほっともっとを運営するプレナスが、直営店190店舗を閉店することを発表しました。人件費の高騰により業績が悪化したことが原因です。

弁当店「ほっともっと」などを運営するプレナスは9日、ほっともっとの直営190店舗を9月以降に閉店すると発表した。閉店に伴う原状回復費用などが響き、2020年2月期の連結純損益は8億3000万円の赤字となる。

同社は直営店についてフランチャイズチェーン(FC)加盟店への移管を進めているが、人件費を含む店舗運営コストの上昇の影響で、移管が見込めない直営店については閉店することにした。その分を他店の営業強化に振り向けて経営資源の集中を進める。国内のほっともっとの店舗数は7月末で約2700店、直営店は約900店。

参考記事:「ほっともっと」直営190店舗を閉店へ(2019.8.10 日経新聞)

プレナスは1月にも2018年の業績を下方修正していて、利益も赤字になるなど最近の業績はパッとしません。ここに来て店舗閉鎖となると結構インパクトが大きいですよね。

外食産業は、人件費と材料費の高騰で業績を落としている企業が多いので「ほっともっと」や「やよい軒」を運営するプレナスも例外ではなかったということでしょう。

新型コロナ拡大による外出制限もあり、同業の吉野家やゼンショーなどの業績も厳しいです。

大量閉店のプレナス|株価の状況は?

ほっともっとを運営するプレナス。株価データを簡単にまとめました。

今期純利益も赤字見込みで配当未定…経常利益が大幅減益となる見込みです。

2019年夏頃のPERが200倍以上あったことを考えると、業績の悪化で売上げに比べて株価がかなり割高であるということです。

食事券の優待を出している外食銘柄のPERは人気があることから高い傾向にありますが、2019年の段階で

  • クリエイト・レストラン:45.6倍
  • すかいらーく:34.3倍
  • リンガーハット:63.9倍

と、同業他社と比べてもプレナスの株価は割高傾向であることがわかります。

プレナスの株価の推移(チャート)は?暴落はあるの?

次にプレナスの株価推移を見ていきますね。以下のチャートは過去5年の株価推移です。

チャート画像

株価はこの5年で全然上がってないですね。1,700円〜2,500円程度のレンジで推移していますね。

2014年ごろは2,500円程度あった株価は、2016年中ごろにかけて1,700円付近まで大幅に下落。

2017年頃には2,500円まで回復しましたが、2018年にかけて半年程度で1,700円程度まで株価が暴落していますね。

また直近半年の株価チャートは以下のとおり。

チャート画像

ワクチンの普及でコロナ収束期待もあり、株価は2000円の大台を突破しました。2021年に入って日経平均が絶好調ということもあり、プレナスにも買いが入っています。

なお、株は値動きが荒くリスクが高い、コロナショックみたいな株価暴落が怖い…という方もいると思います。

そういう方は1株価からの少額投資から初めてみてはどうでしょう?少額投資でリスクを低く運用を行うことが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

単元未満株への投資はデメリットだらけ?評判や有効な活用法を解説!単元未満株への少額投資なら気軽に株式投資を始められそうですが、どんな時に活用すれば良いですかね?評判やメリット、デメリットについて知りた...

プレナスの配当推移は?

配当金の推移は以下のとおり。

過去5年間60円と変わらずですね。増配を期待して投資をする銘柄ではないということです。

21年3月の配当は残念ながら30円となり減配してしまいましたが、コロナ収束が見込まれる22年3月期は業績回復を見込んでおり60円の配当に戻す計画です。

なお日本株の中にも減配せずに増配する”累進配当”を目指す方針の企業があります。それらの企業の中から高配当銘柄をまとめました。

ぜひご覧ください。

高配当の累進配当銘柄おすすめ9選!長期保有を推奨(2021最新)累進配当のおすすめ銘柄を知りたいです。そもそも累進配当政策とはどういうものなんですか? 累進配当かつ、高配当株で長期保有に向いた銘...

プレナスの株主優待は?

プレナスの株主優待は「ほっともっと」「やよい軒」「MKレストラン」各店で商品のご購入もしくは食事の際、一人につき、2枚までご利用いただける「株主お買物優待券」です。

2月末日現在の株主に1年以上継続して記載、または記録された株数に応じて「株主お買い物優待券」がもらえます。

もらえる枚数は、

◯100株以上1,000株未満保有
500円分の「株主お買物優待券」5枚(2,500円相当)

◯1,000株以上保有
500円分の「株主お買物優待券」10枚(5,000円相当)

となってますね。100株で2500円相当ということで、わりとお得な内容となってますね。

なお、株主優待目的で日本株に投資しようと思っても、どんな優待銘柄を買えば良いか迷うこともあるかと思います。

以下の記事では、優待銘柄を検討する際に役に立つおすすめ本3選と雑誌を紹介しています。ぜひご覧ください。

(2021年最新)株主優待の本&雑誌でおすすめは?厳選3冊を紹介!株主優待に関する本でおすすめなのは何ですか?お得に株主優待の情報を得る方法はありますか? このような疑問を持つ方に向けて記事を書い...

プレナスの株価が暴落している要因とは?

プレナスの株価が暴落してる要因は、何と言っても業績が悪化しているからです。ここでは、プレナスの業績についてクイックに見ていきます。

直近の業績は3期連続の赤字

以下が過去5年の業績推移です。21年3月期も純利益25億円の赤字となっています。

売り上げも減少していて、純利益は2019年から3期連続の赤字。しかし22年は純利益黒字転換でV字回復を見込んでいます。

実際、2021年3〜5月決算は、ほっともっとの売上が堅調ということもあり、純利益が黒字に転換しています。

また、キャッシュフローは不採算店の閉鎖もあり、20年、21年はプラスに転換しています。新型コロナ拡大で経営は厳しい状況ですが、

ほっともっとの売り上げは堅調ですぐに経営破綻する状況ではないですね。

株価の暴落もあるけど、プレナスの株は買い?

高い配当利回りと株主優待は魅力的ですが、現在の業績を踏まえるとプレナスの株は買えないですね。

理由としては、

・純利益が赤字 → 減配

・株価は割高(高PER)

・株主優待の改悪もあり得る

・人件費・材料費高騰

ということ。

実はプレナスは業績見込みの修正を頻繁に行っていて、売り上げや利益予想が非常に甘いんですよね。

もちろん吉野家などの牛丼チェーンの業績が回復して来ているので、今回の店舗閉鎖などによって利益が回復する可能性はあるけれども人件費や材料費の高騰を補えるほどの効果は疑問です。

外食チェーンの売り上げは店舗数と客単価に依存するので、「ほっともっと」の大量閉店により確実に売り上げが落ちることになるからです。

なのでプレナス株の購入は、利益の黒字化が定着するか様子見で良いと思います。

1,000円から日本株に少額投資

投資資金が少なくて複数の銘柄に投資なんてできない!

このような株初心者の方も多いと思います。特に若い世代のかたは、株式投資に多くの資金を回す余裕はないですよね。

そんな方に自信を持ってオススメできるのがPayPay証券なんです。日本株や米国株に1,000円の少額から取引することができます。

PayPay証券なら1000円から少額投資

PayPay証券は、トヨタ、花王、三菱商事、NTTなどの優良企業に1,000円の少額から投資できます。

PayPay証券

少額からスマホで取引できるので”株式投資はちょっと難しそう”とか”まずは試しに株を始めたい”という方に良いかも。

  1. スマホアプリで簡単に少額投資
  2. 1,000円から日本や米国の大企業の株主になれる
  3. Apple、Amazonなどの米国株にも投資ができる

かいまる
かいまる
「株式投資してみたいけど、大金を投資するのは不安」という方、まずは1,000円からコツコツと投資すると良いです。リスクを小さく始めることができます

これを機会にPayPay証券に口座開設して、スマホアプリで株の少額投資を開始してみてはいかがでしょうか?

スマホで気軽に取引
PayPay証券
公式HPはコチラ
※最短5分で申し込み完了

PayPay証券の特徴を以下の記事にまとめてます。ぜひご覧ください。

PayPay証券の評判や口コミは?実際に投資してわかったメリットは?PayPay証券を使って投資するのはどうですか?…評判・口コミについて知りたいです。 実際にPayPay証券で投資すると、儲かるの...

「プレナスの株価が暴落」まとめ

今回は、プレナスの株価が暴落した理由ということで、「ほっともっと」の店舗閉鎖、株価の推移(チャート)、株は買いかなどについて述べてきました。

ほっともっとの大量閉店や純利益の赤字など、プレナスは他の外食企業と同様に人件費と材料費の高騰に苦しんでいます。

現状、ほっともっとの売り上げは順調に伸びているものの、これらの費用を補えるほどの材料が見当たらないですね。

外食産業全体が業績不振ということもあり、しばらくは業績回復は難しいと予想されます。

いずれにせよ、プレナス株の購入は様子見ですね。

最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

銘柄分析にはマネックス証券の銘柄スカウターが秀逸!

個別株は、業績悪化や株価が高い時に購入してしまうリスクがあるので、投資判断をする際に業績推移やPERやチャートの状況など銘柄分析が必須です。

そんな銘柄分析におすすめなのがマネックス証券の”銘柄スカウター”です。口座を開設すれば誰でも無料で使うことができます。

主な特徴をまとめると、

銘柄スカウターの主な機能
  • 過去10年間の売上高や利益を通期並びに四半期毎にグラフ化
  • キャッシュフロー等の財務指標も過去10年分グラフ化
  • PER・PBR・配当利回りといった指標の過去推移を可視化
  • 業績ニュースや適時開示を一覧表示
  • 複数銘柄を一覧で比較可能

ということです。

正直言って、これだけの機能を無料で利用できるのは驚きだし、他の主要証券会社と比較しても明らかに優れています。

自分も、とあるサイトの有料情報を活用していたこともありますが、それと比較しても銘柄スカウターの機能の方が使いやすいです。

この銘柄スカウター。マネックス証券に口座を開設していれば無料で活用できるんですよね。

今回の記事も、マネックス証券の銘柄スカウターを用いて分析を行いました。

詳細は以下の記事にまとめています。ぜひご覧ください。

マネックスの銘柄スカウターの評判は?米国株も分析可能で本当に無料?マネックス証券の銘柄スカウターの評判と特徴について知りたいです。銘柄分析を簡単にできるツールが欲しいんですよね。 米国株の分析にも...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

自動車業界の雄、トヨタ自動車の株価分析です。2019年度の業績は絶好調でしたが、トヨタですらコロナ拡大の影響で業績悪化予想です。

トヨタの株価の今後の見通しは?コロナから復活で株は買い時か?トヨタ(7203)の株価の推移(チャート)、配当実績、株価の見通しについて知りたいです。 新型コロナの影響で、業績が悪化したようで...

 

新型コロナウイルスの拡大によって日本経済に大きな打撃が走っています。外出自粛やインバウンド消失など、この状況下でおすすめの銘柄についてまとめました

コロナショックで日本株が大暴落…この状況での買い銘柄とは?コロナショックで日本株が暴落していますが、この状況で買い銘柄を知りたいです。 どの業種がおすすめですか? このような疑問を持...

 

株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。是非ご覧ください。

株初心者におすすめの銘柄7選は?コロナ影響でも2021年期待大!株初心者ですが、おすすめの銘柄を知りたいです。2021年に入って日経平均も3万円の大台突破で調整が良いですね。 ただ、このタイミン...

 

好業績、高配当銘柄の代表格である商社株の特徴をまとめました。景気敏感株で配当が安定しないという印象でしたが、安定配当を志向している会社が多く長期投資に向いているといえますね。

商社株が長期保有に向く理由とは?株価は安い?おすすめ銘柄4選!商社株への投資を考えてますが、長期保有に向くのでしょうか?株価は安いですよね…何か理由があるのかな? 特徴や商社株でおすすめの銘柄...

 

こちらも、業績が安定していて高配当の銘柄の代表格である銀行株の特徴をまとめました。マイナス金利の影響で経営環境は厳しいものがありますが、株価の見通しはどのようなものでしょうか?

(2021最新)銀行株の今後の見通しは?おすすめ3銘柄も分析!銀行株への投資を考えてますが、将来性が心配です。株価は上がらないですね…長期保有に向くのでしょうか? 特にメガバンク株の今後の見通...

 

アップル、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、コカ・コーラ、マクドナルドなど米国には高い成長を続けるグローバル企業が多いです。米国株への投資を考えている方に向けて、買い方をまとめました。

米国株(アメリカ株)買い方や購入の方法は?お得な証券会社も紹介!米国株(アメリカ株)への投資を始めたいのですが、買い方や購入方法を知りたいです。コカ・コーラやアップルなどの株を購入したいんですよね… ...