日本株

ライザップ(RIZAP)の株価が暴落…なぜ?投資は危険か?

ライザップ(2928)の株価の推移や特徴が気になります。RIZAPグループの株価が暴落しているようですが…

急成長で人気の銘柄ですが、チャート、配当の実績や株主優待、今後の予想はどうですか?

このような興味を持たれている方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • ライザップ(2928)はどんな会社?
  • ライザップ(RIZAP)の株価の状況は?
  • ライザップの配当実績や株主優待は?
  • ライザップの株価の推移(チャート)は?10年&短期チャート
  • ライザップの業績推移は?
  • 株価が低迷傾向のライザップ。株は買い時はいつ?

ライザップグループは、トレーニングジム「RIZAP」をはじめ、健康食品・美容・アパレル・出版など多岐にわたる分野の子会社を持つ持株会社です。

タレントが「RIZAP」でダイエットをするというCMでもおなじみですよね。

もともとは「健康コーポレーション」という健康食品の販売を行う企業でしたが、積極的なM&Aによって会社を急拡大。

しかし、異業種への参入を急ぎすぎたこともあり、業績に急ブレーキがかかり株価も暴落…。

今回は、そんな話題の銘柄であるライザップについて株価と業績を分析していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

自分は、投資歴20年を超えており日本株を中心に1,500万円以上の資産を運用しています。

今回は、これらの経験も踏まえて記事を書きました。

LINE証券の口座開設で無料3株Get!

LINE証券では期間限定キャンペーン中。無料口座開設してクイズに正解するとタダで3株分の株の購入代金がGetできます。

LINE証券

投資に”確実に儲かる”とか”絶対に儲かる”なんてことはありません。

しかし、このキャンペーンを使えばクイズに答えて3株タダでGetできるので、この部分は”絶対確実”に儲かることになります。

LINE証券は、LINEらしくデザインがシンプルで、初心者の方でも簡単に操作ができるようになっているのが最大の特徴。

特にLINEユーザーにとっては抵抗感なく手軽に取引ができるので、投資未経験や初心者の方にも、おすすめです

今だけのキャンペーンで3株分の購入代金をタダでGetしてはいかがでしょうか?

今だけのキャンペーンを実施中
LINE証券
公式HPはコチラ
※最短3分で申し込み完了

ライザップ(RIZAP)はどんな会社?

ライザップグループは、トレーニングジム「RIZAP」をはじめ、健康食品・美容・アパレル・出版など多岐にわたる分野の子会社を持つ持株会社です。

ライザップグループの買収企業数は、最大で85社にまで達しました。ライザップグループは買収企業数を増やし続けて急成長。

短期間で増えすぎた買収企業数はかえって経営を圧迫させてきました。

2020年6月現在の主要子会社は約30社ですが、今後もグループ企業の整理を計画していることから、主力子会社として残る企業もさらにシェイプアップが必要な可能性もあります。

そんなライザップの、現在の社員数は単体で333名、連結で6,498人です。

次に。株の状況や株価推移はどうなのか、見ていきます。

ライザップ(2928)の株価の状況は?

では早速ですがライザップの株価データを見て行きましょう。

現在の株価は140円前後です。取引単位は100株なので、1万4,000円程度でライザップの株を所有することが可能です。

株価が下落しているにもかかわらず、ライザップのPBR(株価収益率)は、3.53と、かなり割高ですね。

ライザップの配当実績は?

続いて配当実績を見ていきます。以下がライザップの配当金の実績です。

19年3月期、20年3月期と2期連続無配となっています。2021年3月期の配当金の支払いは未定。

経営再建によるコスト増での赤字に加え新型コロナによる影響もあり業績見通しが未定となっていることが背景です。

ライザップの株主優待は?

ライザップでは、現在ポイント進呈という形で株主優待を行っています。

ポイントは、ライザップグループ会社の優待カタログで使用することができ、所有株数に応じて、ポイントが付与されます。

所有株数 付与される優待ポイント
100株 2,000ポイント
200株 4,000ポイント
400株 6,000ポイント
800株 12,000ポイント
1,600株 24,000ポイント
2,400株 30,000ポイント
4,000株 36,000ポイント
8,000株 72,000ポイント
16,000株 144,000ポイント

なお、株主優待目的で日本株に投資しようと思っても、どんな優待銘柄を買えば良いか迷うこともあるかと思います。

以下の記事では、優待銘柄を検討する際に役に立つおすすめ本3選と雑誌を紹介しています。ぜひご覧ください。

(2021年最新)株主優待の本&雑誌でおすすめは?厳選3冊を紹介!株主優待に関する本でおすすめなのは何ですか?お得に株主優待の情報を得る方法はありますか? このような疑問を持つ方に向けて記事を書い...

ライザップの株価の推移(チャート)は?10年&短期チャート

続いてチャートを確認していきましょう。ここでは過去10年の長期チャートと短期チャートを見ていきます。

ライザップの長期チャート

以下は過去10年のチャートです。

チャート画像

月足を見てみるとライザップの株価が2017年にピークを付けた後、10分の1になってしまいました。

その原因は、積極「M&A」経営手法が実質的な収益力をともなっていないことが要因です。

M&Aした企業の経営再建も上手くいっていないんですよね。買収した企業は、一見好業績に見えたが、実は全く収益が上がっていませんでした。

赤字企業を次々とM&Aしたことで、割安で買ったために発生した「負ののれん」を営業利益に計上したことでライザップの業績が悪化。

この問題が明るみになったのが2018年ごろであり、この時の業績大幅下方修正により株価も急落。

以来、コロナなどもあり、株価が低迷したままになっています。

ライザップの2年短期チャート

以下がライザップの2年短期チャートです。

チャート画像

19年5月~20年10月の日足では、コロナショック前から始まっていたライザップの急拡大M&A経営への疑問が広がり、株価は回復できないままになっています。

会員制ビジネスなどはコロナでの外出自粛なども回復の足を引っ張っています。

なお、株は値動きが荒くリスクが高い、コロナショックみたいな株価暴落が怖い…という方もいると思います。

そういう方は1株価からの少額投資から初めてみてはどうでしょう?少額投資でリスクを低く運用を行うことが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

単元未満株への投資はデメリットだらけ?評判や有効な活用法を解説!単元未満株への少額投資なら気軽に株式投資を始められそうですが、どんな時に活用すれば良いですかね?評判やメリット、デメリットについて知りた...

ライザップの業績推移は?

続いて業績を見ていきましょう。

過去5年の売上高、営業利益、純利益の推移は以下のとおり。

売上高は先ほど説明した過剰なM&Aもあり、売上高は右肩上がりに見えますが、経営再建の費用もうなぎ上りにかさんでおり、利益は赤字で推移しています。

20年3月期には赤字幅は縮小されましたが、新型コロナで店舗系ビジネスが休業に追い込まれていたこともあり、今後も継続的に決算の確認が必要な状況です。

銘柄分析にはマネックス証券の銘柄スカウターが秀逸!

個別株は、業績悪化や株価が高い時に購入してしまうリスクがあるので、投資判断をする際に業績推移やPERやチャートの状況など銘柄分析が必須です。

そんな銘柄分析におすすめなのがマネックス証券の”銘柄スカウター”です。口座を開設すれば誰でも無料で使うことができます。

主な特徴をまとめると、

銘柄スカウターの主な機能
  • 過去10年間の売上高や利益を通期並びに四半期毎にグラフ化
  • キャッシュフロー等の財務指標も過去10年分グラフ化
  • PER・PBR・配当利回りといった指標の過去推移を可視化
  • 業績ニュースや適時開示を一覧表示
  • 複数銘柄を一覧で比較可能

ということです。

正直言って、これだけの機能を無料で利用できるのは驚きだし、他の主要証券会社と比較しても明らかに優れています。

自分も、とあるサイトの有料情報を活用していたこともありますが、それと比較しても銘柄スカウターの機能の方が使いやすいです。

この銘柄スカウター。マネックス証券に口座を開設していれば無料で活用できるんですよね。

今回の記事も、マネックス証券の銘柄スカウターを用いて分析を行いました。

詳細は以下の記事にまとめています。ぜひご覧ください。

マネックスの銘柄スカウターの評判は?米国株も分析可能で本当に無料?マネックス証券の銘柄スカウターの評判と特徴について知りたいです。銘柄分析を簡単にできるツールが欲しいんですよね。 米国株の分析にも...

「ライザップの株価が暴落」まとめ

今回は「ライザップ(2928)の株価が暴落」ということで、配当や株主優待、業績推移、チャートなどについて書きました。

M&Aによる企業買収で、本業と関連のないビジネスまで急拡大し、多額の営業損失を計上。

現在は「選択と集中」による「構造改革」というボディメイクを自分に行っている最中です。

株価チャートもまだ反転の兆しはなく、低迷を続けそうであるため、決算内容で事業の立て直し、チャートの反転の両方を確認するまで様子見するべきかと思います。

かきっかけがないと低迷した状態がこのまま、継続しそうです。少なくともチャートのトレンドが反転してからの買いで十分間に合うと思います。

※ロボアドバイザーによる自動運用という選択

毎日が忙しくて資産運用にかける時間がない…。そんな方は口座にお金を振り込むだけでロボアドバイザーが自動運用するWealthNaviが便利かも。WealthNaviなら株式だけじゃなく債券や金、不動産にも自動で分散投資してくれます。

>> WealthNaviの無料申し込みはコチラ

最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

リスクを少なく日本株に投資するには?

投資資金が少なくて複数の銘柄に投資なんてできない!

このような個人投資家の方も多いと思います。特に若い世代のかたは、株式投資に多くの資金を回す余裕はないですよね。

そのような方におすすめしたいのが、SBIネオモバイル証券(通称:ネオモバ)です。

日本株の少額投資ならSBIネオモバイル証券です!

1株の少額からコツコツと投資を始めたい方におすすめなのはSBIネオモバイル証券(通称:ネオモバ)です。

  • 1株からの少額投資
  • 手数料が格安(50万円未満までの取引なら月額実質20円)
  • 自動定期買付機能で、忙しい会社員や主婦でも手間なく投資
  • 初めて投資する20代〜30代に人気

かいまる
かいまる
「株式投資してみたいけど、大金を投資するのは不安」という方、まずは1株からコツコツと投資すると良いです。リスクを小さく始めることができます

最後

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

 

通信事業のガリバーNTT。ドコモの親会社ですね。売上高11兆円超えと業績も株価も絶好調です。今後の株価の大幅上昇は期待できるのか分析しています。

NTTの株価の今後の見通しを分析!ドコモ子会社化で成長は期待大?NTT(9432)の株価の今後の見通しや配当について知りたいです。今後の株価予想はどのような感じですか? 株主優待や過去10年の株...

 

5G本命銘柄である通信株の特徴についてまとめました。長期保有に向くのかどうか、分析しています。

菅政権発足で通信株が急落…今後の見通しは?おすすめ銘柄3選を解説!通信株への投資を考えてますが、菅政権による携帯料金引き下げ圧力で株価が急落したんですよね。 通信銘柄は長期保有に向くのでしょうか?...

 

新型コロナウイルスの拡大によって日本経済に大きな打撃が走っています。外出自粛やインバウンド消失など、この状況下でおすすめの銘柄についてまとめました

コロナショックで日本株が大暴落…この状況での買い銘柄とは?コロナショックで日本株が暴落していますが、この状況で買い銘柄を知りたいです。 どの業種がおすすめですか? このような疑問を持...

 

株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。是非ご覧ください。

株初心者におすすめの銘柄7選は?コロナ影響でも2021年期待大!株初心者ですが、おすすめの銘柄を知りたいです。2021年に入って日経平均も3万円の大台突破で調整が良いですね。 ただ、このタイミン...

 

好業績、高配当銘柄の代表格である商社株の特徴をまとめました。景気敏感株で配当が安定しないという印象でしたが、安定配当を志向している会社が多く長期投資に向いているといえますね。

商社株が長期保有に向く理由とは?株価は安い?おすすめ銘柄4選!商社株への投資を考えてますが、長期保有に向くのでしょうか?株価は安いですよね…何か理由があるのかな? 特徴や商社株でおすすめの銘柄...
利息でコツコツ資産を増やすならFundsです!

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがFunds。株のように値動きがないので相場の動きが気になりません。

Funds

銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢。投資するファンドにもよりますがの年率1.5〜3%程度のリターンが期待できます!

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい

 

詳しくは以下をクリック!

口座開設は無料!簡単申込み
Funds
公式HPはコチラ

 

>> Fundsの評判と口コミを見る