日本株

割安株おすすめランキング5選とは?業績安定のバリュー株を厳選!

「日本の割安株への投資を検討しています。特徴やメリットはありますか?」
「おすすめのバリュー株はありますか?」

こんな疑問を持つ方に向けた記事です。割安株で長期保有に向いた銘柄をランキング形式で紹介していきます。

今回の記事の内容
  • 割安株(バリュー株)とは?
  • 割安株の特徴と落とし穴とは?
  • おすすめ割安株ランキング5選

株式投資の醍醐味は、大きな値上がり益を得ることです。

自分も大きな値上がりを期待できる成長株にも一部投資していますが、自分の投資スタイルは、高配当の割安銘柄を長期保有して配当金を再投資するものです。

一方、割安株には、

  1. 実際は割安とは言えない
  2. 業績が悪化しているから割安になっている
  3. 今後の成長が限られる

という落とし穴があるので、業績が安定し株価も長期的に上昇傾向の銘柄を厳選するのが必須です。

今回の記事では、日本の割安株の特徴とおすすめ銘柄ランキング5選をテーマに、2022年に特に注目されている高配当株を詳しく解説していきます。

「割安株に関心があるけど、どれを選べばいいかわからない」という方に参考になる記事になっています。

ぜひ最後までご覧ください。

日本株の少額投資ならLINE証券!

1株の少額からコツコツと投資を始めたい方におすすめなのは、口座開設で最大3株分の購入代金がGetできるLINE証券です。

かいまる
かいまる
「株式投資してみたいけど、大金を投資するのは不安」という方、まずは1株からコツコツと投資すると良いです。リスクを小さく始めることができます
  • 1株からの少額投資
  • コストが格安(日中ならスプレッド0.2%〜)
  • 使い慣れたLINEアプリから、手軽に投資可能
  • 初めて投資する20代〜30代に人気

口座開設で、最大4,000円相当もらえるキャンペーン実施中!お得に現金をGetしてはいかがでしょうか?

LINE証券

今だけキャンペーン実施中
LINE証券
公式HPはコチラ
※最短3分で申し込み完了

>> LINE証券の評判と口コミを見る

そもそも割安株(バリュー株)とは?

そもそも割安株というのは、企業の利益や資産などの価値が十分に評価されておらず株価が低い状態の銘柄のことです。バリュー株とも言われます。

企業の株価は投資家からの”人気投票”とも言えます。将来の成長が期待できる銘柄は人気が高まり、既に成熟した事業で業績の上昇も見込めない銘柄は買いが入りません。

このように”人気投票”の側面もあるため、企業の価値が的確に評価されず割安な銘柄も存在するというわけです。

割安株の判断の指標

株価が割安かどうか判断する指標には、

PBR:株価純資産倍率

PER:株価収益率

が用いられることが一般的ですね。

ざっくりとした目安ですが、PBRは「1倍以下」、PERは「10倍以下」というのが割安株の判断として用いられます。

PBRは企業の資産に着目

PBRは企業の資産に着目した指標で、会社が持つ資産と現在の株価との割合になります。

PBR=株価÷1株あたりの資産

で計算されます。PBRを見ると、会社の資産に対する評価が株価にどの程度反映されているかがわかるということです。

仮に会社が解散して資産(金額)を株主に分配した場合に、株主に分配される資産ということになるので解散価値とも呼ばれます。

PERは企業の利益に着目

PBRは企業の利益に着目した指標で、会社の利益と現在の株価との割合になります。

PBR=株価÷1株あたりの純利益

で計算されます。

PERを見ると、会社の利益に対する評価が株価にどの程度反映されているかがわかるということです。

10倍というのがざっくりとした目安ですが、絶対的な基準ではないです。

企業の過去のPER推移や同業他社との比較で、現在のPERが高いか・低いかを判断していく必要があります。

割安株・バリュー株投資のメリットとは?

割安株に投資するメリットをまとめると、以下のとおりです。

割安株投資のメリット
  1. 手持ち資産が潤沢な企業が多い
  2. 比較的株価や配当は安定
  3. 配当再投資で複利効果が高い

株価が資産に対して割安(=PBRが低い)ということなので、現預金などの手持ち資産が潤沢にある企業が多いです。

なので、景気が悪化したり、金融危機など市場の状況が急変した際にも、経営破綻したり、極端に業績が悪化するリスクは低いと言えるでしょう。

そのため、市場の急変で株式市場が下落傾向となった際にも、もともと株価が低くなっていることもあり、割安株の株価は比較的安定しています。

資産が潤沢にあることもあり、業績が多少悪化しても配当金の水準を維持できる体力があるとも言えます。

このように、配当金を目的として株式投資をしていれば、相場や景気を気にせず、安定した配当が手に入るのは大きなメリットと言えるでしょう。

割安株投資の落とし穴とは?

安定的な定期収入が期待でき人気の高配当株ですが、

  1. 割安かを判定するのは難しい
  2. 業績悪化することもある
  3. 割安株は成熟企業が多い

という落とし穴があります。クイックにみていきましょう。

落とし穴①:割安かを判定するのは難しい

PBRやPERが割安かを判断する指標と紹介しましたが、単純に指標の数値だけで割安か判定することはできません。

ざっくりとした目安でPER10倍以下としていますが、これまでのPER推移や同業他社のPERとも比較して判断する必要があります。

この判断には、ある程度の経験が必要になってきます。

落とし穴②:業績悪化することもある

割安株だからといって、株価が下落しないわけではありません。

当然のことながら業績悪化するリスクもありますし、株価が急落することもあります。

落とし穴③:割安株は成熟企業が多い

割安株は、銀行株や建設株、タバコ株など成熟産業が多いので、株価の上昇は緩やかです。

割安株の事業が成熟しているので、成長のために利益を設備投資などに回す余地が限られます。研究・開発などに投資しても、成長につながりづらいんですね。

業績安定の割安株おすすめランキング(2022最新)

”割安株の落とし穴”を踏まえて、業績の安定度の高いと考えられる銘柄による高配当株ランキングを紹介していきます。

  1. 三井住友フィナンシャルグループ
  2. KDDI
  3. 日本たばこ産業(JT)
  4. オリックス
  5. NTT

となります。どれも定番の銘柄で業績の安定度の高い割安株。特徴をクイックに見ていきます。

なおPER、PBRについては22年9月現在の数値となっています。

割安株ランキング①:三井住友フィナンシャルグループ

メガバンクの中では特に海外事業に力を入れている三井住友FG。以下のツイートのとおり配当に魅力のある銘柄です。

◯PER:7.9倍(予想)

◯PBR:0.47

減配なく増配する「累進配当」を宣言しており、かつ現在30%台の配当性向も40%を目指すこととしています。

新型コロナ拡大の影響から貸し倒れ対策の費用がかさんだことから2021年は減収減益でしたが、累進配当政策を宣言していることもあり、なんとか配当は190円で維持しています。

一方、22年は20円の増配を予定しており配当利回りも5%を超えています。

もともと銀行銘柄はマイナス金利の影響もあり収益性が低いんですよね。今回紹介した累進配当宣言3社の中ではもっとも累進配当維持が厳しい状況ですね。

三井住友銀行の株価が下落も利回り5%超え!累進配当宣言で株は買い?三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の株価の推移と特徴について知りたいです。 三井住友銀行(8316)のチャートは下落傾向で...

割安株ランキング②:KDDI

高配当の優待銘柄KDDI。以下のツイートのとおり外せないですね。

◯PER:13.7倍(予想)

◯PBR:1.89

通信事業はコロナ拡大による外出制限があっても業績が落ちないこともあり、多くの企業が配当未定とする中、早々と2021年3月期の5円増配を発表しました。

22年も業績が伸びていることもあり5円の増配を予定しています。

100株の保有で3000円相当のカタログギフトがもらえる株主優待も非常に魅力的。大手キャリア3社で優待を実施しているのってKDDIだけなんですよね。

日本株全体で見ても、最も魅力の高い銘柄の一つですね。長期保有前提で、おすすめできる銘柄です。

KDDIの配当はいつもらえる?株主優待も超魅力的!その内容は?KDDI(9433)の株を株主優待と配当を目的で購入したいのだけれども、内容といつ頃もらえるか知りたいです。 優待をGetするため...

 

割役株ランキング③:オリックス

オリックスは金融、不動産、リース業と景気敏感銘柄ということもあり、不況時には業績が落ち込みます。ただリーマンショックのような大規模な金融危機があった際でも黒字を維持。

◯PER:8.62倍(実績)

◯PBR:0.81

経営多角化によって業績は底堅いものの、コロナの影響もあり減益予想ですね。

2021年の上期35円の配当維持を発表しましたが、下期は未定。前年の41円を維持することができるかですね。

オリックスのカタログギフト「ふるさと優待」は、オリックスグループの全国のお取引先が取り扱う商品を厳選してカタログギフトに仕立て、その中から好きな商品を1点選べるという株主優待制度になっています。

また、100株以上を3年以上継続保有している株主は、ワンランク上のカタログギフト(Aコース)となります。3年未満の株主はBコースのカタログギフトです。

オリックスが株主優待の廃止を発表…なぜ?7.6円増配も…オリックス(8591)の株を株主優待と配当を目的で購入したいのだけれども、いつまでに投資する必要がありますか? 株主優待制度を24...

割安株ランキング④:日本たばこ産業(JT)

以下のツイートのとおり日本たばこ産業(JT)も高配当銘柄として外せないです。

◯PER:11.6倍(予想)

◯PBR:1.14

世界的なたばこ離れや加熱式たばこの出遅れがあり、21年はさすがに増配は無理でしたが前年の水準を維持。しかし22年は残念ながら減配を予定しています。

このようにJTのようなディフェンシブ銘柄でも、業績悪化で減配の可能性はあるんですね。

なお、JTの優待はチルドのお米やカップ麺など普段の生活使いができるもので、重宝します。

JTが株主優待を廃止へ…配当金も21年減配…投資はあり?  JT(日本たばこ産業)は、配当と株主優待を含めた総合利回りがものすごく良いですよね。 株主優待の廃止が発表されたようですが…配当金...

割安株ランキング⑤:NTT

以下のツイートのとおり。

◯PER:11.2倍(予想)

◯PBR:1.57

通信インフラ事業は外出制限があったとしても需要が衰えることがないです。今後も手堅い業績を期待できます。

配当金も2013年85円→2018年180円と倍以上に増配!5年で2倍以上ですから、かなりのパフォーマンスです。

ただ将来の成長期待は5Gが始まる携帯通信事業。2020年にNTTドコモをTOBで完全子会社化しました。

固定通信独占企業でしたがドコモとの融合で更なる飛躍が期待されます。安定的な配当を長期的に期待するにはNTTはうってつけの銘柄です。

NTTの株価の今後の見通しはどうなる?ドコモ子会社化で成長期待大?NTT(9432)の株価の今後の見通しや配当について知りたいです。今後の株価予想はどのような感じですか? 日本電信電話(NTT)の...

リスクを少なく高配当株に投資するには?

投資資金が少なくて複数の銘柄に投資なんてできない!

このような株初心者の方も多いと思います。特に若い世代のかたは、株式投資に多くの資金を回す余裕はないですよね。

そんな方に自信を持ってオススメできるのがLINE証券なんです。日本株に1株の少額から取引することができます。

日本株の少額投資ならLINE証券です!

株式投資してみたいけど、大金を投資するのは不安

資金が少ないので複数銘柄に投資できない

LINEアプリから手軽に取引できるLINE証券なら1株の少額から日本株に投資できます。

  • 1株からの少額投資
  • コストが格安(日中ならスプレッド0.2%〜)
  • 使い慣れたLINEアプリから、手軽に投資可能
  • 初めて投資する20代〜30代に人気

かいまる
かいまる
1株からコツコツと購入することで、リスクを小さく始めることができます

今だけのキャンペーン中!口座開設で最大4000円相当もらえる!お得に現金をGetしてはいかがでしょうか?

LINE証券

今だけキャンペーン実施中!
LINE証券
公式HPはコチラ
※最短3分で申し込み完了

>> LINE証券の評判と口コミを見る

「高配当株ランキング」まとめ

今回は、減配リスクの低い高配当株ランキングということで、業績が安定し増配を重ねている銘柄8選をご紹介しました。

総じて高いイノベーションが見込めないこともあり、研究開発や設備に投資するよりは株主還元に利益が向かいやすい傾向があります。

もちろん、三菱商事や三井住友FGのように累進配当を正式に宣言したりと安定的な配当を期待できるのも安心材料です。

今回ご紹介した銘柄は、新型コロナ拡大の影響で業績が悪化している銘柄もありますが、それでも増配や配当維持を発表している銘柄も多く、安定感は抜群だと考えます。

最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

銘柄分析にはマネックス証券の銘柄スカウターが秀逸!

今回の記事は、マネックス証券の銘柄スカウターを用いて分析を行いました。自分も割安株化を判断するのに銘柄スカウターを活用しています。

主な特徴をまとめると、

銘柄スカウターの主な機能
  • 過去10年間の売上高や利益を通期並びに四半期毎にグラフ化
  • キャッシュフロー等の財務指標も過去10年分グラフ化
  • PER・PBR・配当利回りといった指標の過去推移を可視化
  • 業績ニュースや適時開示を一覧表示
  • 複数銘柄を一覧で比較可能

ということです。

正直言って、これだけの機能を無料で利用できるのは驚きだし、他の主要証券会社と比較しても明らかに優れています。

自分も、とあるサイトの有料情報を活用していたこともありますが、それと比較しても銘柄スカウターの機能の方が使いやすいです。

この銘柄スカウター。マネックス証券に口座を開設していれば無料で活用できるんですよね。

詳細は以下の記事にまとめています。ぜひご覧ください。

マネックスの銘柄スカウターの評判は?米国株も分析可能で本当に無料?マネックス証券の銘柄スカウターの評判と特徴について知りたいです。銘柄分析を簡単にできるツールが欲しいんですよね。 米国株の分析にも...

野村證券の投資情報アプリで無料で情報収集

株式投資で良い成績をえるためには、個別銘柄の情報・分析はもちろん、政治・経済に関するニュースも日々チェックしていくことが不可欠。

”株式投資に興味があるけど株の情報収集って面倒くさい!”自分も含めて、そう思っている方、本当に多いと思います。

そんな方におすすめなのが、野村證券が提供する株アプリです。

自分も使っていますが、無料サービスでも十分な情報を手軽にGetできるんですね。

野村證券の投資情報アプリで手軽に情報収集

アプリで投資に関する情報を手軽にGetするなら、野村證券の株アプリ”FINTOS!”の無料ダウンロードが良いかもです。

FINTOS!

機能①:質の高い情報をアプリでGet(無料)
→様々なメディアの投資に関する記事を野村證券が厳選して配信
機能②:気になる銘柄の情報もアプリでGet(無料)
→気になる銘柄をリストに登録して、必要な情報を手軽にチェック
機能③:野村證券のレポート(有料)
→野村證券独自のリサーチレポートをアプリでチェック

かいまる
かいまる
株で良い成績を出すには情報収集が必須!野村のアプリなら無料の範囲でも質の高い情報を手軽にGetできます

投資情報アプリ”FINTOS!”
無料ダウンロードする
※有料プランの無料体験も!

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

2021年の日本株はおすすめなのか?今買うべきこれから上がることが期待できる銘柄をまとめました。ぜひご覧ください。

(2022最新)今買うべき株10銘柄を厳選!これから上がる株は?2022年の日本株はおすすめですか?日本株の中で今買うべき銘柄を知りたいです。22年に入って株価は下落傾向ですよね。 米国株に比べ...

 

新型コロナウイルスの拡大によって日本経済に大きな打撃が走っています。外出自粛やインバウンド消失など、この状況下でおすすめの銘柄についてまとめました

コロナショックで日本株が大暴落…この状況での買い銘柄とは?コロナショックで日本株が暴落していますが、この状況で買い銘柄を知りたいです。 どの業種がおすすめですか? このような疑問を持...

 

株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。是非ご覧ください。

株初心者におすすめの銘柄7選は?コロナ収束で2022年期待大!株初心者ですが、おすすめの銘柄を知りたいです。日経平均も3万円を一時回復したものの、新型変異種オミクロン株の流行もあり、その後伸びないで...

 

好業績、高配当銘柄の代表格である通信株の特徴をまとめました。新型コロナ拡大によるテレワークの拡大により通信需要が増大していることも魅力大です。

通信株のおすすめ銘柄3選!22年も株価爆上げ!今後の見通しは?通信株への投資を考えてますが、菅政権による携帯料金引き下げ圧力で株価が急落したんですよね。 通信銘柄は長期保有に向くのでしょうか?...

 

こちらも、業績が安定していて高配当の銘柄の代表格である銀行株の特徴をまとめました。マイナス金利の影響で経営環境は厳しいものがありますが、株価の見通しはどのようなものでしょうか?

(2022最新)銀行株の今後の見通しは?おすすめ3銘柄も分析!銀行株への投資を考えてますが、将来性が心配です。株価は上がらないですね…長期保有に向くのでしょうか? 特にメガバンク株の今後の見通...

 

ネット証券はたくさんあるので、どこが良いのか迷いますよね。最近では手数料を引き下げだけじゃなく取引ツールや分析ツールの改良、海外株の取扱い拡大、系列銀行との連携などなど。おすすめのネット証券5社をまとめました。

2022最新!ネット証券のおすすめはどこ?主要5社を徹底比較!ネット証券をどこにすれば良いか迷っています。サービスや特徴などを比較してみて、おすすめはどこですか? このような疑問を持つ方に向け...

 

アップル、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、コカ・コーラ、マクドナルドなど米国には高い成長を続けるグローバル企業が多いです。米国株への投資を考えている方に向けて、買い方をまとめました。

米国株(アメリカ株)買い方や購入の方法は?お得な証券会社も紹介!米国株(アメリカ株)への投資を始めたいのですが、買い方や購入方法を知りたいです。コカ・コーラやアップルなどの株を購入したいんですよね… ...
利息でコツコツ資産を増やすならFundsです!

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがFunds。株のように値動きがないので相場の動きが気になりません。

Funds

銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢。投資するファンドにもよりますがの年率1.5〜3%程度のリターンが期待できます!

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい

 

詳しくは以下をクリック!

口座開設は無料!簡単申込み
Funds
公式HPはコチラ

 

>> Fundsの評判と口コミを見る