日本株

みずほFGの株価はなぜ安いの?システム障害多発で株価は?

みずほフィナンシャルグループ(8411)の株価がなぜ安いのか知りたいです。みずほ(mizuho)の株価は上がらないのはなぜですか?

みずほFGの今後の株価の予想や配当の推移についても知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

ここにボックスタイトルを入力
  • みずほフィナンシャルグループ(8411)の株価はなぜ安い|株価の状況は?
  • みずほFG(mizuho)の配当と株主優待は?
  • みずほ銀行の株価の推移(チャート)は?
  • みずほFGの株価はなぜ安いのか?
  • みずほ銀行の業績の見通しや株価を予想は?株は買い?

高配当で人気のみずほFG。2019年3月に6800億円の巨額損失を計上。マイナス金利で経営も厳しい状態が続いています。

マイナス金利導入もあり経営環境が厳しいメガバンク。コロナ拡大による経済活動の制限もあり株価は長期的に冴えない状況が続いていますね。

ワクチン普及によるコロナ収束期待で、景気回復の期待が高まっており景気敏感セクターの銀行株に買いが入っているものの、みずほ銀行は2021年に入ってもシステム障害が頻発しています。

そんな苦境の中、みずほFGは22年2月に社長及び会長を交代することを発表しました。

今回は、そんなメガバンクの一角みずほフィナンシャルグループについて、株は買いなのか銘柄分析しています。

ぜひ最後までご覧ください。

自分は、投資歴20年を超えており日本株を中心に 1,500万円以上の資産を運用しています。今回は、これらの経験も踏まえて記事を書きました。

株管理アプリで資産を手軽に”見える化”

株取引を頻繁にしている方や複数の証券会社で取引している人は、自分が過去にどんな取引をしたか振り返りが本当に大変ですよね。

そんな方におすすめできるのが株や資産の管理アプリ「カビュウ」です。

証券会社では蓄積されない過去の取引データを集計してビジュアル化して資産を管理できます。

このアプリを利用することで、

  • 複数の証券口座を一括で管理できる
  • 資産の推移が簡単にわかる
  • 過去の取引を可視化して分析ができる
  • 日本株だけじゃなく米国株も管理できる

勝率を高めるためには、過去の取引を振り返り分析することが不可欠

かいまる
かいまる
自分も使っていますが、「カビュウ」で効率的に資産管理ができて、過去の取引を振り返ることができるので非常に便利です。

まずは「カビュウ」のアプリをダウンロードして使い初めてはいかがでしょうか?

カビュウ - 株式投資管理・分析アプリ

カビュウ – 株式投資管理・分析アプリ
posted withアプリーチ

>> カビュウの評判や口コミを見る

みずほ6,800億円の巨額損失!配当は大丈夫?

みずほフィナンシャルグループ(みずほ銀行)は2019年3月期決算の中で、店舗や次期勘定系システムの減損処理などで約6800億円の損失を計上すると発表しました。

これは、

・低金利や金融のデジタル化のため採算の悪い店舗を閉鎖

・システムを更新・処理

による費用を計上したため。これに伴い、連結純利益の予想を前期比86%減の800億円に下方修正しました。

本来なら損失計上は大幅な株価下落を引き起こしますが、株価はそれほど大きく反応しなかったですよね。

これは、配当金も前年度と同じであることが発表され、長年の懸案であったシステム更新に一定の目処がつくことから投資家の安心感が広がったことによるもの。

他方、銀行業界は長きにわたるゼロ金利、マイナス金利の影響で経営環境が厳しい状態が続いているんですよね。

高配当銘柄として人気のみずほフィナンシャルグループ。その株価の現状と収益について以下詳細に見ていきます。

参考記事:みずほ6800億円損失、純利益86%減に下方修正(日経新聞)

みずほ銀行の株価はなぜ安い|株価の状況は?

みずほ銀行の株価データ(2022年10月28日現在)を簡単にまとめました。

株価の指標的には配当利回りが約5%ですから日本株の中では高配当銘柄と言える水準。PERの目安は13~15倍ぐらいですから、約7倍台というのはかなり割安な水準ですね。

株価は下落傾向のみずほ銀行ですが、PERは他のメガバンクと同じくらいの水準で、株価はそれほど割安とはいえないです。

都市銀行などの金融銘柄は業績が安定していて配当も高いですが、将来的に高い成長がそれほど期待されないセクターですよね。

いわゆる”成熟企業”であり、株価的には加熱しずらいということなのでしょう。

システム障害に苦しむみずほFGですが、同じメガバンクの三菱UFJや三井住友FGは海外展開を着実に進めるなど業績が堅調ですね。

ライバル企業の特徴は株価の見通しをまとめています。

みずほ銀行の配当実績と株主優待は?

以下がみずほ銀行の配当金の実績です。配当金は一株あたり7.5円から全く増えていないですね。

ここまで配当金が同じだと、株主還元にはあまり積極的ではないように感じますよね。業績がよくないのでしょうがない面はありますが…。

マイナス金利が続いている状況でかつ2021年に入ってもシステム障害が発生して経営環境が厳しいことを考えると、しばらくは大幅な増配は見込めないかもです。

日本株の中にも減配せずに増配する”累進配当”を目指す方針の企業があります。それらの企業の中から高配当銘柄をまとめました。

ぜひご覧ください。

高配当の累進配当銘柄おすすめ9選!長期保有を推奨(2022最新)累進配当のおすすめ銘柄を知りたいです。そもそも累進配当政策とはどういうものなんですか? 累進配当かつ、高配当株で長期保有に向いた銘...

 

なお、みずほFGは株主優待はありません。株主還元には積極性を感じないですね。残念です…。

次に株価推移と業績を見ていきます。

※米国株取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の公式HPはコチラ

>> DMM株の評判・特徴をみる

みずほ銀行の株価の推移(チャート)は?

次にみずほ銀行のチャートを見ていきますね。以下は過去5年のチャートです。

みずほ銀行の株価推移を見ると、まさに日本経済や金融政策の動向を反映したものになっているといえますね。

推移を簡単にまとめると、

・2012年まで:リーマンショックで1000円台を割り込む

・〜2015年末:アベノミクスによるデフレ経済脱却期待で2500円まで上昇

・2016年〜:マイナス金利政策導入による収益悪化から1500円程度まで下落

・2020年:コロナショックで1200円台まで下落 

・2021年:景気回復期待や金利の上昇もあり1500円台まで上昇

ということ。

銀行なのでしょうがない面はあるかもですが、政府や日銀の金融政策の影響を受けやすいということですね。

次に、みずほフィナシャルグループの1年チャートを見てみましょう。

2021年以降、株価は堅調に推移しています。

チャート的にはコロナショックの際に付けた1300円がサポートラインとなっています。

長期的に株価が下落傾向なのは、マイナス金利の影響で収益があげづらいことが要因。さらにシステム障害の影響もあります。

メガバンクの一角を担うみずほフィナンシャルグループ。

金融機関としては世界有数の規模を誇ります。なぜ株価がこれほど下落するのか、以下詳細にみていきます。

なお投資初心者の方には、株はリスクが高い、コロナショックみたいな株価暴落が怖い…という方もいると思います。そういう方は1株からの少額投資はどうでしょうか?

少額投資でリスクを低く運用を行うことが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

単元未満株への投資はデメリットだらけ?S株・ワン株の活用法を解説!単元未満株への少額投資なら気軽に株式投資を始められそうですが、どんな時に活用すれば良いですかね? ワン株やS株とも呼ばれているよう...

みずほ銀行の株価が上がらない理由とは?

コロナショックの影響もあいますが、みずほ銀行の株価が長期的に上がらないのは、

  1. 経常収益は上昇も利益が大幅に減少傾向
  2. システム開発費が経営を圧迫
  3. 日銀のマイナス金利政策

です。以下、クイックに見ていきます。

理由①:経常収益は上昇も利益が大幅に減少傾向

経常収益、経常利益、当期利益の推移は以下のとおり。

これらの推移を見ると経常収益(売上高)は伸びているものの、利益が完全に減少傾向であることがわかりますね。

特にマイナス金利政策が導入された2017年3月期に経常利益が2,000億円以上も減らしています。これだけ利益が吹っ飛ぶと、株価が上がらない理由もわかりますね。

2020年4〜6月の四半期決算も、新型コロナの影響による貸し倒れが出ることに備た費用が膨らみ前年同期比に比べて24%の減益となりました。

他方、21年以降は景気回復期待や金利上昇もあり業績は回復しています。

なお、銀行株は景気の動向に業績が左右される景気敏感セクターですが、反対に通信株や医薬品株は景気の動向に業績が影響を受けづらいディフェンシブセクターとして人気です。

特徴をまとめていますので、ぜひご覧になってください。

理由②:システム開発費が経営を圧迫

みずほ銀行は、富士銀行、第一勧業銀行、日本興業銀行の3行が合併して誕生しましたが、システムの統合がうまくいかず巨額のシステム開発費がかかっています。

2002年と11年の2度にわたって大規模システム障害を引き起こしたこともあり、2012年から約7年かけてシステムの開発・更新を続けてきたんですよね。2019年のゴールデンウィークにもみずほのATMが使えなくなりました。

2018年度の当期利益が5,000億円近く減少したのは、このシステム開発費を4,600億円近く計上したことによるものです。

なので、この2012年から7年にわたるシステムの開発・更新が経営の足かせになったことは間違いありません。

2021年に入っても一部のATMが使えなくなったり、入金や振り込みが一時できなくなったりとシステム障害が頻発しており、この問題は解決には程遠く、いまだに尾を引いています。

参考記事:みずほ銀行、ATM130台一時使えず 今年6回目の障害(日経新聞)

理由③:日銀のマイナス金利政策

みずほ銀行の利益が減少傾向なのは、2016年1月29日に日銀が決定したマイナス金利の導入であることは間違いないですね。

他の銀行と同様にみずほ銀行も預かった貯金額の大半を国債で運用。そのためマイナス金利の導入で国債の金利が大幅に下がったため運用成績が悪化し、収益が上がらないからです。

以下が10年国債の金利チャートですが、日銀がマイナス金利を導入してから大幅に下がっているのがわかりますね。

これってみずほ銀行の株価チャートの形とほぼ同じなんですよね。以下が5年チャート。

10年国債の金利が下がるところでは、みずほ銀行の株価も大幅に下がる。

2019年に入って世界的な金利低下の流れで日本の10年国債の金利も下がっているので、みずほ銀行の株価も下がってますよね。

一方、2020年のコロナショック以降、金利が上昇傾向なのでみずほ銀行の株価もジリジリと上昇しています。

これって、三菱UFJ銀行や三井住友銀行も全く同じ傾向を示しています。

なので国債金利が上がらない状況下では、他のメガバンクと同様にみずほ銀行の株価や収益が上がらない傾向はしばらく続きそうです。

みずほ銀行の株価はなぜ安いのか?

みずほの株価は2020年まで100円台と安い、いわゆる”低位株(ボロ株)”なのは、利益の減少等によって株価が下落したことに加えて、発行株式総数が250億株と非常に多いことも要因の一つだったんですね。

ただ、みずほフィナンシャルグループは2020年10月に10株→1株の株式併合を行い、市場に出回る発行株式総数も25億株まで減りました。

なので株価も株式併合後は1200円〜1500円ぐらいのオーダーで株価は推移しています。

株価が上がらないみずほ銀行の株は買い?

長期投資を前提とするのであれば、みずほ銀行の株は買いを検討しても良いと考えます。

理由としては、

・株価が安く、高配当利回り

・利益が大幅に減っても減配しなかった

・システム開発・更新が終了

・厳しい経営環境の中、収益は増加傾向

・メガバンクでよほどのことがなければ経営破綻しない

ということ。

一番大きいのは経営の足かせだったシステムの更新が終了したことですね。今期はこの費用を一括で処理したので利益が大幅に減っていますけど、これって来期は期待できるってことですよね。

ただ2021年に入ってシステム障害が再度頻発しており、この業績に対する影響は懸念材料といえます。

今は世界経済の減速懸念から各国の中央銀行は金融緩和、政策金利引き下げ方針に傾いています。なので、しばらくは経営環境が厳しい状況が続くことは間違いありません。

なので株価が上昇に転じるのは、もう少し先の話になりそうですね。

ただ利益が大幅に減った状況でも減配はなかったし、メガバンクなんで経営破綻することはまずありえないですから、高いインカム収入を得つつ気長に株価上昇を待っていれば良いのかと考えます。

1株から日本株に少額投資

投資資金が少なくて複数の銘柄に投資なんてできない!

このような株初心者の方も多いと思います。特に若い世代のかたは、株式投資に多くの資金を回す余裕はないですよね。

そんな方に自信を持ってオススメできるのがマネックス証券なんです。日本株に1株の少額から取引することができます。

マネックス証券で1株から少額投資

株式投資してみたいけど、大金を投資するのは不安

資金が少ないので複数銘柄に投資できない

マネックス証券ならトヨタ、三菱商事、NTTなどの優良企業に買付手数料無料で1株の少額から投資できます。

少額から取引できるので”株式投資はちょっと難しそう”とか”まずは試しに株を始めたい”という方に良いかも。

  • 1株からの少額投資
  • 買付手数料が無料(0円)
  • ほとんどの銘柄が1万円で投資可能
  • 1株でも貸株で貸株金利をGet

かいまる
かいまる
「株式投資してみたいけど、大金を投資するのは不安」という方、まずは1株からコツコツと投資すると良いです。リスクを小さく始めることができます

これを機会にマネックス証券に口座開設して、日本株の少額投資を開始してみてはいかがでしょうか?

1株から気軽に取引
マネックス証券
公式HPはコチラ
※申込は最短1ページ。

>> マネックス証券の評判と口コミを見る

「みずほ銀行の株価はなぜ安い」まとめ

今回は、みずほ銀行の株価がなぜ安いとうことで、株価の推移(チャート)、配当実績や株主優待、株は買いかなどについて述べてきました。

高配当銘柄として人気のみずほ銀行。マイナス金利政策による国債利回りの低下や2021年に入ってもシステム障害…業績は冴えないですね。

ただ、長年の懸案だったシステムの更新も完了し、その費用も2018年度に一括で計上。厳しい経営環境は続くものの、時間はかかりそうですが今後の業績回復に期待できます。

世界的に金利低下傾向の中、株価の低迷はしばらく続くものと考えますが、配当利回りが高いこともありインカム目的の長期投資ということであれば、十分に購入を検討しても良いと考えます。

最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

クレカ投信積立でポイントGet

「資産運用しながらお得にポイントを貯めたい…」

せっかく投資するなら少しでもお得に運用したいですよね。そんな方は、ポイント還元率が業界Topクラスのマネックス証券がお得かも。

貯まったポイントはAmazonギフト券dポイントに交換が可能です。

クレカ投信積立ならマネックス証券がお得!

  • ポイント還元率は1.1%
  • 積み立て可能な投信ならすべてクレカ決済ができる
  • 特定口座、一般口座、一般NISAつみたてNISAの口座が対象
  • 上限は月5万円

とかなりお得な内容です。

かいまる
かいまる
資産運用しながらポイントGet。楽天証券の改悪で還元率は業界トップクラスです。

口座開設・維持費無料!
マネックス証券
公式HPはコチラ
※申し込みは最短1ページ。

>> マネックス証券の評判と口コミを見る

野村證券の投資情報アプリで無料で情報収集

株式投資で良い成績をえるためには、個別銘柄の情報・分析はもちろん、政治・経済に関するニュースも日々チェックしていくことが不可欠。

”株式投資に興味があるけど株の情報収集って面倒くさい!”自分も含めて、そう思っている方、本当に多いと思います。

そんな方におすすめなのが、野村證券が提供する株アプリです。

自分も使っていますが、無料サービスでも十分な情報を手軽にGetできるんですね。

野村證券の投資情報アプリで手軽に情報収集

アプリで投資に関する情報を手軽にGetするなら、野村證券の投資情報アプリ”FINTOS!”の無料ダウンロードが良いかもです。

FINTOS!

機能①:質の高い情報をアプリでGet(無料)
→様々なメディアの投資に関する記事を野村證券が厳選して配信
機能②:気になる銘柄の情報もアプリでGet(無料)
→気になる銘柄をリストに登録して、必要な情報を手軽にチェック
機能③:野村證券のレポート(有料)
→野村證券独自のリサーチレポートをアプリでチェック

かいまる
かいまる
株で良い成績を出すには情報収集が必須!野村のアプリなら無料の範囲でも質の高い情報を手軽にGetできます

投資情報アプリ”FINTOS!”
無料ダウンロードする
※有料プランの無料体験も!

なお、株の勝率を高めるには、株に関する勉強や過去の相場の値動きをもとに取引の練習をするのが効果的です。

おすすめの本やアプリをまとめました。ぜひご覧ください。

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

 

株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。是非ご覧ください。

株初心者におすすめの銘柄7選は?コロナ収束で2022年期待大!株初心者ですが、おすすめの銘柄を知りたいです。日経平均も3万円を一時回復したものの、新型変異種オミクロン株の流行もあり、その後伸びないで...

 

日本株のパフォーマンスは米国株に比べて悪いと言われている中、今度期待できる日本株はおすすめですをまとめました。

(2022最新)今買うべき株10銘柄を厳選!これから上がる株は?2022年の日本株はおすすめですか?日本株の中で今買うべき銘柄を知りたいです。22年に入って株価は下落傾向ですよね。 米国株に比べ...

 

業績鉄板で減配しないで増配を目指す累進配当を続けている銘柄をまとめました。

高配当の累進配当銘柄おすすめ9選!長期保有を推奨(2022最新)累進配当のおすすめ銘柄を知りたいです。そもそも累進配当政策とはどういうものなんですか? 累進配当かつ、高配当株で長期保有に向いた銘...

 

株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。是非ご覧ください。

株初心者におすすめの銘柄7選は?コロナ収束で2022年期待大!株初心者ですが、おすすめの銘柄を知りたいです。日経平均も3万円を一時回復したものの、新型変異種オミクロン株の流行もあり、その後伸びないで...

 

 

好業績、高配当銘柄の代表格である商社株の特徴をまとめました。景気敏感株で配当が安定しないという印象でしたが、安定配当を志向している会社が多く長期投資に向いているといえますね。

商社株が長期保有に向く理由とは?株価は安い?おすすめ銘柄5選!商社株への投資を考えてますが、長期保有に向くのでしょうか?株価は上昇傾向ですが…今後の業績も期待できますか? 特徴や商社株でおすす...

 

こちらも、業績が安定していて高配当の銘柄の代表格である銀行株の特徴をまとめました。マイナス金利の影響で経営環境は厳しいものがありますが、株価の見通しはどのようなものでしょうか?

(2022最新)銀行株の今後の見通しは?おすすめ3銘柄も分析!銀行株への投資を考えてますが、将来性が心配です。株価は上がらないですね…長期保有に向くのでしょうか? 特にメガバンク株の今後の見通...

 

アップル、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、コカ・コーラ、マクドナルドなど米国には高い成長を続けるグローバル企業が多いです。米国株への投資を考えている方に向けて、買い方をまとめました。

米国株(アメリカ株)買い方や購入の方法は?お得な証券会社も紹介!米国株(アメリカ株)への投資を始めたいのですが、買い方や購入方法を知りたいです。コカ・コーラやアップルなどの株を購入したいんですよね… ...
利息でコツコツ資産を増やすならFundsです!

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがFunds。株のように値動きがないので相場の動きが気になりません。

Funds

銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢。投資するファンドにもよりますがの年率1.5〜3%程度のリターンが期待できます!

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい

 

詳しくは以下をクリック!

口座開設は無料!簡単申込み
Funds
公式HPはコチラ

 

>> Fundsの評判と口コミを見る