米国株

スリーエム(MMM)の株価が大幅下落!60年連続増配の優良企業に何が…?

スリーエム(MMM)の株価が2019年に入って大幅に下落しています。3Mの株価が下落傾向な理由はなんですか?

コロナショック後の業績は好調のようですが…

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • コロナショックでスリーエム(MMM)の株価急落!
  • スリーエム(MMM)って何の会社?
  • スリーエムの株価の推移(チャート)と特徴は?
  • スリーエムの配当金の推移は?
  • スリーエムの今後の予想は?成長期待で株は買いか?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1,500万円以上の資産を運用しています。スリーエム(MMM)も主力銘柄として保有中です。

60年以上も連続増配している業績鉄板銘柄のスリーエム。ポストイットなどの事務用品を使ったことのある方、多いのではないでしょうか。

そんな老舗企業の3Mも業績悪化で2019年以降、株価は下落傾向でS&P500を大きく下回っています。

コロナショック後の業績も悪化しているのか?今回は、スリーエムについて銘柄分析です。

DMM株なら米国株取引手数料が0円!

DMM株では、米国株を手数料完全無料で取引することができます。

【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、日本株に比べて実は割高…。

しかも大手ネット証券で横並びなんです。

少しでもコストを下げて米国株を取引したい…、そんな方はDMM株が良いかもです。

DMM株は、他の証券会社に先駆けて米国株そして米国ETFの取引手数料が完全無料

取引手数料0円でお得に米国株を取引をしてはいかがでしょうか?

口座開設・維持費無料!
DMM株
公式HPはコチラ

5分で申し込み完了!

コロナショックでスリーエム(MMM)の株価急落!

新型コロナウイルスの拡大による、経済への影響によって世界同時株安が進行。いわゆる”コロナショック”により米国株式市場も大暴落となり、ダウ平均株価も2週間程度で37%も下落する異常事態となりました。

そのような状況の中、以下のチャートのようにスリーエム(MMM)の株価も大きく下落。

2月19日の直近高値からわずか1ヶ月程度で

・2月12日:163.80ドル

・3月23日:117.87ドル(28.0%

となり、30%近いの急落となりました。この期間におけるダウ平均株価の下落幅は35%程度なので、他の多くの銘柄と同様にコロナショックによる下落幅が大きかったといえます。

株価は3月23日に安値を付けてから反発しており6月上旬の段階で160ドルを超える程度にまで回復していて、暴落前の水準に戻しています。

新型コロナウイルスの拡大によりマスク需要が急増。ヘルスケア製品の売り上げが伸びたこともあり、2020年1〜3月期の売上高が3%増収したことで株価も堅調に回復しています。

参考記事>>スリーエムが5日続伸 マスク需要急増で決算が予想上回る(日経新聞)

以下、スリーエム(MMM)の会社概要、株価の状況、業績などを見ていきます。

スリーエム(MMM)は何の会社なの?

スリーエム(Minnesota Mining Manufacturing、MMM)は、世界的大企業であり、取り扱うすべての分野において競争力が高い複合企業です。60年以上の増配を続けてきた株主重視の超優良企業です。

スリーエムという企業名を知らなくても、事務用品のPost it(ポストイット)やテープなどのScotch(スコッチ)は聞いたことのある方が多いと思います。

社名のスリーエム(3M)というのは、「Minnesota Mining Manufacturing」の略。直訳すると、”ミネソタ”の”鉱業”の”製造業”という意味です。

元々は鉱業を祖業とし、そこから派生し化学・電気・素材などに手を広げた会社となっています。その経営範囲は幅広く、製品は6万種類以上、特許も4万件以上保持しています。

国際的な競争力も非常に高く、世界有数の複合企業として有名。多角化経営も非常に上手くいっている企業の1つですね。

スリーエム(MMM)の株価と株価推移は?

株価データ(2021年4月12日現在)を簡単にまとめました。

MMMの株価データ
  • 株 価:197.41ドル
  • P E R:21.34
  • 配当金:5.92ドル
  • 配当利回り:2.99%

配当利回りは3%程度とまずまずの水準ですね。60年連続の増配により高い配当利回りを維持しているのでしょう。

スリーエムの株価推移(チャート)は?

過去5年の株価推移が以下のチャートです。

赤:MMM 水色:S&P500

S&P500と比べるとパフォーマンスはかなり悪いですね。

2018年1月頃までは綺麗に右肩上がりで、わずか1年程度で150ドル近辺から250ドルまで株価を上げていました。

しかし、2018年2月ごろから大幅に株価が下落し、190ドル~200ドル近辺で持ち直していたものの、2019年4月の決算発表を機に、160ドル近辺まで値を下げています。

スリーエムの2018年以降の株価下落要因は?

2018年からの株価下落傾向の要因は?

米国が中国製品に対して関税の引き上げを公表したことから、米中の通商摩擦懸念が広がっており、中国との取引高の大きいMMMの業績に不安が広がったことが要因です。

直近2年間で株価も大幅に上昇していたこともあり、利益確定の売りが出やすい地合いでもありました。

業績悪化で株価急落

直接の原因は、2019年4月の決算内容が悪かったことですね。

売上高自体は78億6300万ドルで、前年比5.0%減、純利益は48%増の8億9100万ドルと悪くありませんでした。

しかし、1株利益予想2.49ドルに対し、実績で2.23ドルと大きく下回ったことが嫌気されましたね。これを受けて、2019年12月期の1株利益見通しは9ドル台と従来見通しの10ドル台から引き下げています。

この発表を受けて、スリーエム(MMM)の株価は1日でなんと13%も下落。1銘柄だけでダウを160ドルも押し下げる結果となりました。

スリーエムの配当実績は?

次にスリーエムの配当実績をみていきましょう。以下が過去20年間の実績となっていて、綺麗な右肩上がりです。

配当金は20年で6倍近くにまで上昇。配当金の状況をまとめると、

・連続増配:62年

・5年平均増配率:9.18%

となっています。

特筆すべきは62年連続増配を達成していることですね。60年以上もの長い期間、売り上げを落とさずに業績を伸ばし続けた結果といえますね。

5年平均の増配率は9%超えと文句のない水準ですが、2020年は2%程度。配当性向が70%近くに達していることもあり、さすがに苦しくなってきています。

やはり米国株の魅力は、連続増配銘柄が多いことですね。MMMも高配当・連続増配銘柄ですが、他にも素晴らしい銘柄が米国にはたくさんあります。以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

【米国株】高配当の連続増配株に投資するメリットは?おすすめ8選!米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

スリーエムの売上高や利益は?

次にスリーエムの業績をみていきます。以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益、営業利益率の推移となっています。

こうしてみると2014年ごろから売り上げや利益があまり変わっていないですね。

2020年は何とか増収となりましたが、むしろ2017年を境に営業利益が減少傾向なのが気になるところです。

スリーエムの事業は大きく4つに分かれていて、それぞれの売り上げ比率が

・インダストリアル部門:35%

・エレクトロニクス部門:30%

・ヘルスケア部門:25%

・コンシューマー部門:15%

となっています。

工場などで利用される資材などを製造するインダストリアル部門と自動車部品などを製造するエレクトロニクス部門が稼ぎ頭となっていますが、ほとんど売り上げが伸びていないんですよね。

成長著しいのが、聴診器や歯科用機器など医療現場で利用する製品を製造するヘルスケア部門で年間10%以上の割合で売り上げが伸びています。

新型コロナの影響が出た2020年1~3月期決算でも、マスク需要の増大でヘルスケア部門が好調。売上高全体を3%伸ばしました。

2020年10〜12月の業績は増収増益

2020年10〜12月の業績は増収増益と市場予想を上回りました。

・売上高:85億83百万ドル(前年同期比5.8%増)

・純利益:13億89百万ドル(同43.3%増)

新型コロナ拡大により、消毒剤などを手がける「ヘルスケア」事業の売り上げが伸びていることが好調の要因ですね。

好調な決算を背景に株価も短期的に上昇傾向です。

「スリーエム(MMM)の株価推移」まとめ

今回は、スリーエム(MMM)の株価推移、株価急落の要因及び実際の影響の実例について述べてきました。

スリーエム(MMM)は、60年以上増配を続けている超優良企業で投資家の人気も極めて高い銘柄です。

そのような企業でも業績悪化で株価の大幅下落があり得るわけですから、銘柄の分散は本当に大事だということですね。

最後に米国株やETFに賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

米国株に1000円の少額から投資するには?

「米国株に興味あるけど、ちょっと難しそう」とか「米国株を始めてみたいけれどお金がない…」という方はPayPay証券で1000円の少額から米国株を始めるのもありかと。

例えば、人気の米国銘柄Amazon。2021年2月24日現在の株価は3159ドルにまで上昇しているので株を購入するには30万円以上の資金が必要ということになります。

これだと資金の少ない方は、複数の銘柄に分散投資したい人にはちょっとハードルが高いですよね。

しかしPayPay証券なら1000円の少額から投資可能。専用アプリを利用すれば米国株の積立投資を行うこともできます。

自分も活用していますが、口座開設から買付まですべてスマホで完結するので本当に便利ですね。手軽に米国株投資を楽しむことができます。

詳しくは以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

PayPay証券で米国株に1,000円から投資!取扱銘柄や手数料は?米国株に投資したいのだけど、そんなにお金がないので少額から米国株を始める方法はないですか? PayPay証券が良いと聞いたのですが...

>> PayPay証券の公式ページはコチラ

なお米国株や資産運用に関連するお得な情報について、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

巨大ハイテク企業のGAFA+Microsoft。5社で時価総額は、既に東証一部を超えで株価も絶好調です。それぞれの業績や株価の推移をまとめました。

GAFA+Microsoftの株価が爆上げ中!投資すべき?買い時?最近GAFAという言葉をよく聞きますがこれって何ですか?株価が急上昇しているようですが…。 そんなGAFAやMicrosoftに投...

 

米国株といえばイノベーション力に優れたハイテク銘柄や新しいサービスで急成長している銘柄が多いことが特徴です。今後の業績も期待できる米国のグロース銘柄をまとめました。

米国株の成長銘柄14選とは?2021年おすすめグロース株はこれだ!米国株の成長銘柄への投資を考えているんですが…。2021年おすすめのグロース株にはどんな銘柄がありますか? このような疑問を持つ方...

 

カード決済で圧倒的なシェアを誇るビザ(VISA)の銘柄分析です。営業利益率が驚異の60%超えとなるなど業績鉄板。強さの秘密に迫ります。

ビザ(VISA)の株価と今後の見通しは?キャッシュレス化本命銘柄!米国株のビザ(V)への投資を考えています。VISAの株価の今後の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で業績は悪化しているよう...

 

洗剤や化粧品などの一般消費財で世界最大の売り上げを誇るP&Gの銘柄分析です。63年連続増配など業績鉄板。今後の株価の見込みについて分析です。

P&G(PG)の株価と今後の見通しは?新型コロナ拡大後も業績堅調!米国株のP&G(PG)への投資を考えています。プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の株価の見通しや予想を知りたいです...

 

ヘルスケア最大手のJNJの銘柄分析です。コロナ拡大でも医薬品や日用品の売り上げ好調で、58年連続の増配を発表。今後の株価の見込みについて分析です。

ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)の株価の見通しや配当金の推移は?米国株のジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)への投資を考えています。JNJの株価の見通しや配当金の推移を知りたいです。 59年...

 

高配当・連続増配の定番中の定番、コカ・コーラの銘柄分析です。業績鉄板のコカ・コーラも2012年以降の売り上げが大幅に落ち込んでいます。その理由について分析です。

コカ・コーラの株価が下落…58年連続増配”配当王”の株は買い?業績が安定している米国株コカ・コーラ(KO)への投資を考えています。これまでのKOの株価の推移や配当はどんな感じですか? コカ・コ...

 

米国のグロース銘柄の象徴”アマゾン”。しかし、アジア地域でのEC事業展開は苦戦が続いており、また期待されているクラウド事業も世界シェア首位の座から陥落。今後の見通しについてまとめました。

アマゾンの株価の見通しは?10年後の業績はベゾスCEO退任で厳しい?アマゾン(Amazon)の今後の株価見通しについて知りたいです。インターネット通販がメインですけど、クラウド事業も絶好調ですよね。 ...

 

米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。主要ネット証券会社の手数料を比較。オススメの証券会社はどこか?

米国株の手数料を徹底比較!おすすめ証券会社はどこ?(2021最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...