米国ETF

米国ETF SPYVの株価はバリュー株に連動。割安株で下落相場に備える?

米国ETF SPYVの特徴や過去の株価推移について知りたいです。

高配当ETFやS&P500に連動するETFもありますが、これらに比べてSPYVに投資するメリットは何ですか?配当実績についても知りたいです。

今回は、このような疑問を持つ方にむけて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • SPYV:株価の基本データと特徴は?
  • SPYVの構成銘柄とセクター比率は?
  • SPYVのチャートとリターンは?
  • SPYVの配当実績と増配率は?

SPYVの株価やチャートの特徴に関して、以下のツイートをしました。

米国の大型バリュー株に投資するETF SPYV。
S&P500よりも最近のパフォーマンスは劣後しますが、
・経費率:0.04%
・配当利回り:2.25%
・銘柄数:385銘柄
と悪くありません。
最近の米国市場はGAFAなどのグロース株中心に上昇。他方、景気拡大の後半を迎えておりバリュー株への投資も面白いかもです。

上記を掘り下げます。

自分は、20年以上投資を続けていて米国ETFも保有しています。今回は、この経験も踏まえ記事を書きました。

※米国株取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。DMM株は米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の無料申し込みはコチラ

米国バリュー株ETF SPYVとは?

SPYVはSPDR ポートフォリオ S&P500バリュー株式 ETFという名称。

S&P500構成銘柄のうち、市場全体と比較して割安と見られる銘柄への連動を目標とする低コストETFですね。S&P500構成銘柄ということでSPYVは、大型株で構成されています。

よくバリュー株投資という言葉を聞きますが、単に株価が下落している銘柄を買うというものではありません。現在の株価が割安なのか割高なのかを見きわめて、企業の財務状況や将来性に比べて株価が割安に放置されていると考えられる銘柄に投資するというものですね。

”企業の価値を見抜く”。口でいうのは簡単ですが、実際にやるとなると企業の財務や将来性を見ていくことになり忙しい個人投資家には難しいかもです。

なので、SPYVに投資することでプロが選定した米国バリュー株全体を簡単に購入できる。大型株の安心感に加えてバリュー株の特性でもある相場の下落時も下支えされやすい割安株へ投資することができます。

米国バリュー株ETF SPYV:株価の基本データは?

早速ですが、米国バリュー株ETF SPYVの株価データ(2021年1月14日現在)を見ていきましょう。

SPYVの株価基本データ
  • インデックス:S&P 500バリュー指数
  • 信 託 経 費 率 :  0.04%
  • 配 当 利 回 り :  2.38%
  • 配 当 実 績   :  0.78ドル
  • 組 入 銘 柄 数 :  395銘柄
  • 設 定 日:2000年9月25日

SPYVは、SPDRシリーズということでステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)が運用するETF。

構成銘柄数が結構多くて395銘柄。なのでS&P500に採用されている企業のうち約77%の銘柄が含まれるということ。なのでGAFAのような明らかに割高な銘柄や高PERの銘柄2割を除いた銘柄で構成されているということですね。

手数料が0.04%と米国ETFの中ではかなり割安な水準ですね。米国大型バリュー株に投資できるという特徴を考えれば、十分に低い手数料といえます。

SPYVの構成銘柄とセクター比率は?

ここでは構成銘柄Top10とセクター比率を見ていきます。

SPYVの構成銘柄Top10

構成銘柄上位10社(2021年1月13日現在)は以下の表のとおりです。

S&P500構成銘柄の中から選ばれていることもあり、Top10に入っている企業は日本でもにも有名な優良銘柄ばかりですね。

構成比率が1位のバークシャーハサウェーは、”投資の神様”ウォーレン・バフェットが運営する投資会社ですね。

その他、石油会社のエクソンモービル、銀行のJPモルガン・チェース、ヘルスケアのジョンソン・エンド・ジョンソンやファイザー、そして娯楽の王様ウォルト・ディズニーなどの銘柄が上位に入っています。

こうしてみると米国経済の好調さの象徴とも言える、アマゾン、アップル、フェイスブック、グーグルといったいわゆるGAFAが一切入っていないことがわかりますね。

SPYVのセクター比率

続いてセクター比率です。

構成比は金融やヘルスケアなど成熟企業の多い企業のセクターで構成比率の35%程度を占めています。

S&P500のトップセクターは情報技術。成長銘柄が多く、現時点で割高となっている情報技術セクターの比率が低くなっていることが特徴的ですね。

SPYVのチャートとリターンは?

SPYVの長期チャート(設定来)

以下はSPYVの設定来チャートです。比較のためにS&P500のチャートも掲載しています。

赤:SPYV 青:S&P500

設定来チャートみると、リーマンショック前まではSPYVの方がパフォーマンスが良いことがわかりますね。

・2000年代初期:ITバブル崩壊

・2008年ごろ:リーマンショック

の直後はSPYVがS&P500をアウトパフォームしています。

バリュー株の特性でもある相場の下落時も下支えされやすい割安株が多く含まれているという特徴がよく出ていますね。S&P500に比べて景気後退時や金融ショックに強いということでしょう。

このチャートは配当金が含まれていないので、配当利回りの高いSPYVの方が、よりリターンが高くなるということになります。

SPYVの短期チャート(5年)

ただ直近5年チャートを見るとS&P500の方がパフォーマンスが良いですね。

赤:SPYV 青:S&P500 

直近5年間はGAFAなどの成長企業が米国経済・米国株式市場を引っ張ってきたということですね。

新型コロナ拡大後も大型ハイテク株を中心に株価が好調だったこともあり、これらの比率の高いS&P500の方がパフォーマンスが良かったということです。

この状況がこれからも続くかどうかですね。

※ロボアドバイザーによる自動運用という選択

毎日が忙しくて資産運用にかける時間がない…。そんな方は口座にお金を振り込むだけでロボアドバイザーが自動運用するWealthNaviが便利かも。WealthNaviなら株式だけじゃなく債券や金、不動産にも自動で分散投資してくれます。

>> WealthNaviの無料申し込みはコチラ

SPYVのリターン

SPYVの配当金も含めたトータルリターン(2021年1月13日現在)は以下のとおりです。

ITバブル崩壊やリーマンショックが間にあるにも関わらず2000年の設定来の年率リターンが6.5%近いのは立派な数字ですね。

リターンやチャートなどETFの特徴をしっかりと把握することも大事ですが、基本的な投資理論を知ることも、長期的な勝率を高めることにつながります。おすすめの米国株投資本については、以下の記事にまとめていますのでぜひご覧下さい。

米国株の投資本でおすすめの10冊は?150冊から厳選!初心者向けも米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方法はありますか? このような疑問...

SPYVのこれまでの配当実績と増配率は?

SPYVは他の多くのETFと同様に四半期に一度配当金が分配されます。配当実績は以下のとおり。

配当金は、リーマンショック後の2008年から3年間に結構落ち込んでいます。この時期以外は安定した配当と言えるのでは。

5年平均の年間増配率は7%を超えていることもあり、値上がり益だけでなくインカムも期待できるETFといえそうです。

なお、ETFも配当に期待できますが、米国株に投資する魅力は高配当で長期間連続増配している個別銘柄が多いこと。中には7%を超える銘柄や60年以上連続増配している銘柄も。おすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。

【米国株】高配当の連続増配株に投資するメリットは?おすすめ8選!米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

SPYVへの投資:ちょっとだけ考察

投資先としてSPYVは、S&P500という優良大型株の中で割安株が選定されているというのは魅力的ですね。

S&P500と比べても、配当利回りが高くて、パフォーマンスも悪くありません。現在のような相場が上昇トレンドにある時はグロース株が大きく上昇しますが、景気後退時や金融ショック後などはバリュー株に資金が集まります。

以下の図は、投資期間でグロース株とバリュー株のどちらがパフォーマンスが良かったかを示したものです。投資時期によってグロース株が良かったり、バリュー株が良かったりと交互に繰り返しているのがわかりますね。

リーマンショックから10年以上も経過。コロナショック後も大型ハイテク株などのグロース銘柄の株価が好調なこともあり、SPYVに投資して、バリュー株の比率を高めて下落相場に備えるという使い方はありですね。

バリュー株優位の相場とグロース株優位の相場は、交互に訪れるとも言われますからね…。

他方、今後もしばらく景気後退せずに、GAFAのような成長力のある企業やAIなどのイノベーションが米国株式市場を牽引していくと考えるなら、無難にS&P500への投資が良いと思います。

取引手数料ゼロで米国ETFを購入できる証券会社

米国株や米国ETFにお得に投資をしたい方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的におすすめです。

米国ETFは、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。最近人気が高まっているみたいですよ。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判と気になるデメリットとは?DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

>> DMM株 公式ページはコチラ

「米国バリュー株ETF SPYVの株価」まとめ

今回は、米国バリュー株ETF SPYVの株価とチャートということで、その特徴と株価の推移(チャート)、配当金の推移等について見てきました。

SPYVの特徴をまとめると、

・S&P500構成銘柄のうちバリュー株で構成

・採用銘柄は395銘柄と多め。下落相場時に強み。

・配当利回り2.3%超え

ということですね。

配当の伸びも値上がり益も期待できる優秀なETFですね。しかしリーマンショック後やコロナショック後の米国市場は、GAFAのようなグロース銘柄が相場を牽引していることは間違いありません。

他方、リーマンショックから10年以上経過し、さらにコロナショック後に大型ハイテク株を中心に株価が上昇している状況の中、資産全体を保守的にしていくという観点でバリュー株を中心とした投資はありかと考えます。

配当利回りも高く、過去の実績を見てもS&P500をアウトパフォームする場面も多いです。下落相場の時に強みを発揮する。SPYVはそんなETFといえそうです。

最後に米国ETFや米国株に賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

米国株に1000円の少額から投資するには?

「米国株に興味あるけど、ちょっと難しそう」とか「米国株を始めてみたいけれどお金がない…」という方は、One Tap BUY(ワンタップバイ)で1000円の少額から米国株を始めるのもありかと。

例えば、人気の米国銘柄Amazon。2020年11月20日現在の株価は3099ドルにまで上昇しているので株を購入するには30万円以上の資金が必要ということになります。

これだと資金の少ない方は、複数の銘柄に分散投資したい人にはちょっとハードルが高いですよね。

しかしOne Tap BUYなら1000円の少額から投資可能。専用アプリを利用すれば米国株の積立投資を行うこともできます。

自分も活用していますが、口座開設から買付まですべてスマホで完結するので本当に便利ですね。手軽に米国株投資を楽しむことができます。

詳しくは以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

1,000円から米国株に投資!PayPay証券の始め方や取扱銘柄は?米国株に投資したいのだけど、そんなにお金がないので少額から米国株を始める方法はないですか? PayPay証券(旧ワンタップバイ)が...

なお資産運用に役立つ情報について以下にまとめました。役に立つ情報ばかりですので、ぜひご覧ください!

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株や米国ETFに関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

米国のハイテク銘柄にまるっと投資できるETFについてまとめました。GAFAMやVisa、NVIDIA、Netflixなど今後の成長に期待できる銘柄などで構成されるETF。ぜひご覧ください。

米国ハイテクETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2021最新)米国株のハイテクETFの中でおすすめのものを知りたいです。色々なハイテクETFがありますが、それぞれの特徴はどんな感じですか? コ...

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

米国の高配当ETFのおすすめランキング5選とは?デメリットも解説!米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットやデメリット、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このよう...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2021年最新)米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国ETFの中でおすすめのセクターETFについてまとめました。S&P500に比べてパフォーマンスの良いセクターもあるんですね。必見です。

米国 セクターETFに投資するメリットは?おすすめ3選を解説!米国のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでしょ...

 

米国株といえばイノベーション力に優れたハイテク銘柄や新しいサービスで急成長している銘柄が多いことが特徴。その中で注目の成長銘柄をまとめました。

米国株の成長銘柄14選とは?2021年おすすめグロース株はこれだ!米国株の成長銘柄への投資を考えているんですが…。2021年おすすめのグロース株にはどんな銘柄がありますか? このような疑問を持つ方...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株の手数料を徹底比較!おすすめ証券会社はどこ?(2021最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...