米国ETF

米国ETF VOOとは?S&P500に長期投資!買い時はいつか?

S&P500ETF VOOへの投資を考えています。特徴や構成銘柄、配当実績、株価の推移などについて知りたいです。

特に、米国市場全体に投資するETFや他のS&P500に連動するETFもありますが、これらに比べてVOOに投資するメリットは何ですか?

このような疑問を持つ方にむけて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • S&P500ETF VOOとは:株価の基本データと特徴は?
  • VOOの構成銘柄とセクター比率は?
  • VOOのチャートとリターンは?コロナショックの影響も。
  • VOOの配当実績と増配率は?

投資歴20年のかいまるです。VOOも含め米国株を中心に1500万円以上の資産を運用しています。

自分はVOOの株価やチャートの特徴に関して、以下のツイートをしました。

米国ETFのVOOはS&P500に連動するETF。
その特徴は
・経費率が0.03%
・10年で株価3倍
ということ。アップルなど時価総額の大きい銘柄の割合が大きくなる点が、単純に株価の平均をとるNYダウとの大きな違い。
どちらが良いかは好みの問題ですが、VOOの方が500銘柄への投資で分散効果は優れていますね。

上記を掘り下げます。

VOOの経費率0.03%と極めて低く、配当の増配率もコロナショック前の3年平均で約7%。

値上り益だけじゃなく配当金によるインカムの伸びも期待できる点が、長期投資に向いたETFといえますね。

今回は、そんなVOOの特徴やこれまでのパフォーマンスにスポットを当てて分析です。他のETFに比べて優れた点は、どんなところなのか?

ぜひ最後までご覧ください。

DMM株なら米国株取引手数料が0円!

DMM株では、米国株を手数料完全無料で取引することができます。

【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、日本株に比べて実は割高…。

しかも大手ネット証券で横並びなんです。

少しでもコストを下げて米国株を取引したい…、そんな方はDMM株が良いかもです。

DMM株は、他の証券会社に先駆けて米国株そして米国ETFの取引手数料が完全無料

取引手数料0円でお得に米国株を取引をしてはいかがでしょうか?

口座開設・維持費無料!
DMM株
公式HPはコチラ
5分で申し込み完了!

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判と気になるデメリットとは?DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

米国ETF VOOとは?

VOOとは、米国の株価指数であるS&P500に連動を目指す上場投資信託(ETF)で、資産運用会社のバンガード社が運用しています。

特徴をまとめると、

・幅広いセクターの中から米国の大型企業500社で構成 

・経費率が0.03%と極めて低いコスト

・値上がり益だけじゃなく、分配金の伸びも期待

です。

このVOO一本で、米国の株式市場の時価総額80%を占める企業にまるっと投資できます。

S&P500は米国の株価指数

S&P500は、S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス社が算出している米国の株価指数のことです。

経済ニュースなどで日々の値動きがよく報道されるていますね。NYダウと並んで最も有名な株価指数の一つです。機関投資家や投資ファンドの成績を評価する際にも、よく用いられます。

米国の取引所(ニューヨーク証券取引所、NASDAQ等)に上場される米国企業で、流動性がある大型株から選ばれた500銘柄で構成されています。

S&P500は時価総額加重平均をとっていて、アップルやマイクロソフトなどの時価総額の大きい企業の株価が指数に反映され易くなるんですね。

ここが構成銘柄の株価を単純に平均するNYダウとの大きな違いとなります。NYダウとの違いも含め、S&P500の特徴を以下の記事でわかりやすく説明しています。

ぜひご覧ください。

【米国株】S&P500とは?利回りや構成銘柄などわかりやすく解説!米国株投資で良く目にする”S&P500”とはなんですか?利回り・構成銘柄や特徴など、わかりやすく解説してほしいです。 この...

そんなS&P500への連動を目指したETF VOO。以下、その基本データや特徴、チャートなどを詳細に見ていきますね。

米国ETF VOO:株価の基本データは?

VOOの基本データを見ていきましょう。

VOOの株価基本データ
  • インデックス:S&P500指数
  • 信 託 手 数 料 :  0.03%
  • 配 当 利 回 り :  1.40%
  • 配 当 実 績   :  5.35ドル
  • 組 入 銘 柄 数 :  500銘柄
  • 設 定 日:2010年9月7日

VOOは米国市場全体に投資するVTIと並んでバンガード社の旗艦ETFですね。運用総額もバンガード社の中で2番目に大きく、流動性や実績共に文句なしの商品です。

他の会社もS&P500に連動するETFを運用していて、

  • ステート・ストリート社:SPY
  • ブラックロック社:IVV

あたりが有名ですね。むしろ、これら2つのETFの方が歴史が古く運用総額はVOOより大きくなっています。

ただ経費率はSPYが0.09%、IVVとVOOが0.03%となっています。当然のことながら、これらETFの運用成績はほぼ同じです。

バンガード社のETFは取り扱い総額が大きくなると手数料がどんどん下がっていく特徴があるんですよね。

なので、好みの問題はあるかもですがバンガード社のVOOを選んでおけば間違いないかと。

なお、米国株のパフォーマンスが長期的に優れている点については、多くの本でも解説されています。以下の記事に、おすすめの本をまとめています。

米国株の投資本でおすすめの10冊は?150冊から厳選!初心者向けも米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方法はありますか? このような疑問...

VOOの構成銘柄とセクター比率は?

構成銘柄やセクター比率はS&P500と基本は全く同じですね。コロナショックの暴落前の構成になりますが、クイックに見ていきましょう。

VOOの構成銘柄

構成銘柄上位10社(2021年4月30日)は以下の表のとおりです。

VOOは時価総額に加重平均されますのでアップル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブック、グーグルなど今をときめくIT巨大企業が上位をしめていますね。

資産総額に占める上位10社の割合は約28%となっていて、結構な割合を占めています。

VOOのセクター比率

続いてセクター比率です。

情報技術、ヘルスケア、金融がトップ3。米国経済の強さの象徴ともいえる3セクターと言っても過言じゃないですね。

4位のコミュニケーションセクターにはグーグルやフェイスブックが含まれていますから、現在の米国経済の強さの源泉であるIT関連企業の割合が高くなっているといえます。

VOOの株価推移は?コロナショックの影響は?

ここでは

  1. VOOの長期チャート
  2. VOOのリターン(暴落前)

を見ていきます。コロナショックの影響はどうだったのか、クイックに確認です。

VOOの長期チャート

以下はVOOの過去10年のチャートです。

VOO Vanguard S&P 500 ETF monthly Stock Chart

S&P500は綺麗な右肩あがりで上昇していましたが、2020年のコロナショックの影響で株価が一時的に大きく下落していますね。

VOOも2020年2月の高値からわずか1ヶ月程度で、

・2月19日:310.92ドル

・3月23日:204.27ドル(−34.3%

まで下落。リーマンショック級の暴落といっても良いと思います。

ただ、株価的には2018年中頃の水準に戻っただけとも言える訳で、政府や中央銀行による金融緩和もあり、すぐに株価は回復。

長期的には上昇基調は継続していますね。

ちなみに米国の株式市場全体に投資するVTIの直近5年チャートを比較したのが以下の図。

赤:VOO 青:VTI 

こう比較するとVTIの方がわずかですがパフォーマンスが良くなっています。

VTIの構成銘柄は小型株も含めて約4000銘柄で、コロナショック後に小型株を中心に大きく買われているためです。

ただ、長期的にはVTIとVOOはほぼ同じパフォーマンス。信託手数料も同じということもありVTIにするかVOOにするかは、好みの問題といえそうです。

VTIとの比較については、以下の記事に詳細にまとめています。どちらに投資するのが良いのか必見です。

VOOとVTIを徹底比較!どっちに投資すべきなの?VOOとVTIを比較して、どっちに投資すべきか知りたいです。 結局、儲かるのはどっち何ですかね? このような疑問を持つ方にむ...

VOOのリターン

VOOの配当金も含めたトータルリターン(2021年3月31日現在)は以下のとおりです。

リーマンショック後で株式市場が絶好調であったこともあり、暴落前ですが設定来リターンは年率15%超えとなっています。

株式の期待リターンはインフレ率を抜いて7%程度ということを考えれば、十分すぎる結果でした。

なお、米国にはS&P500だけではなくナスダック総合指数やNYダウなどの指数も有名です。これらに連動するETFについては以下の記事にまとめているので、ぜひご覧ください。

参考URL:米国バンガード社HP

VOOのこれまでの配当実績と増配率は?

VOOは他の多くのETFと同様に四半期に一度配当金が分配されます。配当実績は以下のとおり。

配当利回りは1%台とそれほど高いわけではありませんが、順調に配当金が伸びていることが分かりますね。

5年間の平均年間増配率は約7%とわりと高い増配率となっています。

S&P500は時価総額の大きい企業順に構成されますから、必然的に業績好調で配当金もしっかり出す企業の割合が多くなるということなのでしょう。

値上り益だけじゃなく配当によるインカムの伸びも期待できる。まさに長期投資するには理想的なETFといえます。

ちなみに米国株の魅力は高配当でかつ連続増配を続けている個別銘柄が多いことです。お宝銘柄を保有し続けるのも投資の醍醐味ですね。おすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。

【米国株】高配当の連続増配株に投資するメリットは?おすすめ8選!米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

VOOは長期投資目的で買い時?

設定依頼、長期的に株価も上昇していて配当金もしっかり伸びていますそもそもS&P500に連動するETFですから、将来的にも安定したバフォーマンスが期待できますね。

個別銘柄への集中投資で巨万の富をきずいた”投資の神様”バフェットも、S&P500などのインデックス投資は多くの投資家にとって最適解になり得ると発言しており、VOOへの投資で成長続く米国経済の恩恵を受けることが可能です。

長期的に高い成長を期待できることもあり、タイミングを計って短期保有目的で購入するのではなく、長期投資目的で定期的に積立投資をするのがオススメです。

他方、分配金利回りは1%台とそれほど高いわけではありませんので、現在のインカムを重視したいという方は、以下の記事で紹介している高配当ETFが選択肢になると思います。

(2021最新)米国の高配当ETFのおすすめランキング5選とは?米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットや、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このような疑問を持...

米国ETFに手間をかけずに自動運用する方法とは?

株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。

やはり資産運用の基本は米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。

自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、ウェルスナビを活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。

自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。忙しい会社員や主婦の方に特におすすめです。詳しくは以下の記事にまとめています。

ウェルスナビは儲かるの?評判は本当?実際に運用してみました!WealthNavi(ウェルスナビ)ってどうなんですかね。資産運用ならウェルスナビが良いって聞いたけど、、、果たして本当に儲かるの? ...

「米国ETF VOOの特徴とは?買い時は?」まとめ

今回は、S&P500ETF VOOの株価とチャートということで、その特徴や株価推移、分配金の推移等について見てきました。

VOOの特徴をまとめると、

・米国市場の大型企業500銘柄で構成

・長期的には7%程度のリターンを期待できる 

・配当金によるインカムの伸びも期待できる

ということですね。コロナショックで一時的に株価は大きく下落しましたが、長期的にはS&P500はしっかりと上昇しています。

配当利回りは2%台と若干もの足りないですが、増配率を踏まえれば値上がり益だけじゃなくインカムにも期待できるETFと言えるでしょう。

VOOは、S&P500に連動するETFということで運用総額も非常大きく実績も十分ですね。ポートフォリオのコアになるETFとして長期保有すべきETFといえます。

最後に米国株を賢く運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

1000円から米国株やS&P500に投資

米国株への投資は多額の資金が必要でハードルが高いとのイメージがあるかもです。しかし、最近は少額からでも投資を始めることができる様々なサービスがあるんです。

例えばPayPay証券なら、米国株やS&P500ETFに1,000円の少額から取引することができます。

PayPay証券なら1000円から米国株投資

PayPay証券は、アップル、アマゾン、テスラ、エヌビディアなど米国の優良企業に1,000円の少額から投資できます。

PayPay証券

少額からスマホで取引できるので”米国株はちょっと難しそう”とか”まずは試しに米国株を始めたい”という方に良いかも。

PayPay証券のメリットをまとめると、

  1. スマホアプリで簡単に米国株投資
  2. 1,000円から米国の大企業の株主になれる
  3. 米国株に積立投資ができる

というもの。

これを機会にPayPay証券に口座開設して、スマホアプリで米国株投資を開始してみてはいかがでしょうか?

スマホで気軽に取引
PayPay証券
公式HPはコチラ
※最短5分で申し込み完了

PayPay証券の特徴を以下の記事にまとめてます。ぜひご覧ください。

PayPay証券で米国株に1,000円から投資!取扱銘柄や手数料は?米国株に投資したいのだけど、そんなにお金がないので少額から米国株を始める方法はないですか? PayPay証券が良いと聞いたのですが...

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

米国株に関連するお得な情報のページを以下にまとめました。本当に役立つ情報ばかり!ぜひご覧ください。

米国株取引手数料0の証券会社
米国株の情報を効率よく収集する方法
米国株の買い方
米国株のおすすめ投資本
米国ETFを自動運用する方法
相場を気にしない年率5%の投資法  

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

株式タイプの米国ETFでおすすめのものをまとめました。もちろんVOOも含まれていますが、このETFに負けないほど優良なETFをまとめています。

米国ETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2021年最新)米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国ETFの中でおすすめのセクターETFについてまとめました。S&P500に比べてパフォーマンスの良いセクターもあるんですね。必見です。

米国セクターETF 11種類とは?圧倒的おすすめ3選を紹介!米国のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでしょ...

 

米国のハイテク銘柄にまるっと投資できるETFについてまとめました。GAFAMやVisa、NVIDIA、Netflixなど今後の成長に期待できる銘柄などで構成されるETF。ぜひご覧ください。

米国ハイテクETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2021最新)米国株のハイテクETFの中でおすすめのものを知りたいです。色々なハイテクETFがありますが、それぞれの特徴はどんな感じですか? コ...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株の手数料を徹底比較!おすすめ証券会社はどこ?(2021最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...