米国株

米国株のセクター別でおすすめの銘柄とは?代表的な企業を一挙紹介!

米国株のセクター別でおすすめ銘柄を知りたいです。セクター別に色々な銘柄がありますが、パフォーマンスの良いセクターの銘柄を知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容
  • そもそも米国市場のセクターとは?
  • 米国株はどのセクターが良いのか?
  • 米国株セクター別おすすめ銘柄は?

投資歴20年のかいまるです。米国ETFを含め米国株を中心に1500万円以上を資産運用しています。

米国株のセクターは、事業ごとに11種類に分類されていて、長期的にS&P500よりもリターンの高いものやディフェンシブなものなどがあります。

今回は、米国株のセクターにはどんなものがあるのか、セクター別のおすすめ銘柄を見ていきます。

ぜひ最後までご覧ください。

DMM株なら米国株取引手数料が0円!

DMM株では、米国株を手数料完全無料で取引することができます。

【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、日本株に比べて実は割高…。

しかも大手ネット証券で横並びなんです。

少しでもコストを下げて米国株を取引したい…、そんな方はDMM株が良いかもです。

DMM株は、他の証券会社に先駆けて米国株そして米国ETFの取引手数料が完全無料

取引手数料0円でお得に米国株を取引をしてはいかがでしょうか?

口座開設・維持費無料!
DMM株
公式HPはコチラ
5分で申し込み完了!

そもそも米国株のセクター別の分類は?

米国株の銘柄は業種別に全11セクターのいずれかにグループ化されていて、これを「セクター」と呼んでいます。

もう少し詳細にいうと、S&P500やダウ平均株価を算出しているS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは世界産業分類基準(GICS)を決めていて、次の11セクター別に分類しています。

セクター 主要構成企業
エネルギー エクソンモービル、シェブロン
公益事業 サザン、デュークエナジー
生活必需品 コカ・コーラ、P&G、ウォルマート
金融 JPモルガン、ゴルサル
素材 デュポン、ダウ・ケミカル
ヘルスケア J&J、ファイザー、アッビィ
資本財 スリーエム、ボーイング
一般消費財 アマゾン、マクドナルド
情報技術 マイクロソフト、アップル
通信サービス AT&T、グーグル、FB、ディズニー
不動産 アメリカンタワー、サイモンプロパティ

S&P500セクター別構成比率のトップは情報技術

米国を代表する株価指数S&P500は、米国の主要産業を代表する500社によって構成され、米国株式市場の時価総額の約80%米国株の動向を表す指数として広く活用されている株価指数です。

セクター別構成比は以下のようになっていて、構成比率のトップはAppleやマイクロソフトで構成される情報技術セクターとなります。

S&P500セクター別構成比率
  • 1位…情報通信(22.0%)
  • 2位…ヘルスケア(13.6%)
  • 3位…金融(12.9%)
  • 4位…通信サービス(10.4%)
  • 5位…一般消費財(10.1%)

特にリーマンショック後の米国市場の上昇を支えたのは情報技術セクター。米国経済の強さの源泉ですね。

以前はグーグルやフェイスブックも情報技術セクターでしたが、2018年にセクターが再編され、今の通信サービスセクターに入っています。以前は電気通信セクターと呼ばれていたところです。

次にこれらのセクターに投資できるETFについて取り上げます。

米国株のおすすめセクターは?

セクターは、事業ごとに分けられているため、S&P500に比べてリターンが高いもの、ディフェンシブなもの、配当利回りが高いものなど特徴があります。

特におすすめするセクターは、

  1. ヘルスケアセクター
  2. 生活必需品セクター
  3. 情報技術セクター
  4. 一般消費財セクター

ですね。というのは、これらは過去のデータからS&P500よりもパフォーマンス良いセクターで、長期的に高いリターンを期待できます。

それぞれのセクターでおすすめの銘柄を見ていきます。

セクター別おすすめ銘柄①:ヘルスケアセクター

主に医療や医薬品に関連した事業を行う企業を集めたヘルスケアセクターに連動するETFです

ジェレミー・シーゲル博士が書いた「株式投資の未来」によれば、1957~2003年のヘルスケアセクターのトータルリターンは14.19%。S&P500の10.85%を上回って、全セクター中でトップ

日本をはじめとした先進諸国、そして米国もこれから高齢化社会に突入し、ますますヘルスケアセクターの経済規模は拡大。

さらに途上国においても、今後見込まれる経済発展により、個人の所得水準が向上することになり、当然より高い水準の医療や効果の高い医薬品を求めることになります。

そんなヘルスケアセクターのおすすめ銘柄を紹介しましょう。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)

ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson、JNJは、薬などの医薬品、医療機器、リステリンやバンドエイドなどの日用品を製造している会社で、世界最大のヘルスケア企業です。

世界60カ国以上で事業を展開していて、日本でも例えば絆創膏の”バンドエイド”やオーラルケアの”リステリン”、コンタクトレンズの”アキュビュー”などのプランドが有名ですね。

このような日用品の他に、医薬品や医療機器などを取り扱っています。新型コロナワクチンの開発・販売も手がけるなど、安定感のある事業構成に特徴がありますね。

60年近く連続増配を続けており業績も安定感抜群。安心して長期保有できる銘柄といえます。

ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)の株価が急落!治験中断で今後は?米国株のジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)への投資を考えています。JNJの株価の見通しや予想を知りたいです。 新型コロナワク...

アッヴィ(ABBV)

アッヴィ(Abbvie、ABBVといえば、2013年にアボット・ラボラトリーズから、医薬品事業の新薬部門が分社化して誕生したヘルスケア企業ですね。会社の規模は大きく、世界70以上の国や地域で3万人程度の従業員がいて、日本にも拠点があります。

日本ではあまり聞かない製薬企業かもですが、売上高は年間で3.5兆円となっていて製薬企業の中では世界第8位の規模。日本最大の製薬企業である武田製薬の売り上げが2兆円にとどかないことを考えると、アッヴィが如何に巨大かがわかります。

株価にもよりますが、配当利回りは4%超えている高配当銘柄としても人気の高い銘柄です。

アッヴィ(ABBV)の株価がコロナ拡大で急落!今後の業績の見通しは?米国株のアッヴィ(ABBV)への投資を考えています。株価の見通しや今後の予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価が急落したようです...

セクター別おすすめ銘柄②:生活必需品セクター

清涼飲料水のコカ・コーラや日用品のP&G、小売大手のウォルマートなどの生活する上で欠かすことの商品やサービスを提供するセクターです。

ジェレミー・シーゲル博士が書いた「株式投資の未来」によれば、1957~2003年のヘルスケアセクターのトータルリターンは13.36%。S&P500の10.85%を上回って、全セクター中で第2位です

最も注目すべきはリーマンショックのあった2008年ごろ、株価の落ち込みがS&P500に比べて半分程度ということです。リーマン前の2007年末の株価水準に回復するのに、

  • VDC:約3年
  • S&P500:約6年

なんですよね。落ち込みが少なかったぶん株価の回復も早かったということ。金融ショックや不景気時に強い。これが生活必需品セクターETF VDCの特徴を最もよく表している部分だといえます。

代表的な銘柄を見ていきましょう。

コカ・コーラ(KO)

英語の名称は”The Coca-Coka Company”。世界最大の清涼飲料水メーカーということで、商品名となっているコカコーラは日本でも飲んだことのない人はいないぐらい有名ですよね。

コカコーラ以外にも、ダイエットコークやファンタ、スプライト、ミニッツメイドのようなブランドも展開しています。

清涼飲料水の分野では日本でもおなじみのペプシと2強となっています。圧倒的なブランド力で60年近く連続増配となるなど業績も安定しています。

高配当銘柄としても人気の高い銘柄です。

コカ・コーラの株価が下落…58年連続増配”配当王”の株は買い?業績が安定している米国株コカ・コーラ(KO)への投資を考えています。これまでのKOの株価の推移や配当はどんな感じですか? コカ・コ...

P&G(PG)

P&G(Procter & Gamble、プロクター・アンド・ギャンブルは、洗剤や化粧品などの一般消費財を製造販売する企業で、世界最大の日用品メーカーで、生活必需品セクターに分類されます。

世界180カ国で商品を販売していて、日本でも例えば洗剤の”アリエール”や”ボールド”、おむつの”パンパース”、化粧品の”SKーⅡ”、髭剃りの”Gillette(ジレット)、ヘアケアの”パンテーン”などのプランドが有名ですね。他にも多くのブランドを展開しています。

これらの日用品は不況になっても売れ行きが落ちることはありません。景気後退局面でも業績が安定しているディフェンシブ銘柄で、連続増配も60年を超えています。

日本の投資家からも人気の銘柄ですね。

P&G(PG)の株価と今後の見通しは?新型コロナ拡大後も業績堅調!米国株のP&G(PG)への投資を考えています。プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の株価の見通しや予想を知りたいです...

アルトリア(MO)

アルトリア(MOは米国で事業を展開しているたばこ製品の製造・販売を行っている会社の最大手の一つです。マールボロ(Marlboro)などのたばこブランドが有名ですね。

2008年に訴訟リスクを避ける観点からアルトリアのタバコ事業国際部門を担当するフィリップ・モリスを分社化しました。なのでアルトリアは米国内でのみたばこ事業を展開している会社ということになります。

健康リスクや当局による販売への規制など、何かと逆風の強いタバコ業界ですが、参入障壁が極めて高い事業のため、アルトリアは実質的な独占企業となっています。

タバコは依存性が高く、一度習慣化するとやめることが難しいこともあり、売り上げは景気動向にかかわらず安定しています。

大規模な設備投資も必要ないため利益の大半を配当に回せるため、高配当銘柄としてもアルトリアは人気ですね。

アルトリア(MO)の株価と今後の見通しは?コロナ直撃でも株は買い?米国株のアルトリア(MO)への投資を考えています。アルトリアの株価の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大で株価は下落しているようで...

セクター別おすすめ銘柄③:情報技術セクター

米国株の中で、インターネットなどに関連した事業を行なっている情報技術企業で構成されるセクターですAppleやマイクロソフトなどが含まれますね。

ジェレミー・シーゲル博士が書いた「株式投資の未来」によれば、1957~2003年のヘルスケアセクターのトータルリターンは11.39%。S&P500の10.85%を上回って、全セクター中で第2位です

過去のデータ以上に将来のパフォーマンスを期待できるセクターといえるでしょう。代表的な銘柄を紹介します。

アップル(AAPL)

アップル(Apple)は、スマートフォンのiPhone、パソコンのiMac、MacbookやタブレットのiPad及び関連製品などを製造・販売している企業で、日本でも知らない人はいないぐらい知名度の高いメーカーです。

現在の売り上げの半分以上は、創業事業のパソコンではなく、iphoneやipadを中心として携帯端末事業となっています。

設立は1976年で創業者は世界的にも有名なスティーブジョブス。

Macintoshのヒットから業績の低迷、ジョブスの離脱&復帰など紆余曲折がありましたが、2007年に販売したiPhoneが世界的に大ヒットとなりました。

株価も大きく上昇しており、株式時価総額では2018年に米国企業として史上初の1兆ドルを超えるなど、世界トップ企業の一つといえるでしょう。

アップルの今後の株価を予想!コロナ拡大でも上昇で推移する理由は?米国株のアップル(AAPL)への投資を考えています。Appleの株価の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価は下落したよ...

マイクロソフト(MSFT)

マイクロソフトは、OSのWindowsやOfiiceを製造している企業で、日本でも知らない人はいないぐらい知名度の高いメーカーですね。

2019年の売上高1,430億ドル(約15兆円)莫大な収益をあげている、情報技術セクターの巨人。

1975年にポール・アレンとビル・ゲイツにより共同創業され、わずか25年足らずの1999年よりダウ平均工業株30種採用銘柄に採用されました。

一時期スマホ市場への乗り遅れにより業績が落ち込みましたが、ここに来てクラウドサービスのAzure(アジュール)が急成長を遂げ、業績が急上昇しています。クラウドサービスはアマゾンが圧倒的に強かった分野で、それを脅かすぐらい急成長しています。

マイクロソフトの株価の今後は?クラウド”Azure"で10年後も成長!米国株のマイクロソフト(MSFT)への投資を考えているので、株価の今後の見通しを知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価は下落しているよ...

ビザ(VISA)

実はクレジットカードのビザは情報技術セクターなんですよね。ザクッというと決済システムを提供する会社です。

クレジットカードの決済手数料やライセンス利用料で安定的に稼ぐというビジネスモデルで、クレジットカードの発行や支払いの取り立てなどは個別のカード会社が行います。

営業利益率が60%を超えている高収益企業です。

5GやAI、IoT、フィンテックなどの金融における情報技術分野が将来日常生活を送る上で一般的な技術となるため、経済規模は将来的に間違いなく拡大していきます。

ビザの将来性もかなり期待できるといえますね。

ビザ(VISA)の株価と今後の見通しは?キャッシュレス化本命銘柄!米国株のビザ(V)への投資を考えています。VISAの株価の今後の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で業績は悪化しているよう...

セクター別おすすめ銘柄④:一般消費財セクター

一般消費財は、消費者が普段購入する商品を提供する企業が集うセクターです。

この一般消費財セクターは、ジェレミー・シーゲル著『株式投資の未来』によれば1957~2003年のトータルリターンは11.09%となっており、S&P500の10.85%を上回っています。

代表的な銘柄を紹介します。

アマゾン(AMZN)

アマゾンは、世界最大のインターネット・オンライン小売業者です。書籍を始めとして、日用品や家電など、あらゆる商品を豊富な品揃えで販売しています。

最近では、オンライン販売の分野だけではなくクラウド事業のAWSが、世界シェアトップとなるなど稼ぎ頭となっています。

アマゾンの株価の見通しは?10年後の業績はベゾスCEO退任で厳しい?アマゾン(Amazon)の今後の株価見通しについて知りたいです。インターネット通販がメインですけど、クラウド事業も絶好調ですよね。 ...

マクドナルド(MCD)

マクドナルドは、世界最大のファストフードチェーン企業であり、日本でもおなじみですね。直営店やフランチャイズ加盟店を通じてハンバーガーやポテトを提供しています。

アメリカ・マクドナルドの株価の見通しは?新型コロナで売上げ減も…アメリカ株のマクドナルド(MCD)への投資を考えています。マクドナルドの株価の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大により株価は下落...

セクターETFという選択もあり!

それぞれのセクターにおける代表的な銘柄を見ていきましたが、個別企業は業績悪化や倒産リスクがあるので、セクター企業にまるっと投資できるETFという選択もありえると思います。

セクターETFの特徴やおすすめETFについては、以下の記事で扱っていますので、ぜひご覧ください。

米国 セクターETFに投資するメリットは?おすすめ3選を解説!米国のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでしょ...

取引手数料ゼロで米国株を購入できる証券会社

今から米国株の投資を始めたい方や本格的に米国株投資を行いたい方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判と気になるデメリットとは?DMM株なら米国株の取引手数料がなんと無料! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本の証...

「米国株 セクター別おすすめ銘柄は?」まとめ

今回は、米国株セクター別おすすめ銘柄は?ということで、どんなセクターがあるか、セクターの特徴やおすすめ銘柄について取り上げてきました。

今回おすすめしたセクターは、過去S&P500よりもパフォーマンスがよかったものですが、将来的にも十分に期待できます。

自分の好みや投資スタンスに合わせて、どのセクターに所属する銘柄なのかを参考に個別株を選定するのが良いと考えます。

最後に米国ETFや米国株に賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

1000円から米国株に投資

”投資資金が少なくて米国株の複数銘柄に投資なんてできない!”

このような方も多いと思います。

特に若い世代の方は、米国企業に投資したくても株式投資に多くの資金をまわす余裕はないですよね。

そのような方にはPayPay証券なら、米国株を1,000円の少額から取引するのが良いかもです。

PayPay証券なら1000円から米国株投資

PayPay証券は、アップル、アマゾン、テスラ、エヌビディアなど米国の優良企業に1,000円の少額から投資できます。

PayPay証券

少額からスマホで取引できるので”米国株はちょっと難しそう”とか”まずは試しに米国株を始めたい”という方に良いかも。

PayPay証券のメリットをまとめると、

  1. スマホアプリで簡単に米国株投資
  2. 1,000円から米国の大企業の株主になれる
  3. 米国株に積立投資ができる

というもの。

これを機会にPayPay証券に口座開設して、スマホアプリで米国株投資を開始してみてはいかがでしょうか?

スマホで気軽に取引
PayPay証券
公式HPはコチラ
※最短5分で申し込み完了

PayPay証券の特徴を以下の記事にまとめてます。ぜひご覧ください。

1,000円から米国株に投資!PayPay証券の始め方や取扱銘柄は?米国株に投資したいのだけど、そんなにお金がないので少額から米国株を始める方法はないですか? PayPay証券(旧ワンタップバイ)が...

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

なお米国株や資産運用に関連するお得な情報について、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株や米国ETFに関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

米国のハイテク銘柄にまるっと投資できるETFについてまとめました。GAFAMやVisa、NVIDIA、Netflixなど今後の成長に期待できる銘柄などで構成されるETF。ぜひご覧ください。

米国ハイテクETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2021最新)米国株のハイテクETFの中でおすすめのものを知りたいです。色々なハイテクETFがありますが、それぞれの特徴はどんな感じですか? コ...

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

米国の高配当ETFのおすすめランキング5選とは?デメリットも解説!米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットやデメリット、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このよう...

 

値動きが安定していて、かつ高い分配金を期待できる債券ETFのおすすめをまとめました。日本の個人投資家でもポートフォリオの主力として活用している人も多くなっています。

米国債券ETFのおすすめはこれだ!債券に投資するメリットとは?米国の債券ETFに投資するメリットを知りたいです。そもそも債券ETFの特徴とはどのようなものですか? おすすめの債券ETFも知りた...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2021年最新)米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国株といえばイノベーション力に優れたハイテク銘柄や新しいサービスで急成長している銘柄が多いことが特徴。その中で注目の成長銘柄をまとめました。

米国株の成長銘柄14選とは?2021年おすすめグロース株はこれだ!米国株の成長銘柄への投資を考えているんですが…。2021年おすすめのグロース株にはどんな銘柄がありますか? このような疑問を持つ方...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株の手数料を徹底比較!おすすめ証券会社はどこ?(2021最新)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...